カテゴリー
BELLATOR Bellator270 Report ダニエル・ヴェイケル ブログ ペドロ・カルバーリョ

【Bellator270】蹴り、パンチ、テイクダウン&グラウンドの乱打戦。カルバーリョがヴェイケルを振り切る

<フェザー級/5分3R>
ペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ダニエル・ヴェイケル(ドイツ)

カルバーリョのローに右を合わせるヴェイケル。サウスポーの構えから蹴りを多用するカルバーリョに対し、左ミドルをキャッチするとそのままボディロックでバックに回り、グラウンドに持ち込む。胸を合わせようとするカルバーリョを両足フックで捕えたヴェイケルはスクランブル狙いにもフックを解いてバックコントロールを続ける。

ケージを背負い、胸を合わせたカルバーリョは離れ際に左フックを振るう。ケージを背にしたヴェイケルにダブルレッグを狙ったカルバーリョがすぐに離れる。左のインサイドローから右アブを伸ばすカルバーリョ。ヴェイケルは右ローを蹴り、カルバーリョの左に右を合わせてダウンを奪う。シングルに来たカルバーリョを切り、バックに回ったヴェイケルが再び両足をフックする。腕十字狙いを失敗し下になったヴェイケルがクローズドガードを取る。スイープ狙いで体を浮かせたヴェイケルだが、トップをキープしたカルバーリョが肩パンチを打っていく。このまま初回が終わった。

2R、左ハイからワンツーを当てたカルバーリョが、直後に右オーバーハンドを被弾してダウンする。ニーシールドを越えようとしたヴェイケルは、嫌がって背中を見せたところ背中に張りつく。ここでも腕十字を失敗したヴェイケルは、バックキープを続けるが、

カルバーリョが立ち上がり、試合はスタンドの間合いへ。左フックから右ストレート、さらい左ストレートを入れたカルバーリョは、ヴェイケルにバ組まれてケージに押し込まれる。体を入れ替えたカルバーリョがダブルからシングルも、倒せず胸を合わせる。すかさず押し返したヴェイケルだが、カルバーリョがパンチで攻勢に出る。左を当て、前に出るカルバーリョがワンツーを2度目決める。ここからパンチをまとめたカルバーリョがワンツーで前進し、嫌がったヴェイケルのダブルレッグをスプロール。再びパンチを纏めて前に出ると、ヴェイケルが組んで時間となった。

3R、前に出てくるカルバーリョにアッパーを入れたヴェイケルが、直後にダブルレッグでテイクダウンを決める。ハーフ&枕でプレッシャーを与えるヴェイケルが肩固めを狙う。背中を見せたカルバーリョは、四の字服を組まれる前に胸を合わせていき、トップを奪う。バックをキープできないヴェイケルは、クローズドガードを強いられる。ハーフバタフライ、そしてバタフライをとったヴェイケルのスイープで両者がスタンドへ戻る。残り2分を切り、パンチで前に出るカルバーリョに対し、組みついたヴェイケルがケージに押し込んでいく。

位置を変えながらケージレスリングの展開になると、カルバーリョのダブルレッグをギロチンで斬ったヴェイケルが結果的に押し込む側に。最後の20秒で離れると、両者揃ってフラフラになりながら、殴り、蹴り、時間に。直後にカルバーリョは、ケージに駆け上がりダブリンのファンに勝利をアピールした。

そして勝利のコールを受けると、跪いていて勝利を喜び、再びケージに駆け上がった。


The post 【Bellator270】蹴り、パンチ、テイクダウン&グラウンドの乱打戦。カルバーリョがヴェイケルを振り切る first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
BELLATOR Bellator257 Report ジェイジェイ・ウィルソン ブログ ペドロ・カルバーリョ

【Bellator257】ジェイジェイ・ウィルソン、前タイトルチャレンジャーを圧倒。最後はマウントパンチ

<147.75ポンド契約/5分3R>
ジェイジェイ・ウィルソン(ニュージーランド)
Def.2R0分53秒by TKO
ペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)

計量失敗のウィルソンが開始直後にカルバーリョのローにダブルレッグを合わせる。スクランブルでバックに回ったウィルソンがレバーにヒザを入れて両足をフックする。足をはねのけて前方に落としたカルバーリョが上を取り、腕十字を防ぐ。ラバーガードを仕掛けつつ、ハイガードから三角絞めを狙うウィルソン。察知したカルバーリョがパウンドを落としていく。

残り90秒を切り、ケージキックからウィルソンが腰を切って腕十字へ。カルバーリョはグリップを握り胸を張って三角へのコンビネーションを防ぐ。最後にパンチを連打したカルバーリョ、下からの仕掛けが多かったウィルソンはラウンドを失うのだろうか。

2R、スピニングバックフィストで前腕を当て、続いて前蹴りを決めたウィルソンが、怯んだにパンチを連打する。ケージ際で下になって殴られたカルバーリョはダブルレッグでケージに詰めるが、エルボーを被弾する。それでも倒しに掛かったカルバーリョは、体が伸びてウィルソンにマウントを取られる。

ウィルソンは連打を落とし、背中を見せたカルバーリョを殴り続けTKO勝ちを決めた。「スピニングバックフィストはキャンプで磨いていた技の一つ。ダブルレッグが深かったけど、エルボーを入れたんだ」と微笑を浮かべながら勝利を振り返ったウィルソンは、世界タイトルコンテンダーに圧勝しデビュー以来の連勝を8とした。


The post 【Bellator257】ジェイジェイ・ウィルソン、前タイトルチャレンジャーを圧倒。最後はマウントパンチ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Bellator257 カール・アルベクツソン コーリー・アンダーソン ジェイジェイ・ウィルソン ジュリア・バッド スティーブ・モウリー ソウル・ロジャース ドブレジャン・ヤギュシュムラドフ フィル・デイヴィス ブログ ペドロ・カルバーリョ ランス・ギブソンJr レイモンド・ダニエルズ ワジム・ネムコフ 未分類

【Bellator257】ギブソンJr&バッド親子、JJ・ウィルソン、モウリー、ロジャース、プレリミでお腹いっぱい

【写真】ランス・ギブソン、Jrとジュリア・バッド親子 (C)BELLATOR

16日(金・現地時間)、コネチカット州アンカスビルのFight sphere=モヒガンサン・アリーナでBellator257「Nemkov vs Davis 2」が開催される。

大会名にある通り、Bellator世界ライトヘビー級選手権&ワールドGP準々決勝=王者ワジム・ネムコフがフィル・デイヴィスと2年5カ月振りの再戦を戦う。

2018年11月の対戦では、ネムコフがデイヴィスをスプリットで下しており、昨年8月に獲得した世界王座の初防衛戦と、ワールドGP準決勝進出を掛けて返り討ちを狙う。

コ・メインもGP準々決勝で、TUF19覇者でベラトール2戦目となるコーリー・アンダーソンが、元ACAライトヘビー級王者のトルクメニスタン人ファイター=ドブレジャン・ヤギュシュムラドフと相対する。

ヤギュシュムラドフはACBから自動的にACA王者となり、防衛にも成功していたが2019年12月より試合が組まれず、ベルトを返上して北米を目指してきた。

さらに知名度の高いポール・デイリーと、注目されやすい女子フライ級がメインカードに投入された今大会だが、2週間前のBellaor255と同様に──UFC並みにプレリミが充実している。


前女子ジュリア・バッド、義理の息子のランス・ギブソンJrがサークルケージそろい踏みとなる。Jrの父ランス・ギブソンはマット・ヒュームの初期の教え子で元UFCファイター、そして修斗でも活躍したファイターで、バッドと再婚。37歳のバッドと、26歳のJrは11歳違いの親子になった。

Jrは去年予定されていた試合が2度流れ、1年半ぶりの実戦復帰でキャリア4戦目を戦う。父と違いスリムな体格でライト級ファイターのJrは、打撃とレスリングを消化し、パンクレーション系らしくサブミッションで極めにかかるウェルラウンダーだ。ただ、その打撃や極めにいくなかで、気の強さから来るのであろう荒々しさは父を彷彿させる。

また今回のプレリミでは前戦で世界王座に挑戦したペドロ・カルバーリョが出場し、ジェイジェイ・ウィルソンと戦う。

カルバーリョはフェザー級ランク4位、女子フェザー級1位のバッド、ライトヘビー級5位のジュリアス・ジュリアス・アンリカスと3人のランカーがプレリミ出場となる。

対してウィルソンはベラトールで4連勝、通算7連勝中のキウイ・ファイターだ。

マオリ系特有の打撃の爆発力があり、かつ柔軟な筋肉の持ち主で旺盛な戦闘意欲を持ちつつ、しっかりと柔術の消化している。ウィルソンはポストGPフェザー級戦線で、間違いなく気になる存在の1人といえる。

ポストGPフェザー級ファイターといえば、カルバーリョと同じくフェザー級GPに出場していたが、初戦で敗れたソウル・ロジャースが第1試合に登場する。

幻のTUFファイナリストは、前からも後ろからも絞めで相手と仕留めることができる。2021年の浮上を誓い──昨年10月に続く連勝を狙う。

この他、RIZINでワジム・ネムコフを破っているカール・アルベクツソンが、ワジムの兄で元PFLのヴィクトル・ネムコフとのマッチアップなど楽しみなカードが揃っている。

さらにはWAKOスタイル、ド派手な回転系キックからBellator Kickboxingで世界ウェルター級王者となったレイモンド・ダニエルズも出場。

昨年9月に代名詞であるスピニングバックキックが2発急所に入りNCとなったピーター・スタノニックとの再戦も見逃せない。

さらにさらにサンフォードMMAのヘビー級戦士、プロMMA8勝0敗──アマからは通算15連勝中のスティーブ・モウリーが8年半ぶりのベラトール出場となるショーン・アッシャーと戦う試合も注目だ。

アッシャーはケンタッキー州ベースのエンパイアFSのヘビー級王者ながら防衛に成功しケージに駆け上がったことで半年間のサスペンションを食い、この間にパンデミックが起こり18カ月振りの実戦でモウリーと戦うことに。

UFCのようなガチガチの勝負論とはまた一線を画し、デモンストレーションファイト的な一面を持つ試合や、シビアな生き残り合戦に混ざっているプレリミファイト。これからのサークルケージを楽しむために、マストウォッチの9試合だ。

■視聴方法(予定)
4月17日(土・日本時間)
午前7時~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前10時~Main Card: Bellator MMA YouTube Channel

■Bellator257対戦カード

<Bellator世界ライトヘビー級選手権&ワールドGP準々決勝/5分5R>
[王者]ワジム・ネムコフ(ロシア)
[挑戦者]フィル・デイヴィス(米国)

<ライトヘビー級ワールドGP準々決勝/5分5R>
コーリー・アンダーソン(米国)
ドブレジャン・ヤギュシュムラドフ(トルクメニスタン)

<ウェルター級/5分3R>
ポール・デイリー(英国)
サバウ・ホミシ(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ヴェタ・オーティアガ(米国)
デザリー・ヤネス(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジュリアス・アンリカス(リトアニア)
グレゴリー・ミリアード(アルバ)

<女子フェザー級/5分3R>
ジュリア・バッド(カナダ)
ダイナ・シウバ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
スティーブ・モウリー(米国)
ショーン・アッシャー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
グラチキ・ボジニアン(カナダ)
デマルケス・ジョンソン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
レイモンド・ダニエルズ(米国)
ピーター・スタノニック(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
ヴィクトル・ネムコフ(ロシア)
カール・アルベクツソン(スウェーデン)

<フェザー級/5分3R>
ペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)
ジェイジェイ・ウィルソン(ニュージーランド)

<ライト級/5分3R>
ランス・ギブソンJr(カナダ)
マーカス・スリン(米国)

<フェザー級/5分3R>
ソウル・ロジャース(英国)
マス・ブーネル(デンマーク)

The post 【Bellator257】ギブソンJr&バッド親子、JJ・ウィルソン、モウリー、ロジャース、プレリミでお腹いっぱい first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator252 Report パトリシオ・フレイレ ブログ ペドロ・カルバーリョ

【Bellator252】パトリシオ、ワンツーでKO勝ち。「俺のパンチをアゴに受けると人間は立っていられない」

<Bellator世界フェザー級選手権&ワールドGP準々決勝/5分5R>
パトリシオ・フレイレ(ブラジル)
Def.1R2分10秒by KO
ペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)

右手前のカルバーリョが左ミドルから、右ジャブを伸ばす。ローを蹴るフレイレは左フックを入れ、右を思い切り振りクリンチへ。ヒザを腹に放ったカルバーリョが離れる。続いて左ジャブを当てたカルバーリョだが、直後に右フックを被弾して腰が落ちる。ギロチンから寝技に移行しバックに回ったフレイレに対し、カルバーリョも胸を合わせて同時にスタンドに戻る。

ここで右を当てたフレイレが、直後のワンツーのワン=左フックで崩れそうになったカルバーリョにツー=右ストレートを打ち抜きダウンを奪う。あっという間のKOで、フレイレがワールドGP準決勝進出とフェザー級王座4度目の防衛を決めた。

「俺のパンチでアゴを殴られると、人間は立っていることは不可能だ。エマニュエル・サンチェスがタフなことを願っているよ。前より戦い方もダイナミックになっているしね。1試合をこれまで待つのは大変だったけど、家族との時間をエンジョイした」と表情を緩めくことなく話し、次期挑戦者で準決勝の相手サンチェスと向き合った。


The post 【Bellator252】パトリシオ、ワンツーでKO勝ち。「俺のパンチをアゴに受けると人間は立っていられない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Bellator252 News アーロン・ピコ クォンリー・グレイシー パトリシオ・フレイレ ブログ ペドロ・カルバーリョ ヤーソラフ・アモソフ ルーカス・ブレナン ローガン・ストーレー

【Bellator252】計量終了 フレイレ「ヤツを殺す。ただ勝つ」✖カルバーリョ「ただひたすら強くなった」

【写真】フェイスオフからエキサイト気味だったカルバーリョは、「ドント・タッチ」と諫めるスコット・コーカーの前で、マスクを外して挑発し始めた(C)BELLATOR

12日(木・現地時間)にコネチカット州アンカスビルのFight Sphereことモヒガンサン・アリーナで開催されるBellator252「Pitbull vs Carvalho」の計量が行われた。

今大会のメインはBellatorがCovid19パンデミックで活動休止に突入した3月13日のBellator241で組まれていたBellator世界フェザー級選手権試合兼フェザー級ワールドGP準々決勝=パトリシオ・フレイレ✖ペドロ・カルバーリョの一戦だ。


8カ月の時を経て仕切り直しとなった世界戦。ライト&フェザー級のチャンプチャンプ=パトリシオにとって昨年9月以来の実戦となる。挑戦者のカルバーリョは今も珍しいポルトガル人ファイターだ。「母国でMMAの知名度が上がることに役立てるファイター人生を送りたい。僕がパトリシオに勝てばもっとポルトガルでMMAは盛んになる」という抱負を3月の時点でカルバーリョは語っている。

そんな人格者的な発言をしていたカルバーリョだが、パブリック・ファイスオフでは拳を突きつけ、マスクを外してチャンピオンを挑発する。しかし、マイクを向けられると「僕の自信はハードワークによるもの。1月から1月、月曜日から月曜日、ずっと練習を続けているから試合ごとに100倍成長している。3月から今日までの期間は、ただひたすら僕を成長させてくれた」と冷静な発言をした。

対してフレイレは「俺がチャンピオン。アイツを殺す。ただ勝つ、それだけだ」

上背やリーチで上回るカルバーリョ、パトシリオのスピードと爆発力を兼ね添えたファイトに対して、序盤は落としても我慢強く5Rの時間を使って──王者に攻め疲れをさせることが勝利には欠かせない。それには二冠王の攻めの圧力を凌ぎきることが求められる。とはいってもパトリシオはカウンターを取るのも秀でており、待ちのファイトもできる。つまりカルバーリョにとっては、攻めて守ることが必要な心身ともにタフなチャレンジが待ち受けていることになる。

セミではカビブ・ヌルマゴメドフのMMAでデビュー以来負け知らず29連勝というワールドレコードに次ぐ、24連勝中のヤーソラフ・アモソフが、ローガン・ストーレーと戦う。

フォークスタイルレスリングがベースのストーレーだが、アモソフはエド・ルースを払い腰で投げ、ダブルレッグでテイクダウンを決めており、いかにケージとスクランブルゲームでコントロールできるかがカギとなる。

メインカード・オープニングはフェザー級ワールドGP準々決勝のダニエル・ヴェイケル✖エマニュエル・サンチェス戦がマッチアップされ、プレリミにもアーロン・ピコ、ケリー・テイラーメレンデス、クリス・ブレナンの息子ルーカス、ホイスの嫡男クォンリーと気になるファイターが目白押しの今大会。

しかし、テイラーメレンデス、ブレナンは体重おーアーでキャッチ戦を戦うことになっている。

■視聴方法(予定)
11月13日(金・日本時間)
午前6時00分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前9時00分~DAZN

■Bellator252計量結果

<Bellator世界フェザー級選手権&ワールドGP準々決勝/5分5R>
[王者]パトリシオ・フレイレ: 144.7ポンド(65.63キロ)
[挑戦者]ペドロ・カルバーリョ: 144.5ポンド(65.54キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ヤーソラフ・アモソフ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ローガン・ストーレー: 170ポンド(77.11キロ)

<フェザー級ワールドGP準々決勝/5分5R>
ダニエル・ヴェイケル: 143.8ポンド(65.22キロ)
エマニュエル・サンチェス: 145ポンド(65.77キロ)

<フェザー級/5分3R>
アーロン・ピコ: 145.6ポンド(66.04キロ)
ジョン・デ・ジーサス: 145ポンド(65.77キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ケリー・テイラーメレンデス: 116.2ポンド(52.7キロ)
エミリー・キング: 115ポンド(52.16キロ)

<フェザー級/5分3R>
ゲイブリエル・ヴァルガ: 145.8ポンド(66.13キロ)
ブランドン・フィリップス: 150ポンド(68.03 キロ)

<ライト級/5分3R>
デヴィン・パウウェル: 155.2ポンド(70.39キロ)
マニー・ムロ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョーネル・ルゴ: 135ポンド(61.24キロ)
スカイラー・スート: 135.4ポンド(61.41キロー

<フェザー級/5分3R>
ルーカス・ブレナン: 148ポンド( 67.13キロ)
アンドリュー・サラス: 145ポンド(65.77キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ローラン・ファラルド: 170.5ポンド(77.34キロ)
パット・ケイシー: 170.8ポンド(77.47キロ)

<ウェルター級/5分3R>
クォンリー・グレイシー: 168.8ポンド(76.5キロ)
トレバー・グッデ: 170ポンド(77.11キロ)

The post 【Bellator252】計量終了 フレイレ「ヤツを殺す。ただ勝つ」✖カルバーリョ「ただひたすら強くなった」 first appeared on MMAPLANET.