カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+24 UFN184 ブログ ベニール・ダリューシュ

【UFN184】ノンストップアクションの消耗戦、フェレイラをスプリットで下したダリューシュが6連勝を達成

<ライト級/5分3R>
ベニール・ダリューシュ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.28-29
ディエゴ・フェレイラ(ブラジル)

サウスポーのダリューシュがローを蹴られ、蹴り返すと右フックを打っていく。さらにワンツーから左を伸ばし、シングルレッグへ。ダブルに切り替えるとフェレイラがオモプラッタからゴゴ、腕十字へ。腕を抜いたダルーシュは、続くスクランブルでシングルを再び仕掛け腹固めを取られそうになりながら立ち上がる。

打撃戦になると左をダリューシュが当て、右を打ち返したフェレイラのボディに左ヒザを入れる。これが効いて崩れたフェレイラはディープハーフで煽り、クローズドガードを取る。ハイガードに立ち上がったダリューシュに対し、フェレイラは足関節からカーフスライサーを仕掛ける。ダリューシュは足を抜いてパウンド、スクランブルでバックに回ろうとするもフェレイラが胸を合わせて離れ右をヒットさせる。ダリューシュは右を打ち返した直後に右前蹴りで顔を射抜かれラウンド終了となった。

2R開始直後にパンチ、ハイキックの交換を見せた両者。ダリューシュは左ローもワンツーを合わされシングルレッグからボディロックテイクダウンを決める。足を一本抜きたかったダリューシュだが、フェレイラはクローズドを取り立ち上がろうとするところで蹴り上げへ。

オモプラッタを察知され、スクランブルでもバックに回られたフェレイラは前転して足関節&リバーサルを仕掛ける。先に立ち上がったダリューシュはバックにこそ回り切れなかったが、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。すぐに立ち上がったフェレイラに執拗に組みつき、上を取ったダリューシュが左のパウンドを落としハーフで抑える。フルガードに戻したフェレイラにパンチを落とすダルーシュは、スクランブルを許さずこの回を取った。

最終回、左ミドルを蹴ったダリューシュは続いて左ローを入れる。スイッチしたフェレイラだが、左を被弾するもシングルを切ってパンチを入れる。ここでフェレイラの急所にローが当たり、試合が中断される。再開後、フェレイラが右ミドルを蹴り、ダリューシュは左を伸ばすが相当疲れており、シングルが決まらない。それでも左をヒットさせたダリューシュ。ニータップを切り、距離を取ろうとしたフェレイラがレフェリーとぶつかる。

続く攻防で蹴り足をキャッチされたダリューシュが、引き込むように下になると、足を絡ませ50/50&スイープへ。足を抜いて離れたフェレイラだが、ついにダリューシュがボディロックテイクダウンを決める。フェレイラはスクランブル狙いから前転するもバックを取られ、前方に振り落としパウンドを落とす。立ち上がりながらダブルレッグをダリューシュが仕掛け、尻もちをつかさせたところでタイムアップに。

ノンストップの消耗戦はジャッジの裁定は割れ、ダリューシュが判定勝ちを手に連勝を6に伸ばした。


The post 【UFN184】ノンストップアクションの消耗戦、フェレイラをスプリットで下したダリューシュが6連勝を達成 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN174 スコット・ホルツマン ブログ ベニール・ダリューシュ

【UFN174】スピニングバックフィストでKO勝ちもダリューシュ、体重オーバーに神妙な面持ち

<158ポンド契約/5分3R>
ベニール・ダリューシュ(米国)
Def.1R4分38秒by KO
スコット・ホルツマン(米国)

体重オーバーのダリューシュが左ミドルを蹴る。続く接触でホルツマンの親指がダリューシュの左目に入り試合が中断する。再開後、左ヒザを突き上げて距離を詰めたダリューシュがシングルからハイクロッチへ。右腕を差してホルツマンをケージに押し込んでいく。体を入れ替えて離れたホルツマンに対し、ダリューシュは首相撲から左ヒザを顔面に蹴り上げる。動きが止まったホルツマンにもう一発ヒザを入れ、パンチに切り替えたダリューシュはテイクダウンを切ってバックに回る。ホルツマンは胸を合わせて危機を乗り切ろうとするが、ダリューシュは首相撲からヒザ、エルボーを狙う。離れたホルツマンは流血に見舞われながらショート飲みフックを打つ。ダリューシュは左ストレートを入れ、左フックから右、そのまま左右のパンチを打ち続ける。

それでもケージ際から逃れたホルツマンだったが、右フックに左のスピニングバックフィストを合わされる。前腕でホルツマンの顔面を打ち抜いたダリューシュがKO勝ちを決めた。

「こういうことってたまにあるけど、全く覚えていないんだよ。例え僕は勝てても体重を落とせなかったから。この試合が良い試合だったとしても、スコットのモノだ」と話した。