カテゴリー
MMA ONE YouTube   エメリヤーエンコ・ヒョードル セルゲイ・ハリトーノフ タイレル・フォーチュン ベラトール ボクシング マット・ミトリオン

11.27『Triad Combat』に出場するマット・ミトリオンがMMA引退を示唆「Bellatorに対して良い感情はない」

Triller Fight Clubが11月27日に変則ボクシングルールの大会『Triad Combat』を開催/フランク・ミア、マット・ミトリオン、マイク・ペリーらが出場(2021年11月12日)

 こちらの続報。




 11月27日にテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催する『Triad Combat』でアレクサンダー・フローレスと変則ボクシングルールで対戦するマット・ミトリオンが以下のコメント。

「あえて言えばMMAとは決別した感じだな。もしかしたらこれ(Triad Combat)が大好きになるかもしれない。こんなことを言うと無知だと言われるかもしれないが、私はスタンドで負けたとは思っていない。セルゲイ・ハリトーノフ戦なんて2回ともヘッドバット絡みだし、タイレル・フォーチュン戦もファーストコンタクトでそうだった。だからもし引退するのなら圧倒されたい。俺の得意分野でコテンパンにしてくれる人が出て来て欲しい。そしたら『OK、お前は終わりだ。お前の時代は終わった』となるし諦めもつく。だが俺の見解ではヘッドバットは反則なのだから負けではなくノーコンテストに変更されるべきだ。ああいう状況ではファイターはプロテクトされるべきだと思う。だが裁定は覆らなかったし、コミッション、レフェリー、統治機関を信用できない以上MMAを辞めるしかなかった」

「とても良い人生だったしエンジョイさせてもらったが、気まぐれなファンがいたのはあまり好きじゃなかった。本当に教養のあるファンもいるが、あまりにも軽率で無知でニュアンスを学ぶこともしないファンもいるし、それはいつも気になっていた」

「グラップリングは好きだ。MMAの一部だからレスリングをしていたが、あまり好きではなかった。判定勝ちを狙うようなヤツも好きではない。アグレッシブさが評価される方が好きだ。ファイトスポーツなのに消極性が評価されるのは好きじゃない。だが昔からそうだった。また、俺が住んでいたインディアナ州では、遠征したり、家族と離れたり、多くのことをしないといけなかった」

「ベラトールに対して良い感情はない。ヘビー級グランプリはジョークだったと思う。あれはヘビー級じゃなくてスーパーファイトのトーナメントだった。ビッグネーム8人によるトーナメントを予想してたのに馬鹿げたメンバーだったらから俺はやりたくないと言った。俺はMSGでエメリヤーエンコ・ヒョードルにKO勝ちしたばかりだったし、3連勝中だった。なのにどうして1回戦で一番打たれ強いロイ・ネルソンとやらされるんだ? さらにどうしてレスラーのチェール・ソネン、ライアン・ベイダー、キング・モーをエントリーさせたんだ? なんで3人のライトヘビー級のレスラーをヘビー級と対戦させるんだ? 俺にとっては意味が無かった。俺は馬鹿げてると思った。俺を不参加にするか、シーク・コンゴと対戦して勝った方がヘビー級グランプリ優勝者と対戦すればいいじゃないかと言ったが、彼らはそのアイデアを嫌がったので、こっちも金のために我慢したんだ。そこから全てが変わっていった」

「『Triad Combat』のアレクサンダー・フローレス戦は俺にとって素晴らしい戦いになるかもしれない。ブチのめされるかもしれないが、それは誰にも分からない。俺が望んでいたのは1試合のみの契約だ。経済的には問題ないし、そのことで悩んでいるわけでもない。今はキャリアを積んでいる最中だが、今後も戦い続けるかもしれない。だが、妻や子供たちは俺が家にいることをエンジョイしてるし、ライフスタイルを楽しんでいるし、俺はもう誰かに何かを証明する必要があるとも思ってない。自分の人生に幸福を感じているが、同時に俺は戦うことに夢中でもある」

 この人はThe Ultimate Fighterの頃から変わってないですね。裁定への不満、ファンへの不満、団体への不満…ヘビー級グランプリにしても自分がライアン・ベイダーに勝てば良かっただけのことだと思うのですが。続きを読む・・・
カテゴリー
BELLATOR RIZIN UFC YouTube   イリー・プロハースカ エメリヤーエンコ・ヒョードル セルゲイ・ハリトーノフ

11.6『Parus FC』セルゲイ・ハリトーノフ vs. ファビオ・マルドナド ハイライト動画



 11月6日にアラブ首長国連邦ドバイで開催された『MFP Parus Fight Championship』のメインイベントで行われたヘビー級タイトルマッチ、セルゲイ・ハリトーノフ vs. ファビオ・マルドナドのハイライト動画です。

 ハリトーノフは8月の『Bellator 265: Kongo vs. Kharitonov』でシーク・コンゴに2Rリアネイキッドチョークで敗れて以来の試合。昨年11月に同じくドバイで開催された同団体の大会でオリィ・トンプソンに1R KO勝ちしてヘビー級チャンピオンになっており、今回が初防衛戦でした。

 マルドナドは元UFCファイターでロシアでエメリヤーエンコ・ヒョードルに僅差の判定負けをしたり、『RIZIN.19』でイリー・プロハースカに1R KO負けしたこともあります。続きを読む・・・
カテゴリー
BELLATOR Bellator265 MMA セルゲイ・ハリトーノフ チーク・カンゴ

【Bellator265】舐めててゴメンナサイ。カンゴ、ハリトーノフと死力を尽くした激闘の末RNCで一本勝ち

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ(フランス)
Def.2R4分59秒by RNC
セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)

左ジャブを伸ばすハリトーノフに対し、カンゴがケージの前を構えを変えながら左右に移動する。ハリトーノフはローやボディを見せるが、パンチはジャブ止まりだ。カンゴは左ジャブを連続で見せて前に出ると、右をヒットさせる。再びケージを背負ったカンゴは右をブロックして、ジャブから右ストレートでケージ中央へ。カンゴもジャブを当てると、再びケージ際に下がり、ジャブに左ストレートをカウンターで放つ。

ハリトーノフは右アッパー、右ジャブを被弾して前に出るが、精度でカンゴが上回っている。それでもハリトーノフは打たれても下がることなく、前に出てジャブの差し合い、ワンツーとより積極的に試合を進めると、その左ジャブでカンゴが尻もちをつく。すぐに立ち上がったガンゴは、パンチの交換から間合を外したがハリトーノフが詰めて右アッパーを打ち込む。さらに右を被弾したカンゴは、背中を向け右ハイが右目をかすめる。この目を気にして、再び背中を見せたカンゴだったが時間に救われた。

2R開始直後に、カンゴは左ジャブに腰を落とす。勢いづいたハリトーノフは右ボディも、カンゴがテンカオから前に出て反撃へ。オーソで左ジャブ、右を見せたカンゴがダブルレッグへ。これを切ったハリトーノフが左を当て、右フックをヒットさせる。カンゴのダブルレッグは力がなく、切られてボディにフックを被弾。続くジャブの打ち合いから今度は、カンゴがワンツーで前に。

カンゴはすぐにケージ際に戻り、ジャブを受けながらテンカオへ。リードフックを打ち合い、近い距離で打撃戦を続ける両者。ハリトーノフはボディから顔面と攻撃を散らし、カンゴは蹴りを交えジャブを当てる。さらにヒザを見せたカンゴがジャブから、右を打ち込む。続くコンビを効かされたハリトーノフは、ケージに押し込まれ後方からのパンチを纏められる。さらにカンゴは首相撲&ヒザ蹴りの連打で追い込むと、ダブルレッグでテイクダウンを決める。

ハーフのハリトーノフはエルボー、パンチを連打されマウントから鉄槌の連打に背中を見せ──ついにRNCにタップ。ラウンド終了のゴングと直前の一本負けとなった。

カンゴは一本勝ちも、暫らく立ち上がることができないほど疲弊──根性の一本勝ちを、予想をはるかに上回る好勝負&激闘の末に手にした。


The post 【Bellator265】舐めててゴメンナサイ。カンゴ、ハリトーノフと死力を尽くした激闘の末RNCで一本勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR MMA News YouTube   セルゲイ・ハリトーノフ

『Bellator 265: Kongo vs. Kharitonov』速報

Bellator 265 ‘Kongo vs. Kharitonov’ Play-by-Play, Results & Round Scoring(Sherdog)

Bellator 265 live and official results(MMAJunkie)





▼140ポンド契約/5分3R
ジョアネル・ルゴ vs. キース・リー


 1ラウンド。ジャブの応酬。リージャブ、右ハイ。ジャブの応酬。リータックルも切られる。リー右ロー、ルゴ右ストレート。ジャブ連打。リー左ミドル。ルゴジャブ、右ロー、ジャブ。リーワンツー。ルゴジャブ連打。右ロー、ジャブ連打。ジャブ! リーダウン! ルゴ首を抱えてアナコンダチョーク狙いもリー脱出、スタンドに戻る。ルゴジャブ連打、リージャブ、左ミドル。ルゴジャブ連打。リー苦し紛れにタックルに行くもルゴ切ってからバックに回り込みチョーク! しかしここでラウンド終了。リーすぐ立つも足取りがおぼつかない。レフェリーが続行不能と判断し試合終了!

 1ラウンド5分00秒、リアネイキッドチョークでジョアネル・ルゴ勝利。


▼ヘビー級/5分3R
マルセロ・ゴルム vs. ビリー・スワンソン


 1ラウンド。スワンソン右ロー、ジャブ、ゴルム首相撲から膝蹴り連打、離れる。スワンソン左ロー連打、ゴルムワンツー、スワンソン左右ロー、ゴルムワンツー、右ロー。スワンソン右ハイ。ジャブ。ゴルム右ロー、ジャブ、右ロー、ワンツースリー、スワンソンたまらずクリンチもゴルムが金網に押し込む、膝蹴り、肘打ち連打。離れる。スワンソン右ストレート。ゴルム右ロー、ワンツー、左右連打からクリンチ、金網に押し込んで肘打ち、膝蹴り、肘打ち、膝蹴り、ワンツー! スワンソンダウン! レフェリー止めた!

 1ラウンド4分57秒、マルセロ・ゴルムTKO勝ち。


▼ウェルター級/5分3R
ローガン・ストーリー vs. ダンテ・シーロ


 1ラウンド。ストーリープレッシャー掛ける、タックル、金網に押し込んでからテイクダウン、シーロバタフライガードもストーリーパスしてサイド。シーロハーフに戻す。ストーリー脇腹にパウンド連打。シーロクローズドに戻す。ストーリーパスしてハーフ。シーロクローズドに戻す。ストーリーパスしてハーフからパウンド。シーロまたもクローズド、そしてバタフライに戻す。ラウンド終了。

 2ラウンド。ストーリープレッシャー掛ける、右ストレートからタックル、金網に押し込む。テイクダウン、シーロ金網を背にする。シーロ立つ、ストーリーなおも金網に押し込む、テイクダウン、ハーフガード。パスしてサイド。シーロバタフライに戻す。ストーリーパスしてハーフ。ブレイク。スタンドに戻るもすぐにラウンド終了。

 3ラウンド。ストーリープレッシャー掛ける、シーロ前蹴り、左ロー連打、右フック。ストーリータックル、金網に押し込んでからテイクダウン、シーロすぐ立つ、ストーリーなおも金網に押し込む、シーロ何度も離れようとするもストーリー押し込み続ける。試合終了。

 3ラウンド終了、判定2-1(29-28、28-29、29-28)でローガン・ストーリー勝利。


▼ヘビー級/5分3R
シーク・コンゴ vs. セルゲイ・ハリトーノフ


 1ラウンド。ハリトーノフプレッシャー掛けてジャブ、左ロー連打、ジャブ連打、右ロー、コンゴジャブ、ワンツー、ジャブ、ハリトーノフ左ロー、ジャブ、右ストレート、互いにジャブ、コンゴワンツー、ワンツー、互いにジャブ、ハリトーノフプレッシャー掛けてジャブ連打、互いにロー、ハリトーノフワンツー、ワンツー、ジャブ連打、コンゴワンツー、ハリトーノフジャブ、右アッパー、ジャブ、ワンツー! コンゴステップバック、ハリトーノフ追いかけて膝蹴り。ラウンド終了。

 2ラウンド。ハリトーノフプレッシャー掛けてジャブ、コンゴのけ反る! ハリトーノフなおもジャブ連打、コンゴ膝蹴り、ワンツー、互いにジャブ、コンゴワンツー、タックルも切られる、ハリトーノフジャブ連打、コンゴタックルも切られる、ハリトーノフプレッシャー掛ける、互いにジャブ、コンゴワンツー、ハリトーノフプレッシャー掛けてジャブ連打、コンゴワンツー、ハリトーノフジャブ連打、互いにジャブ、ハリトーノフ右ストレート、コンゴジャブ、ワンツー、バックに回り込んでから金網に押し込む、クリンチアッパー連打、膝蹴り連打、テイクダウン、ハーフからパウンド、鉄槌、パウンド! ハリトーノフたまらず反転、コンゴチョーク! ハリトーノフタップ!

 2ラウンド4分59秒、リアネイキッドチョークでシーク・コンゴ勝利。続きを読む・・・