カテゴリー
MMA UFN191 ジャック・ショア ダレン・ティル デレック・ブルンゾン トム・アスピナル モリー・マッキャン

【UFN191】ベガス発英国ナイトの真打ち、ダレン・ティルはブルンゾンのTDに疲弊しRNCで一本負け

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン(米国)
Def.3R2分30秒by RNC
ダレン・ティル(英国)

ラスベガス発英国人ファイターの祭典。ここまでジャック・ショア、モリー・マッキャン、パディ・ピンブレット、トム・アスピナルと4連勝で真打ちティルがヘッドライナーとして登場した。

サウスポー同士、ティルがすぐに左を当て、もう1発入れる。ブルンゾンも左を振るって前に出るが先手はティルが取った。ティルはワンツー、さらに左をヒットする。続いてワンツーから左ストレートを入れたティルに対し、ブルンゾンがダブルレッグでテイクダウンを決める。ハーフで抑えて、右のパンチを入れるブルンゾンは腕を狙う仕草も見せる。

勢いのある右のパウンドから、左右のパンチを打ちつけるブルンゾン。ティルは必死に右を差して頭を胸につけてくが、押し返したブルンゾンが左エルボーを思い切り落とす。もう一発ヒジを入れたブルンゾンが、ついに顔を覆うようになったティルにパウンドを連打する。ティルは右を差して、足を戻すと蹴り上げからスタンドに戻り一旦はピンチを脱した。残り40秒、右目の下を腫らしたティルは手を出さずに初回を終えた。

2R、ブルンゾンのシングルを切ったティルが左を伸ばす。続く左ストレートに組んだブルンゾンがボディロックテイクダウンを狙う。ケージまで移動して耐えたティルは、回って離れるが直後にブルンゾンがダブルレッグからクリンチで逆側のケージに押し込む。ティルはヒザをボディに入れて離れると右ジャブ。ブルンゾンのダブルレッグにティルはヒザを合わせるが、そのままテイクダウンを取られる。

残り半分、少しでも早く立ち上がりたいティルだが、ブルンゾンは枕で固めてしっかりと抑えスクランブルを許さない。ハーフ&ロックアップのティルは、上体を起こすもブルンゾンが潰してエルボーを落とす。さらに左のパウドを落とし、肩固めを仕掛けたブルンゾンがこのままトップをキープすると、起き上ってパンチを入れる。立ち上がろうとしたティルだがバックに回られ、スタンドに戻ってもケージに押し込まれ打撃の距離は創れなかった。

3R、疲弊した感のあるティル、右目が潰れているか。リードアイが見えないのは厳しいが──ティルは右から左を狙い、ブルンゾンは左オーバーハンドを空振りする。直後のワンツーに組みついたブルンゾンだがヒザを被弾し、離れたティルがローを蹴る。さらに左ヒザから左ローを蹴ったティルは、ワンツーからヒザを続ける。左を被弾して動き止まったブルンゾンは、ティルの追撃にダブルレッグでテイクダウンを決め、スクランブル狙いで暴れたティルからマウントを奪う。

左右のパンチを受けて背中を見せたティルは、RNCに観念したようにタップした。


The post 【UFN191】ベガス発英国ナイトの真打ち、ダレン・ティルはブルンゾンのTDに疲弊しRNCで一本負け first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN21 ケビン・ホランド デレック・ブルンゾン ブログ

【UFC ESPN21】ブルンゾンがホランドに打撃戦を許さず、完勝。ホランドは最後まで無意味な言葉続ける

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン(米国)
Def.3-0:49-45.49-46.49-46
ケビン・ホランド(米国)

サウスポーから左の蹴りを見せたブルンゾン、ホランドは負け蹴りからパンチへ。一旦離れた両者、ホランドが前蹴りでスリプして尻もちをつく。立ち上がり際に、ブルンゾンが右を当ててダウンを奪う。クローズドガードの中でトップを取ったブルンゾンが、オープンになってもスクランブルに持ち込ませない。

ホランドは四の字で組んだクローズドガードでは、もちろん立ち上がることはできない。このまま残り1分を切り、試合展開は変わらないまま両者が言葉を交わすシーンが見られた。コーナーに戻ってもブルンゾンはカビブ・ヌルマゴメドフに大きな声で話しかけ、セコンドが何かアドバイスすることもなかった。

2R、左の蹴りを見せるホランドだが、慎重な動きのなかで組まれると、またも言葉を続ける。話すより、戦えと言いたくなる態度のホランドが、離れたブルンゾンに右を当てる。もう一発当て、バランスを崩したブルンゾンはシングルからレッグリフト、ボディロックに組み替えてテイクダウンを決める。

すぐにマウント並行したブルンゾンは、ケージを蹴って足を狙ったホランドに対し、体を捻ってトップを取りそのまま肩固めへ。足を抜いて、抑えるブルンゾン。ホランドはまだ何か話している。後方回転から立ち上がって離れたホランドは、またもダブルレッグでテイクダウンを許す。下になって、ヌルマゴメドフに大きな声でアドバイスを求めるホランド──もう、失格でも良いかと思う下らないふるまいだ。

インターバル中にまたも、言葉を続けるホランドは3Rが始まると、右を当て直後にシングルからバックに回られテイクダウンを許す。ケージを蹴ってからの腕十字を防がれ、蹴り上げもガードの中にブルンゾンを置いたホランドは、またもヌルマゴドフに話しかける。

四の字フックのクローズドで固めるホランドに、ブルンゾンがパンチからエルボーを入れる。大きな動きがないまま、ホランドは下にステイしブルンゾンのパンチを受け続け、時間になった。

4R、ブルンゾンの右ローに右を伸ばすホランドが、左ジャブから右を打ち込む。クリンチから離れたブルンゾンは、首相撲のアッパーをいれ組んでバックへ。問題なくトップを取ったブルンゾンに対し、ここでホランドはスクランブルで立ち上がる。直後に大内刈りで倒されたホランドは、ここも四の字でクローズドを取る。上体を起こしたブルンゾンのエルボーを被弾し、イエーイと声を挙げるホランドは掌底で耳の横を殴る。

ブルンゾンはエルボーを織り交ぜて、パウンドを入れると腕十字狙いから後方回転して立ち上がったホランドをケージに押し込む。そのままケージに押し込まれたままでホランドはラウンド終了となり、最終回に向かうこととなった。

5R、ブルンゾンのパンチを繰り出し、ケージ中央でのクリンチの状態が続き、ホランドがテイクダウンを決める。このテイクダウンに喜びを露わにしたホランドは、ブルンゾンのケージの中に収まる。ボディを殴るホランドは、腰を上げるとブルンゾンを持ち上げてスラムへ。クローズドを取り続けたブルンゾンも「ホォー」と声を挙げる。

残り90秒、勢いのあるパンチを入れたホランドは最後の勝負を賭けてスタンドに戻る。ブルンゾンは打撃戦の時間を与えず、ダブルレッグへ。背中をつけさせられたホランドは、笑顔を見せるがもう打つ手はない。ブルンゾンは残り10秒でスタンドに戻るも、ブルンゾンは勝負を諦めており最後にジャンプして鉄槌をみせたところで時間となった。

結果は聞くまでもなくブルンゾンに。敗北が決まった瞬間も両手を挙げて、前に進み出て笑顔を見せたホランド──最後まで勝負を真正面に見つめることなく試合を終えた。


The post 【UFC ESPN21】ブルンゾンがホランドに打撃戦を許さず、完勝。ホランドは最後まで無意味な言葉続ける first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
UFC Result UFN ESPN+31 UFN173 ジェニファー・マイア デレック・ブルンゾン ブログ ボビー・グリーン ヴィセンチ・ルケ

【UFN173】試合結果 ブルンゾン快勝、カルダーウッドは気の毒な一敗。ルケの接近戦、揺ぎ無し

【写真】現王者イスラエル・アデサニャに敗れて以降、3連勝としたブルンゾンは、タイトル挑戦へ向けウィンニングトラックに戻ってきた(C)Zuffa/UFC

1日(土・現地時間)、米国に戻ってきたUFCはネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでUFN173:UFN on ESPN+31「Brunson vs Shahbazyan」を開催した。

メインのミドル級ではデレック・ブルンゾンが勢いのある打撃とテイクダウンのコンビネーションでエドマン・シャバジアンを寄せつけず3RでTKO勝ち。

セミでは世界女子フライ級王者ヴァレンチーナ・シェフチェンコへの挑戦が決まっていながらチャンピオンの負傷でタイトル戦が流れたジョアン・カルダーウッドが、ジェニファー・マイアの腕十字で一本負け──気の毒な敗北となった。

ヴィセンチ・ルケはCOVID19問題で対戦が流れていたジェイソン・ブラウンと対戦し、リーチの差をものともせずキックボクシングで優位に立ち、最後は冷静な判断で顔面にヒザを入れTKO勝ちに結びつけた。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=ボビー・グリーン✖ランド・バンナータ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=ジェニファー・マイアヴィセンチ・ルケ

UFN173:UFN on ESPN+31「Brunson vs Shahbazyan」
<ミドル級/5分5R>
○デレック・ブルンゾン(米国)3R0分26秒
TKO
詳細はコチラ
×エドマン・シャバジアン(米国)
<女子フライ級/5分3R>
○ジェニファー・マイア(ブラジル)1R4分29秒
腕十字
詳細はコチラ
×ジョアン・カルダーウッド(英国)
<ウェルター級/5分3R>
○ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)2R4分56秒
KO
詳細はコチラ
×ランディ・ブラウン(米国)
<ライト級/5分3R>
○ボビー・グリーン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ランド・バンナータ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ジョナサン・マルチネス(米国)3R0分57秒
TKO
×フランキー・サエンツ(米国)
<バンタム級/5分3R>
○ネイサン・マネス(米国)3R
判定
×ジョニー・ムニョスJr(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ジャマール・エマース(米国)3R
判定
×ヴィンセント・キャチェロ(米国)
<バンタム級/5分3R>
△クリス・グティエレス(米国)3R
Draw
△コディー・ダーデン(米国)

■対戦カード

<ミドル級/5分5R>
デレック・ブルンゾン(米国)
エドマン・シャバジアン(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ジョアン・カルダーウッド(英国)
ジェニファー・マイア(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
ヴィセンチ・ルケ(ブラジル)
ランディ・ブラウン(米国)

<ライト級/5分3R>
ボビー・グリーン(米国)
ランド・バンナータ(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
エド・ハーマン(米国)
ジェラルド・マーシャート(米国)

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ホランド(米国)
トレヴィン・ジレス(米国)

<バンタム級/5分3R>
フランキー・サエンツ(米国)
ジョナサン・マルチネス(米国)

<バンタム級/5分3R>
ネイサン・マネス(米国)
ジョニー・ムニョスJr(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジャマール・エマース(米国)
ヴィンセント・キャチェロ(米国)

<バンタム級/5分3R>
クリス・グティエレス(米国)
コディー・ダーデン(米国)