カテゴリー
LFA106 other MMA Report ブログ マンド・グティエレス

【LFA106】グティエレス、早々にダウンを喫したがマルセロチンでトップ奪取。残り5秒でRNC極める

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス(メキシコ)
Def.1R4分55秒by RNC
ウィリアム・エリオット(米国)

サッカーパンチ気味にショートのワンツーを放ったグティエレスだが、逆にエリオットの左右のフックで腰が落ちる。クリンチ戦から離れて、フックを振るうグティエレスはここでも右フックを逆に被弾してダウンする。パウンドの追撃からバックを取り両足をフックしたエリオット、一度は仰向けになってRNCを狙うもグティエレスが亀になるとパンチに切り替える。

前方回転にもバックをキープしたエリオットがマウントに移行すると、グティエレスがスクランブルに持ち込む。ワンフックでバックコントロールを続け、パンチを打ち下ろすエリオットは正対してヒザを狙う。離れ際に左を伸ばしたグティエレスだが、勢いはない。それでもクリンチから反り上げを狙ったグティエレスだが、ここも下にされバックを許し厳しい展開が続く。エリオットは離れ際にヒザを入れ、シングルレッグへ。

がぶったグティエレスがマルセロチン、エリオットは自らマットに背中をつけてエスケープする。結果、トップを取ったグティエレスがパウンドを落としていく。ハーフを取ったグティエレスが肩固めも極めきれず、足を抜いてマウントを奪取。ロールしたエリオットにRNCを仕掛けたグティエレスは、敢えて足のフックを外して絞めに重心を移動させると、残り5秒でタップを奪った。

「スタンドの練習をしてきたけど、見た目が悪い試合になってしまった。でも、まだ可能性は無限大だし毎日、強くなるために練習している」と話した。


The post 【LFA106】グティエレス、早々にダウンを喫したがマルセロチンでトップ奪取。残り5秒でRNC極める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA106 News other MMA カイル・エストラーダ シャイデン・レイアロハ ジョシュア・シルヴェイラ テイラー・ウィルソン ハファエル・ヴィアナ ブログ マンド・グティエレス

【LFA106】コナンの息子ジョシュア・シルヴェイラがメイン登場。グティエレス&レイアロハらは巻き返し戦

【写真】上の段左がシルヴェイラ✖ヴィアナ、右がエストラーダ✖ウィルソン。下の段左からレイアロハ✖エドウィン・チャベス、グティエレス✖ウィリアム・エリオット (C)LFA

30日(金・現地時間)、オクラホマ州ショーニーのグランドカジノ・ホテル&リゾートLFAにとって4月の3連戦、最終戦となるLFA106「Silveira vs Viana」が開催される。

メインは大会名にあるようにジョシュア・シルヴェイラがハファエル・ヴィアナと相対するライトヘビー級マッチだ。ヴィアナは実に5年1カ月振りのMMA復帰戦では、過去の戦績は6勝1敗で、シルヴェイラは4勝0敗だ。


修斗ブラジルが認定する南米ライトヘビー級王者からRFAデビュー戦でライトヘビー級王座決定戦に出場し、現UFCのデヴィン・クラークに腕の負傷で敗れ以来の実戦となるヴィアナに対し、シルヴェイラはカーウソン・グレイシーの黒帯でATTのヘッドコーチであるマーカス・コナン・シウヴェイラの息子だ。

コナンといえば1997年12月のUFC日本大会で、桜庭和志と仕切り直しの一戦で腕十字で敗れ、桜庭伝説の幕開けのきっかけとなったファイターだ。息子のジョシュアは米国マイアミ生まれで、柔術家ではなくアリゾナ州立大のレスリング・クラブに在籍したフォークスタイル・レスリングがベースとなっている。下攻め柔術家のヴィアナに対し、打撃&テイクダウン、そしてトップコントロールがシルヴェイラの持ち味だ。

この他、138ポンド契約でケヴィン・ナティヴィダッド、エイドリアン・ヤネツというUFCにステップアップを果たした選手に連敗中のカイル・エストラーダと初出場のカナディアン=テイラー・ウィルソン、フェザー級ではBellatorハワイ大会の敗北からLFAでキャリアの再構築を図るシャイデン・レイアロハ、バンタム級も仕切り直しの一戦に臨むマンド・グティエレスら、あとの無いファイター達の巻き返しの試合も楽しみだ。

■視聴方法(予定)
5月1 日(土・日本時間)、
午前10時00分~UFC Fight Pass

■ LFA106対戦カード

<ライトヘビー級/5分3R>
ジョシュア・シルヴェイラ(米国)
ハファエル・ヴィアナ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
トニーニョ・ガンヴィーニョ(ブラジル)
テレンス・マッキニー(米国)

<138ポンド契約/5分3R>
カイル・エストラーダ(米国)
テイラー・ウィルソン(カナダ)

<フェザー級/5分3R>
シャイデン・レイアロハ(米国)
エドウィン・チャベス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
トレヴァー・ウォレス(米国)
バッバ・グラント(米国)

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス(メキシコ)
ウィリアム・エリオット(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ライアン・シャーレボワ(米国)
ジョセフ・ガラヴィース(米国)

The post 【LFA106】コナンの息子ジョシュア・シルヴェイラがメイン登場。グティエレス&レイアロハらは巻き返し戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA86 Other MMA Result ジミー・フリック ブログ マンド・グティエレス

【LFA86】試合結果 ジミー・フリッグが秒殺で新フライ級王者に。バンタム級のマンドに注目!!

【写真】新フライ級王者はジミー・フリックに(C)LFA

24日(金・現地時間)、サウスダコタ州スーフォールズのサンフォード・ペンタゴンでLFA86「Fischer vs Flick」が開催された。

サンフォード・ペンタゴン4連戦の第3弾のメインではブランドン・ロイヴァルがUFCにステップアップを果たし、返上したフライ級王座をグレッグ・フィッシャーとジミー・フリックが争った。

結果、フリックが下から肩固めを仕掛けてロールしてトップを奪取──そのままタップを奪いベルトを巻いている。

今回はCOVID19の影響による対戦カードの消滅はなかったが、力の差かコンディションの差が一方的な展開が多く見られた。

圧勝したファイターのなかではアマ6連勝、プロ転向後も3連勝中のメキシカン・ファイターのマンド・グティエレスが、ジェフ・ジェプセンに完勝──今後に注目したい。

LFA86「Fischer vs Flick」
<LFAフライ級王座決定戦/5分5R>
○ジミー・フリック(米国)1R0分38秒
肩固め
詳細はコチラ
×グレッグ・フィッシャー(米国)
<ライト級/5分3R>
○アルトゥル・エストラズラス(ブラジル)1R3分26秒
RNC
詳細はコチラ
×ドミニク・クラーク(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ファビオ・チェラント(米国)1R0分57秒
アナコンダチョーク
×エリック・マーリーJr(米国)
<バンタム級/5分3R>
○マンド・グティエレス(メキシコ)1R1分57秒
RNC
詳細はコチラ
×ジェフ・ジェプセン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○マーク・マーティン(米国)1R3分52秒
TKO
×トニー・グラント(米国)
<ヘビー級/5分3R>
○ジョーダン・ハイダーマン(米国)3R
判定
×ジェイコブ・ヘヴリン(米国)
<バンタム級/5分3R>
○カルヴィン・ハーバウ(米国)1R2分33秒
ヒールフック
×ネイト・モロー(米国)
カテゴリー
LFA86 other MMA Report ブログ マンド・グティエレス

【LFA86】LFAバンタム級戦線、初参戦のマンド・グティエレスがジェプセンをRNCで一蹴

<バンタム級/5分3R>
マンド・グティエレス(メキシコ)
Def.1R1分57秒by RNC
ジェフ・ジェプセン(米国)

サウスポーのグティエレスが左ミドルハイからミドルを入れる。ジェプセンは右ローに日左を合わされ、姿勢が乱れると首相撲からヒザ蹴りを顔面に受ける。ギロチンからグラウンドに持ち込んだグティエレスが、足を捌きつつ鉄槌を打ちつけ、ハーフで抑える。足を抜いてマウントを取ったグティエレスは背中を向けたジェブセンをRNCで切って落とし、LFA初陣で一本勝ち、キャリア4連勝とした。