カテゴリー
Interview UFC ブログ ヘンリー・フーフト 佐藤天

【UFC】佐藤天に訊いた日米の違い─02─「高い意識の者が突き抜けてしまうようじゃ強くなれない」

【写真】このインタビュー、全てが金言といっても過言でないです(C)MMAPLANET

日本に帰国中の佐藤天インタビュー後編。強くなる──誰もが思っているはずの思考だが、佐藤は日本とサンフォードMMAの違いに関して腹を割って話してくれた。

目標はどこでも良い。強さを求める選手、そして日本を強くしたいと思っているMMA関係者の全てに、佐藤天の言葉を伝えたい。

<佐藤天インタビューPart.01はコチラから>


──佐藤選手が環境の違いという言葉を口にするのは、そういう選手たちのモチベーションという部分だったのですね。

「ハイ。だから米国のジムに移った方が良いとか、そういうことは言わないです。ただし、1度は経験してみると良いとは思っています」

──それは湾曲的な言い回しになりますが、UFCで戦いたいという目標を持っている選手達はということになりますか。

「そういう目標を持っている選手もいるだろうし、色々な目標があると思います。色々な目標があることは良いと思っています。

でも、その目標に向かって……どこまでやっているのか。若いから遊びたいっていう気持ちも分かります。でも、サンフォードMMAで『一回、機会をつくって皆で飲みたいね』とか話していても、実現しないです」

──皆が一緒に飲みに行く時間が創れないと。

「日本でも高い目標を持ち、それだけの気持ちを持って練習している選手はいます。そうなるとその選手の実力が少し抜けるようになる。

そうなると、選手同士ではその抜けた選手に意見できなくなるというように見えることがあります。やっている選手こそ、指導者だけでなく選手からも色々と意見してほしいはずなんです」

──佐藤選手がサンフォードでは、選手から色々とアドバイスをもらうとうことですね。

「ハイ。それが日本だと自分もUFCファイターなり、言われなくなりました。青木さんや元々の先輩ぐらいで。でも強さ、弱さなんて関係ないんです。言ってほしいですよね。どの言葉にも強くなるヒントが隠れている。そういうことを言い合えるのがチームだと思うんです。

高い目標を持って、強さが抜けてくると──『〇〇は強いから』という風になってしまう。そうなってくると、選手は孤独になるし。誰にも理解してもらえないという状況のなかで、強くなるしかない。そういう頑張っている選手が、周囲の選手から『話が合わないよね』なんて風になってしまう。こういう風になってしまうと、『この環境だとしょうがない』って気持ちに陥ってしまいますよね」

──なるほど、設備やジムの広さでなく。日本のMMAを持つ問題点はそういう部分でもあるのですね。

「自分だけ頑張れば良いっていう風になる。それはもう練習している集団であって、チームではないです」

──佐藤選手のこの言葉の真意が伝わってほしいと思います。

「もちろん、自分の知らないところでそういうチームがあったり、そういう関係でできている選手もいるかもしれないですが……。練習って下に合わせる必要はないんです。でも上に合わせるというのではなくて……そうですね、サンフォードだと皆が上を見ている。合わせるとかじゃないですね。

何とか上に行ってやろうという連中が、上を見ている。そうでないヤツは勝てなくなっていなくなっちゃいます。チームメイトも頑張っている選手をサポートしたくて、皆が協力的になれます。そうじゃない選手とは、どうしても表面上の付き合いになります」

──そこで数の論理になってしまいますが、日本では高みを目指す選手ほど浮いてしまうということですか。

「まぁ、そうなるかと……。1人だと感じるようなことがある選手は辛いと思います。それでも頑張っている選手って、もう近寄りがたい存在になってしまうじゃないですか。本当に上を目指して、足らないことがあると思ってもがいているのに、『アイツは違う』って感じで何も言ってもらえないって本当に辛いと思います。もっと色々と言ってほしいはずです」

──私も取材をしていて、今、佐藤選手が話してくれた事例に当てはまるような選手は幾人が思い当たります。そういう選手って取材が終わってからも、話が尽きないというか……どこまでが取材で、どこからプライベートなのか線引きが難しいことがあります。

「モヤモヤしていますよね。そういう選手って。だから、そこが分かってくれる人を信じる。分かってくれているような人も信じる。一本気があるから、付け入られることもあるし……」

──それが選手同士で盛り上げていくことができれば、もっと余裕もできるということなのですね。あぁ、でも本気でUFCで戦おうという選手は、そこが上手くできるセンスを持つ選手と、それこそ一本気で人間関係に苦労する選手に分かれますね。

「そこも分かります。人間関係は難しいです(笑)」

──佐藤選手は、そこもしっかりとしています。

「人は良いところも、そうでないところもあります。だから誰かが話している内容でその人と判断するのではなくて、自分が直接話して真意を理解していきたいと思っています」

──そんなバランス感覚に優れた佐藤選手が、ここで言ってくれていることは本当に有難いです。米国に行くだけで強くなれるということではない。そこに通じているかと。

「サンフォードで練習しているからって、強くなれるわけじゃないです。これは日本での練習でも見られることだと思うのですが、プロ練習の時間が終わった。そこで練習を続けている人間がいる。

『アイツ、凄いな』って寝転がって見ている人間、影響を受ける人間がいます。サンフォードでもアダム(ボリッチ)はとにかく練習の虫です。チーム練習が終わって、20分、30分と動いている。そうなると、そこに引っ張られる人間が何人かいる」

──まさに良く働く2割、なんとなく働く4割、働かない2割の法則ですね。

「いや、本当にそうです。アダムに引っ張られてモチベーションが上がる選手は多いです。でもアダムは孤立せず、そのアダムに皆がどんどん意見する」

──今、佐藤選手が日本に戻って来ていて、そういう米国のジムの真実を尋ねてくる選手はいますか。

「ハイ、います。今日も取材の前に、1人の選手と会って話していました。知らないで良い、悪いを判断してほしくないですね。知った上で、自分で選択してほしいです。知ることは凄く大切で、そこが前提にあってどうするのかを自分で決めれば良いと思います。

それこそサンフォードにいても強くならない人間はいるわけですしね。ホント、全ては自分で。その個人として、強くなるためにどん欲な選手がより良い環境にいることができるか。頑張っている人間が、精神的に厳しくならない環境は日本にいても創れるはずです。個々の気の持ち方で。

ヘンリーもカミも、グレッグも本当に素晴らしいコーチです。でもヘンリーは『俺たちはナンバーワンじゃない。ナンバーワンになるためにやっているんだ』と常に言っています。正直、設備面なんかは日本よりずっと整っています。でも、そこが一番重要じゃないことをコーチたちに教えてもらっています。

だから、あの場にいるだけ強くなれるとか勘違いはしないです。より良い環境に身を置くだけで、強くなれるなんて思わない。それは日本も同じです。でも、そういう指導者にどれだけの選手がついて行っているのかって……。

選手がやる気がいないと、指導してくれる人だってやる気はでないですよね。練習している選手が、その程度かって思われているようだと。本気度がトレイナーの方が上なら、そりゃ上手くいかないです。

個々のモチベーションの集まることで、全体のモチベーションができあがる。そのなかで、高いモチベーションを持つ選手が1人や2人なのと、10人、15人だとチームとしてのモチベーションが違ってくる。高い意識の者が突き抜けてしまうようじゃ強くなれないです」

──今日は本当にありがとうございました。MMAに限らず、全ての道において当てはまる話ばかりでした。

「海外のジムに行くから強くなるなんてことはないです。そのジムで何が行われていて、どういう状況なのか。海外が合わない選手、事情があって海外へ行けない選手もいます。

でも、国内にいても強くなれる。個でなく、チームがその選手を強くできる状況になれば……。もっとやらないと──もっと考えないといけないという風に常に意識する。この感覚が大切だと思います」

──だからこそ、個々の問題でもあるのですね。ここまで色々と考えている、そして分かっているとフルに練習できないもどかしさも人一倍でしょうね。

「まぁ、本当に練習はしたいです。でも、そこまで理解してくれているヘンリーが休めと言ってくれたので。今は休む時だと思っています。

ただ負けているままなので、勝つまではモヤモヤが続くので。このままUFCと再契約できても、それはチャンスをもらえるということに過ぎないです。とても大切なことですが、そこから勝たないと……。敗北って失敗ですよね。そこから何をやっていかないといけないのか、明確にはなっていますし……気合はめちゃくちゃあるので、練習に戻った時には爆発させます(爆)」

The post 【UFC】佐藤天に訊いた日米の違い─02─「高い意識の者が突き抜けてしまうようじゃ強くなれない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview UFC カミ・バルジニ ブログ ヘンリー・フーフト 佐藤天

【UFC】帰国中の佐藤天に訊いた2020年と日米の違い─01─「30年の人生のなかでも最もタフな1年だった」

【写真】佐藤天こそ、日本を代表して世界と戦っているMMAファイターだ(C)MMAPLANET

日本人男子で唯一のUFCファイター、佐藤天。11月にミゲール・バエサに敗れ、この試合で負傷したこともありヘンリー・フーフトというMMA界を代表する司令塔の指示もあり、日本で休息の日々を送っている。

そんな一時帰国中の佐藤に2020年を振り返ってもらい、彼が米国に拠点を置く、何が日本と違うのかということを尋ねた。


──日本に帰国中の佐藤天選手です。今回の帰国理由とはどういったものなのでしょうか。

「僕のなかでは3連勝したら帰国しようという考えが頭にあって、このタイミングで日本に戻ってくるつもりはなかったです。ただ前回の試合で少しケガもあり、通常の練習ができないのなら今のうちに一度、日本に帰国しておけとヘンリー(フーフト)やカミ(バルジニ)に説得されたんです(笑)。

『リラックスする時間は必要だし、今がその時なんだ。家族や日本で応援してくれる人に会ってこい』って」

──佐藤選手の日常を見ている2人が言うなら、間違いないですね。

「『ちょっと休んだ方が良い』とも言ってくれましたね。もうケガの方も良くなってきていたんですけど、リフレッシュして来いという言葉に従いました」

──日本でリフレッシュできますか。

「落ち着けますよね。家族や仲間に会えるので。そこは落ち着くのですが、これだけ練習しない期間があると気持ち悪いです(笑)。ただフロリダにいても練習はできなかったので、もっと練習したいという気持ちは強くなっていたと思うし。やはりリフレッシュできています」

──日本とフロリダ、コロナに対する空気感は違いますか。

「日本の方がしっかりしています」

──そうですか。随分と緩んで感染者数も増えていますが、もう褌を締め直すことは個人の意思では難しいと感じていますが……。

「フロリダでは外でマスクをしていないですし、特に緩いのか……。車移動だし、空間も広いので日本とはやはり違いますね」

──日本も閉塞感はありますが、帰国した佐藤選手がゆっくりと過ごせていられるなら幸いです。

「そうですね、TRIBEとニック(末永)さんにご挨拶に行き……少し体を動かして、1月の第2週にはフロリダに戻るので、そこからまた全力でできるようにと思っています」

──世界が変わった2020年が終わろうとしています(※取材は12月30日に行われた)。佐藤選手はそのなかでもパンデミック後に2試合を戦いましたが、本当に色々あった1年でした。

「そうですね、自分の30年の人生のなかでも最もタフな1年になったと思います。常に前を向いてやってくることはできたのですが、振り返ると色々なことがあった1年です。

パンデミック前の2月にニュージーランドで対戦相手が体重を落とせず試合がなくなり、パンデミックが起こったなかで6月に勝ち、8月は自分の帯状疱疹が原因で試合ができなくなりました。そして……11月に負けた。

そこも含めて今後、プラスにはできる。これは口にしてはいけないことかもしれないですが、コロナウィルス感染の影響を受けたから色々とあったのですが、僕としてはコロナのことを忘れられるほどの日々を送ってきました」

──あれだけ周囲に感染者があっても!!

「ルームメイトで罹患しなかったのは自分だけですからね。1人が感染したので、違うルームメイトと検査に行って。そうしたら、僕は陰性でしたけど、一緒に受けに行った人間は陽性で(笑)」

──結局、何度PCRを受けたのでしょうか。

「13回ですかね。UFCで9回ぐらい受けて、フロリダでは無償で検査できるので、あとは個人的に検査をして」

──日本で罹患しないといっているのと、桁が違うところで感染していない。もう人として強いとしか考えられないですね(笑)。

「回りが皆、なっていましたね(笑)。11月の試合ではセコンドに就く予定だったショーン・ソリアーノも陽性になり、ラスベガスに入れなくなっちゃいましたしね」

──その状況でもコロナを忘れるほど集中している時間があったというのは凄いです。

「良いか悪いか……は分からないですが、MMAに集中できていました。だからこそ、11月の試合に勝たないといけなかったです。契約最後の試合でしたし、勝つのと負けるのとでは自分の置かれた状況はまるで違いますからね。

勝てば確実に更新できたけど、負けるともう運任せではないですけど、神頼みのような状態ですし。やってしまいましたね」

──大量リリースをUFCも宣言していましたし。

「まあ60人のカットということは、1階級に5、6人で。でも2勝2敗というのは普通に切られてもおかしくない戦績ですしね……。周囲の方にも心配を掛けましたし、自分も緊張の日々を送ってきました」

──現状、UFCと契約更新はなったのでしょうか。

「正式にサインはしていないですけど、明るい方向ではあります」

──それは良かったです。リリースされた時のことも考えることはありましたか。

「ハイ。ただ米国には残るつもりでした。米国に入れるビザが持てるところで戦っていくか、ビザがなくても3カ月いて日本に戻って、また3カ月フロリダで練習する。そういう選手もサンフォードMMAにはいくらでもいますし。それでも良いと思っていました」

──米国で戦っていこうと?

「日本で戦うということは、全く考えていなかったです。最悪リリースされたら、自分のモチベーションを保つためにもBellatorという選択はありました」

──ベラトールも、UFCに戻るための活動において選択肢に入るのですね。ベラトールには業界2位のステイタスはあるかと思うのですが……。

「ステイタスははなから求めていないです(笑)。だからUFCに戻るための選択ですよね。もちろん強い選手が揃っていますが、勝ち残ることに集中しないといけないですけど」

──Titan FCやLFAというのは頭になかったですか。

「選択肢としては、なくはないです。LFAは欠場が出た時に一番声が掛かるところですしね」

──つまりは米国ではUFCへの筋道があるということに通じてきますね。

「日本にいると見えなくなりますからね。自分はパンクラスで戦っている時に、フロリダで練習をして米国に触れることができて良かったと思います。今から考えると、あの時点で目標設定が明確になっていたので。

本当に色々な国から選手が集まっていて。文化も常識も全然違う。でも、皆が覚悟を持ってきている。アダム・ボリッチもハンガリーの友人がカンパをしてフロリダに来た。国籍も人種も、考え方も違うけど、皆が同じ方向に向いています。

僕も最初にフロリダで練習した時に、ここを上回る環境は日本にはない──と思ったんです。それは設備とか、ジムの環境ではなくて練習している選手たちのモチベーションという部分で……」

<この項、続く>

The post 【UFC】帰国中の佐藤天に訊いた2020年と日米の違い─01─「30年の人生のなかでも最もタフな1年だった」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview UFC ブログ ヘンリー・フーフト 佐藤天

【Special】フロリダの佐藤天─02─「いつもより時間が割けることがある。現状に対してポジティブで」

Sato Takashi【写真】今や──笑顔をアップすることも憚れる世の中になりつつあるが、笑顔こそ忘れてはならない必要要素かと (C)MMAPLANET

非常事態宣言が出た米国。10人以上の集会が禁止され、飲食店もデリバリー以外は営業できず、移動の制限という判断も取られてきた。そんな状況で、MMAファイターがどのような生活を送っているのかを佐藤天に尋ねたインタビュー後編。

新型コロナウィルス感染者が世界最多となった米国は、最先端のMMAトレーニングが積める場所だ。MMAファイターとしてより良い環境を手にすることを念頭にフロリダのサンドフォードMMA(ハードノックス)に拠点を移した佐藤天は、ジムが閉鎖され、望んでいた練習環境を失った状況で何を想い、日々を過ごしているのか。

ヘンリー・フーフトのリーダーシップとチームメイトへの信頼感、リスクを減らす行動について話を引き続き訊いた。

<佐藤天インタビューPart.01はコチラから>


──それがUFC249の代替大会だけでなく、それ以降のことも考えているようですね。

「実際にUFC249をやると言い切ったことでダナ・ホワイトも批判を受けているようですし、どうなるのか……」

──ところでプロファイターは決して安くない指導料を支払っていますが、この間は稼ぎも途絶えるわけですし、佐藤選手の場合はどうなっているのですか。

「そこは僕は2月のニュージーランドの試合が飛んだ時点で、ヘンリーが『試合がなくなったし、次の試合までジムにお金は入れなくて良い』と言ってくれて」

──おぉ。素晴らしいですね。

「2月分さえ受け取らないって言ってくれましたし。この状況でもヘンリーは皆のところを回って顔を見て話す。素晴らしいリーダーで、皆がついて行こうと思える人です。だから、ポジティブな人間が選手にも多いです。ヘンリーだってジムの人間に会いに行くことはリスクがあるのに、統率してくれようとしています。

『人数に限りがあるし、試合が決まりそう選手をピックしていく。ここに関しては不満を言わないで欲しい。体調に不安のない選手で、他との接触を避けている選手はプライベートで練習を見ることもできるようになると思う。とにかく今はこういう状況だから、我慢できることをしてくれ。そして皆で乗り越えよう』と」

──もう、それはサンドフォードMMAだけでなく世界中に通じる金言ですね。右に倣えのリモートワークで、何も統制できないトップもいるようですからね。

「街中は怖いから1人でいようという風な人が多いようにも感じられます。そんななかでヘンリー自身が、自分がデキることをやってくれる。なら、自分もと思います。現実を見て、悲観もせず、素晴らしいです。

僕もルームメイトとチームメイトを信頼していますし、家族や一緒に住んでいる人以外とは接しないようにと言われている状態で、会っているのはルームメイトと近くに住んでいるチームメイトだけです。それ以外の人とは関わり合いを持っていないです。外に出るのも、車で買いだしに行くくらいですしね」

──米国もUFCやBellatorのファイター以外は、MMAだけで生活できないのは日本と変わらないと思います。そういう選手たちは生活の危機でもあるわけですよね。

「さっき言ったバーで働いているトムは、焦ったりしていないですね。家でアクセサリーを作って、『売れないかな?』ってやっています(笑)。前向きな人間と、極端に怖がっている人がいて──自分の回りはポジティブな人間が多いです。人とは関われないけど、何とかして食っていくしかないという風で。

僕も他の選手と変わらず、金銭的には厳しいところがありますけど、やることをやるだけですね。悲観的にはなっていないです。日本で自分を応援してくださっている人たちの方がもっと大変になってくるだろうし。

試合ができない状態がいつまで続くのか不安要素ではありますけど、自分でコントロールできないことなので悲観しているわけではなく、前向きに毎日笑顔で過ごせています。練習も課題を見つけて、やっていますし」

──自宅トレだと打撃中心になるかと、柔術はともかくレスリングをすることは難しそうですね。

「レスリングはなかなかできないです。そこはストレスというか……組み技がしたいですね」

──米国から日本の今回の取り組み方への批判がよく聞こえるようになってきました。今フロリダにいて佐藤選手は、家族のいる日本の有りようをどのように見ていますか。

「少し、行動するのが遅いのかとは感じます。友達と話したりしますけど、一つ一つの対応が徹底していないというか。ただし自分が日本に残っていたら、やはりジムの選手とは少人数で練習していたと思います。

と同時に日本にいると、どうしても移動手段が電車になるので、そこは考えないといけなかったでしょうね。なのでジムに行かなければ練習ができないという風にならず、自分で工夫することも必要になってくるかと思います。

色々とできることはあるはずです。スパーリング、組み技ができなくなるなかで、いつもより時間が割けることがある。そういうことに重点を置いて、時間を掛けても良いはずですしね。こっちにいても、家でしか練習できないので、そういう現状に対してポジティブでいたいです」

──なるほどぉ。本当にその通りですね。日本と違う日常にいる佐藤選手の言葉で、日本にいる格闘技従事者も考える材料を貰えたと思います。今日はありがとうございました。

カテゴリー
Interview Special UFC ブログ ヘンリー・フーフト 佐藤天

【Special】新型コロナウィルス感染拡大で、ジムが閉鎖。フロリダの佐藤天─01─「ビーチから人が……」

Ten Sato【写真】 スティーブ・モウリー、ジムのマネージャーのトムさん、そしてリントン・ヴァッセルというチーム&ルームメイトと共に(C)MMAPLANET

今や新型コロナウィルス感染者数が世界一を数えるようになった米国。2100万人の人口を誇るフロリダ州は、フォートローダーデールに生活拠点を置く、UFCファイター佐藤天にフロリダの現状を尋ねた。

米国東部でもメリーランド州、ヴァージニア州とウィルス拡大の猛威が南下しつつあるなか、フロリダ州も1日に高齢者及び基礎疾患のある人は自宅待機、全州民に移動制限をデサンティス知事が発表し、3日から発効している状態だ。

そんななか佐藤からサンフォードMMA (ハードノックス)という絆、そしてヘンリー・フーフトのリーダーシップにより、皆がポジティブになれているという話が訊かれた。


──今回の新型コロナウィルスですが、フロリダにいる佐藤選手はいつ頃から目に見えて影響が出てきました。

「予定を早めて日本から3月8日にフォートローダーデールに戻ってきたのですが、次の週にスタンフォードの新しいジムに行ったら、その時点でヤバイ状況らしいということは伝わってきていました。

まだ緊急事態宣言が出ているわけではなかったのですが、ジムのスポンサーに病院もあって。一旦、練習を解散して『これからのことは後から連絡するから』という風になりました」

──米国ではトランプ大統領が3月13日に国家非常事態を宣言しました。そこからジムを閉めている状態ですか。

「ベラトールが中止になったりして、その週明けにはジムで10人以上集まらないようにということになりました。それでも皆で連絡して時間をずらして練習をしていたら、MMAだけでなくラグビーかアメフトの選手達も来ていて……」

──あぁ、10人以上になってしまったと。

「ハイ。車がたくさん停まっていたので、それを見た警察官がジムにやってきてすぐに帰宅させられました。それからはジムも閉められて、サンフォードMMA では練習できない状態です」

──街の様子も変わりましたか。

「非常事態宣言前は、それほど変わっていなかったです。飲食店も開いていたので、自分のルームメイトの1人はバーで働いていました。でも非常事態を宣言されてからは、もう飲み屋も完全にクローズになっています。平日から人が溢れかえっていたのですが、ビーチからも人がいなくなりました。今はもう車の往来もほとんどなくなっています。

ただ不必要でない外出以外はスーパーなどへの買い物も行けます、デリバリーやドライブスルーができる飲食店はオープンしていますし」

──それでも米国の人はマスクはしないのでしょうか。

「昨日、スーパーに行った時には大きめのマスクをしている人も増えていました。やはり人にうつしたくないですからね」

──佐藤選手の住まいは土足ですか。

「いえ、ファイターズハウスは土足ではないです。部屋に入る時には靴を脱ぐようにしています」

──土足だと色々なモノを持ち返って来るでしょうし、その違いもあるのかと思っていました。

「今はフロリダも、皆が守るべきことを守るという一定のルールに従っている感じですね。夜の9時以降は外出禁止になっていて、それを無視していると逮捕されることもあるようです。実際にフロリダの大きな教会の牧師が礼拝を続けていて逮捕されていますし」

──神様、地球を救ってとやっていて……逮捕される(笑)。

「アハハハ」

──本来は笑っていられないのですが……。

「そうですね……。実際に米国も感染者数が凄く増えていますし。チームメイトの家からそんな離れていないところの人が感染して、亡くなっています。危機管理という部分では……、罰せられるということは強制力がありますよね。自分たちも実際にそうだったので。

練習したいのは当然で、でも多く集まるのは危ない。ジムが閉鎖になって、ルームメイトたちと家で練習している形になりましたし。

そんななか、ヘンリー(フーフト)が僕らの家に来てくれて。きっと皆のところを回っているのでしょうが、『こういう状態だから今は少人数でデキる練習をして。またジムが使えるようになったら、5、6人が集まって時間をずらして練習をしていくようにしよう』と話してくれました」

──さすが気持ちの繋がりを大切とするヘンリーですね。

「あと、UFCは試合をしようと模索しているじゃないですか」

──ハイ、18日のNY のMSGでやる予定だったUFC249ですね。実際のところメインのカビブ・ヌルマゴメドフ✖トニー・ファーガソンのUFC世界ライト級選手権試合は実現しなさそうですが……。入国制限のない国の選手を集めているという情報もあります。

「ハイ、サンフォードMMA にもブラジルからビセンチ・ルケがやってきました。試合のオファーなど、明確な指示は今のところないようですが、試合を組む時に備えて早めに集めておこうということかと思います」

<この項、続く>