カテゴリー
BELLATOR Bellator270 Report ダニエル・ヴェイケル ブログ ペドロ・カルバーリョ

【Bellator270】蹴り、パンチ、テイクダウン&グラウンドの乱打戦。カルバーリョがヴェイケルを振り切る

<フェザー級/5分3R>
ペドロ・カルバーリョ(ポルトガル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ダニエル・ヴェイケル(ドイツ)

カルバーリョのローに右を合わせるヴェイケル。サウスポーの構えから蹴りを多用するカルバーリョに対し、左ミドルをキャッチするとそのままボディロックでバックに回り、グラウンドに持ち込む。胸を合わせようとするカルバーリョを両足フックで捕えたヴェイケルはスクランブル狙いにもフックを解いてバックコントロールを続ける。

ケージを背負い、胸を合わせたカルバーリョは離れ際に左フックを振るう。ケージを背にしたヴェイケルにダブルレッグを狙ったカルバーリョがすぐに離れる。左のインサイドローから右アブを伸ばすカルバーリョ。ヴェイケルは右ローを蹴り、カルバーリョの左に右を合わせてダウンを奪う。シングルに来たカルバーリョを切り、バックに回ったヴェイケルが再び両足をフックする。腕十字狙いを失敗し下になったヴェイケルがクローズドガードを取る。スイープ狙いで体を浮かせたヴェイケルだが、トップをキープしたカルバーリョが肩パンチを打っていく。このまま初回が終わった。

2R、左ハイからワンツーを当てたカルバーリョが、直後に右オーバーハンドを被弾してダウンする。ニーシールドを越えようとしたヴェイケルは、嫌がって背中を見せたところ背中に張りつく。ここでも腕十字を失敗したヴェイケルは、バックキープを続けるが、

カルバーリョが立ち上がり、試合はスタンドの間合いへ。左フックから右ストレート、さらい左ストレートを入れたカルバーリョは、ヴェイケルにバ組まれてケージに押し込まれる。体を入れ替えたカルバーリョがダブルからシングルも、倒せず胸を合わせる。すかさず押し返したヴェイケルだが、カルバーリョがパンチで攻勢に出る。左を当て、前に出るカルバーリョがワンツーを2度目決める。ここからパンチをまとめたカルバーリョがワンツーで前進し、嫌がったヴェイケルのダブルレッグをスプロール。再びパンチを纏めて前に出ると、ヴェイケルが組んで時間となった。

3R、前に出てくるカルバーリョにアッパーを入れたヴェイケルが、直後にダブルレッグでテイクダウンを決める。ハーフ&枕でプレッシャーを与えるヴェイケルが肩固めを狙う。背中を見せたカルバーリョは、四の字服を組まれる前に胸を合わせていき、トップを奪う。バックをキープできないヴェイケルは、クローズドガードを強いられる。ハーフバタフライ、そしてバタフライをとったヴェイケルのスイープで両者がスタンドへ戻る。残り2分を切り、パンチで前に出るカルバーリョに対し、組みついたヴェイケルがケージに押し込んでいく。

位置を変えながらケージレスリングの展開になると、カルバーリョのダブルレッグをギロチンで斬ったヴェイケルが結果的に押し込む側に。最後の20秒で離れると、両者揃ってフラフラになりながら、殴り、蹴り、時間に。直後にカルバーリョは、ケージに駆け上がりダブリンのファンに勝利をアピールした。

そして勝利のコールを受けると、跪いていて勝利を喜び、再びケージに駆け上がった。


The post 【Bellator270】蹴り、パンチ、テイクダウン&グラウンドの乱打戦。カルバーリョがヴェイケルを振り切る first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
BELLATOR Bellator252 Report エマニュエル・サンチェス ダニエル・ヴェイケル ブログ

【Bellator252】2Rに腹、3Rは左足を攻め込みヴェイケルに快勝したサンチェスが準決勝進出&挑戦権獲得

<フェザー級ワールドGP準々決勝/5分5R>
エマニュエル・サンチェス(米国)
Def.3-0:49-45.49-46.48-46.
ダニエル・ヴェイケル(ドイツ)

サンチェスの跳びヒザをかわしたヴェイケルが、蹴り足を掴んでテイクダウンを奪う。寝技に拘らず、スタンドで待ったヴェイケルに対してサンチェスが左フックから、右フックを当てる。さらに頭を振って左を入れたサンチェスは、右ストレートの打ち終わりに右ハイを受けそうになる。サンチェスが圧力をかけるなか、ヴェイケルも右を当てる。さらに左右のフックを見せたヴェイケルに対し、サンチェスは右ハイから右ローを蹴り込む。

左ミドルを決めたサンチェスはローからワンツー、下がったヴェイケルにアッパーを繰り出す。ヴェイケルも打ち返し、蹴り足を掴んでバランスを崩させると、左ジャブをカウンターで当てサンチェスの動きが一瞬止まる場面も。

サンチェスはそれでも前に出るが、右を被弾してしまう。ボディから右を当てたヴェイケルに対し、サンチェスは左フック、右ハイ&右ローを繰り出す。組んできたサンチェスにヒザを突き上げたヴェイケル。両者揃って、5Rを戦うつもりはないようなアグレッシブな初回だった。

2R、初回同様に積極的に動く両者。ハイから腹を狙ったヴェイケルに対し、サンチェスが右ローを続ける。前に出てヒザ、エルボーから左ボディを決めたサンチェスは、明らかに効いたヴェイケルにラッシュをかける。もう一度レバーショットを入れ、右フック、さらに左フックを腹に入れるとヴェイケルが倒れる。トップからボディを殴り、バックコントロールで顔面を殴るサンチェスは、立ち上がろうとするヴェイケルをケージに押し込みパンチ、エルボーを入れる。

ヴェイケルは亀になると、サンチェスは離れて左ボディ、ヴェイケルも左フックを返すが、左右のボディを打たれる。ヒザをボディ、顔面にエルボーを入れたサンチェスは首相撲&ヒザを顔面に突き刺し、一旦離れてからケージに追い込みヒザ蹴り、顔面へのパンチを振るっていく。ヴェイケルも粘りを見せてパンチを打ち返すも、サンチェスは右ハイ、ワンツー、右から左フック、ローと攻め込む。そのローでヴェイケルはバランスを崩し、立ちあがったところに左右のボディ、ヒザと腹を攻めたてられたがラウンド終了まで凌ぎきった。

3R、右ハイ、右ロー、右ストレートと攻勢のサンチェスは、左を被弾しても前に出てローを決める。間合いを外したヴェイケルを追いかけてローを続けるサンチェスだが、逆にローを蹴られバランスを崩す。直ぐに立ち上がったサンチェスはジャブからローを蹴り込む。体がよろけたヴェイケルは、ローをチェックしても苦し気な表情を浮かべている。

2Rのボディに続き、左足を集中的に攻めるサンチェスは、そこから左ジャブを伸ばし、右ストレート、そして右ローを蹴る。ヴェイケルもダブルでジャブを返すが、ローで体が固まってしまう。パンチの交換で右を当てたヴェイケル、サンチェスはローをカットして逆に左足を蹴っていく。左フックを当てた直後にローを蹴られリズムに乗れないヴェイケル、最後はケージに詰められタイムとなった。

4R、即組みついたヴェイケルがバックに回る。クラッチを剥がし、胸を合わせたサンチェスがヒザを入れて離れる。サンチェスはジャブを差しこみ、左ミドルハイ。ヴェイケルは右を当てて組みつき、ここもワキを潜ってバックに回る。サンチェスはキムラロックを防がれると同時に胸を合わせてポジションを入れ替えて離れる。

ここで左ボディを入れたサンチェスは、ダブルレッグを切り左フックを当てる。右ローを蹴られ一瞬スイッチしたヴェイケルは、すぐにオーソに戻し右に回る。その後も右ローを効かせたサンチェスは後ろ回し蹴りを見せ、手堅く4Rを取った。

最終回、左を当てて組んでいったヴェイケルを突き放すサンチェス。直後に組み直したヴェイケルだが、逆にケージに押し込んだサンチェスが離れ際に右ハイを繰り出す。徹底して組みに行くヴェイケルに対し、離れたサンチェスが右ローを蹴り込む。ヴェイケルは右を当てるが、腰が高くなっており逆にテイクダウンを許してしまう。蹴り上げをさばいてハーフで上になったサンチェス、足を戻したヴェイケルはバタフライスイープを仕掛ける。

バランスをキープしたサンチェスは、立ち上がってきたヴェイケルに右フックをヒットさせる。ここでジャブを当てるなど冷静なサンチェスは、組んでヒザ蹴り、右を打ち込む。ヴェイケルは必死に前に出るが、サンチェスはカウンターを狙いで上手く時間を使いタイムアップに。決定的なラウンドを創り、優位な状況で最後は流したサンチェスが文句なしの判定勝ちで、準決勝進出&タイトル挑戦を決めた。


The post 【Bellator252】2Rに腹、3Rは左足を攻め込みヴェイケルに快勝したサンチェスが準決勝進出&挑戦権獲得 first appeared on MMAPLANET.