カテゴリー
MMA Report UFC UFC ESPN30 ギルバート・ウルビナ ブライアン・バトル ブログ

【UFC ESPN30】祝。ブライアン・バトル、TUF29ウィナー──も時代は変わる。周囲との力の差は明白

<TUF29ミドル級決勝/5分3R>
ブライアン・バトル(米国)
Def.2R2分52秒by RNC
ギルバート・ウルビナ(米国)

ローからジャブ、右オーバーハンドが交換され、ウルビナが右をフックから左を当て、怯んだバトルをテイクダウンをする。ハーフから腕を狙うウルビナがエルボーを落とす。バトルは立ち上がりながら殴られ、下を選ぶとマウントからパンチを纏められる。懸命に腰をずらして立ち上がったバトルだが、この間にヒザを顔面に被弾する。

離れたウルビナに対し、バトルはミドルを蹴り、ローから右ストレートをヒットさせる。ショートノーティス出場のウルビナは、攻め疲れか。バトルが息を吹き返し、ワンツーを当てる。さらにヒザ蹴りも、ウルビナは組んでケージに押し込もダブルレッグでテイクダウンを狙い、バックに回る。正対し、逆にサイドバックに回ったバトルがヒザとパンチを入れる。両者がクリンチ、首相撲でヒザを見舞い、ダーティボクシングを展開し時間となった。

2R、ハイからロー、左を振るって前に出るバトルに対し、ウルビナが右ストレートを打ち込みダブルレッグへ。バックに回ったウルビナがオクタゴン中央まで運び背中に飛び乗る。バトルが背負ってケージ際に移動する。足を下したウルビナ、向き合ったバトルはスピニングバックエルボーを狙う。同時にダブルレッグを決めたバトルがバックへ。すかさずRCNを極め、TUF29ミドル級を制した。

「ずっとこの日を考えてきた。TUFハウスに入って、今がこれが手元にある」と優勝トロフィーを見つけたバトルは、「コーチたちは僕がこれを始めた1日目から一緒にいて、僕を信じてくれたんだ」とコメントした──が、バンタム級優勝のトゥルシオスと同様に周囲とは実力差があるのは明白で、どのようなキャリアをUFCで積めるのか。UFCはTUFウィナーにどのような道を与えるのか、気になる。


The post 【UFC ESPN30】祝。ブライアン・バトル、TUF29ウィナー──も時代は変わる。周囲との力の差は明白 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA UFC キック ギルバート・ウルビナ ブライアン・バトル

UFC on ESPN30:第8試合・アンドレ・ペトロスキー vs. マイケル・ギルモア

ミドル級。TUFキャスト対決。

ペトロスキーはTUF29でチーム・オルテガのドラフト2位(ミドル級1位)。決勝進出したブライアン・バトルに準決勝で一本負け。ローカル戦績は5勝1敗の30歳。2週間前に急遽UFCのマッチメイカーから連絡があり出場が決まったものの、最初はいたずら電話だと思っていたとのこと。バックボーンはレスリング。

ギルモアはTUFでは補欠選手で、負傷選手の代役としてトーナメント出場。一回戦で決勝進出したギルバート・ウルビナと対戦し一本負け。MMA6勝3敗。34歳と若くはない。アメフトからの転向。

遠間からタックルを仕掛けたペトロスキーだが切られる。踏み込んで右をヒットさせたペトロスキーがまたタックル。ケージ際でクラッチすると抱えあげてテイクダウン。サイド。レッグドラッグハーフ。さらにヒクソンクラッチ。またサイドに。ペトロスキーパウンドを落とす。ギルモアバックを取らせて立つが、立った瞬間にすぐ投げられテイクダウンされる。ペトロスキーバックマウント。フェイスロックに捕らえる。耐えた。残り1分。ギルモア腕を掴んでチョークを防ぎつつ座った体勢に。ペトロスキーがバックから殴る。ホーン。

1Rペトロスキー。

2R。離れて様子見のペトロスキー。ギルモアもテイクダウンを警戒しているのか手数が少ない。ペトロスキー左ハイ。さらにパンチを打ち込むがギルモアがワンツーを返す。ペトロスキーのタックルは切られる。ギルモアカーフキック。ミドルを蹴るペトロスキー。またカーフキック。嫌がったペトロスキー。パンチで出ていったペトロスキーだが切られた。しかしシングルレッグに入ったペトロスキー。テイクダウン。残り45秒。サイドで押さえ込む。ニーオンから肘を入れるペトロスキー。残り10秒でマウント。パウンドを数発入れる。ホーン。

打撃のヒットにそこまで差がなかったので、最後のテイクダウン→ポジショニングでペトロスキーに入ってもおかしくない。

3R。ペトロスキータックルでダイブするとドライブしてテイクダウン。ケージ際でレッグマウント。昇っていってフルマウントに。押さえ込みながらパウンドを入れるペトロスキー。ケージを蹴って返そうとするが返せない。また蹴って体勢を変えたが即サイドを取っているペトロスキー。そしてすぐにニアマウントに。ヒクソンクラッチで肘を入れていくペトロスキー。ギルモア身動きが全く取れず打たれるのみ。レフェリー止めた。

テイクダウンから攻めたペトロスキーが快勝。

カテゴリー
News Preview UFC UFC ESPN30 エジソン・バルボーサ ギガ・チカゼ ギルバート・ウルビナ ブライアン・バトル ブレディ・ヒースタンド ブログ リッキー・トゥルシオス

【UFC ESPN30】計量終了 バルボーサ✖チカゼ、後ろ回し蹴り&ロー対決。史上初、通常大会でTUF決勝

【写真】メインで戦うバルボーサとチカゼ、どちらもカサカサだ (C)

27日(金・現地時間)、28日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN30「Barboza vs Chikadze」の計量が行われた。

トゥルシオスは4年前にコンテンダーシリーズで敗れ、ようやく長年の夢が叶う。対するヒースタンドはデビューから3年のファイターだ(C)Zuffa/UFC

メインでエジソン・バルボーサ✖ギガ・チカゼのストライカー=フェザー級対決、TUF29ミドル級&バンタム級決勝が組まれた今大会。

全12試合、出場24選手のなかでオープニングマッチに出場するマナ・マルチネスが5ポンド・オーバーで、グイド・カネッティと契約体重戦を行うこととなった。


これまでTUFの決勝は、ファイナル大会としてシーズンに出場選手が数多くオクタゴン・デビューを飾っていたが、通常大会のなかでファイナルが行われるという史上初のケースで、ファイナリスト以外は、ミドル級のアンドレ・ペトロスキー✖マイケル・ギルモアの2名のみがUFC初陣を戦う。

ミドル級決勝戦出場のウルビナは、シーズン中の準決勝でトレシアン・ゴアにTKO負けを喫しているが、そのゴアがヒザを負傷して欠場、代役ファイナリストに昇格した。

UFC世界フェザー級王者アレックス・ヴォルカノフスキーとブライアン・オルテガがコーチを務めたシーズン29、ゴアに代わりウルビナが決勝に臨むことになり、2階級ともチーム・ヴォルカノフスキー対決となった。そしてミドル級のバトルは8番ピック、バンタム級のヒースタンドは7番ピック──つまり両者ともヴォルカノフスキーにとって最も期待値が低い選手だったことになる。

さらにいえばウルビナは4番ピック、トゥルシオスは5番、ゴアにしても4番ピックとセレクション上位の6名がただの1人として決勝に残れない──稀に見るアップセット、下克上のTUFとなった。

2年半ぶりのTUFウィナー誕生となる今大会のメイン、バルボーサ✖チカゼのスピニングバックキック対決。ズバリ、打撃だけでいえばチカゼに分があるだろうが、だからこそバルボーサには総合力勝負で、チカゼの弱点をつくファイトを期待したい。そのような展開になると、チカゼの組みへの対応力が見えてくるファイトになる。

■視聴方法(予定)
8月29日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN30計量結果

<フェザー級/5分5R>
エジソン・バルボーサ: 145.5ポンド(66.0キロ)
ジガ・チカゼ: 145ポンド(65.77キロ)

<TUF29ミドル級決勝/5分3R>
ブライアン・バトル: 185.5ポンド(84.14キロ)
ギルバート・ウルビナ: 186ポンド(84.37キロ)

<TUF29バンタム級決勝/5分3R>
リッキー・トゥルシオス: 135ポンド(61.24キロ)
ブレディ・ヒースタンド: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ケビン・リー: 170.5ポンド(77.34キロ)
ダニエル・ロドリゲス: 171ポンド(77.56キロ)

<ミドル級/5分3R>
アンドレ・ペトロスキー: 185.5ポンド(84.14キロ)
マイケル・ギルモア: 184ポンド(83.46キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジェラルド・マーシャート: 185ポンド(83.91キロ)
マフムド・ムラドフ: 184.5ポンド(83.68キロ)

<ミドル級/5分3R>
アブドゥル・ラザク: 185.5ポンド(84.14キロ)
アレッシオ・デキリコ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ミドル級/5分3R>
サム・アルヴィー: 185.5ポンド(84.14キロ)
ウェリントン・トゥルマン: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ダスティン・ジャコビー: 203.5ポンド(92.3キロ)
ダレン・スチュアート: 204.5ポンド(92.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
JJ・オルドリッチ: 125ポンド(56.7キロ)
ヴェネッサ・デモパウロス: 125.5ポンド(56.92キロ)

<フェザー級/5分3R>
パット・サバティニ: 145.5ポンド(66.0キロ)
ジャマル・エマース: 145.5ポンド(66.0キロ)

<バンタム級/5分3R>
マナ・マルチネス: 140ポンド(63.5キロ)
グイド・カネッティ: 135.5ポンド(61.46キロ)

The post 【UFC ESPN30】計量終了 バルボーサ✖チカゼ、後ろ回し蹴り&ロー対決。史上初、通常大会でTUF決勝 first appeared on MMAPLANET.