カテゴリー
MMA UFN198 タッカー・ルッツ パット・サバティニ

【UFN198】サンボ流大内刈り、小外刈りでサバティニが、ルッツを削って完勝=判定勝利

<フェザー級/5分3R>
パット・サバティニ(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.30-27
タッカー・ルッツ(米国)

中間距離のやや遠めのレンジで、蹴りとパンチを振るう両者。スイッチしたサバティニが、ワンツーからダブルレッグへ。切ったルッツが逆にケージに押し込むと、ヒザ蹴りへ。ここでシングルに入ったサバティニはクリンチから大内刈りでテイクダウンを決める。腰をコントロールしルッツのバックに回りつつ、足払いで尻もちをつかせたサバティニが、同時にバックに回る。サバティニはワンフックでルッツを制し、パンチを連打する。

ここから両足をフックし、背中を伸ばしたサバティニは上を向いたルッツにRNCをセットアップする。自ら絞めを解いたサバティニが、殴りながら絞めの機会を伺う。手首を掴んで耐えるルッツは殴られながら時間を待った。

2R、ローに細かいパンチのコンビを見せたルッツから、サバティニが一発でダブルレッグテイクダウンを決める。ハーフで抑え、足を抜きに掛かるサバティニがワキ腹に連打を入れる。ルッツはロックダウンもエルボーを落とされ、二重絡みがルーズになる。パスを決めたサバティニはサイドで抑えると、体を反転してシングルに出たルッツをギロチンに捕える。

横回転でマウントを取り、ルッツの動きに合わせてバックグラブ&ボディトライアングルを取ったサバティニが絶対の形を創る。残り2分、ここも手首を掴んで絞めを防ぐルッツは、左腕のパームトゥパームを耐える。初回に続き絞めからは逃げたが、ラウンドを落とした。

最終回、右に回るサバティニのシングルレッグをケージを背にしたルッツが、耐えて体を入れ替える。逆にダブルレッグでテイクダウンを決めたルッツに対し、サバティニが立ち上がりシングルレッグからクリンチ、大内刈りでテイクダウンを決める。オーバーフックで立ち上がったルッツが、右足を狙った小外刈りをかわしたものの、そのまま左足を刈られて倒される。

サブミッションで一本勝ち狙いと思いきや、削り合いでグラインダーのルッツをリードしたサバティニは、ケージに押し込まれても回って離れワンツーを打ち込む。残り90秒、ポイント的には安全圏のサバティニは左に大きく回ってクリンチへ。ルッツはヒザを連続で腹に突き上げるが、両ワキを差したサバティニがケージに押し込み小外へ。懸命に耐えたルッツは、一旦離れたサバティニのダブルレッグを切る。とはいえボディだけでなく、タイムもコントロールしたサバティニがフルマークの判定勝ちを収め、大内刈りや小外刈りをサンボ流と称した。


The post 【UFN198】サンボ流大内刈り、小外刈りでサバティニが、ルッツを削って完勝=判定勝利 first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA UFC UFN198   エイドリアン・ヤネス カン・ギョンホ キック ケトレン・ヴィエイラ タッカー・ルッツ パット・サバティニ ブログ ミーシャ・テイト

【UFN198】計量終了 ミーシャ問題なし。コンバットサンボW杯2位サバティニ×CSで判定勝ち2度ルッツ

【写真】眼鏡を掛けて圧力を掛けるルッツ、ちょっと怖い (C)Zuffa/UFC

19日(金・現地時間)、 20日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN198:UFN on ESPN+56「Vieira vs Tate」の計量が行われた。

メインはUFC復帰2戦目のミーシャ・テイトが、ケトレン・ヴィエイラと戦い女子バンタム級の一戦だ。両者は本来10月16日に対戦予定だったが、ミーシャがコロナ陽性となり対決は今大会に持ち越された。

マスク姿でスケールに乗ったミーシャは、135.5ポンドでパスと同時にマクスを外してガッツポーズ&前腕二頭筋にキスする仕草を見せる。

フェイスオフではグータッチを行った両者、かなり近い距離で視線をぶつけ合いステージを下りた。


メイン5試合、プレリミ7試合の今大会。プレリミメインのパット・サバティニ×タッカー・ルッツは興味深いノンランカー対決だ。

レスリングベースでボクシングとキックを取り入れたルッツは、昨年のコンテンダーシリーズで2勝。2試合とも判定勝ちだったが、負傷をおしての魂のテイクダウン&コントロールを見せ、RNCでフィニッシュも狙ったことが評価され、UFCと契約を果たした。

今年5月のUFC初陣でもケビン・アギラーをコントロールして判定勝ちを収めたルッツは、キャリア12勝1敗としている。対してサバティニはRNCとヒールフックを得意としたフィニッシャーだ。

サバティニもレスリングベースだが、ダニエル・グレイシーの黒帯でもあり、さらにはコンバットサンボのワールドカップで準優勝、2016年にスコットランドのエジンバラで開催されたプレジデンツ・カップで優勝を飾るなど、ブレイク有りという状況でのサブミッションにも長けている。

UFCは今回で3戦目で2勝0敗、前回のジャマル・エマースではエマースの仕掛けたトーホールドを&内ヒールで切り返し、タップを奪っている。

打撃の圧からテイクダウンをして削るファイトのルッツと、一瞬のサブミッションで勝利を手にするサバティニ。スタンドの打撃ではルッツに分があり、サバティニとしては体力負けしない序盤で一本が欲しい。いずれのよせ、この試合の勝者は今後フェザー級戦線でトップ15、トップ10に絡んでくることは間違いない。

フェイスオフでは眼鏡をかけたルッツが、握手後に半歩ずつ近寄り、右の拳が小刻みに揺れるサバティニともう一度しっかりと拳を握り合う。静かなる闘志が両者から感じられた。

■視聴方法(予定)
11月20日(日・日本時間)
午前5時00分~UFC FIGHT PASS

■UFN198計量結果

<女子バンタム級/5分5R>
ケトレン・ヴィエイラ: 136ポンド(61.69キロ)
ミーシャ・テイト: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・キエーサ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ: 135.5ポンド(61.46キロ)
カン・ギョンホ: 136ポンド(61.69キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジョジョ・カルダーウッド: 126ポンド(57.15キロ)
タリア・サントス: 125.5ポンド(56.92キロ)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネス: 135ポンド(61.24キロ)
デイヴィー・グラント: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
パット・サバティニ: 145ポンド(65.77キロ)
タッカー・ルッツ: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ライト級/5分3R>
ラファ・ガルシア: 155ポンド(70.31キロ)
ナタン・レヴィ: 154ポンド(69.85キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブーミー: 115.5ポンド(52.38キロ)
ルピタ・ゴディネス: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライト級/5分3R>
テレンス・マッキニー: 155.5ポンド(70.53キロ)
フェレス・ジアム: 156ポンド(70.76キロ)

<フライ級/5分3R>
コディー・ダーデン: 126ポンド(57.15キロ)
アオリーチーラン: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
シャ・イラン: 145ポンド(65.77キロ)
ショーン・ソリアーノ: 146ポンド(66.22キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ルアナ・ピニェーロ: 116ポンド(52.62キロ)
サム・ヒューズ: 115.5ポンド(52.38キロ)

The post 【UFN198】計量終了 ミーシャ問題なし。コンバットサンボW杯2位サバティニ×CSで判定勝ち2度ルッツ first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
DWTNCS S04 Ep10 Report UFC シェラード・ブラックレッジ タッカー・ルッツ ブログ

【DWTNCS S04 Ep10】シーズン2勝目も最後の1分をサイドで過ごしたルッツが、負傷を明かす

<ライト級/5分3R>
タッカー・ルッツ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
シェラード・ブラックレッジ(米国)

ルッツが左フックから右ロー、ワンツーで前に出るとブラックレッジが組みつく。ケージに押し込まれたルッツは、押し込み返してダブルレッグを仕掛ける。ブラックレッジは頭部にエルボーを落とし、もう1度態勢を入れ替え右腕を差しあげてテイクダウンを奪う。ルッツはすぐに立ち上がり、押し込み返し両ワキを差す。ブラックレッジはウィザー、小手投げを狙う。

クリンチ合戦中にブラックレッジのヒザがボディを捕えるが、急所と判断されブレイクが掛かる。スタンドで再開となったが、今度はブラックレッジの前蹴りがルッツの急所を直撃、2度目のブレイクが命じられる。リスタート後、ブラックレッジは腹への前蹴りから左ミドルハイ、そして右ローを蹴っていく。ルッツはワンツーをヒットし、一気にダブルレッグでテイクダウンを決める。抱えられた頭を抜いたルッツがマウントに行こう、ブリッジにも背中にしがみつき時間となった。

2R、ローから後ろ回し蹴りのブラックレッジにルッツが左フックを当て、右ローを蹴り込む。スイッチして左ミドルを決めたルッツは、2度目のミドルに組みつかれる。相四つでヒザを入れるブラックレッジだが、小手で投げを狙ったところでボディロックテイクダウンを許し、ルッツがバックで四の字フックを取る。

3分以上時間が載るっているなかルッツは、パンチを入れてRNCを仕掛ける。手首をつかみ、ワキを潜りつつ胸を合わせたブラックレッジのシングルに対し、ルッツはギロチンからスイープ、マウントから極めにかかる。やや窮屈な姿勢で、自ら技を解いたルッツは一瞬居着いたか、ブラックレッジが一気に飛び込んでテイクダウンを決める。ブラックレッジの強引なギロチンは、ルッツに立ち上がる隙を与える。最後の5分を切り、シングルで押し込んでいたルッツがブラックレッジの顔面にヒザを当て時間となった。

最終回、ブラックレッジの蹴りにもワンツーで距離を詰めたルッツは、ヒザ蹴りをキャッチされケージに押し込まれる。体を入れ替えたルッツが、押し込んでアンクルピック。耐えるブラックレッジをハイクロッチ、ダブルに移行してテイクダウンを決める。ブラックレッジのスクランブルにケージ押し込まれたルッツは、また体を入れ替えダブルレッグ&サイドで抑える。

両者揃って今シーズン2戦目、フィニッシュを誓って出場となったルッツだが、ここで抑えに時間をかけてしまう。最後まで抑えてしまったルッツ、ポイントはリードしているのがコンテンダーシリーズの性格を考えると、立たれようが、下にされようが、フィニッシュに通じる動きを見せるべきだったろう。

フルマークの判定勝ちにも笑顔はないルッツは、試合前からワキ腹を負傷しており、2Rに悪化させたことを明かした。


The post 【DWTNCS S04 Ep10】シーズン2勝目も最後の1分をサイドで過ごしたルッツが、負傷を明かす first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWTNCSE S04 Ep05 Report UFC タッカー・ルッツ ブログ

【DWTNCS S04 Ep05】初回から試合をリードしたルッツが、ギブソンに判定勝ちも「満足していない」

<ライト級/5分3R>
タッカー・ルッツ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
チェイス・ギブソン(米国)

ルッツが左ミドル、ギブソンもミドルを返しワンツーを見せる。その場のスイッチからハイキックを繰り出すギブソンが左右に回り左ジャブ、ルッツがローを繰り出す。ルッツの左フックとギブソンの右フックが交錯。直後にルッツが左ミドルを蹴るも、ギブソンも左フックをカウンターで合わせる。

ルッツは左ミドルを続け、スイッチを織り交ぜ右ローを連続で蹴り込む。ギブソンは待ちの態勢でローを蹴って姿勢を乱す。そのままガードを取ったギブソンはパウンドを受けると背中を見せて立ち上がろうとし、後方からパンチを纏められる。正面を向いた立ち上がったギブソンに対し、ルッツは左ミドルを入れてラウンドが終わった。

2Rも左ミドルからスタートさせたルッツがワンツー、左ボディショットを決める。さらに左ローから左ミドルを入れたルッツは、ギブソンの左ハイをブロックして右ロー。1週間前に出場が決まったギブソンは手数が少ない。それでも右ローに左フックを合わせ、右ストレートを伸ばしたギブソンだが右アッパーを被弾する。

ジャブから右ストレート、左フックを当てたルッツは、ギブソンの左ジャブにもワンツーを打ち込み、ケージに下がったところで右アッパーをヒットさせる。ミドル、左ボディショットと腹を攻め、顔面にはジャブとアッパーを伸ばすルッツが試合をリードし、ロングでアッパーを張っていく。意を決したように右オーバーハンドで前に出たギブソンに、ボディから左フックを決めたルッツは、ラウンド直前終了にヒザもボディに突き刺した。

最終回、「2R取っているんだから、仕留めろ」という指示を受けたルッツが左フック&右ロー、さらに右ローを2発入れて右ストレートを当てる。ギブソンも右ミドルやロー、左ジャブと手数を増やし、右ストレートをヒット。左右に回って間合を取り直したルッツは左ジャブ、スイッチして左の蹴りからオーソにショートのコンビ、ギブソンも蹴りに左を合わせようとし、右ローを蹴り込む。残り2分で組んだギブソンが、ケージにルッツを押し込むが体を入れ替えられる。押し返して差し上げテイクダウンを狙ったギブソンに対し、ルッツはウィザーから姿勢を崩させ逆にバックへ。

ギブソンは亀の状態で後方から殴られるが、スイッチからバックを取り返し両足をフックする。残り40秒、RNCを狙うギブソンが後方に倒れ込み仰向けに。ルッツは手首を掴んで絞めを防ぎタイムアップに。3-0の完勝、キャリア10連勝で戦績10勝1敗としたルッツだが、フィニッシュを狙った最終回の終盤に反撃を許したことで「次はKOしたい。満足していない」と話した。