カテゴリー
BELLATOR Bellator271 MMA   クリス・サイボーグ ケイラ・ハリソン シネード・カヴァナー

【Bellator271】サイボーグが右フック&恐怖の鉄槌でカヴァナーを沈める。あるか? ケイラ・ハリソン戦?!

<Bellator世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
クリス・サイボーグ(ブラジル)
Def.1R1分32秒by KO
シネード・カヴァナー(アイルランド)

左ジャブを伸ばしたカヴァナーだが、パンチが交錯するとサイボーグがレンダンを打ち込みケージ際で連打を被弾する。クリンチの中でギロチンは極まらず、カヴァナーはヒザ蹴りからパンチを2発受ける。それでパンチを返すカヴァナーは、クリンチから逃れるとローにワンツーを合わせる。

打ち合いに臆することなくケージの中を取ったカヴァナーだが、それが裏目にとなり 右フックを打たれる。それでも右を振ったところで、右フックを再度打ち抜かれたカヴァナーが後方にダウン。容赦ない鉄槌を落としたサイボーグが、一気に試合を決めた。

サイボーグは「全くプラン通りに戦わず、チームに謝りたい。殴ってくるのは分かっていたのテイクダウンから寝技勝負しようと思ったけど、KOできて嬉しいわ。私は対戦相手は選ばない。誰とでも戦う」と話すと、インタビュアーのビッグジョン・マッカシーが「フリーになったケイラ・ハリソンは?」と振る。「ケイラ、今日は来てくれてありがとう。彼女と戦えるのは素晴らしいことよ。でもまずはプロモーションが話さないとね」とサイボーグ、ここでATT勢の応援かケージサイドに座っていたケイラは立ち上がって笑顔を見せた。


The post 【Bellator271】サイボーグが右フック&恐怖の鉄槌でカヴァナーを沈める。あるか? ケイラ・ハリソン戦?! first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
BELLATOR Bellator271 MMA YouTube   アーロン・ピコ クリス・サイボーグ シネード・カヴァナー ジャスティン・ゴンザレス タイレル・フォーチュン ボクシング

【Bellator271】計量終了 サイボーグにバトルメーキャップなし。フォーチュン&モウリーの比較も一興

【写真】サイボーグは落ち着き払っていた(C)BELLATOR

11日(木・現地時間)、12日(金・同)にフロリダ州ハリウッドのセミノール・ハードロックホテル&カジノで開催されるBellator271「Cyborg vs Kavanagh」の計量が行われた。

メインはBellator世界女子フェザー級王者クリス・サイボーグが3度目の防衛戦でシネード・カヴァナーの挑戦を受ける。

セレモニアル・フェイスオフでサイボーグは、いつものようなバトル・メーキャップをすることなく、非常に涼しい目でカヴァナグに視線を送り握手をすることなく別れた。


パンチャー、真正面に立って左右の連打を打ち込むカヴァナー、パンチの回転数は早いがガードの無さと、蹴りのあるサイボーグに対して、ボクシング&ヒザという打撃の展開に持ち込むことができるのか。武器の多さでサイボーグが優位と見られるが、果たして。

注目のファザー級マッチ=アーロン・ピコ✖ジャスティン・ゴンザレスの両者も熱くなることなく対峙しつつ、しっかりと握手し明日の健闘を誓いあった。

コメインのタイレル・フォーチュン✖リントン・ヴァッセル、プレリミメインのスティーブ・モウリー✖ライム・クリーブランド、フォーチュンとモウリーというヘビー級の新鋭の出世争いも楽しみだ。

共にレスリングベース、ピュアレスリングのテイクダウンでいえばフォーチュンが上かもしれないが、打撃があるケージの中でのテイクダウン&コントロールは、モウリーも頭抜けたものがある。

フォーチュンはテイクダウンからパウンドという典型的なレスラー出身者的なMMAファイターだ。一方でモウリーはヒザ蹴りという大砲を持ち、アメリカーナやキムラという腕関節での一本勝ちも多い。直接対決でないだけに、両者を見比べてみるのも一興だ。

またプロ初黒星から再起戦となるテイラー・ターナー戦に臨む、テコンドー・クイーンことヴァレリー・ロウレダも相変わらず独特の存在感を示していた。

■視聴方法(予定)
11月13日(土・日本時間)
午前8時55分~Prelim :Bellator MMA YouTube Channel
午前11時55分~Main Card: Bellator MMA YouTube Channel

■Bellator271計量結果

<Bellator世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]クリス・サイボーグ: 145ポンド(65.77キロ)
[挑戦者] シネード・カヴァナー: 145ポンド(65.77キロ)

<ヘビー級/5分3R>
タイレル・フォーチュン: 253.8ポンド(115.12キロ)
リントン・ヴァッセル: 239.2ポンド(108.49キロ)

<フェザー級/5分3R>
アーロン・ピコ: 145.4ポンド(65.95キロ)
ジャスティン・ゴンザレス: 145.6ポンド(66.04キロ)

<女子フェザー級/5分3R>
アーリーン・ブレンコウ: 145.8ポンド(66.13キロ)
パム・ソーレンソン: 146ポンド(66.22キロ)

<ヘビー級/5分3R>
スティーブ・モウリー: 249.6ポンド(113.21キロ)
ライム・クリーブランド: 249.6ポンド(113.21キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ブルーナ・エレン: 125.6ポンド(56.97キロ)
デザリー・ヤネス: 125.4ポンド(56.88キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ローマン・フェラルド: 171ポンド(77.56キロ)
ロバート・ターンクエスト: 177.8ポンド(80.64キロ)

<フェザー級/5分3R>
コディ・ロー: 145.4ポンド(65.95キロ)
コルトン・ハム: 145.8ポンド(66.13キロ)

<128ポンド契約/5分3R>
ヴァレリー・ロウレダ: 127.6ポンド(57.87キロ)
テイラー・ターナー: 127.2ポンド(57.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ワルド・コルテスアコスタ: 256.6ポンド(116.39キロ)
モー・デリース: 255ポンド(115.66キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マフムッド・ファウジ―・シビー: 170.8ポンド(77.47キロ)
イーサン・ヒューズ: 170.8ポンド(77.47キロ)

The post 【Bellator271】計量終了 サイボーグにバトルメーキャップなし。フォーチュン&モウリーの比較も一興 first appeared on MMAPLANET.