カテゴリー
EUG02 MMA WNO10 オリバー・タザ ジュニー・オカシオ ジョナタ・アウヴェス タイナン・ダウプラ マイキー・ムスメシ ミカエル・ガルバォン ルーカス・ピニェーロ

【WNO10】マイキー・ムスメシが2大会連続出場。EUG02の衝撃から1週間、ミカ・ガルバォンも

【写真】マイキーの快進撃が始まるか(C)COREY STOKTON/WNO

18日(金・現地時間)、テキサス州オースティンのJWマリオット・オースティンにてWNO 10が開催される。レビュー最終回はバンタム級のマイキー・ムスメシ✖ジュニー・オカシオ、ウェルター級のミカエル・ガルバォン✖オリバー・タザという注目の2試合の見所を紹介したい。
Text by Isamu Horiuchi

ムスメシは、言わずと知れた2017年~2019年にムンジアル三連覇を達成し、道着着用の柔術においては誰もが認める軽量級絶対王者だ。今年に入って最後の野望=ADCC制覇に向けてノーギでも本格始動を開始し、5月のWNO 09ではルーカス・ピニェーロ相手にわずか1分半足らず、下から50/50を作っての内ヒールで秒殺勝利している。


3月のマルセロ・コーエン戦(腕を極めて圧勝)後に練習をノーギに切り替えてわずか2カ月にして、その恐るべき対応能力を見せつけたムスメシの対戦相手ジュニー・オカシオは、ミヤオ兄弟の同門でユニティ柔術所属だ。2019年に黒帯を取得すると、Kasai pro 6の予選リーグで今成正和の足関節技を凌いでポジションを奪って8-1で勝利、さらに10thPlanet柔術・軽量級のエース=ジオ・マルチネスとの凌ぎ合いを2-0で制して決勝進出。 決勝こそ先輩のジョアオに惜敗したももの、その実力を知らしめた。

その後も実績を重ねているオカシオは、まぎれもなくノーギグラップリング専門の軽量級トップファイターの一人だ。前回ムスメシが勝利したピニェーロは、超一流選手ではあるものの道着着用柔術をメインとするファイターであり、ヒール等の足関節技に不慣れであったことは否めない。

よって今回のオカシオ戦こそ、怪物ムスメシのノーギグラップリングの技術的洗練度、進化の度合いを図る絶好の機会となりそうだ。

続いてWNO 09(ではアンドリュー・タケットに圧倒的な勝利を挙げ、1週間前のEUG02における道着170パウンド以下級トーナメントにて、世界トップの黒帯たちを相手に驚愕のパフォーマンスを見せたスーパーティーンネイジャー、ミカことミカエル・ガルヴァオンが怒涛の連戦に打って出る。

連戦が可能になり、世界のトップの出場機会が多くなるのが組み技競技の良いところだ。ノーギと道着着用を股にかけて活躍し、現在世界でもっとも熱い注目を集めるグラップラーと呼べるミカの今回の相手は、ジョン・ダナハー門下にしてレバノン出身のカナダ人足関節師、オリバー・タザだ。

タザも先月のWNO 09に出場。奇遇なことに、先日のEUG 2トーナメントの決勝でミカの猛攻を膠着戦法で凌ぎ切って優勝したジョナタ・アウヴェスと対戦している。この試合でタザは一度パスを許してサイドを奪われる場面があったものの、前半に必殺のヒールフックを何度も仕掛け、凌がれたもののサブミッション狙いの数で上回りレフェリー判定勝利を得ている。

ミカがEUG 2のトーナメントにて、トップにおける絶妙のバランスと体捌き、チャンスを逃さない反応速度からの連続攻撃で、超強豪タイナン・ダウプラの強力なガードからのスイープを完封したのは記憶に新しいところ。

驚愕のトップゲームを持つミカが、タザが使いこなす足関節の仕掛けに対してどう対応するのか。同世代のライバルであるルオトロ兄弟が4月のWNO 08で見せた足関節対処法とはまた一味違ったアプローチを、ミカが見せてくれることにも期待したい。

他にメインカードでは、タイの双子の兄弟ケイド・ルオトロと、チンギーニャことマウリシオ・マリアーノの黒帯コール・フランソンの一戦、WNO 08でデイヴィッド・ガルモに完勝したアンドリュー・ウィルツィと、ヴィエイラ兄弟の黒帯カブリエル・アウメイダの試合。

さらには昨年のパン柔術とパンノーギの両方を制したアンドレ・ガルバォンの黒帯ハファエル・ガエデスと、ホイス・グレイシー系の黒帯にしてプロMMAでも2戦2勝の戦績を持つエリン・ハープの女子マッチが組まれている。

The post 【WNO10】マイキー・ムスメシが2大会連続出場。EUG02の衝撃から1週間、ミカ・ガルバォンも first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
EUG02 MMA ジョナタ・アウヴェス ミカエル・ガルバォン

【ERG02】防御力が評価されるポイント柔術の素晴らしさ。アウヴェスがミカを下し$1万獲得!!

【写真】1つのポイントを守り抜く。その防御力が評価されるのが、ポイント柔術の素晴らしさだ(C)EUG

12日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのラスベガス・ハーレーダビッドソンにてEUG(Evolve Ur Game)プロモーションの第2回大会が行われた。

レビュー後編は、スーパーティーンネイジャー=ミカエル・ガルヴァオンを相手にATOSの22歳、ジョナタ・アウヴェスが見せた──防御が評価されるポイント制を持つ唯一といって過言でないコンバットスポーツ=ポイント柔術の重厚さを見せつけた170ポンドT決勝の模様をお届けしたい。


<170ポンドT決勝/7分1R>
ジョナタ・アウヴェス(ブラジル)
Def. by 2-0
ミカ・ガルヴァオン(ブラジル)

恐るべき能力を見せてダウプラとの激戦を制したミカの決勝の相手は、AOJにおけるダウプラの兄弟子ジョナタ・アウヴェス。「同点の場合は最後に得点した方が勝利」、「50/50で上になっても足の絡みを解かない限りポイントは与えられない」というこの大会のルールを最大限に利用したアウヴェスは、1回戦のマイケル・リエラ・ジュニア戦、準決勝のジョナタス・グレイシー戦ともにスイープを返して同点にした後、50/50を作りラペルも絡めて強固なグリップを作って相手を固め、完全膠着に持ち込んでの勝利。

弟弟子のダウプラが師匠メンデス兄弟の全盛期の圧倒的な強さを彷彿させるなら、アウヴェスはモダン柔術ポイントゲームの始祖としてのメンデス兄弟の戦いを受け継ぐような試合ぶりで決勝進出を果たしている。常に「ブラザー」と呼ぶ後輩の仇討ちもかけて、ミカとの決戦を迎えた。

開始早々アウヴェスが引き込むと、即座に反応して右のニースライスを合わせるミカ。が、勢いが良すぎて前のめりになったところで、アウヴェスが後転して上に。2点を先制した。

下になったミカは、アウヴェスの右足にシングルレッグエックスで絡む。やがてアウヴェスを後ろに崩したミカは、アウヴェスのズボンに両手を届かせることに成功する。尻を出させながらバックを狙ってゆくが、アウヴェスは距離を取り、50/50を作ることに成功した。

2点リードしているアウヴェスとしては、一回戦や準決勝と同様にこのまま足を抜かせず延々と膠着させ続ければ勝利が転がり込むこととなる。

果たしてそのまま50/50をキープしたいアウヴェスと、足を抜きたいミカの攻防が続く。なかなか絡みを取れなかったミカだが、残り3分のところで、シットアップしながらアウヴェスの右足を押し上げて解除に成功する。

そのまま回転してベリンボロへつなぐ。防御のためにアウヴェスがマットに背中を付けたところでマウントを狙うが、ここでアウヴェスはスクランブルして上に。ミカはフルガードを取った。

右のオーバーフックを作ったミカに対し、アウヴェスは前傾姿勢で体重をかけて守る。なんとか距離を作りたいミカがオーバーフックを解除して手首を掴むと、ここでレフェリーがブレイク。なぜか露骨に守りに入っていたアウヴェスとミカの両者にペナルティが与えられ、試合はスタンドから再開された。

すぐさま引き込んだミカは、左にスイープを仕掛けてアウヴェスを崩すと、左腕にオモプラッタを仕掛け、さらに三角絞めに移行するという猛攻へ。

しかし残り1分を守り切れば勝利のアウヴェスは、低く体重を預けて絞めを防御する。極められないと見たミカは、さらにオモプラッタからのスイープを狙うが、ここもアウヴェスは重心を落として守りに専念する。

残り10秒。ミカは最後の望みを賭けて再びオモプラッタからのスイープ狙いへ。が、アウヴェスはマットに腹這いになるように低く低くスプロールする。それでもその体を浮かしかけたミカだったが、ここで時間切れに。

コーチのギィ・メンデスが満面の笑顔で喜びを爆発させるなか、最初に挙げた2点を守り切ったアウヴェスが勝利した。

一方的に攻撃を仕掛け続けたミカに対して、ひたすら防御と膠着に徹したアウヴェスが勝利。ノーポイント&サブオンリーの判定基準なら、間違いなくミカの圧勝と判断される内容だったが、これはれっきとしたポイントが明示された試合だ。

先制点を奪ったアウヴェスが、ルールに則して勝利を得るために最善の戦いを貫くという──素晴らしい技量を優勝を手にした。

とはいえ、この大会で誰より目立っていたのが、ミカエル・ガルバォンの恐るべき可能性だったことに異論を唱える者はいまい。道着着用の柔術とノーギグラップリングを横断して驚異的なパフォーマンスを見せる17歳に対して送られる「ゴードン・ライアン以来の逸材」という賛辞は、大袈裟ではないところか、もしかししたら過小評価とすら言えるかもしれない。

The post 【ERG02】防御力が評価されるポイント柔術の素晴らしさ。アウヴェスがミカを下し万獲得!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
EUG02 JJ Globo MMA ONE Preview UFC ジョナタ・アウヴェス タイナン・ダウプラ マイケル・リエラ・ジュニア ミカエル・ガルバォン

【EUG02】1万ドル争奪柔術8人制Tに、脅威の20歳ダウプラと脅威過ぎる17歳ミカエル・ガルバォンが参戦

【写真】ルタリーブリと柔術の二刀流、17歳──脅威過ぎる新星ミカエル・ガルバォン (C)GLAYTONE JONES/WNO

12日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのラスベガス・ハーレーダビッドソンにてEUG (Evolve Ur Game)プロモーションの第2回大会が行われる。4月の旗揚げ戦では60パウンド以下級の8人トーナメントを開催し、アンディ・ムラサキの衝撃的な黒帯デビューが見られた同大会。
Text by Isamu Horiuhi

今回の目玉は、170パウンド以下級の8人トーナメントだ。前回同様道着着用で行われ、優勝賞金も前回同様に10000ドルとなっている。


残念ながら、前回大会優勝時に出場を予告したムラサキの名前は見当たらないが、彼と共に今後の柔術界を背負うニュースターが複数エントリーしている。

1 回戦の組み合わせは以下の通り。

ジョナタ・アウヴェス(ブラジル)
マイケル・リエラ・ジュニア(米国)

ジョナタス・グレイシー(ブラジル)
マテウス・ルナ(ブラジル)

タイナン・ダウプラ(ブラジル)
ハファエル・ドス・アンジョス(ブラジル)

ダミアン・ニトキン(米国)
ミカエル・ガルバォン(ブラジル)

「ハファエル・ドス・アンジョス」の名前を見て胸を躍らせた方もいるかもしれないが、この選手は元UFCライト級王者とは同性同名の別人。ブラジル出身にして2018年にヨーロピアンの紫帯を制覇、そして今年の1月にコブリーニャことフーベンス・シャーレスから黒帯を得た24歳の若者だ。

そのドス・アンジョスと1回戦で当たる20歳のタイナン・ダウプラこそ、このトーナメントの最注目選手だろう。ブラジルのフロリアノポリス出身、5歳の頃から柔術をはじめたダウプラは、14歳でコスタメサに移住しメンデス兄弟のAOJに参加。ジュブナイル、アダルト青帯の世界大会優勝をはじめとして、柔術界の未来を担う若手として輝かしい業績を上げてきている。

そして2020年のパン大会の茶帯ミドル級決勝にて、今回の一回戦の相手でもあるドス・アンジョスを倒してその場で黒帯昇格した。今年に入ってからは、黒帯としてIBJJF系のローカル大会を中心に20戦近くをこなして全勝──しかも、その大半が一本勝ちだ。

一本勝ちを逃した試合では、72-0という驚異のスコアで勝利している。今回のトーナメントにエントリーしているマイケル・リエラ・ジュニアには5-2で、マテウス・ルナには腕十字で完勝しており、黒帯初の大舞台である今回、すでに優勝候補筆頭と言えるだろう。

まず引きこんで強固なオープンガードから上を取る展開が多いダウプラだが、最大の武器はトップゲーム。相手の下半身をコントロールするグリップをがっちりと確保した後に、強烈無比な上半身のプレッシャーを用いて低く体重をかけて相手の腰と足を無効化して超えてゆき、最後は胸を合わせて完全制圧を達成する。その無類の圧力と安定感は、まさに師であるメンデス兄弟を彷彿させる。

このダウプラと並んで注目したい若手選手が、マナウス出身のミカエル・ガルバォン。こちらはさらに若い17歳だ。2歳から柔術をはじめ、10歳からはルタリーブリも学んだミカエルは、(少年用の)緑帯時代にアダルトの茶帯選手を一蹴するなど注目を集めた。

2019年にはヨーロピアン大会のジュブナイル青帯の部決勝でタイ・ルオトロに勝利して、階級別と合わせて完全優勝。続く同年の世界大会では、ミドル級の体格ながらスーパーヘビー級にエントリーして優勝を果たしている。

柔術では昨年末に茶帯になったばかり。茶帯初の大会となった年末のパンノーギ大会では4試合中3試合一本勝ちで優勝。今年に入って、柔術に先立ってルタ・リーブリの黒帯を先に獲得している。

そして先月のWNO 09大会では、プレリミナリーファイトに登場。一歳上のアンドリュー・タケットを下から崩し、回転系の動きでバック狙いからマウントに繋いで主導権を握ると、その後も攻撃を継続。数回パスを決めた上でマウントを取ったミカエルは、終盤はテイクダウンを狙ってきたタケットに迅速のカウンターでバックテイクを決め、タケットが反転したところに三角絞めから腕を伸ばしかけた。結局極めきることはできなかったものの、文句なしの判定勝利を収めた。

道着の有無にかかわらず活躍し、トップからもボトムからもきわめてダイナミックな動きと強烈な極めを使いこなすミカエル。「ゴードン・ライアン以来の逸材」とすら呼ばれるこの17歳が、超一流の黒帯選手たちを相手にどのような戦いを見せるのか。

(C)SATOSHI NARITA

さらに、AOJにおけるダウプラの兄弟子の22歳、ジョナタ・アウヴェスも有力候補だ。

前回の160パウンドトーナメントにおいて優勝候補に挙げられながらも、一回戦で世界王者マテウス・ガブリエルに惜敗しただけに、今回こそという思いは強いだろう。実際、アウヴェスとダウプラのAOJ新世代がクローズアウトを達成する可能性は高い。

■視聴方法(予定)
6月13日(日・日本時間)、
午前8時30分~ Flograppliong

The post 【EUG02】1万ドル争奪柔術8人制Tに、脅威の20歳ダウプラと脅威過ぎる17歳ミカエル・ガルバォンが参戦 first appeared on MMAPLANET.