カテゴリー
BJJ BET02 MMA マウリシオ・オリヴェイラ ルーカス・バルボーザ レアンドロ・ロ

【BJJ BET02】健闘マウリシオ・オリヴェイラに、鉄壁のボディロックパス&肩固めでバルボーザが決勝へ

<88キロ級T準決勝/8分1R>
ルーカス・バルボーザ(ブラジル)
Def.6分24秒by 肩固め
マウリシオ・オリヴェイラ(ブラジル)

ダブルレッグを切ったオリヴェイラが引き込み、バルボーザは一気にパスの圧力を高める。ニーシールドを捌くバルボーザに対し、オリヴェイラはハーフバタフライから足をきかせて距離を取り、ボディロックに入らせないように努める。オリヴェイラはデラヒーバでバランスを崩すも、耐えたバルボーザが外掛けからの足関節を体を捻って防ぎ、そのままパスを狙う。

オリヴェイラが下からバルボーザを両足で跳ね上げるが、リバーサルにもスクランブルにも至らない。ニースライスはハーフで耐えたオリヴェイラ、足を戻すがバルボーザがついにボディロックに取り、右足を抜く。背中を見せたオリヴェイラの左腕ごとフックしたバルボーザが、反転して上へ。オリヴェイラはニーシールドが効いており、ポジションを挽回する。

一度立ち上がったバルボーザが、体を起こしながらボディロックに来たオリヴェイラを潰してバタフライガードには立ち上がる。続くデラヒーバ狙いを察知され、ラバーに持ち込もうとしたオリヴェイラだが、バルボーザはボディロック&パス狙いで3/4マウントを取る。両ワキを差してパスに成功したバルボーザ、同時にマウントから肩固め前に入り、体を左側にスライドさせると直ちにオリヴェイラがタップしレアンドロ・ロの待つ決勝戦進出を決めた。


The post 【BJJ BET02】健闘マウリシオ・オリヴェイラに、鉄壁のボディロックパス&肩固めでバルボーザが決勝へ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BJJ BET02 MMA マウリシオ・オリヴェイラ

【BJJ BET02】ポイント制の妙、動き続けるミカ・ガルバォンを封じたオリヴェイラが番狂わせ起こす

【写真】最後までらしさを見せ続けたミカが、ポイントゲームの妙とオリヴェイラの巧妙さにしてやられた──ものの、そこにオリヴェイラのディフェンス能力の高さがったことは見逃せなない(C)BJJ BET

<88キロ級T準々決勝/8分1R>
マウリシオ・オリヴェイラ(ブラジル)
Def.2-0
ミカ・ガルバォン(ブラジル)

元チームメイト対決は、オリヴェイラがまずダブルレッグのフェイクを見せる。引き込んだオリヴェイラに対しガルバォンがヒールを狙う。ロールして逃れたオリヴェイラは、足を絡めてスイープを狙うが、スクランブルから両者スタンドに。

即ジャンピンガードを取ろうとしたオリヴェイラの首を抱えつつ、ガルバォンもジャンピンガードを仕掛ける。下を取りきったのはガルバォンだったが、この攻防でオリヴェイラに2Pが入る。確かにオリヴェイラはスイープを狙ってはいたものの、ガルバォンは下にならず一度スタンドが成立してからの互いのジャンピンガードを仕掛けたように見えるだけに、非常に微妙なポイントだ。ガルバォン陣営からは、レフェリーに非難の声が挙がる。

意外な表情を浮かべたガルバォンに、一瞬の隙が出来たかオリヴェイラは一気にパスを狙う。すぐに足を入れたガルバォンがニーシールドで耐える。アームドラグからハーフのガルバォンは、潜りながら足を絡めてヒールへ。足を深く差し入れ、反転して逃れたオリヴェイラはニースライスから頭を抱えに行く。察知して頭を抜いて座ったガルバォンは左足を取ってクラブライド、ガルバォンは体を反転させて正対する。

ポイント有りでも果敢に動く新世代柔術家同士のグラップリングマッチは、残り3分に。スタンドに戻った両者、ガルバォンのダブルレッグを切り、直後に引き込んだオリヴェイラがレッスルアップからシングルレッグで立ち上がる。足をリリースしてガードを取ったオリヴェイラは加点よりも、逃げ切り狙いが明らかとなった。

ガルバォンはハーフバタフライに対し足関節を狙うも、ここは立ち上がられると致命的な2Pを許すことになり、すぐに起き上ってパス狙いに転じる。オリヴェイラはここでスタンドを選択し、ダブルレッグを場外ブレイクに持ち込む。その後もオリヴェイラは、ガルバォンのテイクダウン狙いやガードからの仕掛けにも距離を取って付き合わず残り20秒に。ここでヒザをついて、ガードの中に収まったオリヴェイラは、ニンジャからのシングルレッグと最後まで攻め続けたガルバォンから逃げ切り──番狂わせを起こした。

序盤の失点を挽回できなかったガルバォン、ポイント制では彼の自由奔放なグラップリングは制限された感があるが、このルールで勝ってこそオールラウンド・グラップラーともいえる。ノーギ・トーナメントが盛んに行われることで、ミカ・ガルバォンがどのような完成形を目指すのか、敗れてなお今後が気になる存在であることは間違いない。


The post 【BJJ BET02】ポイント制の妙、動き続けるミカ・ガルバォンを封じたオリヴェイラが番狂わせ起こす first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BJJ BET02 MMA ONE ウィリアム・タケット セルヴィオ・トゥリオ タイナン・ダウプラ ブログ マウリシオ・オリヴェイラ ミカエル・ガルバォン

【BJJ BET02】1回戦最後の枠で──『柔術の神の子』ミカ・ガルバォンが茶帯世界王者と対戦

【写真】マウリシオ・オリヴェイラには失礼だが、やはり準決勝のバルボーザ戦は実現してほしい(C)CALYTON JONES

いよいよ開催が1日(日・現地時間)に迫ってきたBJJ BET02「Who’s Next」。ブラジルのサンパウロで開催される8人制88キロ級のノーギトーナメント──強豪、古豪が入り乱れる同トーナメントに超新星ミカ・ガルバォンが参戦し、マウリシオ・オリヴェイラと初戦を戦う。

18歳のガルバォンは、現在世界でもっとも熱い視線を集めるグラップラーだ。6月のEUGにおける170ポンドTに茶帯ながら参戦し、同階級世界最強の一角と目されるタイナン・ダウプラのスイープを絶妙の重心移動で封じ込め、下からは流れるようなスイープと跳び付き三角の連携で追い詰めて勝利した一戦は記憶に新しい。


同時にルタリーブリの黒帯でもあり、ノーギでも驚愕の強さを見せるガルバォン。同月のオリヴァー・タザ戦では、体力で勝る相手に攻撃を仕掛けさせておいて一瞬で切り返す非凡な動きを連発して勝利した。

さらに同月末の3GCグラップリングトーナメントにも参戦し、ジョン・コムズ相手にはテイクダウンに合わせたギロチンで、ペドロ・ホシャ戦では下からのヒザ固めから一瞬で移行した内ヒールで、そして決勝のペドロ・マリーニョにはニースライスをゴゴプラッタで切り返し、次の瞬間腕を伸ばすという離れ業で極め、全試合一本勝ちの完全優勝を遂げている。

目を見張る反応速度と動きのスムースさ、一瞬の切り返しの妙と極めの強さ。身体的にはまだ未発達で頭抜けたパワーの持ち主ではないが、その動きの全てが驚きに満ちているガルバォンは、ブラジリアン柔術でも黒帯を取得。今回が黒帯デビュー戦となる。

対戦相手のオリヴェイラは、2018年に茶帯世界王者に就いた24歳。道着着用ルールを主体に活躍している新鋭の黒帯だ。ギなしルールでは同じく2018年末のノーギワールズにて、本トーナメントにもエントリーしているセルヴィオ・トゥリオと対戦。下から足を絡めてトーホールドを狙って上になり、トップからも優れたバランスを発揮して僅差の勝利を収めている。

驚くべき動きこそないものの、強靭な身体をもって上下どちらからも戦うことができ、ノーギへの対応もよく、ポイントゲームにも長けているオリヴェイラ。柔術の神の子ガルバォンとしても決して簡単な相手であるまい。

誰が勝つか分からない今回のトーナメントだが、順当に行けば準決勝はレアンドロ・ロ✖ウィリアム・タケット、ルーカス・バルボーザ✖ガルバォンか。IBJJF道着着用ルールのレジェンドであるロと北米ノーギグラップリングの新星タケットの初対決は、新旧のダイナミック・スタイルの交わりとして非常に楽しみなところだ。また、相手の動きを封じることにおいては天下一品のバルボーザと、インスピレーションの塊のような動きをするガルバォンがどう交わるのか。興味は尽きない。

■視聴方法(予定)
8月2日(月・日本時間)
午前5時00分~FLOGRAPPLING

The post 【BJJ BET02】1回戦最後の枠で──『柔術の神の子』ミカ・ガルバォンが茶帯世界王者と対戦 first appeared on MMAPLANET.