カテゴリー
BJJ BET02 MMA   セルヴィオ・トゥリオ ルーカス・バルボーザ

【BJJ BET02】トゥリアが大善戦?! バルボーザにボディロックパスを許さず0-4で敗退

<88キロ級T準々決勝/8分1R>
ルーカス・バルボーザ(ブラジル)
Def.4-0
セルヴィオ・トゥリオ(ブラジル)

互いに座ると、バルボーザが足首を掴みに行く。レフェリーが両者に注意を与え、試合はスタンドで再開される。トゥリオが座り直し、バルボーザがトップから足を捌いてパスを狙う。ボディロックまで持っていったバルボーザ、トゥリオがニーシールドからハーフバタフライガードに。

力強いボディロックで右足を抜いたバルボーザは、パスを嫌がりロールしたトゥリオのバックを取り両足をフックし4Pを奪取する。バルボーザが右腕を喉下の差し込み、トゥリオがヒジを押し上げて懸命に防御する。

肩固め、ノースサウスチョークでの極めが多いバルボーザがRNCに拘るのも、4Pのリードを安パイと捉えているからだろうか。バルボーザはアゴの上から絞めを続け、トゥリオは足を解除できず、胸を合わせることができない。足を組み変えたバルボーザは、乳酸が溜まらない程度のホールドで時間を使う。トゥリオはバルボーザが右腕ごと足を組みに来たところで、ついに胸を合わせスクランブルで立ち上がる。

座ってニーシールドのトゥリオに対し、立ち上がったバルボーザがガードの中に収まり、ここもボディロックを取る。残り90秒、足を抱えてリバーサルを狙ったトゥリオだが、バルボーザが体を捩じって足を抜いて離れる。1分を切り、ダブルレッグをトゥリオが仕掛けると、バルボーザはスプロールもせずクラウチングの構えのままで押し返してしまう。

溜まらず座って仕掛けるトゥリオだが、ポイント獲得を狙いスタンドに戻ってダブルレッグへ。がぶったバルボーザがスナップダウンからバックを狙うと、トゥリオは引き込んでハーフで潜ろうとしたところで時間に。スナップダウンからバックにレフェリーがポイントを与えようとしたが、結局はこのポイントはなく4-0でバルボーサが順当に勝利を手にした。

とはいえトゥリオはハルクにパスガードを許さず。この防御能力の高さこそ、IBJJFルールで上を目指せる資質といえるだろう。


The post 【BJJ BET02】トゥリアが大善戦?! バルボーザにボディロックパスを許さず0-4で敗退 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BJJ BET02 MMA ONE ウィリアム・タケット セルヴィオ・トゥリオ タイナン・ダウプラ ブログ マウリシオ・オリヴェイラ ミカエル・ガルバォン

【BJJ BET02】1回戦最後の枠で──『柔術の神の子』ミカ・ガルバォンが茶帯世界王者と対戦

【写真】マウリシオ・オリヴェイラには失礼だが、やはり準決勝のバルボーザ戦は実現してほしい(C)CALYTON JONES

いよいよ開催が1日(日・現地時間)に迫ってきたBJJ BET02「Who’s Next」。ブラジルのサンパウロで開催される8人制88キロ級のノーギトーナメント──強豪、古豪が入り乱れる同トーナメントに超新星ミカ・ガルバォンが参戦し、マウリシオ・オリヴェイラと初戦を戦う。

18歳のガルバォンは、現在世界でもっとも熱い視線を集めるグラップラーだ。6月のEUGにおける170ポンドTに茶帯ながら参戦し、同階級世界最強の一角と目されるタイナン・ダウプラのスイープを絶妙の重心移動で封じ込め、下からは流れるようなスイープと跳び付き三角の連携で追い詰めて勝利した一戦は記憶に新しい。


同時にルタリーブリの黒帯でもあり、ノーギでも驚愕の強さを見せるガルバォン。同月のオリヴァー・タザ戦では、体力で勝る相手に攻撃を仕掛けさせておいて一瞬で切り返す非凡な動きを連発して勝利した。

さらに同月末の3GCグラップリングトーナメントにも参戦し、ジョン・コムズ相手にはテイクダウンに合わせたギロチンで、ペドロ・ホシャ戦では下からのヒザ固めから一瞬で移行した内ヒールで、そして決勝のペドロ・マリーニョにはニースライスをゴゴプラッタで切り返し、次の瞬間腕を伸ばすという離れ業で極め、全試合一本勝ちの完全優勝を遂げている。

目を見張る反応速度と動きのスムースさ、一瞬の切り返しの妙と極めの強さ。身体的にはまだ未発達で頭抜けたパワーの持ち主ではないが、その動きの全てが驚きに満ちているガルバォンは、ブラジリアン柔術でも黒帯を取得。今回が黒帯デビュー戦となる。

対戦相手のオリヴェイラは、2018年に茶帯世界王者に就いた24歳。道着着用ルールを主体に活躍している新鋭の黒帯だ。ギなしルールでは同じく2018年末のノーギワールズにて、本トーナメントにもエントリーしているセルヴィオ・トゥリオと対戦。下から足を絡めてトーホールドを狙って上になり、トップからも優れたバランスを発揮して僅差の勝利を収めている。

驚くべき動きこそないものの、強靭な身体をもって上下どちらからも戦うことができ、ノーギへの対応もよく、ポイントゲームにも長けているオリヴェイラ。柔術の神の子ガルバォンとしても決して簡単な相手であるまい。

誰が勝つか分からない今回のトーナメントだが、順当に行けば準決勝はレアンドロ・ロ✖ウィリアム・タケット、ルーカス・バルボーザ✖ガルバォンか。IBJJF道着着用ルールのレジェンドであるロと北米ノーギグラップリングの新星タケットの初対決は、新旧のダイナミック・スタイルの交わりとして非常に楽しみなところだ。また、相手の動きを封じることにおいては天下一品のバルボーザと、インスピレーションの塊のような動きをするガルバォンがどう交わるのか。興味は尽きない。

■視聴方法(予定)
8月2日(月・日本時間)
午前5時00分~FLOGRAPPLING

The post 【BJJ BET02】1回戦最後の枠で──『柔術の神の子』ミカ・ガルバォンが茶帯世界王者と対戦 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BJJ BET02 JJ Globo Preview セルヴィオ・トゥリオ ブログ ルーカス・バルボーザ

【BJJ BET02】トーナメント本命?! バルボーザという『無理ゲー』にトゥリオは如何に挑むのか

【写真】この人も人智を越えていそうだ(C)CLAYTON JONES/FLOGRAPPLING

8月1日(日・現地時間)ブラジルのサンパウロにて大型プロ柔術・グラップリングイベントBJJ BET02「Who’s Next」が行われる。目玉の8人参加の88キロ級のノーギトーナメントはまさに実力伯仲、誰が勝ってもおかしくない状況だが、敢えて優勝候補本命を挙げるとすればだが、ルーカス・バルボーザか。

そのバルボーザと初戦で戦うのが、2017年ADCC無差別級王者フィリッピ・ペナの黒帯セルヴィオ・トゥリオだ。


2018年の柔術世界王者バルボーザは、ノーギにおいて2019年ADCC世界大会99キロ級で3位の実績を誇る。決して下にならず、巨大な上半身を用いたプレッシャーで相手の攻撃を封じ制圧する戦いを身上としており、先月のRoad to ADCCには適正階級である88キロ契約で出場し、クレイグ・ジョーンズの代打であるウィリアム・タケット相手に34-0で圧勝して見せた。来年のADCC本戦の同階級における優勝候補だ。

対する新鋭のセルヴィオ・トゥリオは、2019年のADCCブラジル予選77キロ級優勝という実績を持っている。先月の Big Deal 03 では柔術世界王者イザッキ・バイエンスとノーギルールで対決し、互角の攻防を見せていた。

トゥリオは下からのヒールの仕掛けから上のポジションを取って先制点を奪うと、巧みなガードワークで終盤までそのリードしていた、結果的に残り25秒でテイクダウンを許し逆転負けを喫したものの、大番狂わせまであと一歩まで迫ってみせた。

実績ではもちろん、体格面でもバルボーザが上回る両者の対決。相性面を見ても、足関節とガードワークを主武器とするトゥリオにとって、それらを封じることに長けたバルボーザは非常に厳しい相手だろう。さらに最近バルボーザは、先日のRoad to ADCC大会で対戦予定だったジョーンズ──世界屈指の足関節師だ──対策を重ねてきており、その成果を、同種の武器を持つ代打のタケット相手に見せつけたばかりだ。

トゥリオの立場になって考えると「無理ゲー」とでも形容したくなるほど難しい試合だが、なんとかバルボーザ攻略の糸口を見出してくれることを期待したい。

■視聴方法(予定)
8月2日(月・日本時間)
午前5時00分~FLOGRAPPLING

The post 【BJJ BET02】トーナメント本命?! バルボーザという『無理ゲー』にトゥリオは如何に挑むのか first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BDP03 JJ Globo Report イサッキ・バイエンス セルヴィオ・トゥリオ ブログ

【BDP03】IBJJFノーギルールにヒールフックのうねり。バイエンスが残り25秒で新鋭トゥリオを逆転

10日(土・現地時間)、ブラジルのフロリアノポリスにて、プロ柔術団体Big Deal Pro の第3回大会が行われた。レビュー2回目は、世界王者たちが参戦した豪華スーパーファイトの模様をレポートしたい。

<ノーギ/8分1R>
イザッキ・バイエンス(ブラジル)
Def 2-2 A4-2
セルヴィオ・トゥリオ(ブラジル)

2018年の世界王者バイエンスは、今年のアブダビ・ワールドプロもブラジル国内予選から勝ち抜いて優勝。2月のBJJ Stars05ではノーギの試合で新鋭ロベルト・ヒメネスとの激闘を制する等、今年無敗街道を走っている。

対するフィリッピ・ペナの黒帯トゥリオは、2019年のADCCブラジル予選を制する等、ノーギを中心に活躍する選手で、今試合はビッグネーム相手に名前を挙げるチャンスだ。

試合開始直後にシッティングしたトゥリオに対し、バイエンスは距離を詰めると左で鋭いニースライスを仕掛ける。トゥリオは右腕でフレームを作って距離を取って防ぐ。さらにバイエンスがニースライスを仕掛けても、トゥリオはうまく体をずらしながらバイエンスの右足に外掛けで絡み、あっという間に下からの外ヒールの体勢に。

あわや極まったかに見えたが、スピンしたバイエンスが尻をつけた状態で距離を作る。するとトゥリオはすかさず立ち上がって上になり、2点を先制したのだった。

下になったバイエンスも足を絡めての反撃を狙うが、トゥリオは足を抜いて逆にバイエンスの片足を抱えて押してゆき、両者は場外へ。結果的にトゥリオは2-0で完全リードした状態でリスタートを迎えることとなった。

再開後またもや引き込んだトゥリオは、下からの足狙いを続ける。バイエンスはそれを捌いては、ニースライスや素早く横に動いてのパスを狙うが、その度にトゥリオは両腕のフレームを巧みに使って距離を取って回避する。上のバイエンスと下のトゥリオ、スピード溢れる攻防を繰り返す両者は互いにアドバンテージを2つずつ獲得した。

残り2分半。なかなか点差を詰められないバイエンスは、足の絡みを巧みなステップで解除すると、またしても左のニースライスへ。そのまま押さえてパスに成功かと思われたが、トゥリオは下から動いて距離を作ってうつ伏せに。それをガブったバイエンスは、首に圧力をかけてトゥリオの背中をつけさせる。そのまま抑えにかかるバイエンスだが、トゥリオも諦めずに動き続けて両者はまたしても場外へ。この攻勢でもバイエンスはアドバンテージを一つ得るにとどまった。

中央からトゥリオが下で再開。後のないバイエンスはトゥリオの右足を取ってストレートフットロックからトーホールドを仕掛け、さらに上からのベリンボロの形を作ろうとするが、トゥリオが逆に足を取ると立って距離を取った。

大殊勲まであと1分と迫ったトゥリオに対し、バイエンスはシュートイン。しかし、トゥリオはスプロールしてそれを防ぐ。いったん距離を作ったバイエンスは、下がり気味のトゥリオに対してもう一度組んでいく。再び反応してスプロールしたトゥリオの左足の裏でグリップを作って上体を起こしたバイエンスは、ワキをくぐってボディロックに移行しながらトゥリオの背後に。

なんとか逃れようとするトゥリオに対し、体重をかけて亀の体勢を余儀なくさせるバイエンス。ここでレフェリーがテイクダウンの2点を宣告。残り25秒の時点で、ポイントで追いつきアドバンテージに逆転に成功する。

さらにチョークを狙うバイエンスだが、トゥリオは体を動かして脱出に成功したも──この攻撃でバイエンスがアドバンテージを追加してリードを広げた。

残り10秒、この日初めて追う立場となったトゥリオはテイクダウンを狙うが、バイエンスは軽く両腕を伸ばして防いで試合終了に。

残り25秒までまさかの大番狂わせか、と思われるところまで追い込まれたバイエンスだったが、世界王者の意地と誇りで逆転勝ちをもぎ取ったのだった。

2月のノーギ戦では、ヒメネズ相手に今年IBJJFで解禁された外掛けからの足関節を巧みに用いて勝利を得たバイエンスが、今回は同じ技術を相手に使われて、よもやの敗北寸前に。IBJJFによるヒールの解禁は、今後も彼らブラジルに拠点を置く選手たちのノーギの戦いにおいて影響を与えそうだ。

そしてそこでは、フィリッピ・ペナの練習相手の一人でもあり、今回見事な足関節の仕掛けとガードワークを見せてバイエンスを追い詰めたセルヴィオ・トゥリオが注目の存在となるだろう。

The post 【BDP03】IBJJFノーギルールにヒールフックのうねり。バイエンスが残り25秒で新鋭トゥリオを逆転 first appeared on MMAPLANET.