カテゴリー
Report UFC UFC ESPN26 アラン・ボドウ ブログ ホドリゴ・ナシメント

【UFC ESPN26】初回攻勢のアラン・ボドウが2Rに失速、ナシメントがパンチを纏めてTKO勝ち

<ヘビー級/5分3R>
ホドリゴ・ナシメント(ブラジル)
Def.2R1分29秒by TKO
アラン・ボドウ(フランス)

左ジャブを伸ばすボドウ、ナシメントが左フックを当てる。左に回り、ワンツーからローを蹴ったボドウはジャブの差し合いからワンツーで前に出る。ボドウは右オーバーハンドから左を入れるとナシメントがクリンチへ。ボドウはケージに押し込むが、体を入れ替えられる。ボディロックからナシメントがテイクダウンを狙い、小外掛けもボドウが内股で耐える。

残り2分、ダブルレッグを潰して上を取ったボドウが重いパウンドを落とす。さらに立ち上がって殴ったボドウに対し、ナシメントがシングルからダブルでケージに押し込む。ボドウがエルボーを連打すると、ナシメントが頭を起こしてダブルレッグを諦める。それでもケージに押し込まれた状態が続いたボドウだが、残り30秒で離れたナシメントに右オーバーハンドからコンビネーション、アッパーを打ち込む。ナシメントが嫌がり、組んだところで時間となった。

2R、左リードフックから右を当てたボドウ。ナシメントもフックを返すが、左ローが急所に当たり試合が中断される。しゃがみこんで回復を待ったボドウは再開後に左ジャブ、右オーバーハンド、左フックを当てる。前に出るナシメントが左ジャブ、ボドウは疲れたか一気に動きが落ちる。右を被弾し組みに行ったボドウは、押しかえされストレート、フック、そして右アッパーを連打されるとしゃがみ込み──TKO負けとなった。


The post 【UFC ESPN26】初回攻勢のアラン・ボドウが2Rに失速、ナシメントがパンチを纏めてTKO勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA UFC UFC ESPN26 アラン・ボドウ アンデウソン・ドスサントス イスラム・マカチェフ ジェレミー・スティーブンス セルゲイ・モロゾフ チアゴ・モイゼス ホドリゴ・ナシメント マイルズ・ジョンズ マテウス・ガムロ マリオン・ルノー ミーシャ・テイト

【UFC ESPN26】喧嘩組技師マテウス・ガムロ、ジェレミー・スティーブンス戦へ「3R、ドミネイトしたい」

【写真】KSW時代にクレベル・コイケ、マンソール・ベルナウイ、ノーマン・パークらと国際戦で勝利してからのUFC入りだったマテウス・ガムロ(C)Zuffa/UFC

17日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN26でマテウス・ガムロが、ジャレミースティーブンスと戦う。

KSWフェザー級&ライト級王者として、ADCCに出場経験もあるグラップラーながら、近年は打撃中心の非常に荒々しい試合をしてきたガムロ。トラッシュトークを仕掛けた対戦相手に、ケージの中で謝罪を求めるなど、ちょっと面倒くさい性格の持ち主かと想像していたが、全くケージの中とは雰囲気が違っていた。

ポーランド国内で確固たる地位を築いたガムロが、UFCで戦う意義とは──。


──2016年10月、ヘナト・ゴミス戦でクロスヒールからサドル&内ヒールを極めて以来、インタビューをしたいと思っていたマテウスの話をついに聞くことができて非常に嬉しいです。

「おお、ありがとう。そんな頃から僕の試合を視てくれていたなんて、逆に僕の方こそ嬉しいよ」

──UFCで3試合目になり、ようやく実現しました。今の状態は?

「絶好調だよ。これから減量があるけどね(笑)(※取材は現地14日に行われた)。ジェレミー・スティーブンスのようなビッグネームと戦えることにエキサイトしているよ。この素晴らしい機会を得て、ハードトレーニングをしてきた。

ジェレミーは本当に経験豊かなファイターだ。凄くパンチ力がある。でも、穴もあるからストライカー✖レスラーのタフな戦いになるだろう。オクタゴンで彼と向き合うことが楽しみでならないよ」

──マテウスの最近の試合を見ているとレスラーというか、もうグラップラーではなくてストライカーのように感じます。

「サンキュー。僕らはコンプリートファイターにならないといけない。そのために毎日ハードな練習をしてきた。勿論、最高の試合結果はKOしたり、一本勝ちすることだけど、ジェレミーのような相手と戦うのだから、どんな局面になっても大丈夫なように準備してきたよ。

3R、15分間ドミネイトしたいと思う、ベスト・バージョンのマテウス・ガムロを見てほしい。ジェレミーのようなタフな相手と戦うために、僕はUFCにやってきたんだ」

──ポーランド国内では最高の知名度を誇るKSWでトップ中のトップとして戦ってきたマテウスですが、今言われたように強い相手を求めてUFCと契約したということでしょうか。

「KSWはポーランドだけでなく、ヨーロッパ最大の団体だよ。素晴らしい大会を続けてきたし、2階級のベルトを巻いてKSWの歴史を創ったことは誇りに思う。でもファイターにとっては、UFCが最大・最強のプロモーションなんだ。UFCのチャンピオンが、本当の意味で世界チャンピオンだ。僕はその座を狙うために、UFCと契約したんだよ。

国内で人気者になるのも良いだろう。でも世界的に見えてみると、結局のところUFCファイターが一番知名度が高いんだ」

──そのUFCデビュー戦ではまさかの判定負け、2戦目で初勝利を手にしました。初戦は戸惑うことなどあったのでしょうか。

「ファイターとしては、やることは変わらない。ケージのなかで戦うだけだよ。ただUFCで初めて戦った時は3カ月で3試合目だったから、ちょっと体がくたびれていたね。それにあの試合はグラム(クタテラデス)に負けたわけじゃない。ジャッジに負けたと思っている」

──裁定に納得がいっていないということですね。

「もう終わったことだけど、そういうことだよ」

──そのあたりは、ケージの中で見せる勝利へ拘りとちょっとした荒々しさを思い起こさせますが、普段は全く違う雰囲気なのですね。

「アハハハハ。そりゃそうだろう」

ZOOMインタビューでは、かなり厚めのレンズを眼鏡をかけていたガムロ

──正直ノーマン・パーク戦の時のような感じだと、インタビューしづらいなと思っていました(笑)。

「僕はごくごく普通の人間だよ(笑)。ノーマン・パークはトラッシュトークが過ぎた。それに対して、こっちも応えただけだから。ノーマン・パークはああやって試合を盛り上げようとしていることも分かっているけど、やり過ぎた。僕には家族がいて、子供が2人いる。だから、普通の父親でいたいんだ。口撃するなら、戦う相手だけを標的にすれば良い。

でもアイツは僕の家族にまで、色々と言った。あれは許される行為じゃないよ。ノーマン・パークにとっては、それもゲームの一環なんだろうけど、許されることと許されないことがあるからね」

──だから決着戦を終えて、マイクで謝罪を求めたのですか。

「僕と彼は友達でもなんでもない。でも、一言謝ってくれれば、それで終わりにデキる。握手して、ありがとうって言えるようになるんだ。僕は自分の道を進み、ノーマン・パークにはノーマン・パークの人生を進んで欲しい。でも、そう思えるようになるためにも謝罪は必要だったんだ」

──なるほど、ケジメだったのですね。なんとなくマテウス・ガムロという人が分かったような気がします。ところで、UFCにはドゥリーニョのようにMMAとグラップリングを並行して戦う選手もいますが、マテウスは以前のように組技マッチを戦うことはないのでしょうか。

「もちろん組技は今でも大好きだし、MMAのなかでまたレッグロックを極められるように練習も続けている。僕は過去にADCC欧州予選で2度勝って、ムンジアルにも2度出ている。柔術のことは今でも愛しているし、全てのサブミッションが大好きだ。

KSW時代は大会のなかでグラップリングマッチも戦っている。でも、今はMMAにフォーカスしたい。MMAとグラップリング、2つのゴールを持つと、練習スケジュールもMMA用とグラップリング用に分けないといけなくなるし。やることが増えて混乱してしまう。そんな風にならないためにもゴールはを1つしか持たない。UFC世界ライト級のベルトというね」

──そのためにも、スティーブンス戦に勝利してステップアップしたいです。土曜日はどのような試合をファンに見せたいですか。

「皆にはファッ〇ン・ウォーを見せたい(笑)」

──マテウス、今日はありがとうございました。激しい試合と足関節、期待しています。

「僕の方こそインタビューをしてくれて、ありがとう。キョージ・ホリグチ、そしてクレベル・コイケという友人がいる日本のことが僕は大好きなんだ。日本のファンにも僕の試合を見て応援してほしいね」

■視聴方法(予定)
7月18日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS


■UFC ESPN26計量結果

<ライト級/5分5R>
イスラム・マカチェフ: 155.5ポンド(70.53キロ)
チアゴ・モイゼス: 156ポンド(70.76キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
マリオン・ルノー: 136ポンド(61.69キロ)
ミーシャ・テイト: 135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分3R>
マテウス・ガムロ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ジェレミー・スティーブンス: 156ポンド(70.76キロ)

<ミドル級/5分3R>
ホドウフォ・ヴィエイラ: 186ポンド(84.37キロ)
ダスティン・ストーツフス: 185.5ポンド(84.14キロ)

<フェザー級/5分3R>
ビリー・クゥアンティロ: 146ポンド(66.22キロ)
ガブリエル・ベニテス: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ダニエル・ロドリゲス: 171ポンド(77.56キロ)
プレストン・パーソンズ: 169.5ポンド(76.88キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・レモス: 115.5ポンド(52.38キロ)
モンステラ・ルイス: 113.5ポンド(51.48キロ)

<バンタム級/5分3R>
カリド・タハ: 135.5ポンド(61.46キロ)
セルゲイ・モロゾフ: 135ポンド(61.24キロ)

<バンタム級/5分3R>
アンデウソン・ドスサントス: 135.5ポンド(61.46キロ)
マイルズ・ジョンズ: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フライ級/5分3R>
フランシスコ・フィゲイレド: 125.5ポンド(56.92キロ)
マルコム・ゴードン: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ホドリゴ・ナシメント: 259ポンド(117.48キロ)
アラン・ボドウ: 246ポンド(111.58キロ)

The post 【UFC ESPN26】喧嘩組技師マテウス・ガムロ、ジェレミー・スティーブンス戦へ「3R、ドミネイトしたい」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
UFC UFC ESPN26 アラン・ボドウ ブログ ホドリゴ・ナシメント

【UFC ESPN26】ここからが本番、UFC2戦目に挑むアラン・ボドウ「マッハ道場を代表して戦う」

【写真】ある意味、デビュー戦よりも大切なオクタゴン2戦目に挑むアラン・ボドウ (C)MMAPLANET

17日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN26「Makhachev vs Moises」でアラン・ボドウがオクタゴン2戦目=ホドリゴ・ナシメント戦に挑む。

かつてマッハ道場に在籍し、HEATではライトヘビー級とヘビー級のチャンピオンになっているボドウは、昨年10月にUFCデビューを果たした。95秒でトム・アスピナルに敗れるという結果に終わったが、あの試合はオファーを受けることに大きな意味があった。勝負という意味では、今回からがボドウのUFCファイター人生の第一歩となる。

試合を3日後に控えたボドウをZOOMでインタビューした。


──ボドウ選手、インタビューは英語か日本語どちらで行いましょうか(笑)。

「う~ん、エイゴ」

──分かりました(笑)。GrandslamやHEATで活躍していたボドウ選手ですが、いつの間にかその名を日本で聞くことがなくなっていました。

「確か4年前かな、2017年だよ。妻が妊娠してフランスに戻ることを決めたんだ。2018年にマッハ祭りで戦った時はフランスから日本に行って試合をしたんだよ」

──そうだったのですね。いずれにせよ、昨年10月ボドウ選手のUFCデビューが決まり、凄く驚くとともに嬉しかったです。

「あの時はチームメイトのシリル・ガンヌのセコンドでアブダビにいたんだ。そうしたら出場予定選手がコロナで陽性になり、5日前にオファーがあった。

凄く興奮したけど試合まで5日間、しかもコロナの影響で半年間もしっかりとした練習ができていなかったから、少し躊躇したよ。でもコーチと相談したら『こんな重要な試合を逃しちゃいけない。やろう、アラン』と言ってくれて」

──そうですね、初戦の勝敗の結果に問わずUFCと契約できるわけですから。2戦目からが本当の勝負ということもできます。

「その通りだよ。今回はしっかりと練習してきたし、フィジカルもメンタルもテクニック面もバッチリだよ。十分に準備できている」

──デビュー戦はアラン・ボドウであっても、アラン・ボドウではなかったです。

「今回は前回と違い、自信がある。一旦延期されたけど5月に決まっていた試合だし、シリル・ガンヌや他のヘビー級ボクサーとも厳しいトレーニングをしてきたからね。この試合が僕のレガシーを残す一歩になるんだ」

──所属するMMAファクトリーは凄く良いジムだと、中原由貴選手が話してくれたことがあります。

「日本との一番の違いは、大きな選手がいるということ。僕のようなサイズの練習相手がいなくて、やはり重量級の選手とトレーニングしないと成長できないからね。

それとヨーロッパは日本より打撃が強い。日本ではたくさんグラップリングの練習をしてきたけど、パリではガンガン打撃の練習をしている。あと……ジムの広さも違う。日本のジムは小さかった。ただし、その分だけマッハ道場はとてもフレンドリーなジムで皆が家族のようだったよ。

こないだもナカハラとは連絡を取ったばかりだし、マッハ道場の仲間が今回の試合に向けて、たくさんのメッセージを送ってくれた。今も頻繁に日本の友人とはやりとりを続けているんだ」

──それは良かったです。では対戦相手のホドリゴ・ナシメントの印象を教えてください。

「良いグラップラーだと思う。レスリングもできる。でも僕の方がスピードがある。それに今回の試合に関しては、テイクダウン・ディフェンスにも時間を割いて練習してきた。壁際、ケージ中央を問わずにね。全てのテイクダウンを切って、打撃で戦おうと思う。凄く自信があるよ。

勝っても負けても、良い試合をしたい……と言いたいところだけど、連敗は許されない。絶対に勝つ」

──ボドウ選手、今日はありがとうございました。では最後に日本のMMAファン達にメッセージをお願いします。

「日本では長い間UFCが開催されていないけど、日本のMMAは死んでいない。日本のMMAのさらなる発展を願っているので、皆も僕を応援してほしい。僕はMMAファクトリーだけでなく、マッハ道場を代表してUFCで戦うから」

■視聴方法(予定)
7月18日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS

The post 【UFC ESPN26】ここからが本番、UFC2戦目に挑むアラン・ボドウ「マッハ道場を代表して戦う」 first appeared on MMAPLANET.