カテゴリー
BRAVE CF50 other MMA Report イズミール・ヌルディエフ ジャラ・フセイン・アルシラウィ ブログ

【BRAVE CF50】ヨルダンのライオン=アルシラウィが、元UFC戦士=ヌルディエフの左足を破壊し完勝防衛

<BRAVE CFスーパーウェルター級選手権試合/5分5R>
ジャラ・フセイン・アルシラウィ(ヨルダン)
Def.2R1分19秒by TKO
イズミール・ヌルディエフ(オーストリア)

モハメド・ファフレディン✖モハメド・サリード・マレムの間で組まれていたBRAVE CFライトヘビー級王座決定戦が計量を済ませていたが、後者が体調不良で中止となり、この1戦だけが50回記念大会のタイトル戦となった。

左ジャブを伸ばすヌルディエフが、右オーバーハンドを繰り出す。アルシラウィはかわしてローを繰り出し、左ハイを見せる。距離を詰めてくるヌルディエフに対し、ジャブを伸ばすアルシラウィが左ミドルを入れる。ヌルディエフも右ストレートを返すが、アルシラウィが見て左ミドルを入れる。さらに左ハイを蹴っていったチャンピオンが、静かな展開のなかで左フックをヒットさせる。ヌルディエフも右ミドル、右ハイを繰り出す。

アイポークがあったとアピールするヌルディエフだが、レフェリーは流した。ヌルディエフの蹴りにパンチを合わせ、ローを蹴ったアルシラウィは最後の15秒でのテイクダウン狙いを切り初回を取った。

2R、アルシラウィは左リードフックから右ローを前足に決める。ヌルディエフも右ローを返すが、続いてワンツーを見せてローとアルシラウィが試合をリードする。暫らく間合のとりあいから、右ローを効かされたヌルディエフが後退。構えを変えて、左足を下げたヌルディエフに対し、チャンピオンは右フックから奥足となった左足を蹴る。ヌルディエフはシングルに出るも、自らリリースして崩れる。既に左足が壊れており、勝負を決していた。

UFCベテランを寄せ付けなかったヨルダンのライオン=アルシラウィが、中東パワーの台頭を印象付ける王座防衛を果たし、「他団体から良いレコードを持つ挑戦者が来たので、BRAVE CFがホームの僕は負けるわけにはいかなかった。でもしっかりと作戦を立てることができていたので、彼は5Rを戦うことはできないと思っていた。この階級で多くの選手との契約が進んでいるし、ずっと防衛していきたい」と話した。


The post 【BRAVE CF50】ヨルダンのライオン=アルシラウィが、元UFC戦士=ヌルディエフの左足を破壊し完勝防衛 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF50 News other MMA アミン・アユブ アリ・バガウティノフ イズミール・ヌルディエフ ジャラ・フセイン・アルシラウィ ダスティン・オーティズ ブログ モハメド・サイード・マレム モハメド・ファフレディン 未分類

【BRAVE CF50】計量終了 17試合、21カ国から34選手が集結。最注目?! バガウティノフ✖オーティズ

【写真】バガウティノフ✖オーティズ、こんな戦いに加わる日本人選手の出現を期待したい(C)BRAVE CF

1日(木・現地時間)、バーレーンはムハラクのアラード要塞特設会場で開催されるBRAVE CF50の計量が31日(水・同)に行われた。

4週連続開催の最終週は全17試合、メインとコ・メインではBRAVE CFスーパーウェルター級選手権試合=ジャラ・フセイン・アルシラウィ✖イズミール・ヌルディエフ、BRAVE CFライトヘビー級王座決定戦=モハメド・ファフレディン✖モハメド・サリード・マレムと2階級の世界が組まれている。

さらにフライ級王座決定T準々決勝のアリ・バガウティノフ✖ダスティン・オーティズ、同トーナメント準決勝ではヴェリムラッド・アルカソフ✖ザック・マコウスキーなど、17試合に出場する34選手中、というカードが組まれている。

そんななかバンタム級でボリスラフ・ニコリッチと対戦するブラッド・カトーナと、73キロ契約でマチェク・ギエルシェウスキーと戦うフィリップ・シウバが計量失敗、キャッチウェイト戦で実施される。


アルシラウィにヌルディエフが挑戦するスーパーウェルター級戦、BRAVE CFミドル級王者ファフレディンが、マレムを相手に同プロモーション初となる同時2階級制覇、チャンプ・チャンプを目指しライトヘビー級王座決定戦に挑む。

そんな中東勢及びアラビック、そしてムスリムが絡むタイトルマッチとは別に、フライ級王座決定トーナメント準々決勝ではアリ・バガウティノフ✖ダスティン・オーティズという元UFCファイター同士の興味深いマッチアップが見られる。

バガウティノフはUFC戦績4勝3敗、堀口恭司、ジョセフ・ベナビデス、そしてデメトリウス・ジョンソンの持つUFC世界フライ級王座に挑戦して判定負けを喫している。その一方でジョン・リネケルやティム・エリオットに勝利しているバガウティノフ、Fight Nightやボクシングを戦い1月のソチ大会でBRAVE CFに合流し、オーティズと戦うことが決まった。

オーティズのオクタゴン戦線は8勝6敗、綺麗なレコードではないがUFCで14試合も戦っている。そして、今大会で一足先にトーナメント準決勝を戦うザック・マコウスキーには勝利している。

実はこの王座決定トーナメントには日本人ファイターにもオファーがあったが、既に国内で試合が決まっており実現しなかったという。

さらには3月11日から今大会までの4大会に2人の日本人選手に声が掛ったが、両者に中東で戦うという意志はなかった。しかし、BRAVE CFが日本人との契約を欲しているのは紛れもない事実だ。

あと1時間でスタートする今大会には17試合で21カ国の選手が出場している。この戦いの輪──砂漠のコンバットキングダムから世界を目指す日本人選手が現れることに期待したい。

■視聴方法(予定)
4月1日(木・日本時間)、
午後11時30分~ FITE
午後11時30分~ BRAVE TV

■BRAVE CF50計量結果

<BRAVE CFスーパーウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ジャラ・フセイン・アルシラウィ:79.1キロ
[挑戦者]イズミール・ヌルディエフ:79.2キロ

<BRAVE CFライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
モハメド・ファフレディン:92.1キロ
モハメド・サリード・マレム:91.6キロ

<BRAVE CFフライ級王座決定T1回戦/5分3R>
アリ・バガウティノフ:57.1キロ
ダスティン・オーティズ:56.6キロ

<BRAVE CFフライ級王座決定T準決勝/5分3R>
ヴェリムラッド・アルカソフ:57.0キロ
ザック・マコウスキー:57.0キロ

<74キロ契約/5分5R>
アミン・アユブ:73.9キロ
マショラブジョン・ルジボエフ:74.0キロ

<スーパーライト級/5分3R>
イッサ・イサコフ:75.0キロ
マルセル・グラビンスキ:74.8キロ

<スーパーウェルター級/5分3R>
ケビン・ルアート:79.6キロ
ルイス・グリスマン:79.6キロ

<フェザー級/5分3R>
ヴェレリウ・ミウチャ:66.0キロ
オマール・ソロモノフ:66.2キロ

<95キロ契約/5分3R>
アントン・トゥルキャリ:94.6キロ
コンスタンチン・ソルダトフ:94.4キロ

<バンタム級/5分3R>
ブラッド・カトーナ:62.5キロ
ボリスラフ・ニコリッチ:61.5キロ

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・レサー:84.0キロ
ルスタン・ジエフ:84.1キロ

<77キロ契約/5分3R>
カール・ブース:76.0キロ
カルロス・ベギョソ:77.0キロ

<バンタム級/5分3R>
ビイル・シュティピン:61.3キロ
アレクサンドル・ケシュトフ:61.7キロ

<フェザー級/5分3R>
シェイブ・ユセフ:66.2キロ
スティーブン・ゴンコルヴェス:65.8キロ

<73キロ契約/5分3R>
マチェク・ギエルシェウスキー:72.9キロ
フィリップ・シウバ:75.4キロ

<ライト級/5分3R>
マゴメド・マゴメドフ:70.6キロ
ヤン・リアッセ:70.8キロ

<フェザー級/5分3R>
グレン・マクベイ:66.2キロ
アブドゥルマナップ・マゴメドフ:65.8キロ

The post 【BRAVE CF50】計量終了 17試合、21カ国から34選手が集結。最注目?! バガウティノフ✖オーティズ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF50 Interview other MMA イズミール・ヌルディエフ ジャラ・フセイン・アルシラウィ ブログ

【BRAVE CF50】Sウェルター級王座挑戦、ヌルディエフ「悲惨な現実を見てきた。MMAはただ楽しい」

【写真】アルシラウィ、ヌルディエフともに計量を終えている(C)BRAVE CF

1日(木・現地時間)、バーレーンはムハラクのアラード要塞特設会場で開催されるBRAVE CF50。

そのメインで元UFCファイターのイズミール・ヌルディエフがBRAVE CFスーパーウェルター級王者ジャラ・フセイン・アルシラウィ✖イズミール・ヌルディエフに挑戦する。

50回記念のビッグショー、4週間に渡るファイトマンスリーのとりの一番のチャレンジャー、ヌルディエフにZoomインタビューを行った。

ロシアはチェチェン共和国のグロズヌイ生まれ。10歳の時に家族とともにオーストリアに移住したチェチェン人であるヌルディエフにとって、MMAはただ楽しいスポーツだという。


──木曜日の夜、アルシラウィの持つBRAVE CFスーパーウェルター級王座に挑戦します(※取材は3月30日に行われた)。今の調子を教えてください。

「減量に向けて少し疲れているけど、良い感じだよ。スーパーウェルター級という階級は他の大会では王座が認定されていない。やはり減量の幅が小さいというのは体にも良いことだ。

だいたいMMAはいつまでも、階級間の差が大きすぎる。他のプロモーションもBRAVEに追従してほしい。そうじゃないと、皆がハードな減量を強いられるからね。僕にとってスーパーウェルター級がベストかどうかは戦ってみないと分からない。でも減量がイージーになることは絶対だよ」

──ところでUFCを離れてから、前回の試合はドイツのELITE MMA Championshipでウェルター級王座決定トーナメントに出場し、ポーランドのティモウス・ロパチェクを判定で破りました。10月の終わりにアミラン・ゴゴラゼとの決勝が決まっていましたが、コロナ禍で陽性者が出て大会が中止になりました。

「EMCは新型コロナ感染拡大の状況下でハードな状態に置かれている。でも、僕は試合ができない期間をこれ以上長くするわけにはいかなかった。そんな時にBRAVEからオファーをもらい、EMCと話し合ったんだ。彼らは僕がBRAVEで戦うことを認めてくれた。凄く良心的だと思ったよ。

MFCは活動が再開されたら、ドイツで一番の大会になるに違いないよ。そして、僕はこれからBRAVEで戦っていく。今の世の中で、これだけの国際的なMMA大会を開くことができるのはUFC、Bellator、ONEとBRAVEだけだ。

選手の感染予防もしっかりとしているし、この機会を与えてくれたことに感謝している。ハードな現実のなかで、試合をして金を稼ぐことができるから、僕は生きていける。中東、バーレーンで新しいチャレンジが待っているんだ」

──ところで金・土ではなくて、木曜日に戦うというのは新鮮ではないですか。

「ずっと土曜日に戦ってきたから、なんだか奇妙な感じがするのは確かだよ。でも問題ないよ、何曜日に戦おうがファイトはファイトだ」

──チャンピオンのアルシラウィを始め、中東の選手たちの力をどのように評価していますか。

「正直言えば、以前はアラビックのMMA界のことを意識することなかった。でも、今ではやる気に満ち溢れたファイターが多く、凄く成長していると思う」

──ところでイズミールは、ロシアのチェチェン共和国グロズヌイの生まれですが、今はオーストリア国籍をもっています。

「10歳の時にチェチェンを出て、もう15年に近くになるね。僕はチェチェン紛争の真っただ中で育った。両親は安全に僕らを育てるためにグロズヌイを出ることを決めたんだ」

──グロズヌイ時代に格闘技の経験は?

「7歳の時に1年間だけ空手をしたことはあったけど、オーストリアに移ってから11歳の時にレスリングを始めた。16歳の時にMMAに転じたんだ」

──チェチェン、戦闘民族の血そうさせたのでしょうか。

「まぁ、僕らは戦争の中で生きてきたからね。子供の頃、目の前で人々が死んでいった。そりゃあ、気持ちは強くなるよ。MMAを忍耐強く戦うことは、ただ楽しいという気持ちしかないんだ。

MMAを戦うことに、恐怖を感じるなんて一切ない。もっと悲惨な現実を見てきたから、僕にとってMMAはただ楽しいものなんだ」

──……それは、私たち日本人には理解できない心境にあるのでしょうね。ところでそのMMAで戦うアルシラウィの印象を教えてください。

「タフだよ。チャンピオンになれるだけの理由がある。アラビアンのなかで最高の選手だろうね。凄く尊敬しているけど、まぁ普通の相手だよ。僕は過去にもっとタフな相手と戦ってきた。問題はない。

僕にはACBやUFCで最高の相手と試合をしてきた経験がある。そうだね……彼が何か僕の想像以上の強さを持っているなんてないだろう。それに今回の試合に向けウェルター級で最強のキックボクサー、ハミシャと練習してきた。全力で戦いチャンピオンになるよ」

──チャンピオンになった後に関してですが、MMAファイターとしてどこを目指していますか。

「もちろんUFCに戻ることだよ。ただ、今はBRAVEの王者になって自分の名前を挙げることに集中している。BRAVEは欧州で一番の大会だからね。BRAVEで全てをやりつくして、次の戦場に向かう。そして、MMAを戦いながら豊かな人生を送りたい」

■視聴方法(予定)
4月1日(木・日本時間)、
午後11時30分~ FITE
午後11時30分~ BRAVE TV

■BRAVE CF50対戦カード

<BRAVE CFスーパーウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ジャラ・フセイン・アルシラウィ(ヨルダン)
[挑戦者]イズミール・ヌルディエフ(オーストリア)

<BRAVE CFライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
モハメド・ファフレディン(レバノン)
モハメド・サリード・マレム(スイス)

<BRAVE CFフライ級王座決定T1回戦/5分3R>
アリ・バガウティノフ(ロシア)
ダスティン・オーティズ(米国)

<BRAVE CFフライ級王座決定T準決勝/5分3R>
ヴェリムラッド・アルカソフ(ロシア)
ザック・マコウスキー(米国)

<74キロ契約/5分5R>
アミン・アユブ(フランス)
マショラブジョン・ルジボエフ(ウズベキスタン)

<スーパーライト級/5分3R>
イッサ・イサコフ(ベルギー)
マルセル・グラビンスキ(ドイツ)

<スーパーウェルター級/5分3R>
ケビン・ルアート(スイス)
ルイス・グリスマン(デンマーク)

<フェザー級/5分3R>
ヴェレリウ・ミウチャ(モルドバ)
オマール・ソロモノフ(ウクライナ)

<95キロ契約/5分3R>
アントン・トゥルキャリ(スウェーデン)
コンスタンチン・ソルダトフ(ベラルーシ)

<バンタム級/5分3R>
ブラッド・カトーナ(カナダ)
ボリスラフ・ニコリッチ(セルビア)

<ミドル級/5分3R>
ブレンダン・レサー(南アフリカ)
ルスタン・ジエフ(ロシア)

<77キロ契約/5分3R>
カール・ブース(英国)
カルロス・ベギョソ(エルサルバドル)

<バンタム級/5分3R>
ビイル・シュティピン(ロシア)
アレクサンドル・ケシュトフ(ロシア)

<フェザー級/5分3R>
シェイブ・ユセフ(英国)
スティーブン・ゴンコルヴェス(米国)

<73キロ契約/5分3R>
マチェク・ギエルシェウスキー(ポーランド)
フィリップ・シウバ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
マゴメド・マゴメドフ(ロシア)
ヤン・リアッセ(ルクセンブルク)

<フェザー級/5分3R>
グレン・マクベイ(英国)
アブドゥルマナップ・マゴメドフ(ロシア)

The post 【BRAVE CF50】Sウェルター級王座挑戦、ヌルディエフ「悲惨な現実を見てきた。MMAはただ楽しい」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF43 News other MMA ジャラ・フセイン・アルシラウィ ブログ ムハマド・モカエフ

【Brave CF43】計量終了 2階級制覇目指すアルシラウィがミドル級戦。黄金新人モカエフはプロ3戦目へ

【写真】2階級制覇に乗り出したウェルター級王者アルシラウィが、オランダのセイダンと対戦(C)MMAPLANET&ROAD FC

Brave CFのバーレーン3連戦=コンバット・キングダム・シリーズ最終戦=Brave CF43がバーレーンのリファーにあるバーレーン・ナショナル・スタジアムで1日(木・現地時間)に開催され、その計量が9月30日(水・同)に行われた。

今大会はヨルダン人王者=Brave CFウェルター級チャンピオンのジャラ・フセイン・アルシラウィが、ミドル級でオランダ人選手のメルヴィン・ヴァン・セイダンと戦い1戦がメインで組まれている。


昨年10月にウェルター級の頂点に立ったアルシラウィは、4月に今やUFCで3連勝と飛ぶ鳥を落とす勢い勢いにあるカムザット・チマエフの挑戦を受ける予定だったが、新型コロナウィルス感染拡大でイベントが中止に。チマエフはUFCに旅立っていったが、アルシラウィはBrave CFでチャンプ・チャンプを目指すという目標を掲げた。

今回の試合、勝利は絶対でパフォーマンスが良ければ2週間前のBrave CF41でダニエル・ガウショからベルトを奪ったモハメド・ファフレディンへの挑戦権を手にできる──そんなテストマッチとなる。

セミのバンタム級戦ではWFCAやACAで戦い、Braveに転じて2戦目のカスン・カスモフが、ディミタル・コストフと対戦する。ここでキャリア13勝1敗とすれば、チームラカイ所属のバンタム級王者スティーブン・ローマンへの挑戦が見えてくる──カスモフにとっても試金石マッチだ

59キロ契約マッチではプロ2戦目、バーレーン王族の秘蔵っ子&ゴールデンルーキー=ムハメド・モカエフがプロ3戦目を迎える。

ダゲスタン生まれで英国育ちのモカエフは2019年&2020年のIMMAF世界王者で、アマで23勝0敗というレコードを引っ提げて7月11日のスウェーデン大会でプロ初陣を戦ったモカエフ。この時は、体重オーバーのグレン・マクベイの守りのファイトに判定勝ちと、内容的に不満の残る初陣となってしまった。

それから僅か11日後に英国のセルティック・グラジエイターではミドルからパンチの追撃で51秒KO勝利を挙げているモカエフは今大会では、戦績3勝0敗のジェイミー・ケリーと対戦。現地のNHK MMAチームのファイターということもあり、御前試合で前回以上のインパクトを残したい。

また今大会には先週のUAEWに続き、韓国からTOP FCやDouble Gで戦ってきたキム・テキュンが参戦する。

貪欲に中東のフィーダーショーに進出する韓国勢、キム・テキュンはデビュー以来6連勝と同プロモーション2勝目を賭けてメキシコのアルトゥル・チャベスと対峙する。

さらにキルギスから15勝3敗のアブディサラム・クバチニエフも出場するなど、アジア全域から気になるファイターが集まるBrave CF43だ。

■視聴方法(予定)
10月25日(金・日本時間)、
午前0時00分~ FITE

■Brave CF43計量結果

<ミドル級/5分3R>
ジャラ・フセイン・アルシラウィ:84.0キロ
メルヴィン・ヴァン・セイダン:83.6キロ

<バンタム級/5分3R>
カスン・カスモフ:61.5キロ
ディミタル・コストフ:61.7キロ

<ライト級/5分3R>
アブドゥルラクマン・マフハザエフ:70.8キロ
アブディサラム・クバチニエフ:70.8キロ

<ライト級/5分3R>
アクメド・シェルヴァニエフ:70.8キロ
アルマン・ポパル:70.5キロ

<59キロ契約/5分3R>
ムハマド・モカエフ:59.0キロ
ジェイミー・ケリー:58.5キロ

<フェザー級/5分3R>
アンゾル・アブドゥルコザエフ:66.2キロ
ソハイル・ダボージ:66.1キロ

<67キロ契約/5分3R>
キム・テキュン:67.0キロ
アルトゥル・チャベス:66.9キロ

<フェザー級/5分3R>
メモシュ・ラザ:66.2キロ
キャラム・マーリー:66.0キロ

The post 【Brave CF43】計量終了 2階級制覇目指すアルシラウィがミドル級戦。黄金新人モカエフはプロ3戦目へ first appeared on MMAPLANET.