カテゴリー
Report UFC UFC261 ケビン・ナティヴィダッド バットゲレル・ダナー ブログ

【UFC261】ダナー、右の追い突き=サウスポーから左フック=オーソでナティヴィダッドを50秒KO

<バンタム級/5分3R>
バットゲレル・ダナー(モンゴル)
Def.1R0分50秒by tKO
ケビン・ナティヴィダッド(米国)

ナティヴィダッドが踏み込んでワンツー、この動きが続くとフックをダナーが合わせようとする。右ハイから右の追い打ちを見せたダナーは、ナティヴィダッドのステップインからの右に下がってオーソになりつつ左フックを合わせる。この一発でナティヴィダッドがキャンバスに倒れ込み、パウンドの追撃打でダナーが2試合連続KO勝ちを決めた。

「凄く嬉しい。全て準備してきたんだ。他の才能ある選手と戦いたい。サンキュー・ベリーマッチ」とダナーは笑顔でオクタゴン内のインタビューで応えた。


The post 【UFC261】ダナー、右の追い突き=サウスポーから左フック=オーソでナティヴィダッドを50秒KO first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview UFC UFC261 ケビン・ナティヴィダッド バットゲレル・ダナー ブログ

【UFC261】UFC唯一のチンギス・ハンの末裔バットゲレル・ダナー「米国で馬の肉は食べることはできない」

【写真】Zoomでインタビューを受けてくれたダナー、やはり朴訥とした好青年だ (C)MMAPLANET

24日(土・現地時間)にロリダ州ジャクソンビルのヴィアスター・ベテランズ・メモリアル・アリーナで開催されるUFC261「Usman vs Masvidal 2」で、バットゲレル・ダナーがケヴィン・ナティヴィダッドと対戦する。

UFC唯一のモンゴル人ファイターは、試合の機会がないという苦しい状況でも夢を諦めず、UFCに見いだされ契約にこぎつけた。

去年の3月にはグイド・カネッティを左フックでKOしオクタゴン初勝利も、コロナ・パンデミックの影響をモロに受けた。1年1カ月ぶりのファイトを前にダナーの話を訊いた。


──2013年4月、Legend FC11でカイ・カラフランスを破った試合を撮影していて、決して心が折れないダナーの印象に凄く残っていました。

「クアラルンプールに取材に来られたのを覚えています。僕の最初のMMAの先生だったトンガー(ジャダンバ・ナラントンガラグ)とアライ(荒井順一氏)さんと一緒に写真を撮りましたね。トンガーとアライさんには本当に良くしてもらいました」

──しかし、2019年8月にUFC出場を果たすまで国際的な舞台でダナーを見ることがなく、しかも実戦経験も5試合しかなかったです。その間、MMAから身を引こうと考えたことはなかったですか。

「なかったです。絶対に夢を実現させるんだという想いで練習を続けていました。もちろん、MMAだけでは食っていけなかったので他に仕事をしながらですが、練習をストップすることはなかったです。

そうしたら2017年か2018年にUFCデベロッピング・プログラムで僕以外の2人のモンゴル人ファイターと一緒に、6カ月間、アルバカーキのジャクソン&ウィンクMMAでトレーニングする機会を得ることができたんです。

費用は全てUFCが用意してくれました。他の2人はUFCと契約することはなかったのですが、僕はずっとUFCと連絡を取り続け、試合のビデオを送ったりしました。そうすると、とうとう契約が成ったんです」

──UFCはモンゴル人選手も発掘し、成長の機会を与えているのですね。ところでモンゴルでは今もトンガーや荒井さんと練習をしているのですか。

「時々です。僕は普段はONEと契約しているツォゴーフ・アマルサナーやBellatorで戦ったアマチュシン・フーヘンフウと同じジムで練習しています。

そして試合前になるとジャクソン・ウィンクMMAでキャンプを張っています」

──ダナーは去年の3月にラスベガス大会でグイド・カネッティに素晴らしいKO勝ちを収めましたが、その直後にパンデミックが全世界を襲いました。

「実は2カ月間、米国に足止めを食いました。モンゴル政府が国境を封鎖してしまったので帰国できなくなったんです。でも、ケガもあったのでじっくりと休養を取りました。

モンゴルは本当に厳しい対策をしてきたので、去年の10月に試合が決まっても国を離れることができませんでした。でも12月にごく僅かながらチャーター便が米国に飛ぶからということで、何とか話をつけてモンゴルを離れることができたんです。アルバカーキに滞在し、試合のチャンスを手にしました」

──そこまで大変な状況だったのですね。つまり5カ月も国を離れていると。モンゴルのように素朴な人たちに囲まれているのと、米国はまた違うかと思います。

「米国に住むことは簡単ではないです。あまり英語ができないですし。でもアルバカーキにもモンゴル人が住んでいて、食事を作ってくれたり、凄く助けてくれています」

──実はトンガーに以前、なぜモンゴル人ファイターはそこまで体が頑丈なのかと尋ねたら『馬の肉を食べて、塩もモンゴルの岩塩を使っているからです』という返答だったんです。米国ではまさかそんな食事は摂れないだろうと。

「アハハハハ。確かに米国で馬の肉は食べることはできないですが、ビーフを買ってモンゴル風の料理にはしています。それにピザも美味しいです(笑)。だから、この試合に向けて問題なくジャクソン・ウィンクMMAで調整ができています」

(C)Zuffa/UFC

──対戦相手のケビン・ナティヴィダッドはLFAで印象的な活躍をしてUFCと契約を果たした選手です。

「僕も彼のLFAの試合を見ました。ただ、問題ないです。自分の力に自信を持っています。打撃、グラップリング、全てで僕が上回っています。

それとUFC248はパンデミック前、最後に観客がいる大会で試合をして、今度はパンデミックが起こってから初めて観客が入るイベントで試合ができます(笑)。凄く嬉しいです」

──モンゴル人選手はONEで活躍が目立ってきましたが、UFCファイターはまだダナー1人です。

「だからこそ僕がUFCで頑張って結果を残して、他の若いモンゴル人選手にもチャンスが広がることを願っています。そして、その中からモンゴル人のUFCチャンピオンが生まれ、UFCモンゴル大会が行われる──それが今の僕の夢です」

──そのためには毎試合が大切になりますね。

「ベストを尽くし、モンゴルの嵐(ニックネームがストーム)を起こします!!」

■視聴方法(予定)
4月25日(日・日本時間)
午前7時00分~UFC FIGHT PASS
午前11時~PPV
午前11時~WOWOWライブ

■UFC261計量結果

<UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]カマル・ウスマン: 169.5ポンド(76.88キロ)
[挑戦者]ホルヘ・マスヴィダル: 170ポンド(77.11キロ)

<UFC世界女子ストロー級選手権試合/5分5R>
[王者]ジャン・ウェイリ: 114.5ポンド(51.94キロ)
[挑戦者]ローズ・ナマジュナス: 114.5ポンド(51.94キロ)

<UFC世界女子フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]ヴァレンチーナ・シェフチェンコ: 124.5ポンド(56.47キロ)
[挑戦者]ジェシカ・アンドレジ: 124.5ポンド(56.47キロ)

<ミドル級/5分3R>
クリス・ワイドマン: 186ポンド(84.37キロ)
ユライア・ホール: 185ポンド(83.91キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
アンソニー・スミス: 206ポンド(93.44キロ)
ジミー・クルート: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ランディ・ブラウン: 171ポンド(77.56キロ)
アレックス・オリヴェイラ: 171ポンド(77.56キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ドゥワイト・グラント: 170ポンド(77.11キロ)
ステファン・セクリッチ: 171ポンド(77.56キロ)

<ミドル級/5分3R>
ブランダン・アレン: 186ポンド(84.37キロ)
カール・ロバーソン: 185ポンド(83.91キロ)

<フェザー級/5分3R>
トリスタン・コネリー: 146ポンド(66.22キロ)
パット・サバティニ: 146ポンド(66.22キロ)

<バンタム級/5分3R>
バットゲレル・ダナー: 136ポンド(61.69キロ)
ケビン・ナティヴィダッド: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ライト級/5分3R>
ロン・チュウ: 156ポンド(70.76キロ)
ロドリゴ・ヴァルガス: 155ポンド(70.31キロ)

<フライ級/5分3R>
ジェフ・モリーナ: 126ポンド(57.15キロ)
アオリーチーラン: 126ポンド(57.15キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アリアニ・アルネロッシ: 115ポンド(52.16キロ)
リャン・ナ: 116ポンド(52.62キロ)

The post 【UFC261】UFC唯一のチンギス・ハンの末裔バットゲレル・ダナー「米国で馬の肉は食べることはできない」 first appeared on MMAPLANET.