カテゴリー
Interview MMA Special UFC シャーウス・オリヴェイラ ボクシング マイケル・チャンドラー 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:5月─その弐─オリヴェイラ✖チャンドラー「遠回りをして最後に」

【写真】UFC在籍11年目、ライト級で世界の頂点に立ったシャーウス・オリヴェイラ (C)Zuffa/UFC

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

2021年5月の一番、第ニ弾は15日に行われたUFC世界ライト級選手権試合=シャーウス・オリヴェイラ✖マイケル・チャンドラー戦について語らおう。


──青木真也が選ぶ2021年5月の一番、2試合目をお願いします。

「オリヴェイラ✖チャンドラーです。この試合、オリヴェイラがパンチでチャンドラーに勝ったことは当然のように注目されますが、そのオリヴェイラの強味は下……ガードで守れることにあったと思います。初回のピンチをガードで凌げたことが大きかった」

──初回に右を効かされ、最初は亀になって足に組もうとしたところでパウンドを受けて、ガードを取ったところですね。

「ハイ。オリヴェイラがガードを取ると、上に居てもサブミッションを警戒してチャンドラーも勢いを持続することができなかったです。あそこをガードで凌げたことが、勝負の分かれ目でした。

ただし、ガードを取ることが誰しもに有効ではなくて。それはオリヴェイラの技量があるからで。チャンドラーと5分✖5Rと戦う。25分の試合ですけど、チャンドラーは割と短距離走の選手です。その試合で最初のピンチをガードで凌げたのはさすがです」

(C)Zuffa/UFC

──その序盤、思った以上に身長差があってチャンドラーはボディ打ちしか見せていなかった。これは近寄れないのかという風にも見えました。

「相打ちになりそうな感じで。だから、結果的にああいうフィニッシュはあると思っていました」

──オリヴェイラが効かされてガードを取ったのとは対照的には、チャンドラーは効かされたあと組みにいかなかったです。

「MMAに於いて打撃の人、一点突破型になっていますね」

──青木選手はチャンドラーのUFC初戦後、まだオリヴェイラ戦が決まる前にチャンドラーはオリヴェイラに分が悪いと言っていましたしね。

「オリヴェイラ推しでしたよね。それはウィル・ブルックスなんです」

──ウィル・ブルックス?

「ハイ。もともと2人ともウィル・ブルックスと戦ってます。で、チャンドラーはブルックスにやられていて、オリヴェイラは完勝しています。そこを見て、両者の間に力の差はあるんじゃないかと僕は見ていましたけど、やはりUFCなんだということを再認識させられますね。それもウィル・ブルックスが勝てなかったわけで……そこは、ちょっと感じましたね」

──UFCが抜けていると。

「でも、皆が分かっていると思いますよ。だってねぇ、レベルが違うじゃないですか。そんな場所で11年、オリヴェイラは興味深いキャリアを積んでいます。結果的に全部を埋めてきた」

(C)DAVE MANDERL

──実はオリヴェイラのUFC初戦が、たまたま五味選手、岡見選手が出場した大会で(※UFC on Verus02。五味がタイソン・グリフィンにKO勝ち岡見がマーク・ムニョスに判定勝ち)、全く知らない選手だったのですが、見事に腰を切った腕十字をダレン・エルキンスに極めて、その当時からUFCで下から極める選手がいるんだって驚いたことが思い出されます。

「でも最初は言えば、下だけの選手だった。なんか派手なサブミッションはあるけど、穴もある。そうだったのが次に打撃ができるようになった。でもスクランブルで逆に取られもした……、そうするとレスリングに関しても穴を埋めた。それもウィル・ブルックス戦なのですが、テイクダウンをしましたからね。

これは異常な進化……です」

──異常ですか。

「もともと寝技の人間が、遠回りをして最後にカチっと合わせることができた。ここまでの進化は、ほぼほぼ例がないですよね」

──現代MMAでいえばボクシング&レスリングでいくと、ここまでのガードワークを身につける時間はないかもしれないですね。

「背中をつける練習をしている人間は、米国でも少ないかもしれないですけど……だからといってオリヴェイラが柔術やグラップリング競技で結果を残せるのかといえば、また違う話で。でも、本当にスペシャルな存在です」

The post 【Special】月刊、青木真也のこの一番:5月─その弐─オリヴェイラ✖チャンドラー「遠回りをして最後に」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC262 シャーウス・オリヴェイラ ブログ マイケル・チャンドラー

【UFC262】オクタゴン11年目の初戴冠、オリヴェイラがチャンドラーをKOして新世界ライト級王者に

<UFC世界ライト級王座決定戦/5分5R>
シャーウス・オリヴェイラ(ブラジル)
Def.2R0分19秒 by TKO
マイケル・チャンドラー(米国)

開始早々、飛び出した両者。オリヴェイラが右ローをもらったチャンドラーがマットに手を着く。すぐに立ち上がったチャンドラーは左右フックで攻め立てるが、オリヴェイラがダブルレッグ。これをギロチンで迎え撃ったチャンドラーだが、オリヴェイラは頭を抜いてトップへ。そしてチャンドラーのバックに回る。バックマウントを奪ったオリヴェイラを、マットにたたきつけるチャンドラーだが、オリヴェイラは離れない。

右目上から大量の出血が見られるオリヴェイラ。4の字フックでバックをキープし、パンチを上下に打ち合分ける。チャンドラーが体勢を入れ替えようとしたところに、相手の左腕を取り十字を狙ったオリヴェイラだが、これを抜いたチャンドラーがトップへ。オリヴェイラは立ち上がるも、チャンドラーのプレッシャーにケージ際まで下がってしまう。

ケージ際でパンチを連打しするチャンドラー、効かされたオリヴェイラはその場に倒れこんでしまう。すぐさまパウンドを落としていくチャンドラーは、オリヴェイラのダブルをカットし、トップへ。オリヴェイラは下のポジションを強いられたまま、1Rが終了した。

2R、前に出たのはオリヴェイラ。パンチを繰り出すチャンドラーから左フックでダウンを奪う。立ち上がるチャンドラーを追い立てるオリヴェイラが右ヒジからの右クロスで再び倒したあと、亀になるチャンドラーへ左の拳を落とし続け、レフェリーが試合をストップした。

試合終了後、喜びを爆発させるオリヴェイラ。解説席のジョー・ローガン、そしてケージサイドにいるダナ・ホワイトの下へ走り、さらにケージサイトを回る。
ケージに戻り、勝ち名乗りを受けたオリヴェイラ。UFC初参戦から11年、9連勝の末、初めてUFCのベルトをその腰に巻いた。


The post 【UFC262】オクタゴン11年目の初戴冠、オリヴェイラがチャンドラーをKOして新世界ライト級王者に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC256 シャーウス・オリヴェイラ トニー・ファーガソン ブログ

【UFC256】シャーウス・オリヴェイラがグラウンドでファーガソンを完封し4ポイント差の圧倒的判定勝利

<ライト級/5分3R>
シャーウス・オリヴェイラ(米国)
Def.3-0:30-26.30-26.30-26
トニー・ファーガソン(米国)

サウスポーのファーガソンに対し、オリヴェイラが右の前蹴り。ファーガソンはオーソドックスに戻して左ジャブを放つ。ガードを高く上げたオリヴェイラは右ローからフック。そのうち一発がアゴをとらえ、ファーガソンが下がる。ファーガソンはケージに詰まりながら、左のバックエルボー。オリヴェイラはディフェンスして、さらにパンチをヒットさせる。

ややバランスが崩れ始めたファーガソンに組み付いたオリヴェイラは、リフトアップからテイクダウンに成功した。パウンドからパスを仕掛けるオリヴェイラ。ファーガソンは反転したが、バックを奪われかけて体勢を戻す。オリヴェイラはすかさずマウントへ。しっかりと相手を抑え込んだオリヴェイラは、上からパンチとエルボーを落とす。残り10秒で、オリヴェイラがファーガソンの左腕を取って十字を仕掛けるも、ここはファーガソンがラウンド終了まで耐えた。

2R、ファーガソンはスイッチしながら距離を詰め、いきなりの右ショートとオリヴェイラのアゴにヒット。オリヴェイラはスタンスを広く取り、右ローでけん制しながら、ファーガソンの右の蹴り足をキャッチしてグラウンドに持ち込んだ。ここでレフェリーが試合を中断。オリヴェイラの左目じりから大量の出血が見られるが、それよりもグラウンド状態でファーガソンがオリヴェイラの顔面にカカト蹴りを入れていた。

再開後、パスを仕掛けながら右のパンチを落とすオリヴェイラ。ケージ際で回転しながら足を利かせるファーガソンだが、ガラ空きとなった顔面にオリヴェイラの強い右がヒットする。さらにオリヴェイラもボディへ右ヒザを突き刺す。ファーガソンは下から右ヒジを打ち込むが、オリヴェイラのプレッシャーは止まらない。ファーガソンは、下から腕と足を組んでオリヴェイラを固めにかかるが、そのため互いに展開を作れなくなったところで、2Rが終了した。

最終R、オリヴェイラが蹴りを繰り出す。それをカットしたファーガソンが距離を詰めていくのに対し、オリヴェイラは足を使って、右ロー。ファーガソンはボディへ蹴りをヒットさせるが、またもオリヴェイラが蹴り足をキャッチ。ファーガソンは後転して離れるが、すぐにオリヴェイラが組み付き、テイクダウンする。すぐさまサイドを奪ったオリヴェイラは、さらにマウントへ移行した。

ケージを蹴って回転するファーガソンだったが、そんな相手を三角絞めで捉え、リバーサルに成功したオリヴェイラ。再びサイドに移ったオリヴェイラは、ケージ際で暴れるファーガソンをコントロールする。さらにリフトアップから、ケージ際を離れたオリヴェイラは、そのままサイド→ノースサウス→サイドと、しっかりファーガソンを抑え込み、最後はサイドから右ヒジを落として試合終了を迎えた。

試合終了後、肩を組んでケージの中を回る両者。
裁定は、3人のジャッジが4ポイント差をつけるユナニマス・デシジョンでオリヴェイラへ。
勝利したオリヴェイラはケージの中で、マゴメドフの王座返上で空位となる、世界ライト級のベルト奪取をアピールした。

The post 【UFC256】シャーウス・オリヴェイラがグラウンドでファーガソンを完封し4ポイント差の圧倒的判定勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC256 シャーウス・オリヴェイラ デイヴィソン・フィゲイレド トニー・ファーガソン ブランドン・モレノ ブログ ヘナト・モイカノ ホナウド・ジャカレ マッケンジー・ダーン ラファエル・フィジエフ ヴィルナ・ジャンジローバ

【UFC256】対戦カード メインはPPV2大会カ月連続出場のフライ級王者フィゲイレド→✖ブランドン・モレノ

【写真】3週間前にアレックス・ペレスを破り、王座防衛戦を果たしたばかりのフィゲイレド。挑戦者のモレノも同大会で勝利している(C)Zuffa/UFC

2020年12月12日(土・現地時間)
UFC256「Figueiredo vs Moreno」
ネヴァダ州ラスベガス
UFC APEX

■視聴方法(予定)
12月13日(日・日本時間)
午前9時30分~UFC FIGHT PASS
正午~PPV
正午~WOWOWライブ

■対戦カード

<UFC世界フライ級選手権試合/5分5R>
[王者]デイヴィソン・フィゲイレド(ブラジル)
[挑戦者]ブランドン・モレノ(米国)

<ライト級/5分3R>
トニー・ファーガソン(米国)
シャーウス・オリヴェイラ(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
マッケンジー・ダーン(ブラジル)
ヴィルナ・ジャンジローバ(ブラジル)

<ミドル級/5分3R>
ケビン・ホランド(米国)
ホナルド・ジャカレ(ブラジル)

<ヘビー級/5分3R>
ジュニオール・ドスサントス(ブラジル)
シリル・ガンヌ(フランス)

<フェザー級/5分3R>
カブ・スワンソン(米国)
ダニエル・ピネダ(米国)

<ライト級/5分3R>
ヘナト・モイカノ(ブラジル)
ラファエル・フィジエフ(キルギス)

<フェザー級/5分3R>
ビリー・クゥアンティロ(米国)
ギャヴィン・タッカー(カナダ)

<女子ストロー級/5分3R>
テシア・トーレス(米国)
サム・ヒューズ(米国)

<フェザー級/5分3R>
チェイス・フーパー(米国)
ピーター・バレット(米国)

The post 【UFC256】対戦カード メインはPPV2大会カ月連続出場のフライ級王者フィゲイレド→✖ブランドン・モレノ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview Special ケビン・リー シャーウス・オリヴェイラ ブログ 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:3月─その弐─オリヴェイラ✖リー「ドミネイトの価値を崩す価値観」

Oliveira【写真】削るMMAという軸から外れたフィニッシャーだと青木はシャーウス・オリヴェイラを称した (C) Zuffa/UFC

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

背景、技術、格闘技観──青木のMMA論で深く、そして広くMMAを愉しみたい。そんな青木が選んだ2020年3月の一番、第2 弾は14日に開催されたUFN170からシャーウス・オリヴェイラ✖ケビン・リーの一戦を語らおう。


──3月の青木真也が選ぶ、この一番。2試合目は?

「シャーウス・オリヴェイラ✖ケビン・リーです」

──UFC初の無観客大会のメイン、世界的に見てMMAワールド活動休止前最後の1試合となります。

「シャーウス・オリヴェイラは……もう何ですかね……僕、昨日1日中ジョルジュ・サンピエールの試合を視ていたんです」

──おぉっ、1日中GSPを!!

(C)DAVE MANDEL

(C)DAVE MANDEL

「で、やっぱり今見ても凄いんですよ。

テイクダウンして、襷でなく基本ボディロックでバックを取って、レスリングが上手で。凄く洗練されていて色褪せない。ハーフでワキ差しパスが綺麗で」

──枕でプレッシャーをかける印象が凄く残っています。

「ハイ、ハーフで僕なんかは腰を畳むんですが、GSPは畳まずグイグイ押してクラシックなパスガードをしています。GSPが2010年ぐらいにMMAに削るという概念を持ち込んだと思います」

──青木選手はそう見ますか。グラインダーはジョン・フィッチだと思っていました。

「あぁ、フィッチもそうですね。フィッチとかGSPを見て、日本人選手も戦略的に削るという戦いを取り入れるようになりました。そのグライディングやドミネイトするという価値観がUFCの戦い方だったと思うんです。僕もその価値観は今も好きですけど、そこを覆す価値観をオリヴェイラは持っています。綺麗な打撃と下からのサブミッションという。

(C)Zuffa/UFC

(C)Zuffa/UFC

彼自身、ドミネイトするスタイルに苦戦して勝ちが続かない時期があったんですけど、打撃の成長があって綺麗なストライキング&サブミッションというスタイルが確立してきたと思います」

──もともと極め力は非常に強かったです。そこで打撃の精度や威力が上がり、極めという部分がさらに際立つようになったかと。

「めっちゃ凄いと思います。UFCで7試合連続フィニッシュって、本当に凄いです。どれだけのフィニッシャーなんだって(笑)」

──ダメージを与えてから、極めるというファイトになってからそこが際立っていますね。

「以前はヒールとか、三角とか瞬間、瞬間で極める感じでしたよね。それだと防がれて殴られていた。しかも、取り合いでジム・ミラーにヒザ十字とか極めらたり。

Oliveira guillotineでも、今はダメージを与えてフィニッシュに誘い込んでいる。この試合でケビン・リーに極めたギロチンもそうですし、2015年にニック・レンツに勝った時からそういう兆しもあったんですけど、最近は際立っていますね。

ブライアン・オルテガもそういうタイプです。打撃で削って、嫌がって組ませたところでギロチンとか三角で仕留める。オルテガもオリヴェイラもギロチンを途中で、作り直すんですよね。一旦、抱えておいてから組み直す」

──確かにアジャストして、極めています。

「アレは器量が相当ある証拠です。無理から絞めても凌がれるなと思ったら、作り直すことができる。アレは相当です。実は僕、試合ではギロチンで勝ったことないんです」

──青木選手はそれこそ凌がれると、下になる仕掛けは試合でないですね。組み伏せてのフィニッシュが特に最近は多いです。

「そうですね、バックチョークとか肩固め。昔はやっていたから腕十字、三角、足関節はあるんです。でもギロチンはない。練習では作って極めなおすことはできるけど、試合でそれができるかといえば、自分に疑問を持っています。

打撃でいえば仕留めに掛っている時でも、相手の動きを見て完全に外して殴ることができる。そういう極めをオリヴェイラは持っているんです。それぐらい綺麗な技量があって、抜け出ていますね。

それでいて足関節もするんですよね。アウトサイドのヒールを取って。カーフスライサーみたいなのも仕掛けるし。サブミッションはほぼ網羅している」

──ライト級王座を考えると、王者カビブ・ヌルマゴドフの対戦相手として、UFCのビッグファイト路線にオリヴェイラが介入することができるのか。

「グッドファイターで僕は大好きだけど、UFCは組まないような気がしますね。でもUFCのブラジル大会ってMMAが好きな人には面白い大会になっていましたよね」

──TUF BRの頃は北米MMAにかなり近づいていたのが、また柔術を見直した原点回帰的な部分も見られて、個性的な選手が増えてきました。

「そうですね、アルドとかはブラジルっぽくなかったですしね。ブラジル大会はUFCクオリティで、片方の選手は全てブラジルで固めることができる。その層の厚さ、アジアでは韓国と中国はやりかけているけど、ブラジルほどではないですからね。ヤヒーラ、デミアン・マイア、そしてオリヴェイラとか、ブラジル大会──好きですね」