カテゴリー
KSW58 other MMA Report サラディーヌ・パルナス ダニエル・トーレス ブログ

【KSW58】トーレスの上腕が側頭部をかすめてKO!! こんなことが起こるのか、パルナスがまさかの王座陥落

<KSWフェザー級選手権試合/5分5R>
ダニエル・トーレス(ブラジル)
Def.1R1分49秒by KO
サラディーヌ・パルナス(フランス)

サウスポーの王者に対し、まずトーレスが右ミドルを入れる。パルナスは左ハイを繰り出し、左ミドルを入れる。鋭い左の蹴りを続ける王者は、トーレスの左手を制してワンツーを見せる。その左を振るって前に出たトーレス、一瞬の組みから離れたパルナスは右から左を狙ったところで、トーレスの右フックが──拳でなく上腕がテンプルの辺りをかすめる。このチップのような当たりで脳が揺れたか、チャンピオンがヒザから崩れマットに両手をつく。

そして亀の状態で顔をマットにつけたパルナスを見て、レフェリーが試合をストップ。思いもしないKO劇、非UFCファイター欧州最強と見られたパルナスは周囲も本人も唖然とする王座陥落となった。

新王者トーレスはインタビュアーに欧州全土にショックを与えたねと言われ「そうだろうね」と笑みを浮かべると、「ジム、家族のことを想うと凄く感傷的になる」と言葉静かに語った。


The post 【KSW58】トーレスの上腕が側頭部をかすめてKO!! こんなことが起こるのか、パルナスがまさかの王座陥落 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
KSW58 News other MMA ウロシュ・ユリシッチ グト・イノセンチ サラディーヌ・パルナス シモン・コウェツキ シャミール・ムサエフ ダニエル・トーレス ブログ マルチン・ザワダ ミハウ・アンドレシャク

【KSW58】計量終了 フェザー級王者パルナス以外にも14勝0敗ムサエフ✖11勝0敗ユリシッチ、グトも注目

【写真】パルナスとトーレス、共に問題なく計量を終えた (C)KSW

29日(金・現地時間)、30日(土・現地時間)にポーランドはウッチのクルブ・ベッツフォーニャで開催されるKSW58の計量が行われた。

ヨーロッパMMA界、非UFCフィター最強といっても過言でないKSWフェザー級王者サラディーヌ・パルナスがダニエル・トーレスの挑戦を受けるメインを筆頭に8試合、全出場16選手は問題なく計量を終えている。


北京五輪重量挙げ94キロ級金メダリスト=世界一の力持ちシモン・コウェッツキとドイツのMMAパイオニア=マルチン・ザワダというセミファイナルを始め、コンパクトな8試合ながら見所の多いファイトが多い。

なかでも前フェザー&ライト級王者マテウス・ガムロの幻の最後のライト級チャレンジャーであったキャリア14勝0敗のシャミール・ムサエフが、ウェルター級に階級を上げて、KSW初登場となるウロシュ・ユリシッチを迎え撃つマッチアップは、メインに匹敵する注目カードだ。

スピニングバックキックの精度の高さが、群を抜いているムサエフ。同様にスピニングバックフィストを当てる感覚も抜群で、それらの打撃を支えている伸びのある右ストレートや、前足となる左ハイもKOパワーを有している。それでいて、回転系の技からダブルレッグに移動できるバランス感覚の良さと、他と一線を画したファイトが魅力だ。

そんなムサエフに対し、ユリシッチはスロヴェニア人ファイターでありながらATT所属で、TUF21のATT✖ブラックジリアンズにも出演していた。UFCとの契約はならなかったが、Titan FCでウェルター級王者となりBellatorでも欧州(ミラノ)大会のプレリミマッチながら、初回でRNCを極め一本勝ちを収めている。

KSWにおいてはムサエフが格上だが、ワールドステージでみればユリシッチの方が実績を残しているともいえる一戦だが、北米MMAを消化したウェルラウンダーと、ロシア人らしい尖がった部分のあるオールラウンダーのムサエフが、どのような攻防を繰り広げるか非常に楽しみだ。

またヘビー級ではミハウ・アンドレシャクを相手にグト・イノセンチがKSW初陣を戦う。WAKOのブラジル国内チャンピオンになるも、MMAに転じStrikeforceからUFCと順風満帆なキャリアを歩むかと思われたが、オクタゴンでは連敗を喫しリリースの憂き目にあう。

それでもイノセンチはGLORYとサインし。立ち技の最高峰で7勝2敗という好成績を収め──敗れはしたが、リコ・ヴァーホーベンの持つ世界ヘビー級王座にも挑戦している。

2019年11月にBrave CFでMMAに復帰も、無差別級王者アザマット・ムルザカノフに敗れ、母国で復帰後初白星を昨年9月に得てからのKSW参戦となった。イノセンチも空手家だった父カルロス譲りの後ろ回し蹴りの使い手だけに、ゴリゴリファイトのアンドレシャクを相手に如何に自分の距離、間合で戦えるのかがカギとなる。

■視聴方法(予定)
1月31日(日・日本時間)
午前4時00分~FITE
午前4時00分~KSW.TV

■ KSW58計量結果

<KSWフェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] サラディーヌ・パルナス:65.8キロ
[挑戦者] ダニエル・トーレス:65.5キロ

<ライトヘビー級/5分3R>
シモン・コウェッツ:93.4キロ
マルチン・ザワダ:92.3キロ

<ウェルター級/5分3R>
ミハウ・ミハウスキ:77.5キロ
アレキダンダー・ラカス:77.4キロ

<ウェルター級/5分3R>
シャミール・ムサエフ:77.6キロ
ウロシュ・ユリシッチ:77.5キロ

<ヘビー級/5分3R>
ミハウ・アンドレシャク:117.5キロ
グト・イノセンチ:113.5キロ

<バンタム級/5分3R>
パウェウ・ポリティウォ:61.6キロ
ダヴィッド・マルティニック:61.3キロ

<68キロ契約/5分3R>
ロベルト・ルハワ:67.8キロ
ダニエル・バジャント:67.8キロ

<ライト級/5分3R>
バルトミ・コペラ:70.4キロ
フランスシスコ・バリオ:70.7キロ

The post 【KSW58】計量終了 フェザー級王者パルナス以外にも14勝0敗ムサエフ✖11勝0敗ユリシッチ、グトも注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
KSW58 other MMA Preview サラディーヌ・パルナス ダニエル・トーレス ブログ

【KSW58】欧州最新・最後の未知強&MMA界のキリアン・エムバペ=サラディーヌ・パルナスが王座防衛戦

【写真】さらなる大舞台でも勝ち上がれる可能性をKSWのケージで見せてきたフェザー級王者パルナス (C)KSW

30日(土・現地時間)にポーランドはウッチのクルブ・ベッツフォーニャでKSW58が開催される。東欧#01MMAプロモーションで2021年活動開始を告げる一番はKSWフェザー級選手権試合=王者サラディーヌ・パルナス✖挑戦ダニエル・トーレスの一番からだ。

前フェザー級&ライト級王者マテウス・ガムロのUFC転出により、暫定王者から正規王者に昇格となったパルナスは──ガムロがUFC初戦で躓いたとはいえ──非UFCファイターのなかでもトップレベルにあるワールドクラスの実力者だ。


1997年12月生まれ、23歳になったばかりのフランス人チャンピオンの戦績は14勝0敗1分というパーフェクトなモノ。欧州MMAワールドではMMA界のキリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマンのフォワード&フランス代表の点取り屋)と呼ばれている。フランス人ファイターらしく、昨年までMMAが認められなかった同国でパウンドなしの100%Fightで打撃とレスリング、極めを磨いた。

またパウンドのないルールを活用し、大胆にもスタンドでアナコンダを仕掛けるとプロレスのブレーンバスターのように後方に投げるという破天荒な技も見せていた。KSWには2017年12月から参戦し、4戦目でロマン・ジュマンスキを下し暫定王座に就いている。

その暫定王座を2019年12月にイワン・ブヒンケルを相手に防衛して以来、今回が実に1年1カ月振りの実戦復帰となる。「この試合が決まって、最高にモチベーションが高まっている。ダニエル・トーレスは爆発力があり、アグレッシブで、予想できない動きをする」と持ち上げながら「でも、彼はノーチャンスだ」と言い切っている。

チャレンジャーのトーレスはオーストリア在住のブラジリアンで、戦績は11勝4敗。KSWでは3勝1敗でオーストリアのローカル大会と合わせて現在3連勝中だ。昨年11月にはPFLで活躍したドイツ人選手=マックス・コガをスプリット判定で破り、挑戦権を手にした。

トーレスはチャンピオンの言う通りオーソドックスの構えから豪快な左右のフックで踏み込み、ボディロックテイクダウンという流れを得意とする積極的なファイターだ。ただし、粗い。この粗さが「予想できない動きをする」という評に繋がるのだろう。

対してパルナスは非常に整ったウェルラウンダーで、サウスポーから伸びる左ストレート、右リードフック、ショートアッパー、ボディ打ち、さらにはハイキックからミドルと攻撃を散らすことができる。

ばかりか、この打撃戦のなかでダブルレッグ&バック奪取、組みの打撃とゼロ距離でも強さを見せている。

レスリング防御に関しては、過去の戦いぶりで両者に差があるのは明白だ。パルナスが打撃の交換のなかでテイクダウンに反応しスプロールに長けているのに対し、トーレスは倒されて背中をマットにつけてしまう。パルナスも尻もちをつかされ、バックに回られることもあるが即座のスクランブル、またスイッチでバック奪取と抑えられることはほぼない。

両者の共通の対戦相手ジュマンスキとの戦いでトーレスがテイクダウンから抑え込まれ判定で敗れたのに対し、パルナスは切り返し逆にトップからパウンドアウトしている。打撃とテイクダウンの融合という部分で優位に立つチャンピオンは、トーレスが得意とする乱打戦でもボクシング技術でも上回る。パルナスにとって怖いは、ガムシャラな左右のフックだが──この手のパンチが彼のアゴを打ち抜くシーンは想像しづらい。

この完成度の高さこそ、サラディーヌ・パルナスが非UFCファイターの最高到達点にあり──同朋のマンスール・ベルナウイと共に欧州MMA界最新・最後の未知強と目される所以だ。

■視聴方法(予定)
1月31日(日・日本時間)
午前4時00分~FITE
午前4時00分~KSW.TV

■ KSW58対戦カード

<KSWフェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] サラディーヌ・パルナス(フランス)
[挑戦者] ダニエル・トーレス(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
シモン・コウェッツ(ポーランド)
マルチン・ザワダ(ドイツ)

<ウェルター級/5分3R>
ミハウ・ミハウスキ(ポーランド)
アレキダンダー・ラカス(クロアチア)

<ウェルター級/5分3R>
シャミール・ムサエフ(ロシア)
ウロシュ・ユリシッチ(スロベニア)

<ヘビー級/5分3R>
ミハウ・アンドレシャク(ポーランド)
グト・イノセンチ(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
パウェウ・ポリティウォ(ポーランド)
ダヴィッド・マルティニック(チェコ)

<68キロ契約/5分3R>
ロベルト・ルハワ(ポーランド)
ダニエル・バジャント(クロアチア)

<ライト級/5分3R>
バルトミ・コペラ(ポーランド)
フランスシスコ・バリオ(アルゼンチン)

The post 【KSW58】欧州最新・最後の未知強&MMA界のキリアン・エムバペ=サラディーヌ・パルナスが王座防衛戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
KSW58 News other MMA サラディーヌ・パルナス シモン・コウェツキ ダニエル・トーレス ブログ マルチン・ザワダ

【KSW58】2021年度第一弾は重量挙げ界の重鎮コウェツキ、フェザー級王者パルナスが注目株が揃い踏み

【写真】ファイトはKSW流のガツガツでも、ボディはKSW的なゴリゴリではないコウェツキ (C)KSW

KSWの2021年度、最初のイベント=KSW58が1月30日(土・現地時間)にポーランドはウッチのクルブ・ベッツフォーニャで開催されることが決まった。

KSW58は2008年北京五輪・重量挙げ94キロ級金メダリストで、2000年シドニーでは同級銅メダリストだったシモン・コウェツキが1年1カ月ぶりのMMA、KSWでは3戦目をメインで戦う。


昨年12月にはロンドン五輪グレコ84キロ級銅メダリストのダミアン・ヤニコフスキをTKOで下し、MMA戦績を8勝1敗としているコウェツキ。既に39歳で重量挙げ界ではポーランド・ウェイトリフティング連盟の会長を務めていたこともある重鎮(※ロンドン五輪金メダリストのアドリアン・ジュリンスキと弟のトマシュ・ジュリンスキが薬物違反でリオ五輪出場停止処分を受けた際に、会長の座を辞した)ながら、36歳でMMA転向し、パンデミックが起こるまでに9試合も戦績を積み重ねてきた。

ファイトスタイルは、KSWらしいガチガチのブルファイターといえるコウェツキは、ドイツ人選手のマルチン・ザワダとライトヘビー級で相対する。キャリア17年、ドイツのMMAパイオニア世代のザワダは次の試合がキャリア46戦目、KSWでは2勝1敗もチアゴ・シウバやウカシュ・ユルコウスキを破っている。この一戦の勝者はエース=トマス・ナルクンへの挑戦権獲得に大きく近づくことになるだろう。

コ・メインではUFCへ巣立ったマテウス・ガムロ、クロアチア人ウェルター級王者ロベルト・ソルディッチに続き、これからが非常に期待されるフランス人KSWフェザー級チャンピオンのサラディーヌ・パルナスが、オーストリア在住のブラジリアン=ダニエル・トーレスの挑戦を受ける。

フェザー級&ライト級の二冠王だったガムロのUFC転出で、暫定王座を1度防衛していたパルナスが正規王者に昇格し、最初の防衛をトーレスと戦うこととなった。サウスポーで見事にボクシングとレスリングが融合させているパルナスは、前手となる右もパワーは十分──特に右アッパーは踏み込みの良さもありKOする力を十分に有している。

この右を見せて、優位な状況で組みつきテイクダウンやバック奪取という流れるような動きは、MMAとして見事というしかない。さらにはスクランブルでもダースというフィニッシュ技も持ち合わせたパルナスに対し、トーレスの持ち味は乱打戦の強さだ。

トーレスはKSWでは3勝1敗でうち3試合がファイト・オブ・ザ・ナイトを獲得している東洋の名勝負漢といえる。とはいえ、相手の良さを封じ込めるのがパルナスの強さ。トーレスはジャブを掻い潜り、拳の届く位置をどれだけとり続け、圧力を掛けることができるかにによってベルト獲りは左右されるだろう。

The post 【KSW58】2021年度第一弾は重量挙げ界の重鎮コウェツキ、フェザー級王者パルナスが注目株が揃い踏み first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
KSW56 News other MMA アンジェイ・グジェビク イヴァン・エルスラン ダニエル・トーレス トマス・ナルクン ブログ マックス・コガ マリウス・ザロムスキー ミハウ・マテラ ロベルト・ソルディッチ

【KSW56】計量終了 ウェルター級王者ソルディッチがミドル級でマテラと。古豪ザロムスキーが初出場!!

【写真】非UFCのウェルター級では間違いなく五指に入る実力者ソルディッチがミドル級で元王者に挑む (C)MMAPLANET

14日(土・現地時間)にポーランドはウッチのクルブ・ベッツフォーニャで開催されるKSW56「Polska vs Chorwacja」の計量が13日(金・同)に行われた。

今大会はタイトル名にあるようにポーランド✖クロアチアと軸となるイベントだ。メインはタイトル戦を押しのけミハウ・マテラとKSWウェルター級王者ロベルト・ソルディッチが対戦するミドル級マッチが組まれている。


ソルディッチは2017年12月にプロモーションの顔の1人でもあったボリス・マンオフスキを破りウェルター級王者に輝くと、一度は今やUFCで活躍する南アフリカのドリキュス・デュプレッシーに敗れベルトを手放したが、ダイレクトリマッチで奪還。防衛こそは1度だが、ノンタイトルのキャッチウェイト戦を含めると4連勝中のクロアチア人王者だ。

UFCに旅立ったマテウス・ガムロ、エース=トマス・ナルクンと同様に階級を変えてトップファイターに挑むソルディッチは、非ポーランド人ながらKSWの顔となっている証といえるファイトだ。

セミではヘビー級王座奪取こそならなかった4度のライトヘビー級王座防衛を果たしている王者ナルクンに、キャリア9連勝中のイヴァン・エルスランが挑戦する。

そんな今大会はポーランド✖クロアチア以外にも注目の国際戦が見られる。

その筆頭がアンジェイ・グジェビグ✖マリウス・ザロムスキーのウェルター級マッチだ。グジェビクはFENというポーランド他団体の2冠王から7月にKSWデビューし、AFN王者マシュ・ヤクビエツからKO勝ちを収めている。対するザロムスキーはDREAMウェルター級GPを11年前に制し、Strikeforce、Bellatorを経て母国のBushido FCに戻っていた。

40歳を迎えたザロムスキーにとって、最後の舞台といっても過言でないKSW登場だ。さらには元PFLファイターのマックス・コガが、オーストリア在住のブラジリアン=ダニエル・トーレスと戦う一戦は、ガムロの後釜を狙うフェザー級トッププロスペクト対決となる。

■視聴方法(予定)
11月15日(日・日本時間)
午前4時00分~FITE
午前4時00分~KSW.TV

■ KSW56計量結果

<ミドル級/5分3R>
ミハウ・マテラ:84.3キロ
ロベルト・ソルディッチ:84.3キロ

<KSWライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者]トマス・ナルクン:93.0キロ
[挑戦者] イヴァン・エルスラン:92.5キロ

<女子フライ級/5分3R>
カロリーナ・オフタッシュ:57.1キロ
ヤスティナ・ハバ:56.4キロ

<ウェルター級/5分3R>
アンジェイ・グジェビグ:77.6キロ
マリウス・ザロムスキー:75.8キロ

<73キロ契約/5分3R>
マテウス・レギェウスキ:73.0キロ
フランスシスコ・バリオ:72.9キロ

<68.5キロ契約/5分3R>
セバスチャン・レイエフスキ:68.4キロ
フィリップ・ペジッチ:68.3キロ

<フェザー級/5分3R>
ダニエル・トーレス:66.3キロ
マックス・コガ:66.0キロ

<フェザー級/5分3R>
ロベルト・ルハワ:66.2キロ
ミハウ・ドミン:66.2キロ

The post 【KSW56】計量終了 ウェルター級王者ソルディッチがミドル級でマテラと。古豪ザロムスキーが初出場!! first appeared on MMAPLANET.