カテゴリー
CJ・ヴェルガラ DWCS S05 Ep02 MMA UFC サイモン・オリベイラ ジョシュ・クィンラン チディ・ンジョグアニ チャド・アンヘリガー ブログ

【DWCS S05 Ep02】47秒KO勝ちのジョシュ・クィンラン以下、5人の勝者が全員UFCへステップアップ

<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・クィンラン(米国)
Def.1R0分47秒by KO
ローガン・アーバン(米国)

3日前に試合を受けたアーバンがローとミドルの交換のあと、ローに右ストレート一閃。この一発でローガンの足が泳ぎ、頭が揺れる。懸命にケージを背負って立ち続けるアーバンだが、左右のパンチをクィンランが打ち込む。組みにいったローガンに右オーバーハンドを連打したクィンランは、ヒザをついたローガンに続き右の連打、そして左ストレートを打ち込み、勝負を決めた。

デビュー以来6連勝、6連続フィニッシュ勝利としたクィンランは「対戦相手が変わったけど、ここまでのハードワーク、規律を守った練習をしたことで、神がこの結果をもたらしてくれた。距離とレンジに注意して戦い、いけると思った時に動いた。一発ではまだ組んでリカバリーしようとしていたから、勝利が決まるまで攻め続けたんだ。これからもハードに練習を続けるよ」と非常に物静かに話した。

そして審判の時──ダナ・ホワイトは「アンヘリガーはもっと体を使って、もう少し激しく動くべきだった。ただし、これで9連勝だ。そして1-5のアンダードッグだったんだ。そこを見ないといけない。チャド、君は合格だ」とまず、チャド・アンヘリガーとの契約を宣言した。

続いて「CJ、5連勝で5KO勝ち。本当の強者を完全にKOした彼も、アンダードッグだった。今夜、彼以上に印象を残した選手はいない。彼は世界のトップへの道を歩み始めた。カモン、CJ」と続いてCJ・ヴェルガラもUFCへのステップアップが決まった。

「完全な肉弾戦だった。30歳、18勝3敗──凄い試合だった」とサイモン・オリベイラ、「パーフェクトだった。スーザは打撃で上だと言っていたけど、焦せってテイクダウンを狙った。それでもしっかりとスイープし完璧な試合だった。俺はナイジェリア人のバッドアスが必要なんだ」とチディ・ンジョグアニもUFC入りに確定。

さらに「ジョシュについては……Holly Shitだ。Holly Shit、公平に見てローガンはショートノーティスでこの試合を受けた。そしてジョシュはそこをしっかりと理解して、素晴らしいデビュー戦を戦った」とジョシュ・クィンランともサインすることとなり、5人の勝者全員がUFCへのステップアップを果たすことになった。


The post 【DWCS S05 Ep02】47秒KO勝ちのジョシュ・クィンラン以下、5人の勝者が全員UFCへステップアップ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWCS S05 Ep02 MMA チディ・ンジョグアニ マリオ・ソウザ

【DWCS S05 Ep02】急所へのヒザに苦しんだンジョグアニが、ソウザをヒジでパウンドアウト

<ミドル級/5分3R>
チディ・ンジョグアニ(米国)
Def.3R1分15秒by TKO
マリオ・ソウザ(ブラジル)

低いガードで前蹴りを見せたソウザに対し、ンジョグアニも距離を取って様子を伺う。ソウザはハイからロー、ンジョグアニもローを返す。互いに蹴りに警戒しつつ、攻撃は足飲みという展開が続く。右ハイからスピニングバックフィストのソウザだが、距離が遠い。ンジョグアニはローを蹴られ、バランスを崩すと起き上ってすぐにクリンチへ。ケージを背負ったソウザはウィザーからヒザ蹴りへ。モロに急所に入り、ンジョグアニが座り込む。

2分30秒のインターバルをおき、試合は再開される。ンジョグアニが右前蹴り、ようやくソウザが左を振るって前に出る。蹴りを裁き、ワンツーから組んでいったソウザに対し、ンジョグアニが仕返しとも取れるヒザを急所に入れるが、同時にソウザのヒザも急所を捉えている。直後にソウザがバックに回ったため、レフェリーが流す。その後、ンジョグアニが正対してヒザを出し合うと、またもソウザのヒザが急所に入り、試合は2度目の中断へ。

今度は3分15秒で、リスタートに応じたンジョグアニ。ソウサにペナルティが-1Pが与えられ、パンチで前に出る。ジャブを当てたンジョグアニは、ボディロックテイクダウンを切り返してトップを奪取する。ハーフでンジョグアニはエルボーを落とし、ソウザは下から鉄槌も時間に。ンジョグアニが10-8とした可能性もある初回となった。

2R、ンジョグアニがワンツーから前蹴り、前に出てきたソウザに右を打ち込む。クリンチに持ち込んだソウザだが、ケージに押し込まれヒザ蹴りから右フック、直後にヒザを再び腹に突き上げられる。シングルに転じたソウザは、一度は上になるがワキを差したンジョグアニが、レッスルアップからリバーサルに成功する。

ンジョグアニがパス、上四方から腕を狙う。ソウザはハーフに戻し、ニーシールドからZハーフもエルボー、鉄槌、パンチを顔面に受ける。絡ませた足を畳まれ、きかせなくなったソウザはパンチを連打される。外掛けから足関節も、直ちに察知したンジョグアニが足を抜いてパンチへ。ソウザはパス狙いにヒザ十字狙いも、正座をして足を畳んだンジョグアニがサイドバックからパンチを入れ続けラウンド終了となった。

最終回、逆転にはフィニッシュしかないソウザだが、ヒザの連打を受けて引き込みを強いられる。クローズドの中からパンチを落とす、ケージ際に移動したンジョグアニはボディと顔面にパンチを打ち分ける。ケージに押し込まれ動けないソウザは、ハーフから左右のパンチを連続で受ける。左のワキ腹から顔面というコンビネーションに気を取られていたソウザは、視界の外から右エルボーを落とされて完全に動きが止まる。そのまま右エルボーの連打でンジョグアニがTKO勝ちを決めた。


The post 【DWCS S05 Ep02】急所へのヒザに苦しんだンジョグアニが、ソウザをヒジでパウンドアウト first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR Combate Global DWCS S05 Ep02 LFA MMA ONE PANCRASE UFC   カーロス・ヴェルガラ グスタボ・バラルト サイモン・オリベイラ チディ・ンジョグアニ ブルーノ・コヘア ブログ ホセ・アルダイ マリオ・ソウザ ムイン・ガフロフ

【DWCS S05 Ep02】パンクラス来日オリベイラ、元ONEのガフロフらが出場。これはUFCプレリミでしょ!! 

【写真】パンクラスと強さを見せたサイモン・オリベイラとONEでジョン・リネケルと真っ向勝負をしたガフロフら、他プロモーションではメインイベンター級のファイターが勢揃いするとんでもないDWCW2021年第2週だ(C)KEISUKE TAKAZAWA & MMAPLANET

7日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでDana White’s Contender Series2021の第2週が開催される。先週のエピソード01では4試合で5人がUFCと契約、例え試合に敗れても気迫を見せればステップアップもあるという状況で10人のファイターが、ダナ・ホワイトの御前試合に挑む。

メインでジョシュ・クィンランと戦う予定だったダレン・ウィークスがコロナ陽性でファイトウィークを迎えて欠場となり、代役のローガン・アーバンがスクランブル発進となった。この両者がヘッドライナーの今大会だが、その前の4試合に出場する選手が断然に興味深く、UFC本戦のプレリミと遜色ない──つまりフィーダーショーではメインイベンターが集結したイベントとなる。


まずオープニングファイトのバンタム級戦ではONEからUAEW経てコンテンダーシリーズと契約したタジキスタン人ファイターのムイン・ガフロフが、チャド・アンヘリガーと戦う。

カナダのアンヘリガーは、キャリア10勝5敗で同国のRISE FCフライ級王者だ。昨年8月にアンヘリガーは、先のTUF29ファイナルに出場したブレディ・ヒースタンドからKO勝ちしており、この記録だけで見るとUFCと契約できる力の持ち主である。

そんなアンヘリガーに対し、ガフロフはキャリア17勝3敗でONEではレアンドロ・イッサからKO勝ち、2戦目ではONE初陣となったジョン・リネケルに判定負けも打撃、組み、グラウンドと真っ向勝負し互角の展開だった。ONEのバンタム級で戦う日本人選手にとって手強いライバルとなると思いきや、あっさりとアジアを離れ中東契約でUFCを目指すこととなった。

第2試合ではTUF BR04出場で僅か1戦ながらUFC本戦を経験しているブルーノ・コヘアが、カーロス・ヴェルガラと対戦する。フライ級のコヘアはバンタム級で争われたTUF BR内で公式記録には残らないが、現在Bellatorバンタム級のトップ戦線にいる初代LFAフェザー級王者のレアンドロ・イーゴをRNCで破っている。

TITAN FCではONEで本領を発揮し始めたグスタボ・バラルトに僅差のスプリット判定負けを喫しているが、過去3年で1分を挟み5連勝中のコヘア、捲土重来6年振りのUFC復帰を目指す。ただし、そのチケットを争うヴェルガラが強い。フィーダーショー大手のFURY FCフライ級王者のヴェルガラはスイッチヒッター、強烈な左ミドルを持つ。打撃からテイクダウンの流れもあるヴェルガラだけに、テコンドーからムエタイ&柔術を融合させたコヘアもタフファイトは避けられないだろう。

(C)KEISUKE TAKAZAWA

第3試合には2019年12月にパンクラスに来日し、2日前に同門の金太郎の欠場でスクランブル発進を極めた三村亘を76秒ギロチンで一蹴したサイモン・オリベイラが出場する。

キャリア17勝3敗のオリイラはベイラは、三村戦でも魅せたように驚異の11の一本勝ちと5つのKO勝ちを誇るフィニッシャーだ。

67キロという体重に応じ、強烈な印象を残したオリベイラはパンクラスでバンタム級タイトル・コンテンダーになることが予想されたが、コロナパンデミック発生により来日機会は途絶え、またこの試合が三村戦以来の実戦となる。オリベイラは元々、英国在住アフガニスタン人選手のジャビッド・バジャラトとの試合が組まれていたが、ビザが修得できずホセ・アルダイが代役出場となった。

アルダイはCombate Americas、そしてCombate Globalでキャリアを積んできたストライカーだ。

(C)SCOTT HIRANO

とはいえ、このメキシカン・ストライカーは一撃KOタイプではなく、ガチャガチャとした組み有り打撃戦で競り勝つタイプで、根性を見せれば契約がなるかもという状況は追い風になっているだろう。

(C)Zuffa/UFC

コメインはもはやUFCカードといってもおかしくないミドル級の試合が組まれた。

昨年のコンテンダーシリーズで勝利しながら契約できなかったマリオ・ソウザは、12勝1敗というレコードの持ち主で、コンテンダーシリーズという場では何が必要かを噛みしめて、セカンドチャンスに掛けているに違いない。

(C)BELLATOR

そんなソウザの最終査定マッチの相手は、チディ・ンジョグアニだ。

元WEC及びUFCファイターのアンソニーを兄に持つンジョグアニはBellatorで5勝3敗と勝ち越していながらLFAに転身、そしてUFC入りを目指す。とはいえ19の勝ち星(※7敗)のチディは、既にメルギン・ギラードを筆頭に5人のUFCベテランから勝利を手にしている。チディがコンテンダーシリーズに出場というだけで、UFC目線で見た世界のMMAがどれだけレベルアップしているのかが分かる──今週のコンテンダーシリーズだ。

■視聴方法(予定)
9月8日(水・日本時間)、午前9時~UFC FIGHT PASS

■ DECS S05 Ep02対戦カード

<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・クィンラン(米国)
ローガン・アーバン(米国)

<ミドル級/5分3R>
マリオ・ソウザ(ブラジル)
チディ・ンジョグアニ(米国)

<バンタム級/5分3R>
サイモン・オリヴェイラ(ブラジル)
ホセ・アルダイ(メキシコ)

<フライ級/5分3R>
ブルーノ・コヘア(ブラジル)
カーロス・ヴェルガラ(米国)

<ブラジル級/5分3R>
ムイン・ガフロフ(タジキスタン)
チャド・アンヘリガー(カナダ)

The post 【DWCS S05 Ep02】パンクラス来日オリベイラ、元ONEのガフロフらが出場。これはUFCプレリミでしょ!!  first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
LFA91 other MMA Report チディ・ンジョグアニ 未分類

【LFA91】ゼロ距離も、離れてもチディ・ンジョグアニがトーレスを圧倒。最後は腹にヒザ突き刺しジ・エンド

<186.8ポンド契約/5分5R>
チディ・ンジョグアニ(米国)
Def.2R4分10秒by TKO
クリスティアン・トーレス(パラグアイ)

体重オーバーのトーレスの左フックの前進に対し、チディはローを蹴る。思い切り振り込むトーレスは前蹴りにも組んでいく。ヒザを入れるチディが体を入れ替えると、トーレスが離れる。既にエルボーで右目じりをカットしたトーレンスは、首相撲からヒザを貰っても左フックを打って距離を取り直す。右ハイにスウェイ&軸足払いを狙ったチディは、ここでも組まれるが押し返してヒザで腹を抉る。

打撃の間合いに戻り、チディの右前蹴りが急所にあたり試合は中断される。再開後、今度はチディの右ミドルがトーレスの急所に入り再び試合が止まる。2度目の仕切り直し、チディは左ミドルでトーレスの背中を蹴り、エルボー、右フックから組んでヒザを突き刺した。

2R、トーレスの右フックからの蹴りが急所に入ったチディが、レフェリーにアピールするが流される。ここで前に出たトーレスは、左ハイを受けてダウン。パンチを入れ、バックに回り左腕を殺してパンチを続けるチディが、一度息を整えるように止まる。腹固め&エルボーで攻めたてるチディ。シングルを取りたいトーレスは、前転から上をむいてから起き上ってシングルへ。ここも腹固めに取ったチディだが、トーレスは腕を抜いた立ち上がることに成功する。

両目尻を大きくカットし、疲弊しているトーレスはボディにヒザを受け苦悶の表情を浮かべる。チディはエルボー、ヒザを入れて離れるとテンカオ。すぐにクリンチからヒザを連打すると、前方にしゃがみ込んだトーレスにパンチを纏めて勝負を決めた。