カテゴリー
Brave CF BRAVE CF51 Interview MMA RIZIN UFC ジニス・マーヒャル ボクシング リナット・ゼジンタイ

【BRAVE CF51】中央アジアの嵐。ジニス・マーヒャル戦へ、ボクシングレスラー=リナット・ゼジンタイ

【写真】素晴らしく精悍な表情のリナット・ゼジンタイ (C)BRAVE CF

明日4日(金・現地時間)に、ベラルーシの首都ミンクスにあるファルコンクラブ・アリーナで、BRAVE CF51が開催される。

BRAVEにとって初めてのベラルーシ大会では、現地のトップファイターと新たに契約し、同国のトップファイターが数多くBRAVE初陣を戦う。その1人、ジニス・マーヒャルの対戦相手リナット・ゼジンタイにとってもBRAVEデビュー戦となる。

最近ではACAが進出し、国内大会も数多く行われMMA人気が高まる一方のカザフスタン。ドメスティック二大イベント=OCTAGONとMergen FC のうち、前者のウェルター級王者であるゼジンタイは代役の代役として、3週間前のオファーを受けた。

今、UFCやACA、そしてBRAVEに吹き荒れつつある中央アジアの旋風──その最大勢力であるカザフスタン特有のボクシング・レスラーであるゼジンタイに初インタビューを試みた。


──ジニス・マーヒャル戦でショートノーティスながら、BRAVE CF初陣を戦います。どのような気持ちですか。

「この試合は自分へのテストになる。パワー、テクニックともぶつけて良い試合にしたい。試合に向けての準備期間は短かったけど、常日頃からいつでも戦えるように、しっかりとシムケント(カザフスタン南部にある、国内第3の都市)で練習しているから問題ない。ジニスのパワーは認めているけど、何も恐れることはないよ。

BRAVE CFのようなインターナショナル・ショーで戦うことが夢だったから、ベストを尽くす。BRAVEは現状のMMA界において世界で最も大きなプロモショーンの1つだし、そこで戦えることはとても光栄だよ」

──リナットの試合映像を視させてもらったのですが、ボクシングができるレスラーなのか、レスリングができるボクサーなのか。とにかく、どちらも優れていました。

「ハハハハ、僕はグレコローマン・レスリングを戦ってきたけど、6年前にMMAに転向したんだ。MMAに転向するにあたって、まずグラップリングのトレーニングを始めた。レスリングと共通する部分も多いしね。

柔術では帯を持っていないけど、ノーギはしっかりとやってきてトーナメントでも勝っている。だからグラップリングには自信があるよ」

──ベースはグレコだったのですか。試合を見ていると、フリースタイルの技も多く使っていました。

「レスリングを始めたのはショコーラ(日本でいえば小・中・高に相当する11学年の学校制度)の9年生の時で、大学の間と6年間続けたんだけど、最初はフリースタイル・レスリングの試合に出たいと思っていた。でも、僕は自分の階級では痩せていて身長が高かったから、コーチがフリースタイルには向いてないってグレコの試合に選抜されたんだ。

グレコでは地方大会では優勝もしたけど、フリースタイル・レスリングの練習も続けていたよ」

──それにしても、ボクシングも相当な腕前ですね。

「う~ん、ありがとう。僕はレスラーなんだけど、対戦相手からもボクサーだと思われることが多いんだ(笑)。ただし、僕にとってパンチはそれほど大切な攻撃ではないんだけどね」

──今回の試合はスーパーウェルター級というBRAVE CF特有の階級で行われます。

「普段は90キロぐらいあるから、80キロというリミットはありがたいよ。77キロに落とすより、減量は厳しくない。かといって84キロで戦うと、バカでかい相手ばかりになってしまうからね。初めての階級だから、楽しみしている。

マーヒャルはパワー溢れるストライカーだけど、打撃でも十分にやり合える。もちろん、組み技でも僕が上だ。ケージの中は何が起こるか分からない。でも準備はできているよ。皆に楽しんでもらえる試合をしたい。

そして、この試合をきっかけBRAVEに継続参戦して、ウェルター級のベルトを目指すんだ。2022年の間にチャンピオンになりたいと思っている」

──リナット、今日はありがとうございました。

「こちらこそ、ありがとう。僕は子供の頃にノブヒコ・タカダの武士道(Uインター)をDVDで見ていたんだ。ゲーリー・オブライトが大好きだった。そこからPRIDEをチェックするようになった。日本のMMAはユニークで、面白い試合が多い。今もRIZINをチェックしている。だから、日本のメディアに取材してもらって嬉しかったよ」

■視聴方法(予定)
6月5日(金・日本時間)、
午前2時30分~ FITE
午前2時30分~ BRAVE TV

■ BRAVE CF51対戦カード

<ライト級/5分3R>
ルカス・マルチンス(ブラジル)
マルセル・グラビンスキ(ドイツ)

<スーパーウェルター級/5分3R>
ジニス・マーヒャル(ベラルーシ)
リナット・ゼジンタイ(カザフスタン)

<ライト級/5分3R>
イリエ・ジホウン(フランス)
サム・パターソン(英国)

<スーパーウェルター級/5分3R>
ワジム・クーチ(ベラルーシ)
ダニヤル・アブジバエフ(キルギス)

<フェザー級/5分3R>
ロマン・ボガトフ(ロシア)
アブドゥルムタリプ・ギエルベコフ(ウクライナ)

<59キロ契約/5分3R>
ムハマド・モカエフ(英国)
イブラジム・ナブルゾフ(ジョージア)

<バンタム級/5分3R>
ヴラディスラフ・ノヴィツキー(ベラルーシ)
ヤニス・ゲムモーリ(フランス)

<フライ級/5分3R>
バドマシレン・ドルジエフ(ロシア)
アルマンベット・アブディバシー・ウルウ(キルギスタン)

<バンタム級/5分3R>
アイジミール・カズベコフ(ロシア)
アブドゥル・カリム・バダクシュ(アフガニスタン)

<女子ストロー級/5分3R>
アナスタシア・フィアファノヴァ(ロシア)
セウデ・トゥルク(トルコ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ワジム・ロリチ(ベラルーシ)
クルボンショ・ジェモロフ(タジキスタン)

<62.5キロ契約/5分3R>
アルテム・ルキャノフ(ベラルーシ)
バクトヴァル・ユヌソフ(タジキスタン)
6日(日・日本時間)

The post 【BRAVE CF51】中央アジアの嵐。ジニス・マーヒャル戦へ、ボクシングレスラー=リナット・ゼジンタイ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF51 News other MMA ジニス・マーヒャル ブログ ムハマド・モカエフ ルカス・マルチンス ワジム・クーチ

【BRAVE CF51】大会まで2週間で、超新星モカエフの出場決定。注目、クーチ&マーヒャルのベラルーシ勢

【写真】まだ20歳、実はあどけなさが多分に残っているモカエフ (C)BRAVE CF

18日(月・現地時間)、BRAVE CFより6月4日(金・同)にベラルーシはミンスクのファルコンクラブ・アリーナで開催されるBRAVE CF51にムハメド・モカエフが出場し、ジョージアのイブラジム・ナブルゾフと対戦すること発表された。

BRAVE CF初のベラルーシ大会まで3週間を切っての出場決定のフライ級の超新星は59キロ契約で戦うこととなった。モカエフは昨年8月のプロデビューからキャリア4連勝で、2連覇したIMMAFの世界大会を含め、アマチュアから数えて通算27試合連続で勝利を挙げている。

対するナブルゾフは5勝1敗1分、最近UFCでも少数精鋭振りを発揮しているジョージア人選手だ。母国ジョージア、ロシア、イタリア、そして中国で戦ってきた。レスリングと回転系の蹴りも含めたキックボクシングを得意とするナブルゾフはモカエフにとって過去最強の相手といえるだろう。


今大会のメインは元BRAVE CFライト級王者ルカス・マルチンスと、4月のバーレーン大会でイッサ・イサコフに勝利したマルセル・グラビンスキのライト級戦だが、現地のRukhスポーツ・マネージメントと共同開催ということもあり、ベラルーシ期待の新鋭がBRAVEデビュー戦を戦うのも興味深い。

コンバットサンボ・ワールドカップ優勝のライト級ファイター=ラスラン・ティディエフこそ契約を果たしたものの今大会の出場は見送られることとなったが、パウンド解禁なったフランスの100%Fightミドル級王者ワジム・クーチ、ベラルシアンFCミドル級王者ジニス・マーヒャルが揃ってスーパーウェルター級戦でBRAVE CF初勝利を目指す。

29歳のクーチは2014年のMMAデビューで、戦績は15勝1敗。その勝ち星のうち7試合が一本勝ちで、4試合がTKO勝ちというフィニッシャーだ。関節で仕留める以前のパウンドは無慈悲など強力で、立っても右オーバーハンドはKOパワーを有している。

クーチの対戦相手はキルギス人ファイターのダニヤル・アブジバエフは戦績8勝2敗で母国WEF、カザフスタンのAlash PRIDEからACBで戦ってきた。クラウチングのボクシング・レスラーであるアブジバエフに対し、打撃はカウンター狙いのクーチだけに組まれて組み技勝負も望むところだろう。

一方、デビュー以来7連勝のマーヒャルは190センチの長身ウェルラウンダー。スタンドはキックボクシング、下になっても基本に充実な柔術技術を持っている。

プロになる前にロシアに本部を置くアマMMA組織=WMMAAで7勝2敗、その相手が現在ACAウェルター級トップのガムザット・キラマゴメドフ、そしてPFL参戦中のマゴメド・ウマラトフと、マーヒャルはアマ時代からえげつない生存競争を繰り広げていた。

そのマーヒャルは当初、スウェーデン在住のギリシャ人選手ヤニス・バハールと対戦予定だったのが、スウェーデン人のフェルナンド・ゴンザレスに代わり、さらに大会まで2週間強となりリナット・セジンタイに再度変更されている。

結果、デビュー戦はアップどころか、より厳しいマッチアップになっているのがBRAVEのガチさだ。マーヒャルを上回るデビュー以来のレコードが9勝0敗のカザフスタ人ファイターのセジンタイ。中央アジアに多いリーチが長くテイクダウンの受けが強い、レスリング・ボクサーだ。

上記のアブジバエフがレスリングのスタンスで、剛腕を振るうのに対し、セジンタイはボクシングのスタンスでパンチの圧力を掛け、テイクダウン狙いをがぶって防ぐ。そして上をとってはパンチやエルボーで削っていくという中央アジアに多い戦い方をする。

クーチとマーヒャルというベラルーシ勢がBRAVE CFの新興勢力と成りうるのか。揃って中央アジア勢を相手に、試金石のファイトとなる。

The post 【BRAVE CF51】大会まで2週間で、超新星モカエフの出場決定。注目、クーチ&マーヒャルのベラルーシ勢 first appeared on MMAPLANET.