カテゴリー
GLORY K-1 LFA MMA UFC UFN198 テレンス・マッキニー フェレス・ジアム ブログ

【UFN198】心臓が2度止まった秒殺王テレンス・マッキニーが、仏産本格派ストライカー=ジアムと対戦

【写真】秒殺男マッキニーと、確かな打撃を持つジアム。要注目のアンダーカードだ (C)Zuffa/UFC

20日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN198:UFN on ESPN+56「Vieira vs Tate」でテレンス・マッキニーがフェレス・ジアムとオクタゴン2戦目を戦う。

(C)LFA

6月のマット・フレヴォラ戦では左クロスからパウドアウト、僅か7秒で衝撃のUFC初勝利を挙げたマッキニー。

実はその8日前にFAでマイケル・イリザーリを72秒でパウンドアウトしている。キャリア11勝3敗、マッキニーは勝っても負けて判定決着はない。2019年のコンテンダーシリーズではショーン・ウッドソンに2R1分49秒で飛びヒザでKO負け、それ以外の2つの敗北は39秒──足の負傷でTKO負けと、デリック・マイナーの三角絞めで57秒一本負けを喫している。

対して11の勝利は上に挙げた2試合以外にLFAでハイキック&17秒KO勝ち、LFA前のローカルショーでは16秒でTKO勝ちと、直近の4試合のファイトタイムは合計しても、僅か2分2秒と初回の半分も戦っていないことになる。


ばかりかマッキニーは、7秒勝利をキャリア6戦目に既に経験している。14試合の実戦経験で、2度の7秒勝利を挙げているファイターが果たしてマッキニー以外に存在しているだろうか。しかもキャリア11勝のうち、驚くなかれ10試合が初回フィニッシュという秒殺王だ。

そんなマッキニーだが、LFA時代に過去の行いを動画でアップし、「人生は1秒で変わる」と若い世代を啓蒙したことでも知られる。

2014年に彼はマジックマッシュルームとLSDを使用したことで幻覚を見て悪魔がいる」と騒ぎを起こす。駆け付けた警官に押さえつけられそうになり、暴れたことでテーザー銃(銃の部分と導線で繋がった2つの棘のある射出体で、電気ショックを与えるスタンガン)で撃たれて拘束された。そのまま救急車で病院に運ばれたマッキニーは2度心臓が止まったが、医師によって蘇生し命が救われたという過去を持つ。

この経験を白日の下に晒し、同じ過ちを犯さないようにと訴えかけたマッキニーが、オクタゴン2戦目で戦うジアムはK-1ルールのキックや散打の経験もあり、MMAデビュー後に母国のGLORYに出場するほどの打撃の使い手だ。

ジアムはキックでは見事なダッチコンビネーションに首相撲&1度のヒザ蹴りという打ち分けを見せていた。MMAの中で左ハイを駆使し、ワンツーでも秒殺KOをしてきたマッキニーだが、立ち技競技で実績を残す相手にこれまでのように打撃が通用するのか。

と同時にカレッジでレスリングを続けてきたマッキニーは、強固なポスチャーから振り下ろされるパウンドが、隙がなく強力だ。キックだけでなく柔術の練習も続けてきたジアムが、マッキニーの組みの圧力を跳ね返す、あるいは受け流すことができるのか。

あるいは組んでくるマッキニーを相手に、下がりながらのパンチをジアムは入れることが可能か。マッキニーはスタンドで攻勢にあっても、大きな一発を被弾する可能性もある。

そのなかで、打撃かテイクダウンがどのような選択をするのか。勝機と危機が入り交ざるオクタゴンのなかで、まずはマッキニーの選択を注視したい。

■視聴方法(予定)
11月20日(日・日本時間)
午前5時00分~UFC FIGHT PASS

■UFN198計量結果

<女子バンタム級/5分5R>
ケトレン・ヴィエイラ: 136ポンド(61.69キロ)
ミーシャ・テイト: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・キエーサ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ: 135.5ポンド(61.46キロ)
カン・ギョンホ: 136ポンド(61.69キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジョジョ・カルダーウッド: 126ポンド(57.15キロ)
タリア・サントス: 125.5ポンド(56.92キロ)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネス: 135ポンド(61.24キロ)
デイヴィー・グラント: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
パット・サバティニ: 145ポンド(65.77キロ)
タッカー・ルッツ: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ライト級/5分3R>
ラファ・ガルシア: 155ポンド(70.31キロ)
ナタン・レヴィ: 154ポンド(69.85キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブーミー: 115.5ポンド(52.38キロ)
ルピタ・ゴディネス: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライト級/5分3R>
テレンス・マッキニー: 155.5ポンド(70.53キロ)
フェレス・ジアム: 156ポンド(70.76キロ)

<フライ級/5分3R>
コディー・ダーデン: 126ポンド(57.15キロ)
アオリーチーラン: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
シャ・イラン: 145ポンド(65.77キロ)
ショーン・ソリアーノ: 146ポンド(66.22キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ルアナ・ピニェーロ: 116ポンド(52.62キロ)
サム・ヒューズ: 115.5ポンド(52.38キロ)

The post 【UFN198】心臓が2度止まった秒殺王テレンス・マッキニーが、仏産本格派ストライカー=ジアムと対戦 first appeared on MMAPLANET.