カテゴリー
K-1 MMA ROAD FC Road FC49 Special UFC オク・レユン キック キム・スーチョル パク・ヘジン ヘジン ボクシング 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:9月─その壱─パク・ヘジン✖キム・スーチョル「コリアンBOX」

【写真】サウスポーで構えたスーチョルが、左足でオーソのパク・ヘジンの後ろ足を蹴る。この近距離で戦い続けた (C)MMAPLANET

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

背景、技術、格闘技観──青木のMMA論で深く、そして広くMMAを愉しみたい。

青木が選んだ2021年9月の一番、第一弾は9月2日に行われたRoad FC49より、Road FCフェザー級王座決定戦=パク・ヘジン✖キム・スーチョル戦について語らおう。


──青木選手が選ぶ9月の一番、最初の試合は何になりますか。

「パク・ヘジン✖キム・スーチョルですね。この試合、スーチョルが奥足をローで蹴っていたんですよ」

──サウスポーのキム・スーチョルが、オーソのパク・ヘジンの右足を左ローで蹴っていたということですね。

「そうなんです。MMAではなかなかないですよね。あの近い距離って。ガードを固めて、首相撲に行ったりもするんですが、自分の奥足で相手の後ろ側にある足を蹴るって……。こんなことあるのかって思いましたね。そりゃあ、最後は殴られるだろうと」

──パク・ヘジンは、一発があるグラップラーです。前足にシングルなども仕掛けていました。

「ハイ。最後はギロチンでした。ただ、あれはその前の左フックがあったからですよね。あの瞬間、スーチョルをオーソで左フックを振って、左を受けて実質はノックアウトでした」

──組みだけを警戒していたのか。

「それにしても、あの距離で奥足のローはないです。

僕もキックボクサーとキックのマスとかすると、奥足を蹴られるんですよね。K-1系のジムの選手はよく使う。昔、ボクサーが魔裟斗にローでやられるみたいな。MMAなのに、キックボクシングの距離であのローを蹴るのは、信じられなかったです。というより、ちょっと笑っちゃいました(笑)。あんなリスキーなことを、なぜする必要があるんだって思って」

──確かにあの距離は両者が、ダメージを蓄積させ両足が揃った状態で殴り合う。そんな展開ぐらいでしか見ない位置関係ともいえます。

「そう、その戦いになるとローなんて出ないです。結果論ですけど、あの距離で戦ったことが敗因になりますよね。スーチョルはミットの映像を見ても近いです。僕はコリアン・ボクシングと呼んでいるんですけど。

畑山隆則(元WBA世界スーパーフェザー級及びライト級王者)さんが近い距離で戦う人で。彼のトレーナーが柳和龍(ユ・ファヨン)っていう韓国人だったんです。

柳トレーナーに近い距離のボクシングを指導された畑山さんが、インタビューで「僕みたいな選手はもう出てこないでしょう」と言っていて凄く印象に残っているんですよね。それが柳トレーナーの教えで。だからスーチョルのミットとかも文化としてコリアン・ボクシングに近いのかと。

MMAではやっちゃいけない距離です。でも、それが韓国人選手ならではというか。そこに彼らは理屈があるんだと思います」

──イ・ユンジュン、チェ・ムギョム、最近ではオク・レユンらはあの距離ではないですよね。

「コリアンゾンビは近いし、チェ・ドゥホもそうですよね」

──確かにそうですね。そして後ろの手でアッパーを当てます。

「つまり距離が近いってことですよね。アッパーを当てるわけですから。そこがコリアン・ボクシングの文化だと思います。だから良い試合をしても、負ける。チェ・ドゥホとかそうですよね」

──アジアで打ち勝てたけど、UFCではそうではない……。ただスーチョルが、韓国国内であの距離で負けたのはショックです。

「それはやっぱり4年とか実戦から離れていたことは関係していると思います。コロナの影響もあってコンディション的にも万全ではなかったはずです。これだけ長い間、試合をしていないと負けもありえます。だから、スーチョルが負けたことには驚いてはいなくて。ただ、あの距離は何なのって思った試合でした」

The post 【Special】月刊、青木真也のこの一番:9月─その壱─パク・ヘジン✖キム・スーチョル「コリアンBOX」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA ROAD FC Road FC59 キム・スーチョル パク・ヘジン ヘジン ボクシング

【Road FC59】スーチョルがダウンを奪われギロチンでパク・ヘジンに一本負け、復活V&王座奪取ならず

【写真】ここからスイープしてマウントを取ったパク・ヘジンが、スーチョルからタップを奪った(C)ROAD FC

<Road FCフェザー級王座決定戦/5分3R>
パク・ヘジン(韓国)
Def.1R4分50秒by ギロチンチョーク
キム・スーチョル(韓国)

キム・スーチョルの4年5カ月振りの復帰戦。体格で一回り大きな・ヘジンにロー、ミドルを蹴り、ボディを殴る。パク・ヘジンもボディ、そして右アッパーをヒットさせる。組みでなく打撃勝負に見えたパク・ヘジンが、シングルレッグから引き込んで足関節を狙う。体を捻って足を抜いたキム・スーチョルに対し、立ち上がったパク・ヘジンはシングルをキャッチして再び引き込んでから足を狙う。

ここも対処したキム・スーチョルは、スタンドに戻ると左ローを効かせる。パク・ヘジンもアッパーを返すが、ボディ、ダーティーボクシングで連打を入れたキム・スーチョルは、・ヘジンの引き込みからの足関節を防いで離れる。

キム・スーチョルはパク・ヘジンの足を捌いてパウンドを落とし、立ち上がってローへ。レフェリーがブレイクを命じて試合がスタンドへ戻ると、パクが左右のフックをヒットさせる。キム・スーチョルは左ローを続け、ケージにパク・ヘジンを押し込むが離れ際に左フックを被弾しダウンする。すぐに起き上って組みついてくキム・スーチョルをギロチンで捕えたパク・ヘジンが、スイープからマウントを取る。このまま絞めあげられたキム・スーチョルがタップ──なんと、一本負けでRoad FCフェザー級王座はパク・ヘジンが就くこととなった。

キム・スーチョルは一発の威力があるが、やや粗い打撃になっていた感は否めない。ブランク、もしくは体格差が問題なのか。なにはともあれ、キム・スーチョルの打撃戦に応じることができるグラップラー=新チャンピオンの今後に注目だ。

勝者に続きインタビューを受けたキム・スーチョルは、パク・ヘジンを呼び寄せ「本当に本当に努力してきたのですが、本当に強かったです。おめでとう。自分はこの負けを糧として、また試合の機会が来れば強くなって戻ってきます」と話した。


The post 【Road FC59】スーチョルがダウンを奪われギロチンでパク・ヘジンに一本負け、復活V&王座奪取ならず first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA ONE ROAD FC Road FC59 キム・スーチョル シム・ユリ パク・ジョンウン パク・ヘジン ヘジン

【Road FC59】MMA復帰=フェザー級王座決定戦、キム・スーチョル─02─「毎日、泣きそうになる」

【写真】2019年12月にグラップリングでケージに復帰していたスーチョル。土曜日の夜はMMAグローブを装着した彼に会える(C)MMAPLANET

4 日(土・現地時間)に韓国ウォンジュのウォンジュ総合体育館で開催されるRoad FC59で、パク・ヘジンとRoad FCフェザー級王座決定戦を戦うキムキム・スーチョル・インタビュー後編。

女子アトム級王座決定戦=パク・ジョンウン✖シム・ユリと並び、ダブル・クラウンで4年5カ月振りのMMAを戦うキム・スーチョルは、ケージの中とともに人として強くなることを常に目指してきた。

コロナ禍でより大人に、そして内面が強くなったキム・スーチョルの今回の試合に賭ける意気込みとは。

<キム・スーチョル・インタビューPart.01はコチラから>


──コロナの時代を経験して、各々が人間として真価を問われると自分は感じています。スーチョル選手もこの間に、何か学んだという感覚はありますか。

「自分の周囲にも仕事を失ったり、命の危険に陥った人もいました。生きる上で危機感が高まった時期でした。そのなかで自分も子供はまだできていませんが、家庭を持っています。人として強くならないと、ここを生き残ることはできない。少しでも強くなろうと、覚悟を決めた期間でもありました」

──スーチョル選手も人として強くなったのは、もうずっと以前からですよ。ONEの頃、Road FCで戦っていた時、そして今はケージの外の顔つきが違います。ケージの中は以前からずば抜けて使ったのですが(笑)。

「ありがとうございます。以前より……前も少しは成長していたかと思っていたのですが、今は常に気を強くしないとダメです。だから、以前以上にその気持ちで頑張っています」

──押忍。今回、対戦相手はさきほども言われましたが、最近の韓国では寝技が秀でた選手です。その一方で打撃に穴があると思われます。

「そういう風に思わる選手かとは思います。確かに打撃のテクニックはそれほどではないです。ただし、一発があります。一発で相手を倒せますし、ダメージを与えるパンチの持ち主です。一発が重いので、そこは気を付けないといけない相手です。パク・ヘジン選手のパンチで危ないシーンに追い込まれることは十分にあると警戒しています」

──今回はフェザー級のタイトル戦です。今後もフェザー級で戦っていくということでしょうか。

「そこは考え中です。バンタム級とフェザー級の掛け持ちで戦う方が、チャンスが広がると思っています。ただし、バンタム級でも4、5キロほどの減量なのでフェザー級では小さいです」

──ここから先、キム・スーチョルのMMAファイター人生第2章、目標はどこに置いていますか。

「復帰を決めたので、世界一を目指しています」

──柔術の練習が多いということですが、明らかに青タンがありますし、万全の状態で復帰戦に臨めることを願っています。

「カムハサムニダ。これはシン・ドングク選手とのスパーリングで、頭が当たってしまったんです。頭を振って打撃を打って来る選手なので、これ以上のケガをしないように気をつけます」

──キム・スーチョルの復活を楽しみにしている日本のファンに一言、お願いします。

「今日はインタビューで、練習に制限があるということを話してきましたが、そのなかでも練習内容は過去にないほど自分を追い込んできました。毎日、泣きそうになりながら練習を続けています。絶対にファンの皆さんががっかりするような試合だけはしたくありません。最後の最後まで動き続けることができる、最高の戦いをするつもりです。応援、宜しくお願いします」

The post 【Road FC59】MMA復帰=フェザー級王座決定戦、キム・スーチョル─02─「毎日、泣きそうになる」 first appeared on MMAPLANET.