カテゴリー
CJJW2021 JJ Globo Report アライアス・アンダーソン ブログ ベン・エディ

【CJJW2021】ラバー&クローズドを取れなかったエディ、モダン柔術披露もOTでアンダーソンに下る

<バンタム級T準決勝/10分1R>
アライアス・アンダーソン(米国)
Def.OT by Escape time
ベン・エディ(米国)

座ったアンダーソン、トップのエディにデラヒーバを掛ける。前転して下を選択したエディが立ち上がる。アームドラッグからバックを狙ったアンダーソンは、引き込んだエディに対してタイトにならないように組む。下から掌底を見せたエディの足首を踏んでパスを狙うアンダーソンは、ガードを越えてキムラから座って腕十字を狙う。腕を抜いたエディは下からリバース・デラヒーバからキス・オブ・ドラゴンというメンデス兄弟ムーブを見せる。

尻もちをついて正対して反応したアンダーソンがパスへ。ハーフで耐えるエディ、アンダーソンが他違ってパスの圧力を高める。その動きの中でクローズドやラバーだけは取らせないで戦うアンダーソンが、飛び込み十字へ。エディもしっかりと反応し、クォーターガードも、パスを許す。アンダーソンはニーインベリーからマウントへ。後方回転からベリンボロ、反転したアンダーソンが足を畳んでワキ差しパスへ。左右に回りアタックを続けるアンダーソンが、再びパスを決めて掌底を入れる。

腕十字を防ぎ、小さくフレームを取るエディは上四方で頭を両足で固定される。残り50秒、足を戻したエディはパス狙いを耐える展開が続き──タイムアップに。

OT、バックを選択したアンダーソンは極めもエスケープもなく2分間を使い、エディはスパイダーウェブを選択も腕を抜かれリードを許す。2Rもバック選択のアンダーソンは2分間バックを維持し攻守交替。エディは当然のようにスパイダーウェブで1分以上攻めたが、ヒザを入れたアンダーソンがエスケープに成功した。

エディは結局6分間、バックからエスケープできず最後はシートベルトを選択。トラックからカーフスライサー狙いも、アンダーソンが足を抜いてエディは敗れた。


The post 【CJJW2021】ラバー&クローズドを取れなかったエディ、モダン柔術披露もOTでアンダーソンに下る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
CJJW2021 JJ Globo Report デイヴィッド・ワイントラウブ ブログ ベン・エディ

【CJJW2021】掌底TKOで初戦突破のワイントラウブが一発も殴れず。ベン・エディがデッドオーチャード葬

<バンタム級T準々決勝/10分1R>
ベン・エディ(米国)
Def.2分09秒by デッドオーチャード
デイヴィッド・ワイントラウブ(米国)

1回戦で唯一、掌底でTKO勝ちを収めた──ヴィトー・シャオリンBJJ所属のワイントラウブとエディの対戦。掌底を打たせない、MMAに通じる防御術をエディが見せることができるか。

簡単に下にならないエディが立ちレスを続けコイントスで、アンダーフック&バタフライを選択する。アゴを押してポスチャーするワイントラウブに対し、クローズドを取ったエディはハイガードからラバーへ。すぐにデッドオーチャードに移行したエディは、左腕を引き寄せ一発も殴られることなくタップを奪った。


The post 【CJJW2021】掌底TKOで初戦突破のワイントラウブが一発も殴れず。ベン・エディがデッドオーチャード葬 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
CJJW2021 JJ Globo Report ブログ ベン・エディ ランディ・ビジャレアル

【CJJW2021】ヒンドゥドロチン→NY→デッドオーチャード。フルコースでベン・エディが左腕伸ばす

<バンタム級T1回戦/10分1R>
ベン・エディ(米国)
Def.1分40秒by デッドオーチャード
ランディ・ビジャレアル(米国)

まず座ったビジャレアルが足をとりに来ると、エディは横回転で下になり即ラバーガードへ。掌底を入れていた左手をあごの下に入れてビジャレアルの左肩をホールドしたエディは、右手でラバーガードを掛けている自らの左足を巻き込み、左腕を抜いてヒンドゥロチンの態勢に入る。

右足を越えさせず、ニューヨークからデッドオーチャードに移行したエディは、ビジャレアルの左腕を伸ばしタップを奪った。


The post 【CJJW2021】ヒンドゥドロチン→NY→デッドオーチャード。フルコースでベン・エディが左腕伸ばす first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
CJJW2021 JJ Globo Preview ゲイブリエル・デフロン ブログ ベン・エディ リチャード・アラルコン

【CJJW2021】掌底有りのコンバット柔術ワールド=バンタム級。アラルコン、ベン・エディ、デフロンに注目

【写真】これがベン・エディのヒンドゥロチン(C)DAVE MANDEL

21日(日)、メキシコはカリブ海に面したユカタン半島の一大リゾート地区リビエラ・マヤにあるプラヤ・デ・カルメンでCombat Jiu Jitsu Worlds 2021 The Bantam weightが開催される。

エディ・ブラボーが草案した掌底有り柔術=コンバット柔術のバンタム級16人トーナメントが行われる。


今回、注目したいのは第一に2019年のバンタム級世界王者リチャード・アラルコンだ。

OTよりも掌底も有効活用し、本戦でバックを制して絞めで勝つスタイルのアラルコンは、コンバット柔術以外もADCC世界大会、Polaris、ノーギ・ワールズ、さらにコンバット柔術フェザー級大会に出場も思ったような戦績を挙げることができていない。

ここは再び勢いをつけるために2年振りの優勝、最低限上位進出を果たしたいところだ。この他、反対側の山にはヒンドゥー・コントロールのベン・エディが出場する。

ラバーガード&ギロチン──ヒンドゥロチンという得意技も含め、掌底を打たせないフィッシュ、つまりエディ・ブラボー理論を体現するベン・エディの技術は必見だ。

そのベン・エディをヒールフックで破っているゲイブリエル・デフロンも今回は2019年の準決勝敗退以上の成績を残すべき参戦している。ベン・エディとデフロン、順調に勝ち上がれば準決勝で両者の再戦が実現する。

ノーポイント&サブオンリーでもなく、MMAでもない。掌底のなかでの極めや掌底を許さないガードワークなど、コンバット柔術としての進化が見られるか楽しみだ。

The post 【CJJW2021】掌底有りのコンバット柔術ワールド=バンタム級。アラルコン、ベン・エディ、デフロンに注目 first appeared on MMAPLANET.