カテゴリー
F2W182 F2W183 MMA ジャクソン・ナガイ マイケル・リエラJr

【F2W183】試合巧者マイケル・リエラJrが、ジャクソン・ナガイを封じ込め道着ウェルター級のベルト巻く

10日(金・現地時間)、カリフォルニア州サンディエゴのシェラトン・サンディエゴホテル&マリーナでF2W183が開催された。

F2W182に続き──遅まきながら、注目の上位カードから道着ウェルター級王座決定戦の模様をレポートしたい。

<F2W道着ウェルター級王座決定戦/10分1R>
マイケル・リエラJr(米国)
Def. 2-1
ジャクソン・ナガイ(ブラジル)

リエラJrはすぐに引き込むと、ナガイの両カカトを掴んでのクラシックスイープで後ろに倒す。が、ナガイもすぐに体勢を立て直してリエラJrのクローズドガードの中に入った。

ここからリエラJrは、ナガイの左腕を流して体をずらしてのバック狙いを見せるが、ナガイは体勢を持ち直して正対。その後、ナガイがリエラJrのクローズドガードの中でなかなか展開を作れない状況が続く。ナガイはやがて立ち上がると豪快なスラムでリエラJrを背中から叩きつけるが、リエラJrの足は開かず。が、このスラムもまた採点ではプラスとなるそうだ。

再び立ち上がったナガイに対し、リエラJrはナガイの右肩を超えて三角のセットアップ。ここでナガイはリエラJrの右足を取って倒れ込んでのトーホールド狙いへ。が、リエラJrが同じ技で対抗すると、ナガイは回転して逃れた。

やがて両者は50/50で絡み合ったダブルガードの状態に。ストレートフットロックを狙うグリップを作ったリエラJrは、ここからうつ伏せになって絞って極めを狙う。残り時間が少なくなり展開を作りたいナガイだが、リエラJrはこの体勢をキープして試合終了を迎えた。

判定は2-1でリエラJrを支持。その腰にはF2W道着着用のウェルター級ベルトが巻かれた。先に仕掛けてペースを握ったリエラJrが、後半の足関節合戦でも有利に立ったことが勝負の分かれ目だったか。サブミッション狙いを評価されるこの大会の判定基準でポイントを取ったとみるや、最後はポジションキープで勝ちに行ったところも含めて、リエラJrの試合巧者ぶりが光った。


The post 【F2W183】試合巧者マイケル・リエラJrが、ジャクソン・ナガイを封じ込め道着ウェルター級のベルト巻く first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
F2W180 F2W183 MMA ONE ジャクソン・ナガイ ジョシュ・ヒンガー バレット・ヨシダ ブログ ベルナウド・ピテウ マイケル・リエラJr

【F2W183】アサシンチョーク=バレット・ヨシダが、ホームで2001年の世界王者ピテウと対戦

【写真】ベルナウド・ピテウ。これは今から16年に前にパンナムで吉岡大と戦った時の写真 (C)MMAPLANET

10日(金・現地時間)、カリフォルニア州産エディエゴのシェラトン・サンディエゴホテル&マリーナでF2W183が開催される。

メインにはサンディエゴを拠点とするバレット・ヨシダが出場し、ベルナウド・ピテウと対戦する。


8月6日のF2W180でジェフ・ノラスコハモスと対戦し、見事に得意技であるクルスフィック&RNC=アサシン・チョークを極めて、快勝しているバレット。積極的に実戦に挑む彼が今回対戦するピテウは2001年のムンジアル黒帯ガロ級の世界王者だ。

2004年コパドムンドではガロ級3位のピテウは、2005年パン(ナム)柔術ではプルーマ級に出場し故・吉岡大に送り襟絞めで一本負けした印象も強い──大ベテランだ。アダルトでは2010年前後までCBJJEでは結果を残していたピテウ、45歳になった今現在、どのような動きを見せることができるのか分からないが、ダブルガードという名称がある前から延々と注意をされてもガードを取り続けた度胸の持ち主と、フィニッシュ至上主義のバレット、柔術として防御力に注目が集まる一戦となろう。

(C)CLAYTON JONES

この他、前回大会でエドウィン・ナジミを破ったジャクソン・ナガイが2016年に欧州オープン、2018年にパンを制したマイケル・リエラJrと対戦する一戦。

さらには自らが下になることを許さないノーギワールズ3連覇(2016~2018)の頑固オヤジことジョシュ・ヒンガーが、ノーギワールズ・マスター部門で優勝経験のある10th Planetのコーリー・グィタードとのマッチアップなど、楽しみな試合が並ぶF2W183だ。

The post 【F2W183】アサシンチョーク=バレット・ヨシダが、ホームで2001年の世界王者ピテウと対戦 first appeared on MMAPLANET.