カテゴリー
Report UFC UFC ESPN24 ジェフ・ニール ニール・マグニー ブログ

【UFC ESPN24】ニール・マグニーが遠&ゼロ距離でジェフ・ニールに間を与えず3-0の判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニー(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ジェフ・ニール(米国)

右前蹴りを見せ、右を伸ばしたマグニーに対し、ニールは右ジャブを当て左ストレートもヒットさせる。マグニーが組むと、ケージに押し込んだニールは大内を防いで離れ、近い距離でショートのコンビネーションで攻勢に。一旦離れたニールは、すぐにパンチを纏めて組みの展開に。ケージに押し込むニールに対し、マグニーがヒザをボディに入れるも押し返すには至らない。

ニールの首相撲に間合を取り直したニールが左ストレート、マグニーはワンツーから右ミドルを蹴っていく。真っ直ぐ前に出て首相撲を取ったマグニーだが、ケージに押し込まれ右エルボーを被弾する。その刹那、組んでワキを潜ったマグニーがバックに回る。ワンフックか&殴るマグニーは、胸を合わされてもヒジを当てて離れる。右ミドルから前蹴りと腹を攻められたニールはクリンチに持ち込むが、倒すことはできず初回が終わった。

2R、マグニーが左ジャブ、ニールが左ボディストレートを返す。蹴りを多用するマグニーに対しニールが左ストレートを当て、右に繋げる。マグニーは腹を蹴り、右ストレート、ジャブから右ストレートとパンチを増やし、カウンターで左を当てる。ニールは組んでボディロックテイクダウン、立ち上がり際に後方から左フックを打ち込む。

マグニーはテイクダウンを仕掛け、切られると背中を見せながら立ち上がりクリンチへ。離れて右ハイを蹴ったマグニーだが、ワンツーを打たれダブルレッグからシングルでケージに押し込む。胸を合わせたニールが離れ、マグニーはワンツーからロー。疲れた感のあるマグニーはケージに押し込む選択をする。残り20秒で離れ、パンチを放ってすぐに組んだニールは最後に左を当てた。手数でマグニーのラウンドだった。

最終回、マグニーがジャブで距離を創り、前蹴り&右ハイを繰り出す。ステップインからワンツー、そしてスリーまで見せたニールは、ヒザ蹴りを腹に受けてパンチの届く距離を維持できない。マグニーはダブルレッグを仕掛け、切られたところでワンツーを放つ。ニールはワンツーから左を当てるも、ここでクリンチを選択してしまう。首相撲、大内刈りを仕掛けたマグニーは離れながらパンチを当てる。

さらにダブルレッグからボディロック、テイクダウンをマグニーが決める。勝負所で攻めに徹するマグニーが、上手く試合を纏めスクランブルでもヒザを突き上げる。残り1分、首相撲からヒザ蹴り、小外刈りを防がれると離れてジャブを繰り出すマグニー。ニールは左ストレートをヒットさせるが、マグニーは怯むことなくパンチ、ヒザを返して時間を迎えた。

離れてジャブ&蹴り、近づくとクリンチ&首相撲とニールに左ストレート&左ハイの距離を創らせなかったマグニーが3-0で判定勝ちを収めた。


The post 【UFC ESPN24】ニール・マグニーが遠&ゼロ距離でジェフ・ニールに間を与えず3-0の判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News Preview UFC UFC ESPN24 カールストン・ハリス ジェフ・ニール ドナルド・セラーニ ニール・マグニー ブログ

【UFC ESPN24】計量終了 メインはニールの左&左ハイ。プレリミはルタ戦士ハリスのギロチンに注目

【写真】ニール・マグニーと戦うジェフ・ニールに要注目だ (C)MMAPLANET

7日(金・現地時間)、8日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN24「Rodriguez vs Waterson」の計量が行われた。

コリー・サンドハーゲン✖TJ・ディラショー、ホーリー・ホルム✖ジュリアナ・ペニャを負傷で失い、ジミー・フリックスの急遽引退、代役JP・バイスは負傷欠場でフランシスコ・フィゲイレドの試合がなくなるなど、カード変更が目立った今大会。

ベン・ロズウェルと対戦予定だったフィリッピ・リンスが体調不良で計量に参加できず、ロズウェルも試合が流れることに。またフライ級でザルク・アダシェフと対戦予定だったらイアン・ベノイトが、4ポンドオーバーでアダシェフが対戦を飲まず、イベント前日に2試合が消滅することとなった。


メインはマリナ・ホドリゲス✖ミッシェレ・ウォーターソンという女子フライ級になった今大会から、メインカードとプレリミの気になるファイターをピックアップしたい。

メインカードからはニール・マグニーと戦うジェフ・ニールだ。LFA~コンテンダーシリーズを経てUFCと契約という北米ステップアップの王道を歩んできたニールは、オクタゴンでも5連勝を達成──も、昨年12月にスティーブン・トンプソンに判定負けを喫している 。

再び上昇気流に乗りたいニールの最大の武器は、強烈なパワーを誇る左ストレートと、そのパンチの距離で放たれる左ハイキックだ。ボクシングの間合いで、見えないところから対戦相手を捉えるハイは、パンチとの相乗効果でニールのKO率を高めてきた。

それでいて乱打戦のかなかでのテイクダウン能力も高く、長身&ボディロックテイクダウンの強いマグニーに対して、ニールが自身の間で戦うことができるか見ものだ。マグニーをフィニッシュできれば、トップ5との対戦が楽しみになる。

プレリミからはオープニングバウトで、クリスチャン・アギレラと相対するカールストン・ハリスが気になる。今回がUFCデビュー戦となるガイアナ人ファイターのハリスは、リオデジャネイロでマーシオ・クロマドを師事するルタリーブリ戦士だ。

修斗ブラジル、ビテッチ・コンバッチ、WOCSという人材育成大会を経て、BRAVE CFではジャラ・フセイン・アルシラウィに敗れたもののウェルター級王座挑戦歴もある。その後、ブラジルでの2試合を挟み、今年の1月にはUAE Warriorsでカビブ・ヌルマゴメドフ率いるEagle FCウェルター王者セイジド・イザガクマエフをアナコンダ・チョークで破っている。

ハリスの師クロマドといえばギロチン。その師匠譲りのノーアーム&アームインから、ルタリーブリ・スペシャル=アナコンダ、そしてダースと多彩なフロント系の絞めが、世界最高峰で得意技として通用するのか──非常に興味深い。

■視聴方法(予定)
5月9日(日・日本時間)
午前7時00分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN24計量結果

<女子フライ級/5分5R>
マリナ・ホドリゲス: 125.5ポンド(56.92キロ)
ミッシェレ・ウォーターソン: 125ポンド(56.7キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ドナルド・セラーニ: 170ポンド(77.11キロ)
アレックス・モロノ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニー: 170.5ポンド(77.34キロ)
ジェフ・ニール: 171ポンド(77.56キロ)

<ヘビー級/5分3R>
モーリス・グリーン: 237ポンド(107.5キロ)
マルコ・ホジェリオ・デリマ: 264.5ポンド(119.97キロ)

<ライト級/5分3R>
ディエゴ・フェヘイラ: 160.5ポンド(72.8キロ)
グレゴール・ギレスピー: 156ポンド(70.76キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・ヒーバス: 115.5ポンド(52.38キロ)
アンジェラ・ヒル: 116ポンド(52.62キロ)

<ミドル級/5分3R>
フィル・ホーズ: 186ポンド(84.37キロ)
カイル・ダウカウス: 186ポンド(84.37キロ)

<フェザー級/5分3R>
マイク・トリザノ(米国)
ルドヴィット・クライン(スロバキア)

<ミドル級/5分3R>
タフォン・エヌシュクウィ: 186ポンド(84.37キロ)
パク・ジュンヨン: 186ポンド(84.37キロ)

<ウェルター級/5分3R>
クリスチャン・アギレラ: 170.5ポンド(77.34キロ)
カールストン・ハリス: 170.5ポンド(77.34キロ)

The post 【UFC ESPN24】計量終了 メインはニールの左&左ハイ。プレリミはルタ戦士ハリスのギロチンに注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN183 ジェフ・ニール スティーブン・トンプソン ブログ

【UFN183】アウトボクシングで相手の心を折った!? 距離を制したトンプソンがニールにフルマークの判定勝利

<ウェルター級/5分5R>
スティーブン・トンプソン(米国)
Def.3-0:50-45.50-45.50-45
ジェフ・ニール(米国)

トンプソンの右ミドルハイをかわすニール。スイッチする相手に右ロー、さらに中に入ってこようとしたところで右ストレートを打ち下ろすトンプソン。トンプソンの右ハイをブロックしたニールが前に出てくると、トンプソンは左右のボディストレートを突き刺す。トンプソンの蹴りをブロックしながら、ニールは距離を詰め、相手にケージを背負わせて顔面にパンチを合わせる。

距離を保とうとするトンプソンは、ケージを背負っても足を使って左ジャブを返す。手数の面では、トンプソンが上回っている。右サイドキックで距離を保ちながら、ストレートをヒットさせるトンプソン。ニールの左スイングをヘッドスリップでかわす。ラウンド終了間際、バッティングがありトンプソンが右目上をカット。試合は一時中断され、残り15秒で再開。トンプソンがローを当ててラウンドを終えた。

2R、開始早々、距離を詰めるニール。トンプソンは足を使いながら、左ジャブとサイドキックで距離を保つ。足を使うトンプソンに対し、組み付いたニールがケージに押し込む。差し込まれた腕を軸に体勢を入れ替えたトンプソンが離れると、足を使ってパンチをクリーンヒットさせる。右バックスピンキックを繰り出すトンプソン。ニールは手数が少ない。

右ミドル、右ハイを放ち、試合をコントロールするトンプソン。ニールは顔面をガードするが、そのまま手が出ない。トンプソンが中に入ってこようとすると、トンプソンは左ジャブ、右ストレートを合わせる。ニールはロー2連発、トンプソンはすかさず右ミドルから足を使う。さらに右ストレートを使って近づけさせないトンプソン。ラウンド終了間際、相手をケージ際に追い込んだニールが、左クロスをヒットさせた。

3R、互いにサウスポーからスタート。トンプソンは掛け蹴りを使って距離を保ち、相手が近づいてくると右ストレートを合わせる。トンプソンの右ストレート、右ミドルハイをブロックするニール、組み付いてトンプソンをケージに押し込む。しばらくケージを背にしたトンプソンだが、離れると再び足を使い、右ストレートを主体に試合を組み立てる。

手数を増やし、前に出るニールだが、ガードの間からトンプソンのパンチをもらってしまう。ニールの右ジャブをかわすトンプソン。ニールの左ミドルから、再び組み付きケージ際の攻防となるが、ここでニールがマウスピースを吐き落としてしまう。再開後、トンプソンが残り30秒で手数を増やす。ディフェンスを強いられるニールに、トンプソンが右ミドルハイを繰り出して、ラウンドが終了した。

4R、サウスポースタンスから右ジャブを放つトンプソン。頭を下げて距離を詰めるニールだが、足を使うトンプソンを捉えきれない。オーソドックスに戻したトンプソンは右ストレート、ニールはまたも手数が少なくなってしまう。組み付き、相手をケージに押し込んだニールだったが、ここもトンプソンはすぐに脱出。ガードを挙げているニールに単発のパンチを打ち込み、右ヒジも繰り出していく。

試合は完全にトンプソンがコントロール。ニールは左ミドルを放った際に足を滑らせてしまう。左バックスピンキックを放ったあと、足を滑らせて尻もちをついたトンプソンに対し、トップを奪うこともないニールは、気持ちが折れてしまったか。残り1分のところで、パンチあるいはミドルを放ちながら前に出るニール。最後は相手をケージに押し込んでラウンド終了を待った。

最終R、逆転を狙ってかパンチを連打するニール。しかし、トンプソンがパンチを打ち返すと、またもガードを上げて固まってしまう。距離を取るトンプソンが右ストレート、右アッパーをヒット。下がるニールに対して右ボディもヒットさせる。ニールは右ヒジを振るうが、これをかわしたトンプソンが足を使って距離をキープ。ニールの左ストレートをもらいながら、左右のパンチを打ち返す。

コンビネーションの数が増えたトンプソン。やはりニールの手数は減ってしまう。距離が近づき、首相撲から相手をケージに押し込むニールだったが、有利な体勢に持ち込むことはできない。離れたあと、ケージ中央で打ち合う両者。残り1分を切ると、トンプソンは再び足を使って右ストレートを当てる。ニールはパンチを当てても下がってしまうので、印象は悪い。残り10秒、頭を下げながらパンチを振るうニールだったが、トンプソンがかわしきった。

裁定は、ジャッジ3者がトンプソンにフルマークをつけた。


The post 【UFN183】アウトボクシングで相手の心を折った!? 距離を制したトンプソンがニールにフルマークの判定勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFN ESPN+41 UFN183 アンソニー・ペティス ケイオス・ウィリアムス ジェフ・ニール ジミー・フリック ジョゼ・アルド スティーブン・トンプソン ブログ マルロン・ヴェラ ミシェウ・ペレイラ

【UFN184】計量結果 2020年ラストUFCはジョゼ・アルド✖チート・ヴェラ&ペレイラ✖ケイオス

【写真】アルドはチートの足を止めることができるのk (C)Zuffa/UFC

18日(金・現地時間)、19日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN183:UFN on ESPN+41「Thompson vs Neal」の計量が行われた。

2020年最後のUFCは新型コロナウィルスが理由で変更されたカードが5試合と、今年を象徴するような大会となった。


メインでウェルター級のスティーブン・トンプソン✖ジェフ・ニールという渋いカードが用意された今大会、再注目はコ・メインのバンタム級の一番ジョゼ・アルド✖マルロン・ヴェラだ。

現状3連敗の元フェザー級チャンピオンのアルドだが、その相手はアレキサンダー・ヴォルカノフスキー、マルロン・モラエス、そしてUFC世界バンタム級王座決定戦で戦ったピョートル・ヤンだ。そのヤン戦では敗れてなお、アルドは中盤のローキックをボディを効かせるド迫力の攻撃を見せている。

一方のチートことヴェラは負傷絡みとはいえ、あのショーン・オマリーに初黒星をつけて勢いに乗る。スイッチヒッター、途切れることなく攻撃を繰り出す──ノンストップ現代MMAファイターだ。蹴り技を駆使するので腰は立ち気味でありながら、打撃とクリンチの融合は既に一体化という表現が相応しい。一つひとつの重厚感はアルドだが、ヴェラのハイペースに楔を打ち込むことができなければ、3Rで捕まえることは簡単ではないだろう。

さらに塩梅を掴んだ四次元MMAのミシェウ・ペレイラは、戦慄の2試合連続30秒以内KO勝ちケイオス・ウィリアムスとマッチアップされた。ペレイラが変則的な動き、ウィリアムスが右ストレートを当てることができるのか。

足を止めるわけではないが、ヒザ蹴りも含め近距離戦も弱くないペレイラとウィリアムス、一瞬の交錯で決着がつく緊張感あふれる攻防が見られそうだ。

さらにアンソニー・ペティス、マルロン・モラエス、グレッグ・ハーディーというヘッドライナー級のファイターがズラリと並んだ今大会。先週の大会で計量後に流れたジミー・フリック✖コディー・ダーデンのフライ級マッチも見逃せない。

■視聴方法(予定)
12月20日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■UFN183計量結果

<ウェルター級/5分5R>
スティーブン・トンプソン: 170ポンド(77.11キロ)
ジェフ・ニール: 171ポンド(77.56キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョゼ・アルド: 136ポンド(61.69キロ)
マルロン・ヴェラ: 136ポンド(61.69キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ミシェウ・ペレイラ: 170ポンド(77.11キロ)
ケイオス・ウィリアムス: 169.5ポンド(76.88キロ)

<バンタム級/5分3R>
マルロン・モラエス: 135.5ポンド(61.46キロ)
ロブ・フォント: 136ポンド(61.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マルチン・ティブラ: 255ポンド(115.66キロ)
グレッグ・ハーディー: 266ポンド(120.65キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アンソニー・ペティス: 170ポンド(77.11キロ)
アレックス・モロノ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
パニー・キアンザド: 135.5ポンド(61.46キロ)
シジャラー・ユーバンクス: 136ポンド(61.69キロ)

<195ポンド契約/5分3R>
デロン・ウィン: 194.5ポンド(88.22キロ)
アントニオ・アローヨ: 194ポンド(87.99キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジリアン・ロバートソン: 125ポンド(56.7キロ)
タイラ・サントス: 126ポンド(57.15キロ)

<ミドル級/5分3R>
タフォン・エヌシュクウィ: 186ポンド(84.37キロ)
ジェイミー・ピケット: 184.5ポンド(83.68キロ)

<フライ級/5分3R>
ジミー・フリック: 125ポンド(56.7キロ)
コディー・ダーデン: 126ポンド(57.15キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
カールトン・マイナス: 159.5 ポンド(72.34キロ)
クリストス・ギアゴス: 159 ポンド(72.12キロ)

The post 【UFN184】計量結果 2020年ラストUFCはジョゼ・アルド✖チート・ヴェラ&ペレイラ✖ケイオス first appeared on MMAPLANET.