カテゴリー
BELLATOR Bellator267 MMA   ドゥグラス・リマ マイケル・ペイジ

『Bellator 267: Lima vs. MVP 2』マイケル・ペイジ vs. ドゥグラス・リマのジャッジの採点/主要サイトの採点


Michael Page defeats Douglas Lima(MMA Decisions)

 『Bellator 267: Lima vs. MVP 2』マイケル・ペイジ vs. ドゥグラス・リマのジャッジの採点。Ben Cartlidgeが1,3Rリマ、2Rペイジで29-28リマ勝利。Eric ColonとDouglas Crosbyが1,2Rペイジ、3Rリマで29-28ペイジ勝利でした。

 主要サイトの採点は29-28リマ支持5人、30-27リマ支持1人。ペイジ支持はいませんでした。続きを読む・・・
カテゴリー
BELLATOR Bellator267 MMA キック ドゥグラス・リマ ベラトール マイケル・ペイジ

【Bellator267】マイケル・ペイジが母国でリマにスプリットでリベンジ──も、これはホームタウン判定か…

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ドゥグラス・リマ(ブラジル)

真横を向き、両手をブラリと下げた独特の構えから右ロー、そして左サイドキックを見せるペイジ。飛び込んで右を当てると、リマが姿勢を乱しすぐに立ち上がる。リマは待ってロー狙い、じりじりと前に出ると回ったペイジは右ストレートを打ち込む。額で受けて、尻もちをついたリマはここも直ぐにスタンドへ戻る。

右ローを蹴ったリマ、ペイジの後ろ回し蹴りに軸足払いを狙う。ペイジの左にダブルレッグを合わせたリマがテイクダウンを決める。下になったペイジは、ケージ際に移動させられ右パウンドを受ける。ペイジは手首を掴んで防御を試みるも、リマはリストコントロールごと持ち上げて軽くスラムして殴る。ペイジは手首を取り直し、クローズドを続ける。立ち上がったリマが離れて右ロー、ペイジはガードのまま時間となった。

2R、ペイジがまず左サイドキックを繰り出し、リマがステップインに右のカウンターを狙う。引き続き右を打ちつつステップインするペイジが、左ジャブを入れる。リマのローより遠いレンジを取り、一気に踏み込むペイジが右ストレート&左ハイのコンビを繰り出す。リマも落ち着いて対処し、右を伸ばす。ペイジの右に右ローを合わせ、姿勢を乱したところに右を狙ったリマ。前回の対戦のデジャブのようなシーンだが、ペイジはパンチを食うことなく間合いを取り直した。

スイッチし右のサイドキックを繰り出すペイジに対し、リマも蹴りから前に出る。左手前に戻したペイジがスイッチからダブルレッグ、遠すぎて組めずリマが圧力を高めると右ミドルハイを蹴っていく。残り1分、リマの左フックをダックでかわしたペイジは、右フックを打ちながら足払い。尻もちをつかされたリマは、立ち上がるとローを蹴っていく。ペイジは足を引いてかわし、MVPチャントの後押しを受け、後ろ回し蹴りをかわした。

最終回、ペイジは小刻みなステップを踏み、フェイクを多用する。動じないリマは、射程距離に入って来ると対応しつつ距離を詰める。ケージの前を回るペイジは左フックを被弾して尻もちをつき、立ち上がると飛び込んで右エルボーを伸ばす。スリップかダウンか微妙な形だったが、ペイジが守勢だったことは変わりない。

ケージに詰まり、リマのパンチのタイミングで離れるペイジは、踏み込んでも連打がなく金網を背負った状態で、ダブルレッグで倒される。リマの圧力に居つき、テイクダウンに対応できなかった形のペイジはクローズドガード、手首を掴むという初回と同じ状況に。立ち上がって殴り、ガードに収まったリマが手首を掴まれた状態で片ヒザ立ちに。左のパンチを落としたリマ、最後までペイジは手首を掴み続けた。

ペイジは動きは見せたが、MMAの戦いとしてリマが全ラウンド、あるいは2Rと3Rを取ったように見えた再戦、ジャッジは割れペイジが判定勝ち──も、ロンドンの観客から歓声とブーイングが起こった。

「ロンド~ン。皆、俺が良い試合をしようとしていることは知っていると思うけど、100パーセントやり抜けなかったことを謝りたい。あの相手はずっと距離を取り続けた。俺は倒したかったけど、リマはタフだった。そりゃ、3度も世界王者になっている人間だ。リマの健闘を讃えてくれ。彼が大きな一発を入れる隙を見せる時を待っていたけど、前に出てきたのでアジャストが必要で、より難しい戦いになった。満員のファンを集めてくれたベラトールに感謝している。自信はあった。テイクダウン狙いの誰もを殴ってきた。MVPが戻ってきたんだ。2Rのスリップの時? ちゃんと見えていたよ」とペイジは話した。


The post 【Bellator267】マイケル・ペイジが母国でリマにスプリットでリベンジ──も、これはホームタウン判定か… first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator267 News ドゥグラス・リマ ブログ マイケル・ペイジ

【Bellator267】計量終了 1年7カ月振りの母国大会でマイケル・ペイジがドゥグラス・リマへリベンジ戦

【写真】気合十分のMVP(C)BELLATOR

1日(金・現地時間)に英国ロンドンのSSEアリーナで開催されるBellator267「Lima vs MVP 2」の計量が、9月30日(木・同)にお行われている。

1年7カ月振りに開催されるベラトール英国大会のメインはマイケル・ヴェノム・ペイジが2年4カ月の時を経て、前世界ウェルター級王者ドゥグラス・リマへのリベンジを賭けて戦う。


まるでかつてのボクシング興行のようなメインイベント一点買いといっても過言でない今大会。右ローでバランスを崩され、そのタイミングで右アッパーを打ち抜かれキャリア初の黒星を切ったMVPは、母国大会で王座転落から4カ月のリマを迎え撃つ。

MVPはフェイスオフで得意のポーズをしっかりと取り、握手をしてリマを引き寄せて計量終了。ヘッドライナーのインタビューもなかった。

■視聴方法(予定)
8月19日(日・日本時間)
午前5時00分~Main Card: Bellator MMA YouTube Channel

■ メインカード計量結果

<ウェルター級/5分3R>
ドゥグラス・リマ: 169.4ポンド(76.83キロ)
マイケル・ペイジ: 170ポンド(77.11キロ)

<女子フェザー級/5分3R>
リア・マコート: 145.8ポンド(66.13キロ)
ジェシカ・ボーガ: 145.8ポンド(66.13キロ)

<フェザー級/5分3R>
ロバート・ホワイトフォード: 144.8ポンド(65.68キロ)
アンドリュー・フィッシャー: 145.8ポンド(66.13キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ルーク・トレイナー: 205.2ポンド(93.07キロ)
ヤニック・バハディ: 206ポンド(93.44キロ)

<ライト級/5分3R>
イーブ・ランジュ: 154.4ポンド(70.03キロ)
ティム・ワイルド: 155.6ポンド(70.57キロ)

The post 【Bellator267】計量終了 1年7カ月振りの母国大会でマイケル・ペイジがドゥグラス・リマへリベンジ戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Bellator258 other MMA Report デレック・アンダーソン ブログ マイケル・ペイジ

【Bellator258】マイケル・ペイジの左ハイで、アンダーソンが鼻を折って試合続行不可能に

<175ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
Def.1R5分00秒by TKO
デレック・アンダーソン(米国)

サイドで構えるペイジが左ジャブを見せて、右ロー。待ちの姿勢のアンダーソンが右ストレートをダッキングでかわす。アンダーソンは右オーバーハンドから頭を振って前に出るが、ペイジは右ストレートを入れ──頭を抱える仕草を見せて挑発する。ジャンプしてヒザを当てると、同時にエルボーを繰り出したペイジは右リードアッパーをヒットさせる。

さらにステップインと同時にワンツー、アンダーソンは右オーバーハンドをかわされシングルレッグへ。初めて組みを見せたアンダーソンが、ケージにアンダーソンを押し込む。頭を刈りつつ、ヒジを側頭部に入れるペイジは右を差し返して回り──離れることに成功した。サイドの構えで、前後移動するペイジが頭を振るアンダーソンに左ハイを決め腰が落ちる。ラッシュを掛けず、離れてからの右で2度目のダウンを奪ったペイジはスピニングバックエルボーを見せて時間を迎えた。

インターバル中に、ハイキックで鼻の折れたアンダーソンがドクターストップに。

「観客のいない会場では入場曲を掛けなかった。俺はここにエンターテイメントしにきている。ファンが戻るまで、スイッチは入らない。序盤の動きで、彼の反応を確認し同じサイドにしか動かないことが分かった。こんな大きな一発になるとは思ってはなかったけど、ハイキックを狙った。彼はタフガイだよ。でもタフガイって、俺の良い標的になるだけなんだ。全ての攻撃の餌食になる。それが全てだ。次、皆分かっているはずだよ。何を求めているか。でも言い訳ばっかりしているから……名前は言いたくないけど」と話したペイジに対して、ビッグ・ジョンがウェルター級王者ドゥグラス・リマは6月に防衛戦があると状況説明をする。

と、MVPは「ジェイソン・ジャクソン、彼とケージを共有したい」とコメントした。


The post 【Bellator258】マイケル・ペイジの左ハイで、アンダーソンが鼻を折って試合続行不可能に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Bellator248 Report ブログ マイケル・ペイジ ロス・ヒューストン

【Bellator248】テイクダウンを2度決めたマイケル・ペイジ、ヒューストンに判定勝ちもパリっ子はブーイング

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・ペイジ(英国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ロス・ヒューストン(英国)

サイドの構え、スイッチして右ストレートを伸ばすMVP。ヒューストンはケージに詰まり、右に回る。続く右にワンツーをヒューストンが返し、離れたMVPは左ジャブを伸ばす。ヒューストンは左ハイで姿勢を乱し、MVPも左を伸ばして前方につんのめる。ヒューストンの左に右を合わせていったMVPは、ヒザ蹴りを抱えられテイクダウンを許す。ヒューストンはパスを決める。MVPは三角クラッチを組むが、すぐに解き抑え込まれた状態が続き、マウント狙いにハーフに戻し、頭を引き寄せる。足を抜きに掛かるヒューストンに対し、ハーフを維持したMVPが下のままで初回を戦い終えた。

2R、右オーバーハンドを入れたMVP。ヒューストンは右ローを蹴るが、近い距離に応じることはできず距離を取る。MVPは右アッパーから左フック、そして左ジャブを当てる。ヒューストンはダブルレッグへ、倒れずケージを背にしたMVPは小外掛けも耐える。真逆に股をすくって上を取ったMVPがパンチを落とし、シングル狙いに鉄槌もこれが後頭部に当たり、ブレイク→スタンドで再開となる。

MVPがワンツー、ヒューストンのスピニングバックフィストを軽々とかわし、右アッパーのフェイクから左ジャブを当てる。続くヒューストンのシングルを切り、クリンチの攻防でテイクダウンを決めたMVPはハーフガードのヒューストンにパンチを落とし、がぶってバックへ。嫌がって引き込んだヒューストンをサイドで抑えたMVPがラウンドを取り返した。

最終回、ヒューストンのジャブ、ローをかわしたMVPが左ストレートを伸ばし、打ち終わりでオーソに。MVPは左ボディストレート、ヒューストンはガードを固めて動けない。前に出てきたヒューストンはワンツーに左を見せるが、互いに相手の動きを見る展開が続く。ヒューストンがここもスピニングバックフィストを空振りし、パリのファンからブーイングが起こる。

とMVPは自ら組みつき、体を入れ替えながらもヒューストンをケージに押し込む。押し込み返したヒューストンだがテイクダウンは奪えず、ケージ際でのクリンチが続く。シングル、ハイクロッチからアンクルピックもMVPは反応し、ついにヒューストンは引き込んでしまう。すぐに立ち上がったヒューストンだが、MVPが金網に押し込んだ状態でブーイングのなかでタイムアップを迎えた。

結果、MVPが3-0の判定勝ちもパリのファンはまたもブーイングを送った。


The post 【Bellator248】テイクダウンを2度決めたマイケル・ペイジ、ヒューストンに判定勝ちもパリっ子はブーイング first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator248 News アラン・オマー ソウル・ロジャース チーク・カンゴ ティム・ジョンソン ブログ マイケル・ペイジ

【Bellator248】計量終了 初の仏、パリ大会。メインにマイケル・ペイジ登場。カンゴは15年振りの凱旋

【写真】175ポンドのキャッチウェイト戦。フィジカルではヒューストンが上回っているか(C)BELLATOR

9日(金・現地時間)、10日(日・同)にフランスはパリのアコー・アリーナで開催されるBellator248の計量が行われた。

今年に入りMMAがようやく正式認可を受けたフランスで、初めて開催される歴史的なイベントは3部構成となっている。まず米国の土曜の午前スタートでBellator248メインカードが4試合組まれ、メイン終了後にBellator Parisのプレリミがスタートする。5試合のプレリミを経て、Bellator Parisのメインカードは2試合で、この2試合は英国のChannel 5がライブ中継を行い、米国や他の地域ではYouTubeでの配信となっている。


いってみれば過去にも見られたBellatorナンバーシリーズとユーロシリーズが合体した形のメモリアルイベント、第一のメインというべき248大会のメインはマイケル・ペイジ✖ロス・ヒューストンのキャッチウェイト戦だ。昨年末の日本大会以来の実戦となるMVPに対するヒューストンはケージウォリアーズのウェルター級王者からオクタゴンでなく、サークルケージを選択した8勝0敗のスコティッシュ・ファイターだ。

ウェルラウンダー、右フックやボディ打ち、蹴りも使いこなすヒューストンだが、MVPを相手に打撃勝負は無謀だ。それでも打撃を避けていてはテイクダウンからフィニッシュという流れに持ち込むことも困難なことも絶対だ。致命傷を負わない打撃戦を経て、グラップリングマッチに持ち込みたい。

第2のメイン=イベント最終試合は、フランスのMMAファンに向けてのチーク・カンゴ✖ティム・ジョンソンのヘビー級マッチが組まれた。カンゴがプロとして母国で戦うのは2005年の一撃フランス大会におけるグラウベ・フェイトーザとのキックボクシング戦以来、実に15年振りとなる。

ところも同じベルシー体育館(※現アコー・アリーナ)で、キック~シラット~アマ修斗~MMAでUFCからBellatorとキャリアを積んできたカンゴが集大成といっても過言でない一戦に挑む。

そんなパリ大会、Bellator248ではEuro FCで髙谷裕之を破っているアラン・オマー、Bellator Parisではフェザー級ワールドGPから再起となるソウル・ロジャーズの試合も注目だ。

■視聴方法(予定)
10月11日(日・日本時間)
午前0時30分~Bellator248 DAZN
午前2時45分~Bellator ParisプレリミBellator MMA YouTube Channel
午前6時00分~Bellator ParisメインBellator MMA YouTube Channel

■ Bellator248計量結果

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ: 245.6ポンド(111.4キロ)
ティム・ジョンソン: 259.8ポンド(117.84キロ)

<フェザー級/5分3R>
ソウル・ロジャース: 145.4ポンド(65.95キロ)
アルビ・メジドフ: 146ポンド(66.22キロ)

<ライト級/5分3R>
テリー・ブレイジャー: 155ポンド(70.31キロ)
イーブ・ランジュ: 154.2ポンド(69.94キロ)

<150ポンド契約/5分3R>
イリアス・ブレイド: 149.4ポンド( 67.76キロ)
イヴァン・ナッカリ: 149.6ポンド(67.85キロ)

<フェザー級/5分3R>
ドミニク・ウッディング: 144.8ポンド(65.68キロ)
ファブカリ・ジェッタ: 146ポンド(66.22キロ)

<女子フライ級/5分3R>
メギ・ベルシェル: 125.4ポンド(56.88キロ)
ルーシー・ベルトー: 125.8ポンド(57.06キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャン・ドゥイエ: 145ポンド(65.77キロ)
シアラン・クラーク: 145ポンド(65.77キロ)

<フェザー級/5分3R>
ディラン・ローガン: 145.4ポンド(65.95キロ)
ウィリアム・ゴミス: 144.6ポンド(65.58キロ)

<175 ポンド契約/5分3R>
マイケル・ペイジ: 174.2ポンド(79.01キロ)
ロス・ヒューストン: 174.8ポンド(79.28キロ)

<ウェルター級/5分3R>
オリバー・エンカンプ: 168.4ポンド(76.38キロ)
エマニュエル・ダワ: 170ポンド(77.11キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
ライアン・スコープ: 160.8ポンド(72.93キロ)
アラン・オマー: 159 ポンド(72.12キロ)

<フェザー級/5分3R>
マス・ブーネル: 145.6ポンド(66.04キロ)
ダルコ・バコビッチ: 145ポンド(65.77キロ)

The post 【Bellator248】計量終了 初の仏、パリ大会。メインにマイケル・ペイジ登場。カンゴは15年振りの凱旋 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR News アーリーン・ブレンコウ クリス・サイボーグ ゲガール・ムサシ スコット・コーカー チーク・カンゴ ドゥグラス・リマ ブログ ポール・デイリー マイケル・ペイジ

【Bellator】ベラトールが10月にフランス発となるMMA大会をパリで開催。中継局がCBS SNへ

【写真】日本にいると正直、ピンとはこないがCBS SPORTS NETWORKでの放送開始だが、イベントが週末に集中しないようになるのであれば朗報だ (C)BELLATOR

11日(金・現地時間)、Bellatorが10月10日(土・同)にフランスはパリのアコー・アリーナで同国初のMMAイベントの開催をプレスリリースで発表したのに続き、Zoom会見でスコット・コーカー代表が10月1日のイタリア・ミラノ大会より、パラマウント・ネットワークに代わり、CBSスポーツネットワークでライブ中継されることを明らかとした。

ミラノ大会ではポール・デイリー✖デレック・アンダーソン、パリ大会ではチーク・カンゴ✖ティム・ジョンソン、マイケル・ペイジ✖ロス・ヒューストン戦が組まれることも言及されている。

なおミラノ大会は無観客だが、パリでは20300人収容可能な会場の25パーセント=5000人までの集客が認められたイベントとなる。さらにコーカーは10月攻勢と呼ぶべき、米国2大会でのカードもアナウンスしている。


フランス進出に際し、その格闘技人気の高さを往年の名キックボクサーであるディダ・ディダファットの名を引用するなど、格闘技通ぶりを発揮したコーカー。CBS SN大会として米国では10月15日(木・同)にモヒガンサンでクリス・サイボーグがBellator世界女子フェザー級王座初防衛戦をアーリーン・ブレンコウ相手に戦い、2週間後の29日(木・同)には同じくモヒガンサンでBellator世界ウェルター級王者ドゥグラス・リマが、世界ミドル級王者ゲガール・ムサシに挑戦する世界戦が実現することも言及した。

上記の米国大会での日程からも分かるのは、これまでベラトールは米国時間の金曜日の夜にイベントが開かれてきたが、10月の2大会は木曜の夜となっている。CBS SNはカレッジスポーツを多く中継しており、週末以外のコンテンツの充実をViacom.CBSが求めてのチャンネル移動ともとられる。当然のようにコーカーのゴールは、米国3大オープンTVであるCBSで10年振りのMMA中継であることは間違いない。

なおCBS SNは米国のケーブル、衛星テレビほかOTTストリーミングでYouTube TVやHuluなどでも視聴できるが、そうなると現状世界的にベラトールを配信しているDAZNと重複することになる。DAZNとの関係をZoom会見では「これから話し合う」としていたコーカーだが、ここは日本での視聴状況にも関わってくるので早々にその後の状況説明をしてほしいものだ。

またコロナ禍にで、逆に好カードが増えてきたプレリミに関してはCBS SN.comとこれまで通りベラトールのオフィシャルYouTubeで配信されることとなっている。

カテゴリー
BELLATOR Interview Special The Fight Must Go On ドゥグラス・リマ ブログ マイケル・ペイジ 水垣偉弥

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 水垣偉弥のおススメ、Bellatorを知るための5番勝負─02─

Lima vs MVP【写真】歴史に残るノックアウト (C)BELLATOR

国内外のMMA大会の中止及び延期、さらには格闘技ジムの休館など、停滞ムードの真っただ中です。個人的にも大会の延期と中止のニュースばかりを書かざるをえない時期だからこそ、目まぐるしい日々の出来事、情報が氾濫する通常のMMA界では発することができなかったMMAに纏わる色々なコトを発信していければと思います。こんな時だからこそ The Fight Must Go On──第23弾はMust Watch!!  このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

今回から元日本MMA界のエースでDAZNでベラトール中継の解説も行っていた水垣偉弥が選ぶ、BELALTOR編。水垣が「Bellatorを知って欲しいために選んだ5番勝負」から、2試合目を。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


水垣が選んだ「Bellatorを知って欲しいために選んだ5番勝負」、2試合目は2019年5月11日に行われたウェルター級ワールドGP準決勝=ドゥグラス・リマ✖マイケル・ペイジの一戦だ。

デビュー以来14連勝中だったMVPに対し、強烈なローキックを武器に王座返り咲きとGP優勝を狙うリマ。歴史に残る一瞬の間を制したKO劇が見られた。

水垣偉弥のMust Watch 02、リマ✖MVP戦の選択理由は以下の通りだ。

水垣偉弥
「マイケル・ペイジのような選手と戦い、どうすれば勝てるのか。それがまるでペイジの独特の動きや、リズムを狂わせる攻撃に翻弄されず、リマはとにかく自分の戦いをしていました。そして、一瞬にして訪れたチャンスをモノにしたリマには脱帽でした。

ただペイジも、あのKO負けのあとに調子を落とさず、すぐにウィイニングトラックに戻ってきた。そういう風に選手をリードできるベラトールのマッチメイクも素晴らしいですし、またペイジが上位陣と戦うのが楽しみです」

BellatorオフィシャルYouTubeチャンネルで視られる──この試合の動画はコチラから