カテゴリー
LFA97 other MMA Report アルトゥル・エストラズラス ニック・ブラウン ブログ

【LFA97】ドロドロの消耗戦で、削り勝ったニック・ブラウンがエストラズラスを下し第6代ライト級王者に

<LFAライト級王座決定戦/5分5R>
ニック・ブラウン(米国)
Def.3-0:49-46.49-46.48-46
アルトゥル・エストラズラス(ブラジル)

まず右ローを入れたエストラズラス。ブラウンはフェイクを見せ、右ハイを繰り出す。勢いよくカーフを続けるエストラズラスだが、ブラウンは右フックを当てオーバーハンドから組んでヒザを入れる。直ぐに離れたブラウンはローで体が流れる場面もあったが、その低い蹴りをキャッチしてケージに詰めていく。

エストラズラスは押し返して離れると、ヒザの横にアウトサイド・ローを蹴りこむ。エストラズラスはワンツーを入れ、ダブルのフェイクから左を狙う。エストラズラスはローを蹴り、ワンツーにフックを合わせようとする。さらに右オーバーハンドを当てたエストラズラスだが、ブラウンが三日月蹴り。それでも右を2つ入れたエストラズラスは、ボディから左フックをヒットさせる。ローが効かされたブラウンは組んでケージへ。離れて打撃の間合いになると、ラウンド終盤にエストラズラスが左フックを決めた。

2R、ワンツーからハイ、後ろ回し蹴りを見せたブラウン。全てをかわしたエストラズラスがパンチの交換で、重いローを蹴りこむ。ブラウンはダブルレッグでテイクダンもすぐに立たれ、再びケージにエストラズラスを押し込んでいく。バックに回ったブランはワンフック、エストラズラスが胸を合わせて首相撲からヒザを顔面に突き上げる。

離れたブラウンがワンツー、エストラズラスは疲れたか。アッパーを空振りし、軸が乱れたところで右フックを打ち込む。続く組みにヒザを合わせたエストラズラス、2Rから揃って消耗戦に。と、エストラズラスはボディから連打に転じ右フックを2発クリーンヒットさせる。ブラウンはたまらず組みつくも、エルボーを受けてラウンド終了を迎えた。

オープンジャッジで19-19とイーブンの状態で試合は3Rへ。エストラズラスが右ストレートから右ロー、さらにヒザ蹴りを繰り出す。さらにローにワンツーを合わせ、右フックでブラウンからダウンを奪う。すぐに立ち上がり、シングルレッグに出たブラウンはエストラズラスをケージに押し込んで、ダブルへ。ピンチをしのぎ、スクランブルでバックに回ったブラウンが離れて、もう一度ケージ際の攻防を経てローにダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪う。

抑えることはできず、エストラズラスが立ち上がり最後は激しいパンチの打ち合いを経て、ジャッジ2人が29-28でブラウンがリードとした。

4R、ブラウンが組みに行き、エストラズラスが首相撲で切る。離れて右を入れたエストラズラスはボディロックでテイクダウンを許し、ブラウンは一気に背中に回り両足をフックしてRNCへ。胸を合わせたエストラズラスに対し、ブラウンは体を抜いて背中に乗りながら腕十字を仕掛ける。

これがすっぽ抜けて下になったブラウンのスイープ狙いを潰したエストラズラスは、枕でプレッシャーを与える。上体を起こしたエストラズラスはエルボーを入れるが、動きは少ない。ブラウンはロックダウンから右腕を差しあげてスイープ狙い、これもエストラズラスが制しトップをキープする。エストラズラスがトップでも疲れが目立ち、懸命に抑えに掛かる。シングルから立ち上がってリバーサルに成功したブランは、足を捌いてパス狙いからバックへ。再び両足をフックするが、エストラズラスが胸を合わせてトップを取り返す。疲れてドロドロの展開のなかで、決定的な場面から逃れたエストラズラスだが、38-38、37-39、39-37と劣性の状態で最終回へ。

5R、ワンツーを連続して前に出るブラウン。前蹴りを腹に受けたエストラズラスの動きが一段落ちる。手打ちのパンチのエストラズラスは、大きく口を開けてサークリング。ブラウンはここでクリンチ&ケージレスリングへ。優勢のまま時間を使ったブラウンが、ついに成婚使い果たしたようなエストラズラスをテイクダウンする。ガードを取り、鉄槌を連打されたエストラズラスが腕十字へ。

ブラウンは腕を抜いて両足を抱えるが、エストラズラスがステップオーバーからアームロックを狙う。ブラウンは担ぎパス&バック奪取、両足をフック。体重をかけてRNCも、エストラズラスがヒジを押して防御。ならばとブラウンはパンチを切り替える。エストラズラスは上を向いてハーフに戻すが、足を抜いたブラウンがマウントを取り返しパンチを連打。強引はRNCを極まらず、タイムアップも勝利を確信したブラウンが、LFAライト級のベルトをその腰に巻いた。


The post 【LFA97】ドロドロの消耗戦で、削り勝ったニック・ブラウンがエストラズラスを下し第6代ライト級王者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA97 other MMA Preview アルトゥル・エストラズラス ニック・ブラウン ブログ マイケル・スタック

【LFA97】LFAの2021年はライト級王座決定戦ブラウン✖エストラズラスから。スタックの再起戦も要注目

【写真】LFAの2021年はブラウン✖エストラズラスでスタート!!(C)LFA

15日(金・現地時間)、北米ナンバーワンフィーダーショー=LFAが、カンザス州パークシティのハートマン・アリーナで戦い初めとなるLFA97「Browne vs Estrazulas」を開催する。

メインはニック・ブラウン✖アルトゥル・エストラズラス=LFAライト級王座決定戦が組まれている。もともと両者は11月20日のLFA95で前王者ブライス・ローガンがBellatorへステップアップし、返上したベルトを賭けて戦う予定だったが、新型コロナウィルス感染で試合がキャンセルされていた。


どちらの選手、あるいはチームに陽性者が出たのかは明らかにされなかったが、2カ月のインターバルを置いて仕切り直しとなった。

ブラウンのMMA戦績は10勝1敗でLFAではトレイ・オグデン、ベン・エグリを破り2連勝中。レスリングと柔術を融合させた鉄板のテイクダウン&コントロールという強さを持つ。

一方、既にACB、Bellator、PFLで戦ってきたエストラズラスもLFAで2連勝し、王座決定戦出場権を得た。KING MMA所属のブラジリアン・ムエタイ戦士は、ブラウンのテイクダウンを切ることができるのか。ケージを使ってのテイクダウン防御は、MMAストライカーとして当然のように修得しており、逆にボディロックを大腰で投げてRNCでタップを奪うという多能振りも見せている。

いずれにせよ、自らのやるべきことをやり、相手の庭に引きずり込まれないよう戦うことが最重要視されるが、5Rの長丁場はやはり組んで削るブラウンと、凌いで削るエストラズラスの我慢合戦となりそうだ。

また昨年7月に現UFCファイターのカイ・カマカ3世にプロ初黒星を喫したマイケル・スタックの再起戦も注目だ。

打ち合い上等、上半身を揺らして近距離でフック、アッパー、そしてエルボーと近距離で続けるタフさで、メインのライト級タイトル戦出場の2人と同様に11月20日にコロナで流れたジョーダン・マパを相手に、再出発を図る。メインでタイトルを賭けて戦う両者以上に将来性があるスタック、組まれた時に気持ちを切らさないことが再浮上の条件だ。

■視聴方法(予定)
1月16 日(土・日本時間)、
午前11時~UFC Fight Pass

■ LFA97対戦カード

<LFAライト級王座決定戦/5分5R>
ニック・ブラウン(米国)
アルトゥル・エストラズラス(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
ジェイコブ・ロサレス(米国)
ホセ・マルチネス(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ラヴィス・ヤング(米国)
ケリー・デアンジェロ(米国)

<フェザー級/5分3R>
マイケル・スタック(米国)
ジョーダン・マパ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
トーマス・ピーターソン(米国)
リチャード・ルイス(米国)

<フェザー級/5分3R>
カムエラ・カーク(米国)
ギルヘルミ・サントス(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・キリアン(米国)
ジョー・ボーシグ(米国)

<女子フライ級/5分3R>
クレア・ガスリー(米国)
ナジン・モンジュー(ベルギー)

<ライト級/5分3R>
シェーン・シェピロ(米国)
キャム・アンセル(米国)

The post 【LFA97】LFAの2021年はライト級王座決定戦ブラウン✖エストラズラスから。スタックの再起戦も要注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA87 other MMA Report ニック・ブラウン ブログ ベン・エグリ

【LFA87】組み技勝負になるとエグリが分があったが、ブラウンが序盤の貯金で判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ニック・ブラウン(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ベン・エグリ(米国)

フォークスタイルレスリングと柔術の融合体ブラウンが、右を当てる。さらに右ストレート、右ハイから右ローを繰り出すブラウンが、エグリの右ローをキャッチ。これはリリースしてロー、ワンツーから右ボディフックを入れる。エグリも右を返すが、勢いはブラウンにある。

スッとダブルに入ったブラウンだが、エグリがスプロールしてケージに押し込まれる。体を入れ替えて離れたブラウンが右フック、ロー、ヒザ蹴りから2度目のダブルレッグへ。ケージに詰めて、担ぎあげてスラムしたブラウンに対し、エグリがクローズドガードを取る。ブラウンは勢いのあるパウンドを3発落とし、抱えてくるエグリを突き放す。スペースを作り、ケージにエグリの頭を押し込むブラウンだが効果的なパンチは少なかった。

2R、右オーバーハンドに怯んだエグリは、続く右ハイを受けそうになる。ブラウンは右ロー、右ストレートを入れ左ハイへ。さらにワンツーから飛びヒザとスタンドを続ける。組んできたエグリをケージに詰めボディロック&大内刈りでテイクダウンしたブラウンは、同時にマウントを取る。エグリはブリッジで上を取り直すが、ブラウンも腕を差してスクランブルへ。立ちあがってケージにエグリを押し込み、今度は小外掛けでテイクダウンを奪う。

ケージを蹴ってリバーサル、背中に乗り腕を狙ったエグリが落とされ下に。ブラウンは担ぎパスのような形から再びマウントを取ってパウンドも、エグリが足を戻す。エギリはここで腕を取りつつ巻き込んでスイープ。ブラウンは下になってもスクランブルに持ち込み、バックを制して両足をフック──時間となった。

最終回、ワンツーで前に出たエグリがクリンチへ。ブラウンは差し返して離れると、右を被弾する。クリンチのなかでヒザ蹴りを見せたブラウンだが、エグリがボディロックへ。小手投げ&スクランブルで上を取ったブラウンだが、エグリがハイガードから腕十字を仕掛ける。足関節狙いのブラウンは、結果的に下になりサイドで抑え込まれる。

エグリはエルボーを落とし、上四方から腕を取りにいく。足を戻したブラウンはバタフライガードへ。パス狙いにスイープを合わせたブラウンはスクランブルに持ち込み、バックへ。前転してヒザ十字に入ったエグリがヒールフックへ。太腿の殴るブラウンに対し、エグリは上を選択する。キムラのブラウンだが、足が抜けておりエグリがクラッチを利して逆に腕十字へ。

左手が伸びたブラウンだが、体をねじってエスケープ──直後にタイムアップに。1週間前のオファーを受けたエグリは、終盤になるほどグラップリング勝負を支配したもののブラウンが判定勝ちした。