カテゴリー
Report UFC UFC263 ドリュー・ドバー ブラッド・リデル ブログ

【UFC263】殴り、殴られ。倒され、倒す。MMA版、荒野の決闘ファイトはリデルがドバーを下す

<ライト級/5分3R>
ブラッド・リデル(ニュージーランド)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ドリュー・ドバー(米国)

サウスポーのドバーに、左フックから右ローをドバーがいれる。右フックの打ち合いから、ドバーがワンツー、リデルが左フックを返す。ドバーは左ミドルから、左を当て、続く左ストレートでリデルのヒザが落ちる。すぐに組みに行ったリデルだが、ドバーはケージを背に耐えていたが尻もちをつかされる。直後に立ち上がったドバーに対し、リデルはエルボーを当てて離れる。

ドバーは左ハイを蹴り、左ストレートを当てる。リデルは右フックを合わせて、テイクダウンへ。切ったドバーがワンツーで前に出て、スピニングバックフィストを狙う。USAコールを受けたドバーはローに左を合わせ、左ミドル。リデルが右オーバーハンドを振るい、続く右フックにはドバーが右を合わせる。それでも右フックをヒットさせたリデルが、続いて右ストレート、さらに右フックをヒットさせて時間に。自陣に戻るドバーは、足元がふらついていた。

2R、リデルがローから左フック、ドバーの左ストレートを外して右を当てる。直後にワンツーフックで前に出たドバーに対し、フックで対応したリデルが右を受けて動きが止まる。それでも打ち合いを続け、今度は左フックを被弾したドバーの動きが止まる。直後にダブルレッグでテイクダウンを決めたドバーは、スクランブルでバックに回るが前方に落とされ、逆にシングルで倒されそうになる。

エルボーを打ちつけ、胸を合わせて立ち上がったドバーに対し、リデルが右エルボーを放って離れる。直後にテイクダウンを決めたリデルが3/4マウントへ。右腕を差したドバーが、スクランブルから離れることに成功する。再びフックの打ち合いになり、間合を外したドバーが左ストレートを打ち込む。残り1分、ドバーが左ミドルを入れ、ドバーが右ボディストレートを打ち返す。さらに右から右ミドルを入れたリデルは、ワンツーショートフックから、カウンターの左フックで攻勢に。ドバーは後ろ回し蹴りを当て、真っ向勝負の5分が終わった。

最終回、右フックを受けたドバーの腰が落ちる。さらに左フックに右フックを合わせたリデルは、ダブルレッグからクリンチにも倒れず打撃の距離に。互いにミドルを蹴り、リデルの右フックにドバーが左フックを打ち込む。リデルはフックとエルボー、さらに左右のローとドバーより選択肢は多い。さらにフックをかわしてシングルレッグも、ドバーが切って離れる。

ドバーはダブルのジャブから左ミドル、リデルが右ミドルを返す。左を当てたドバー、リデルも左フックを打ち返し、左ハイに左フックを入れる。ドバーはダブルレッグを切られ、右ミドルをブロック。互いに動きが落ち、慎重になるなかでドバーが左フックで前に出る。ワンツーで左ストレートを当てたドバーに対し、リデルは自らのハイキックでスリップし尻もちをつく。

立ち上がったリデルは右フックを入れると、ドバーが下がって動きを止める。左右のフックの追撃にダブルレッグに出たドバーだが、リデルはキムラクラッチからスイープ。クルスフィックスに取られたドバーはスクランブルに持ち込み、リデルがシングルで上を取り切りパウンドをまとめたところでタイムアップに。

MMA版西部劇ファイトは、3-0でリデルが制した。


The post 【UFC263】殴り、殴られ。倒され、倒す。MMA版、荒野の決闘ファイトはリデルがドバーを下す first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC259 イスラム・マカチェフ ドリュー・ドバー ブログ

【UFC259】強烈無比なテイクダウン奪取能力。イスラム・マカチェフが肩固めでドバーからタップ奪う

<ライト級/5分3R>
イスラム・マカチェフ(米国)
Def.2R1分37秒by 肩固め
ドリュー・ドパー(米国)

サウスポー同士、ドバーが左ローを蹴る。ローを続け、右ジャブを差したドバーに対し、マカチェフがシングルレッグを一発で決める。ハーフから枕で圧力を掛けるマカチェフ、ドバーはロックダウンで耐える。二重絡みに足が抜けないマカチェフは、ロックダウンが解けるとマウントを奪取。ドバーはハーフガードに戻すも、再び足を抜かれ今度はサイドで抑えられる。股間を殴ったマカチェフは、マウントを奪い、ドバーの動きに合わせてバックへ。

ドバーもすかさず上を向き、腹ばいに。ここかから再度上を向いたところでマカチェフが腕十字へ。腕を抜いたドバーがトップになったところで初回が終わった。

2R、、ドバーが右フックを振って前へ。マカチェフはヒザ蹴りから、シングルレッグへ。切ったドバーだが、大内刈りでテイクダウンを奪われる。初回と同様にハーフで抑えたマカチェフは、ケージを背にしたドバーの足を跨ぎに行く。両足を束ねて、ドバーを座らせたマカチェフがヒザを越えようとする。ドバーはバタフライガードで耐え、クローズドに。

このまま時間が過ぎ、最後の40秒で腰を上げたマカチェフが左エルボーを2発入れ、この回も取った。

最終回、ドバーが左を振るって前に出ると、組んだマカチェフがヒザ蹴りから力強い大内刈りでトップを取る。ドバーはここもクローズドを取りスクランブルに持ち込めない。パスへのカウンターのキムラからスイープ狙いを潰したマカチェフが肩固めをセットしにいく。

と、その肩固めになる前に肩でプレッシャーを受けたドバーがタップし、力の差を見せつけたマカチェフが一本勝ちを収めた。


The post 【UFC259】強烈無比なテイクダウン奪取能力。イスラム・マカチェフが肩固めでドバーからタップ奪う first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+29 UFN171 アレキサンダー・フェルナンデス ドリュー・ドバー ブログ

【UFN171】左の威力十分のドリュー・ドバー。フェルナンデスを左3連打で仕留める

<ライト級/5分3R>
ドリュー・ドバー(米国)
Def.2R4分25秒by TKO
アレキサンダー・フェルナンデス(米国)

サウスポーのドバーが、左の蹴りから左ストレートを当てる。右ミドルを返したフェルナンデスは左ジャブからミドルを再び蹴っていく。シングルレッグでフェルナンデスがテイクダウンを奪う。胸を合わせて立ち上がったドバーは、打撃の間合いに戻ると右ジャブに左を合わされる。足を取りに行くフェイクからフックを決めたドバーだが、フェルナンデスの右を被弾する。

ドバーは右にテイクダウンを合わされるも、切って離れる。フェルナンデスは右ミドルも、ワンツーを決められる。激しくパンチが交換するなか、フェルナンデスがアイポークをアピールした直後にタイムとなった。

2R開始前に目のチェックを受けたフェルナンデス。ラウンドが始まると、今度はドバーがアイポークがあったレフェリーに伝え、試合が中断される。再開後、左を振るって前に出るドバーにフェルナンデスが右をヒットさせる。左右のパンチで前に出るドバーは、テイクダウンを切ってスタンドをキープして左を伸ばす。右ミドルで流れを譲らないフェルナンデスのサークリングをドバーが追いかけて左を打ち込む。左に回っても外を取れないフェルナンデスはローを蹴るが、ドバーはサイドステップで正面をキープする。ドバーは左を当て、左ボディ、右フック、続く左ストレートでフェルナンデスがダウン。

すぐに立ち上がったフェルナンデスが、ダブルレッグでテイクダウンを決める。背中をマットにつけたドバーだったが、腰をずらして立ち上がると左から右と連打。ここもテイクダウンを決めたフェルナンデスだが、抑える力はなくドバーに立ち上がれる。左を3発入れたドバーを見て、レフェリーが試合を止めた。