カテゴリー
MMA UFC UFC265 シリル・ガンヌ デリック・ルイス

【UFC265】シリル・ガンヌがルイスに何もさせずKO勝ち、MMA10連勝でUFC暫定世界ヘビー級王者に

<UFC暫定世界ヘビー級王座決定戦/5分5R>
シリル・ガンヌ(フランス)
Def.3R4分11秒 by TKO
デリック・ルイス(米国)

サウスポーのガンヌがプレッシャーをかける。ガンヌは右ハイ、それをブロックしたガンヌは、半身で前蹴りと関節蹴りを放ちながら距離を詰めていく。ガードを下げて右ジャブを放つガンヌに対して、ルイスの手数は少ない。ルイスが前に出てくると、ガンヌは関節蹴りを出しながら距離をとる。ルイスが一気に距離を詰めようとすると、ガンヌはケージを背にしてかわした。

再びルイスにケージを背負わせるガンヌ。ルイスが前に出てきても、足を使って距離を取り、再びプレッシャーをかけてルイスをケージ際に追い込む。ここでルイスが放った右ローが、ガンヌの下腹部をとらえ、試合が一時中断させるが、ガンヌがすぐ再開に応じた。

ルイスが近づいてくると、ローとパンチで迎え撃ったガンヌ。ルイスは組み付いて両脇を差し上げるが、ガンヌがすぐに両腕を抜いた。そして足を使いながらルイスを追い込んでいくガンヌに対し、ルイスは下がる。ガンヌの右がヒットすると動きが止まるルイス、続けてガンヌの左ジャブをもらうとアイポークを主張したが、同時に返しのパンチを受けたルイスも、右目へのアイポークを気にしていた。

2R、スイッチしてオーソドックスになったルイスは、左の関節蹴りを放つ。左ジャブをもらったルイスは下がる。ルイスの左ハイをブロックしたガンヌが、またもルイスにケージを背負わせる。サウスポーに戻して距離を保つガンヌは、右ローで牽制。ルイスは手が出ない。ガンヌの右の蹴り足をキャッチし、相手をケージに押し込んだルイスだったが、ガンヌはすぐに離れた。

ガンヌの蹴りをもらって下がるルイスは、右ヒザとともに飛び込むが、ガンヌが距離を保つ。しかし、ケージ際で左ひじを放ちながら飛び込んだガンヌを捉えたルイスが、両腕を差し込んでガンヌをケージに押し込む。ガンヌはすぐに体勢を入れ替え、さらにルイスのバランスを崩させる。離れたルイスだったが、ガンヌの前にどうしてもケージを背負ってしまう。

ガンヌのオーソドックスからの左ジャブが、ルイスの顔面を捉える。さらにルイスをケージに押し込むガンヌ。両脇を差しながらヒザを当て、離れながら右ヒジを狙う。完全にガンヌが離れたあと、ルイスも前に出るが追いきれない。ルイスの飛び蹴りをかわしたガンヌは、そのまま自分の距離をキープした。

3R、ルイスの右前蹴りをかわしたガンヌは、スイッチしながらルイスにケージを背負わせる。ルイスが前に出ると、左右のローをヒット。さらに右を被せる。ルイスはガンヌのローをもらいながら距離を詰めようとするが、ガンヌのローは止まらない。足を使ってサークリングするガンヌを負えないルイスは、明らかにガンヌのローを嫌がっている。

ガンヌはルイスの右ハイをブロックし、ルイスの手が止まると右ヒジを狙う。これを受け止めたルイスが組み付くも、差し合いでもガンヌが勝り、ルイスをケージに押し込む。ここでルイスはいなしたが、倒し切ることはできず、ガンヌが元の体勢に戻る。さらにガンヌの右ローをもらって動きが止まるルイス、ガンヌはここでパンチの連打で追い立てていく。

ケージ際でパンチの連打を浴びせるガンヌ。ルイスは背を向けてしまう。ルイスがマウスピースを吐き出して、試合は一時中断されるが、ガンヌの勢いは止まらない。ガンヌの右ストレートをもらって、うずくまったルイスに対し、ガンヌが連打を浴びせて、レフェリーストップを呼び込んだ。

勝ち名乗りを受けるガンヌに対し、椅子から立ち上がることができないルイス。ガンヌはMMA転向後10連勝で、暫定ながらUFC世界ヘビー級のベルトを巻いた。


The post 【UFC265】シリル・ガンヌがルイスに何もさせずKO勝ち、MMA10連勝でUFC暫定世界ヘビー級王者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+44 UFN186  グラチアン・サジンスキ シリル・ガンヌ ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク ブログ

【UFN186】2018年7月のルイス✖ガヌーを想いださせる退屈な試合でガンヌがホーゼンストライクに勝利

<ヘビー級/5分5R>
シリル・ガンヌ(フランス)
Def.3-0:50-45.50-45.50-45
ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)

サウスポーのガンヌが右ジャブを当てる。ホーゼンストライクは左右のフックで前に出るも、ガンヌはステップバックしオーソに構えて左ジャブ、すぐにサウスポーに戻す。再び左手前の構えになったガンヌが左ジャブ、スイッチして右ジャブを放っていく。間合いの探り合い、タイミングを計る両者。ガンヌが右ボディを入れるが、直後の左の蹴りをキャッチしたホーゼンストライクがフックで前に出る。

ガンヌは左ミドルを入れ、スイッチして右を伸ばす。ここから組んだガンヌがケージに押し込みシングルからダブルに移行してテイクダウンを奪った。

2R、ローから右ジャブを伸ばすガンヌ、ホーゼンストライクが待ちが過ぎる。ガンヌの単発のジャブを見せ、スイッチ&ステップというなかで左ジャブから右ローを入れる。右を伸ばし、ローを蹴ったホーゼンストライクがアイポークがあったとアピールする。ジャブを当て、ホーゼンストライクの踏み込みにシングルレッグを仕掛けたガンヌがケージに。

左を差して崩したガンヌが、バックに回ってRNC。ホーゼンストライクは正対して、離れる。ここから特に攻防はなくラウンドが終わった。

3R、開始直後にガンヌが左ストレートをヒット。関節蹴りから左ハイを見せたガンヌが、左ジャブを伸ばす。ガンヌの動きに反応して、手を出したいホーゼンストライクだが、その反応で手一杯なのか攻撃を仕掛けることが極端に少ない。ガンヌはロングフックを見せ、ホーゼンストライクが同じように返すと、再び両者が待ちの姿勢に。

一発のあるヘビー級故に見られる、完全なお見合いマッチはガンヌが左ハイ、右前蹴りを単発で繰り出す。終盤、ガンヌがワンツーからローを蹴ると、ホーゼンストライクがアイポークをレフェリーがアピール。負のスパイラル、ファイトにならない戦いが続いた。

4R、ここもガンヌが左のパンチを伸ばし、テイクダウン狙いの動きを見せる。ヒザ蹴りヲキャッチしたホーゼンストライクが左右のフックも、届かない。右ジャブ、前蹴りのガンヌはテンカオを繰り出すと、これが急所に。再開後、ガンヌの右とホーゼンストライクが左が交錯も、ここから再びお見合いとなりガンヌが左をヒットさせる。ホーゼンストライクはローを返すが、ほぼほぼ何もなく試合は最終回に。

5R、右ジャブから左ハイを繰り出したガンヌが、手数が増えてボディにストレート、右ジャブと攻撃を続ける。ホーゼンストライクがケージを背負い、訪れるのか一発で勝負が決まる瞬間を待つ。ここでガンヌが組んでケージにホーゼンストライクを押し込む。離れてジャブを放つガンヌに対し、ホーゼンストライクは自ら動きことが22分戦ってても──ない。

ローを掴んでいったホーゼンストライクをケージに押し込んだガンヌは、残り1分になるとエルボーを見せて離れ──直後にダブルレッグからバックに回る。テイクダウンを決めたガンヌ、直ぐに立ったホーゼンストライクが胸を合わせる。このままガンヌがホーゼンストライクを金網に押し込み、試合終了。ガンヌがフルマークの判定勝ちを手にしたが、2018年7月のデリック・ルイス✖フランシス・ガヌー戦のデジャブのような退屈な試合だった。


The post 【UFN186】2018年7月のルイス✖ガヌーを想いださせる退屈な試合でガンヌがホーゼンストライクに勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC256 シリル・ガンヌ ジュニオール・ドスサントス ブログ

【UFC256】ドスサントス、ガンヌのエルボーでTKO負け。悲しき、反則アピール……

<ヘビー級/5分3R>
シリル・ガンヌ(フランス)
Def.2R2分34秒by TKO
ジュニオール・ドスサントス(ブラジル)

ガンヌがスイッチを織り交ぜ、ジャブやローを見せる。クリンチでケージにドスサントスを押し込み、離れたガンヌはサウスポーから左ローを蹴る。右ローに右を合わせていったドスサントスだが、左ミドルを蹴られる。続いてガンヌは左ハイを繰り出し、右ボディを入れる。ドスサントスは右ローを返すも、ガンヌはハイ、ジャブを放つ。ローが急所に入ったとドスサントスがブレイクを要求、再開後にガンヌが前蹴りから左右のローを入れ、後回し蹴りを避ける。ミドルを蹴りあった両者、さらにフックを同時に打っていく。

ガンヌは左ミドルを再び決め、続いて蹴り足をキャッチされても足を引きぬいて、右を当てる。ローを続けるガンヌ、ドスサントスは後回し蹴り、さらにフックを思い切り打っていく。時間となり、手数と精度でガンヌのラウンドとなったか。

2R、ガンヌが左ロー、ドスサントスは左フックを狙う。前足を削っていくガンヌは左ストレートを空振りし、ドスサントスの右も当たらない。それでもガンヌが蹴りを散らし、ドスサントスはリードジャブ。クリンチもすぐに離れた2人は、ガンヌの蹴りの距離で向き合う。

ドスサントスの左の打ち終わりに、タイミングよく右ローを入れたガンヌは前に出てジャブ、これで下がったドスサントスに右エルボーを入れる。サントスは右フックを空振りし、ガンヌがヒザ蹴りから右エルボーをもう一発入れる。ドスサントスはヒザをついて、戦意喪失。TKO決着も、ドスサントスは「エルボーは後頭部だろう」と勝者に話し掛けた。

嫌がって避けたところにヒジが入った感もあり、裁定が覆ることはなかった。


The post 【UFC256】ドスサントス、ガンヌのエルボーでTKO負け。悲しき、反則アピール…… first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC256 シリル・ガンヌ ジュニオール・ドスサントス デイヴィソン・フィゲイレド ブランドン・モレノ ブログ ヘナト・モイカノ ホナウド・ジャカレ マッケンジー・ダーン ラファエル・フィジエフ ヴィルナ・ジャンジローバ

【UFC256】計量終了 好カード続出。陰陽柔術家人生マッケンジー✖ジャンジローバが見逃せない

【写真】好勝負が揃った2020年最後のPPV大会、要注目のマッケンジー✖ジャンジローバ (C) MMAPLANET

11日(金・現地時間)、12日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC256「Figueiredo vs Moreno」の計量が行われた。

メインは異例の2カ月連続、PPV大会で防衛戦を戦うUFC世界フライ級王者デイヴィソン・フィゲイレド✖ブランドン・モレノ。モレノもフェゲイレドと同様に11月21日のUFC255で勝利している。

波乱万丈、2020年最後のPPV大会は非常に濃密なカードが揃っており、出場選手全員が計量をパス、RIZINからUFCデビュー戦がまたも流れたマネル・ケイプはメインのバックアップファイターとして124.5ポンドで計量を終えている。


ライト級のトニー・ファーガソン✖シャーウス・オリヴェイラ、ミドル級ではケビン・ホランド✖ホナルド・ジャカレ、さらにヘビー級でジュニオール・ドスサントス✖シリル・ガンヌという顔合わせが見られるメインカード。

プレリミでもヘナート・モイカノ✖ラファエル・フィジエフという絶対に見逃せないライト級のマッチアップも用意されている。そんななか、特に注目したいのが女子ストロー級のマッケンジー・ダーン✖ヴィルナ・ジャンジローバだ。

前戦でランダ・マルコスを見事な変則腕十字で下したマッケンジーには言わずと知れたムンジアル優勝2度、ADCC、ノーギワールド、アブダビ・プロの頂点に立ち──柔術界で考えられる全ての栄冠を手にしてきた。

ウマイタの古豪メガトン・ディアスを父に持ち、MMAも含め常に人生の表街道を歩んできたマッケンジーに対し、ジャンジローバも16歳の頃から柔術を始め、ノーギでアマンダ・ヌネスに2勝1敗、青帯の時にはクラウジア・ガデーリャに勝ちCBJJEの世界大会で優勝している。

バイーアの小さな町サヒンニャ出身の彼女は、米国で生まれ育ったマッケンジーとは違い、スポンサーもなくIBJJFの世界大会へ遠征することもできなかった。

それゆえにMMAを選択し、女デミアン・マイアと呼ばれるほどフィニッシュ力のある柔術ベースのフィニッシャーとして9勝1敗の戦績を残している。

INVICTA FCでは魅津希を破りストロー級王座にもついているジャンジローバ、ようやく日の当たるMMAファイター人生を歩むようになった彼女は、それ以上のスポットライトを浴びるためにマッケンジーに挑む。ブラジルにはIBJJFの頂点に立てない柔術の猛者が数多くいる──という説を、ジャンジローバはMMAの場で示すことができるのか。もちろん、MMAファイターとして総合力で負けないという意地もあるだろうジャンジローバ──それでも柔術MMAの激突を見てみたいものだ。

■視聴方法(予定)
12月13日(日・日本時間)
午前9時30分~UFC FIGHT PASS
正午~PPV
正午~WOWOWライブ

■UFC256計量結果

<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]デイヴィソン・フィゲイレド: 124.5ポンド(56.47キロ)
[挑戦者]ブランドン・モレノ: 124.5ポンド(56.47キロ)

<ライト級/5分3R>
トニー・ファーガソン: 155ポンド(70.31キロ)
シャーウス・オリヴェイラ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
マッケンジー・ダーン: 115ポンド(52.16キロ)
ヴィルナ・ジャンジローバ: 115ポンド(52.16キロ)

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ホランド: 185ポンド(83.91キロ)
ホナルド・ジャカレ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジュニオール・ドスサントス: 246.5ポンド(111.81キロ)
シリル・ガンヌ: 247.5ポンド(112.26キロ)

<フェザー級/5分3R>
カブ・スワンソン: 145ポンド(65.77キロ)
ダニエル・ピネダ: 145ポンド(65.77キロ)

<ライト級/5分3R>
ヘナート・モイカノ: 155ポンド(70.31キロ)
ラファエル・フィジエフ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<フェザー級/5分3R>
ビリー・クゥアンティロ: 145.5ポンド(66.0キロ)
ギャヴィン・タッカー: 146ポンド(66.22キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
テシア・トーレス: 115.5ポンド(52.38キロ)
サム・ヒューズ: 115.5ポンド(52.38キロ)

<フェザー級/5分3R>
チェイス・フーパー: 145.5ポンド(66.0キロ)
ピーター・バレット: 145.5ポンド(66.0キロ)

The post 【UFC256】計量終了 好カード続出。陰陽柔術家人生マッケンジー✖ジャンジローバが見逃せない first appeared on MMAPLANET.