カテゴリー
ABEMA MMA ONE ONE Empower   アリス・アンダーソン キック ジュリー・メザバルバ チャンネル ビー・ニューイェン ボクシング モン・ボー リトゥ・フォーガット リン・ホーチン 平田樹

【ONE Empower】落選からの復活、モン・ボーと対戦、リトゥ・フォーガット「どの試合も一番大切」

【写真】インドで知らぬ者がいない、姉を持つリトゥ。インド女子MMAのパイオニアだ(C)MMAPLANET

本日3日(金・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE「Empower」。同大会で開幕する女子アトム級ワールドGP1回戦でリトゥ・フォーガットがモン・ボーと対戦する。

4月29日に収録され5月15日に中継されたONE DangalでGP出場を1カ月後に控えながら、インド一有名なレスリング一家で育ったレスラーのリトゥは、打撃のスキルを確かめるために出場しビー・ニューイェンにキャリア初黒星を喫した。結果、GP出場権を失ったものの、大会の延期を経てで再び出場権を得ることとなった。

の延期期間、リトゥは今大会の1カ月強前──7月30日に開催されたONE Battle Groundにまたも強行出場するとリン・ホーチンを破り、GP出場を再び手繰り寄せた。この仕切り直しの一戦を経て、彼女が何となく掴んでいた自信は確信に変わったという。


──前回、インタビューをさせていただいた時はダンガル大会の直前でした。そしてビー・ニューイェンに敗れ、一度はGPメンバーから外れましたが、7月のBattle Ground大会でリン・ホーチンを下しGPメンバー返り咲きました。今の心境を教えてください。

「今は凄くワクワクしているわ。いよいよGPが始まるわけだし。ニューイェン戦の敗北……あの裁定には、ビックリして。信じられなかったし、残念というよりショックという表現の方が的を射ていたわね」

──打撃を効かされ、テイクダウンで疲れたリトゥでしたが、最後まで勝負を諦めていなかったです。特に最終回の魂のテイクダウンは素晴らしかったです。

「ありがとう。勝ち負けはどのスポーツでもつきもので、勝利から学べることよりも、敗北が学べることの方が大きいわ。そういう意味でも凄く勉強になった試合だった。戦いは少しでも早く、フィニッシュしなくちゃいけない。そういう気持ちで戦うことが必要だと、あの試合で学んだの。

それでも私は負けていなかったと思っているけど。できればスコアは皆が一目瞭然で分かるオープンスコアにしてほしいわ。確かに……試合中に少しミスもしたわ。GPのメンバーから外されたから、とんでもないぐらい動揺しちゃって。でも、私がONE女子アトム級で最強の1人だということを証明して、GPに戻るんだっていう気持ちでリン・ホーチン戦に臨んだの。あの試合ではGPで戦える力を証明できたと思っている」

──積極的に打撃を使っていましたね。

「毎試合、打撃は良くなっている。それでも自信をもって使うまでには至っていなかった。でも、この前の試合で確信をもって打撃を使えたわ。結果的にGPで戦うことができたので、この自信が上手く作用するはずよ。これから一つ一つ勝っていって、必ずタイトルを手にするわ」

──リン・ホーチン戦の前から、あの試合で勝てばGPに戻れるという確約があったのですか。

「皆、私がビー・ニューイェンに負けていなかったことは分かっていたはず。ジャッジがあんな風に裁定しただけで。だから私は自分の力を示そうと思って戦ったの。もう1度、自分の価値を上げないといけないから。ただ試合前に、勝てばGPに戻れるということは聞かされていなかった。でも私はその気でいたの」

──ではGP初戦の相手であるモン・ボーの印象を教えてください。

「タフな競技者で、私より経験が豊富ね。でも経験が全てじゃない。次の試合でファンはこれまでの私とは違う一面を見ることになるでしょうね。モン・ボーのようなタフな相手だからこそ、インドの虎はこのチャレンジに燃えているのよ」

──モン・ボーはGP参加者でも、特に体格に恵まれた選手だと思います。彼女のフィジカルをどのように感じていますか。

「このGPに出場する選手は、皆が揃って高い能力を誇っている。ただ、彼女がベストかどうかは戦ってみたら分かることよ」

──シンガポールは5月以降ロックダウンもあり、7月には再びジムがクローズされた期間もあったかと思います。

「練習に関しては少し難しい面もあったから、神経質になっていた時期もあったわ。でも、試合前だけ練習をしてきたわけじゃないし。ずっと練習してきたことが、この試合に生きることになると信じているわ」

──キャリアで最重要な試合になるかと思います。

「確かに、とても大切な試合ね。でも、それはこの試合がということではなくて、どの試合もとても大切な試合という意味で。この試合が重要で、他の試合がそうじゃないなんてことはないし。どの試合も一番大切な試合で、全力でチャレンジするモノよ。

何より私は、ONEにとって初めてのオール女子大会のGPで戦えることを誇りに思っているの。この大会がONEの未来に強い影響を与えることは間違いないでしょうね」

──リトゥのお父さん、お姉さんが題材になった映画「ダンガル きっと、つよくなる」では、ある女性が『インドの娘はただ子供を生むだけの道具。でも、あなたたちは違う。愛されている証拠』と話すシーンがありました。現状のインドがどうなのか、私は分かっていませんが、仮にそのような境遇にある女性たちに、今回の大会を通して伝えたいことはありますか。

「インドもあの映画の上映後、随分と変わったわ。それでも全てのインドの女性……インドの自身のことを顧みることができない女の子に対して、『揺ぎ無いに信念があれば、どんな逆境だって打開できないことは決してない』って伝えたいの。これ以上、言葉にすることは難しいけど、それは私の姉がやってのけたことだから」

■視聴方法(予定)
9月3日(金・日本時間)
午後8時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後8時30分~ONE Super App

■ONE Empower 対戦カード

<ONE世界女子ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]シィオン・ヂィンナン(中国)
[挑戦者] ミッシェル・ニコリニ(ブラジル)

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準々決勝/5分3R>
ハム・ソヒ(韓国)
デニス・ザンボアンガ(フィリピン)

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準々決勝/5分3R>
アリョーナ・ラソヒーナ(ウクライナ)
スタンプ・フェアテックス(タイ)

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準々決勝/5分3R>
モン・ボー(中国)
リトゥ・フォーガット(インド)

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準々決勝/5分3R>
平田樹(日本)
アリス・アンダーソン(米国)

<キックボクシング女子アトム級/3分3R>
アニッサ・メクセン(フランス)
クリスティーナ・モラレス(スペイン)

<ムエタイ女子ストロー級/3分3R>
ジャッキー・ブンタン(米国)
ダニエラ・ロペス(アルゼンチン)

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP補欠戦/5分3R>
VV.Mei(日本)
ジュリー・メザバルバ(ブラジル)

The post 【ONE Empower】落選からの復活、モン・ボーと対戦、リトゥ・フォーガット「どの試合も一番大切」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA ONE ONE Battle Ground03   ジェネリン・オルシム ビー・ニューイェン

【ONE Battle Ground03】ラカイのサブミッションマシーン? ジェネリン・オルシムがニューイェン破る

【写真】テイクダウンされると同時に、オモプラッタからフットチョークを狙うオルシム (C)ONE

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ジェネリン・オルシム(フィリピン)
Def.3-0
ビー・ニューイェン(米国)

勝てばアトム級GP補欠戦出場となる一戦。左を伸ばしたニューイェンが、即テイクダウンを決める。立ち上がったオルシムがニンジャチョークへ。背中をつけたニューイェンに対し、オルシムが絞めを解く。すぐに立ち上がったニューイェンの腕を狙ったオルシムは、ボディロックで倒されると、オモプラッタ&フットチョークからアームロックを狙う。

タップしてもおかしくない状態から前転してスクランブルに持ち込んだニューイェンがこもボディロックテイクダウンを決める。サブミッションに入らせず、パスからマウントを取ったニューイェンがパンチを落とす。オルシムは頭を抱えて立ち上がろうとするが、ニューイェンがバックを取り両足をフックする。前方に落とされたニューイェンは鉄槌を被弾し、サイドで抑えられ──ノンストップアクションの初回が終わった。

2R、左オーバーハンドを放つニューイェンが、左フックを当てる。オルシムの右にも左を合わせるニューイェンだが、ヒザを腹にもらう。パンチのニューイェン、オルシムは首相撲からヒザを出したいが阻まれる。オルシムは左ミドルも、これは軽い。ニューイェンが左ストレートを入れ、右フックも逆にオルシムの右ストレートが当たりダウンを奪う。

クローズドガードにエルボーを落とすオルシムは、その後はトップキープに努める。ニューイェンはクローズを続け、ブレイク待ちか。腰を切ったニューイェンの腕十字を体重をかけて潰すオルシムがエルボーを落とし、2Rもリードを広げた。

最終回開始直後にダブルレッグを決めたニューイェン。ハーフで抑え、枕でプレッシャーを与える。3/4マウントからハーフ戻されたニューイェンがパス狙いも、体を捻ったオルシムがスタンドへ戻る。ジャブに右を合わせようとするオルシムは、パンチのかわし方は良くない。ダブルから小外を切られたニューイェンは、オルシムのヒザを受けて離れる。両者、疲れて動きが落ち、手数も少なくなり試合は残り1分に。

テイクダウン狙いをかわしたオルシムは、続くダブルレッグにケージに押し込まれるが、倒されずウィザーでバックも許さない。ニューイェンは払い腰を決め、マウント取ってパンチを落とすも、オルシムが足を戻す。ニューイェンは立ってパンチを落とし時間に。

最終回を取り返したニューイェンだが、極めでニアフィニッシュ、そしてダウン奪ったオルシムが判定勝ちを決めた。


The post 【ONE Battle Ground03】ラカイのサブミッションマシーン? ジェネリン・オルシムがニューイェン破る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE ONE Dangal ONE119 Report ビー・ニューイェン ブログ リトゥ・フォーガット

【ONE Dangal】ダンガルの名の下、攻め続けたリトゥ・フォーガットがニューイェンにスプリット判定負け

【写真】裁定が告げられた直後、リトゥはコーナーに顔を向けた。ここでの敗北は、勝負の厳しさが痛感される(C)ONE

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ビー・ニューイェン(米国)
Def.2-1
リトゥ・フォーガット(インド)

パンチで前に出るリトゥだが、ヒザを受けるシーンも。組んでバックに回ったリトゥがテイクダウンからバックコントロールで右手を取り、左でパンチを入れていく。立ち上がってケージに詰められたニューイェンは、左足を抱えられ2度目のテイクダウンを奪われる。今度は背中をつけたニューイェンはクローズドを取る。ガードの中からパンチを落とすリトゥに対し、ニューイェンは足を開いて腰を切る動きを見せる。

オープンになると足を抜きに掛かり、ハーフにとったリトゥはスクランブルで右を連打する。ニューイェンがヒザをボディに入れ初回が終わった。

2R、サウスポーの構えからロー、左を当てるニューイェン。リトゥは右のオーバーハンドを思い切り振るうが、空振りに。ニューイェンがワンツー、左ミドルをキャッチして倒したリトゥはハーフで抑える。クローズドに戻したニューイェンは、ポスチャーは決して良くないリトゥがエルボーを落とす。

腰をリトゥが上げると、ニューイェンはフックガードから腰を切るが、リトゥが一気にパスを決めサイドからヒジを落とす。上四方でヒザを頭部に入れたリトゥは、ニューイェンが立ち上がると自ら離れる。かなり疲れが見えるリトゥは、両ワキを差してケージへ。ここも自ら離れ、ニューイェンが左ミドルを決める。さらにワンツーで左を打たれたリトゥが下がる展開になり時間となった。

最終回、ジリジリと前に出るリトゥは距離を詰めてヒザを見せる。ニューイェンはワンツーも距離は届かない。パンチから距離を詰めたリトゥが、ケージに押し込む。レベルチェンジからダブルレッグのリトゥがバックに回る。

ニューイェンは胸を合わせてヒザ蹴り、シングルにはエルボーを連打する。立ち上がったニューイェンが離れると、リトゥは完全に動きが止まったか。逆に勢いを増したニューイェンは、ワンツー。リトゥは右を入れるが、逆に右を被弾する。残り1分、ニューイェンも手数で圧倒し、右フックを当てる。テイクダウン狙いにヒザを受けたリトゥは、最後に根性のダブルレッグを決める。ハーフで抑え、パンチを落としたリトゥ──ここで時間となり、ジャッジは割れ──2-1でニューイェンに凱歌が挙がった。

信じられないという表情のリトゥは「レフェリーの判断は分からない。でもビーにはおめでとうと言いたい。100パーセント戦ったけど、分からない……」と話した。


The post 【ONE Dangal】ダンガルの名の下、攻め続けたリトゥ・フォーガットがニューイェンにスプリット判定負け first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Dangal ONE119 ビー・ニューイェン ブログ リトゥ・フォーガット

【ONE Dangal】GP出場決定ながらニューイェンと対戦、リトゥ・フォーガット「ただのレスラーじゃない」

【写真】吉と出るか、凶と出るか。GPまで1カ月でのストライカーとの対戦(C)MMAPLANET

15日(土・現地時間)、シンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで収録されたONE Dangalが中継される。

同番組は4月29日(木・同)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで収録されたリトゥ・フォーガット✖ビー・ニューイェン戦がラインナップに加わっている。

番組名のDangalはリトゥの実姉であるギータ・フォーガットとバビータ・クマリというレスラー姉妹を育てあげたマハヴィル・シン・フォーガットを題材とし、インドで歴史に残るヒットとなった映画と同じタイトルだ。

そのリトゥは5月28日に開幕する女子アトム級GP出場を控えておりながら、今大会出場を決めた。GPへ向け、実戦強化という策に出たリトゥに、ONEインド進出やニューイェン戦について尋ねた。


──リトゥ、アトム級GPの1カ月前というタイミングで、ビー・ニューイェン戦を戦うことを決めた理由を教えてください。

「もちろんGPの1カ月前に試合をすることがリスキーだとは分かっているわ。でも、GPを戦う前によりハイレベルな選手と戦っておきたかったの。ニューイェンはストライカーだし、この試合を経て私はGPに向けてより自信を得ることができると思っているわ」

──確かにリスキーだと思います。試合に負傷はつきものですし。でも、それだけ自信があるということでしょうか。

「アスリートとして……ウォリアーはいつだって試合を戦う状態にないといけないはずよ。それにGPの前に、この試合を経験できることは私にとって利点しかないと考えているの」

──そして、この大会ではアージャン・ブラーがONE世界ヘビー級王座に挑戦し、グルダージャン・マンガット✖ロシャン・マイナンという試合が組まれました。さながらインド人ファイターの祭典で、イベント名はダンガルです。

「まずダンガルという名前は、私の家族を題材にした映画のタイトルだし、このイベント名の大会で試合ができて凄くハッピーよ。そして、これだけのインド人ファイターが集まることで、インドのファンも凄く喜んでくれることも絶対だし。その点でも、とても嬉しく思っているわ。

でも、実際のところは大会名がダンガルになることは知らなかったし、私が試合をすることを決めてから、こういうイベントになるって教えてもらったの」

──ダンガルという大会名はただハッピーなだけですか。それともプレッシャーを感じることもありますか。

「プレッシャーはないわ。ケージに入ると、全てを忘れて試合に集中しているから。ダンガルという大会名は、ただ私にさらなるモチベーションを与えてくれることになった感じね」

──ダンガルはインドだけでなく、世界中でヒットした映画ですし、ONE Appで試合を視聴する人も多くなるでしょうね。私の家族も凄く大好きな映画です。

「ワオ!! ありがとう。そう言ってもらえると凄く嬉しいわ(笑)」

──ところでブラーとマンガットはインド人ですが、カナダ国籍です。リトゥはネイティブ・インディアンファイターとして、インドのファンにこのショーを届けることを誇りに思っていますか。

「もちろん、誇りに思っているけど、アージャンとグルダ―ジャンの国籍がどこであろうと、彼らはインド人。私たちがインド国旗の下で戦うことが大切で、アージャンやグルダ―ジャンと一緒に戦えることは何よりも嬉しいわ。

この大会を視聴することで、インドでのONEチャンピオンシップ人気も上昇するだろうし、もっと多くのインド人ファイターがONEを目指すようになってくれることを願っているわ。

ONEはパンデミックがなければ、インド大会を開いていただろうし、この大会がパンデミック終息後に、インド進出を果たす大きなステップになるでしょうね。

私自身パンデミック後もシンガポールに留まり、1年半もインドには帰国していなくて。家族に会えていないし、本当にインドが恋しいわ。でも、とにかく今は試合に集中するように心がけている。全力で、目の前に立ちはだかるビーを倒さないとね。レッツゴー」

──そのシンガポールでは去年の11月まで組み技の対人トレができなかったです。そういう点でも昨年10月と12月の試合と比較すると、リトゥのコンディションは良くなっているのではないですか。

「それもあるけど、パンデミック前からEvolveでは打撃の練習に重点を置いてきたし、パンデミック後もレスリングや柔術よりもムエタイをやりこめた。その点からもMMAファイターとして成長していると思っている。だから、今回の試合ではどれだけ私が成長しているか期待して見てほしい。

特にビーの打撃は、過去に私が経験したことがないレベルだけど、私は自分がやってきたことに自信を持っているから、本当に私のストライキングに注目してほしい」

──では逆に得意のテイクダウン後のグラップリングに関しては、自身の成長には手応えを感じていますか。

「もちろん、毎日のように成長しているわ。ビーとの試合では打撃からレスリング、そしてグラップリングと私がどれだけ成長したのかを証明するファイトにしたい。私はもうただのレスラーじゃない、どこでも戦えるところを皆に見てもらうわ」

■視聴方法(予定)
5月15日(土・日本時間)
午後7時00分~ ABEMA格闘チャンネル

■ ONE Dangal 対戦カード

<ONE世界ヘビー級(※102.01キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]ブランドン・ヴェラ(米国)
[挑戦者] アージャン・ブラー(カナダ)

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>※
タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)
ショーン・クランシー(アイルランド)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ビー・ニューイェン(米国)

<58.3キロ契約/5分3R>※
三浦彩佳(日本)
ハイアニ・バストス(ブラジル)

<65キロ契約/3分3R>
グルダージャン・マンガット(カナダ)
ロシャン・マイナン(インド)

※2月26日に収録。その他の試合は4月29日に収録された試合

The post 【ONE Dangal】GP出場決定ながらニューイェンと対戦、リトゥ・フォーガット「ただのレスラーじゃない」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE ONE Big Bang ONE114 Report ジヒン・ラズワン ビー・ニューイェン ブログ

【ONE114】攻守交替の多いシーソーマッチで、ジヒン・ラズワンがビー・ニューイェンから判定勝ち

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ジヒン・ラズワン(マレーシア)
Def.3-0
ビー・ニューイェン(米国)

左ローを蹴ったラズワン。サウスポー✖サウスポーの対戦でローから左を伸ばす。ニューイェンも左クロス、ワンツーから左右のフックを打っていく。打撃を多用するラズワンだが、パンチはニューイェンのキレがある。アゴがあがった構えのラズワンは、首相撲からヒザ蹴り、組んでケージに押し込むもニューイェンが逆にテイクダウンを決める。すぐにスクランブルから立ち上がったラズワンは、ここも小外掛けで倒されるも、バタフライフックからスイープし上を奪う。

右腕を差したニューイェンも、そのまま起き上りリバーサル。ラズワンはバタフライガードから腕十字、三角絞めに移行し右腕を伸ばす。ヒジを抜いたニューイェンは、スタンドへ戻り最後の30秒で立ち技の展開へ。ニューイェンは左右のフック、ラズワンがローを返して初回が終わった。

2R、右ローを蹴り合った両者。ラズワンが首相撲からヒザ蹴り、ヒジを打ち込む。ボディロックテイクダウンを決めたニューイェンに対し、ラズワンはクローズドを取り下からヒジを入れる。立ちあがろうとしたニューイェンは、ラズワンの草刈りに姿勢を乱しながらスタンドに戻る。

立ち上がり際に左ハイを放ったニューイェン、続く左ミドルをキャッチしてテイクダウンしたラズワンがハーフで抑え、枕からプレッシャーを与える。パスから同時ににマウントに入ったラズワンは。背中を見せたニューイェンに乗りすぎの態勢から腕を狙いつつ修正していく。乗り直したラズワンがRNCへ。仰向けにされたニューイェンが胸を合わせてトップに。ワズワンはケージを背に立ち上がり、ウィザー&ヒザ蹴り。ニューイェンもヒザをボディに入れると、離れて左を伸ばす。続いて右を当てたニューイェン、ラズワンがヒザをボディに突き刺しラウンド終了に。

最終回、ニューイェンが左ストレート、さらにワンツーフックを伸ばす。ラズワンが右ミドルを返し、左を打ち合うと首相撲&ヒザ蹴り。回りながらローを蹴るラズワン、ニューイェンは右オーバーハンドも空振りに。ワンツーで前に出るニューイェンが、勢いで上回って来たか。右をヒットさせたニューイェンがさらに前に出てパンチを続ける。

前蹴り、蹴り足をキャッチしたラズワンはボディロックも、逆にケージに押し込まれる。首相撲でヒザを返すラズワンはエルボーをガードし、首相撲からヒザ&ヒジを繰り出す。離れたニューイェンの左に回ると、ラズワンは右ハイを狙う。前足の蹴りを使うラズワンとワンツーで前に出るニューイェン、一進一退のなかでワズワンが右前蹴りを顔面に届かせる。もう一度、右前蹴りを入れたワズワンだが、ニューイェンがダブルレッグからテイクダウン、一気になウントを取りパウンドを落とし試合を締めた。

最後の攻撃は見事な一言、勢いもありインパクトを残したニューイェン。対して、ワズワンはコツコツとした攻撃を常に続けていた。結果、右目の下を大きく腫らしているニューイェンが0-3で敗れた。


The post 【ONE114】攻守交替の多いシーソーマッチで、ジヒン・ラズワンがビー・ニューイェンから判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Big Bang ONE114 ジヒン・ラズワン ビー・ニューイェン ブログ

【ONE114】イベント当日にメイン変更、ビー・ニューイェン✖ジヒン・ラズワン&アンディー・サワーIN

【写真】メインに出場となったグレゴリアンと、ライブ中継枠に昇格したビー・ニューイェン&ジヒン・ラズワン (C)GLORY & MMAPLANET

4日午後3時半(金・現地時間)、ONE Championshipはホーム・ページ及びSNSで本日シンガポールはシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE114「Big Bang」の新たなラインナップが発表さした。

松嶋✖こよみ✖ゲイリー・トノンがコ・メインで組まれている今大会では、既にカイラット・アクメトフ✖ダニー・キンガドとアミール・アリアックバリ✖イスラム・アバソフが、キャンセルされていた。


それがイベント当日を迎えて、メインでムラット・アイグンの挑戦を受ける予定だったキック世界ライトヘビー級王者ロマン・クリキアの名前が消え、チャレンジャーのアイグンが、収録試合でMMAを戦う予定だったアンダーソン・シウバとのマッチアップに。

さらにジヒン・ワズワンとビー・ニューイェンの女子アトム級、キック・フェザー級のアンディ・サワー✖ジャン・チュンユ加わり──マラット・グレゴリアン✖イワン・コンドラチェフがメインで行われることとなった。

Final Fight Cardと記されたラインナップは以下の通り。またクリキアの欠場理由などは明らかとされていない。

■ONE114 Big Bang対戦カード

<キック・フェザー級/3分3R>
マラット・グレゴリアン(アルメニア)
イワン・コンドラチェフ(ロシア)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
松嶋こよみ(日本)
ゲイリー・トノン(米国)

<キック・ヘビー級/3分3R>
アンダーソン・シウバ(ブラジル)
ムラット・アイグン(トルコ)

<キック・フェザー級/3分3R>
アンディ・サワー(オランダ)
ジャン・チュンユ(中国)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
ボカン・マスンヤネ(南アフリカ)
レネ・カタラン(フィリピン)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ジヒン・ラズワン(マレーシア)
ビー・ニューイェン(米国)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
ジョマリー・トーレス(フィリピン)

The post 【ONE114】イベント当日にメイン変更、ビー・ニューイェン✖ジヒン・ラズワン&アンディー・サワーIN first appeared on MMAPLANET.