カテゴリー
MMA UFC UFC268 シェーン・バーゴス ビリー・クゥアンティロ

【UFC268】ゲイジー✖チャンドラーの反動。肉弾戦にも静かな館内で、バーゴスがクゥアンティロに判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
シェーン・バーゴス(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ビリー・クゥアンティロ(米国)

左から右アッパーで前に出るクゥアンティロ。さらに左オーバーハンド、右アッパーの連打とクゥアンティロの手数が多い。さらにボディアッパー、跳びヒザを見せるクゥアンティロに対して、バーゴスは落ち着いてパンチをかわし組んでケージに押し込んでいく。クゥアンティロはヒザ蹴りをボディに返し、離れると左を伸ばす。右アッパー、左オーバーハンド気味のジャブと続けるクゥアンティロに対し、バーゴスは左ジャブから右ストレート、さらにロー&ボディと積極的に手を出すようになる。

クゥアンティロも左ジャブから右を見せるが、バーゴスは左ジャブを当て、右ストレートをヒットさせる。クゥアンティロは怯まずジャブを入れ、細かいアッパーと左ジャブを続ける。バーゴスは右フック、左から右と打ち返し組み合いへ。直ぐに離れると手数が増えたバーゴスが、クゥアンティロの前進に左を合わせる。バランスを崩したクゥアンティロはすぐに立ち上がり、下がることなくパンチを被弾しても打ち返して左を当てた。

2R、左フックから右オーバーハンドを入れたクゥアンティロが、スピニングバックフィストを見せる。さらにワンツーを振るうクゥアンティロに対し、バーゴスも左ジャブを入れボディからエルボーを打つ。右オーバーハンドを入れたバーゴスは、右フックを被弾しても左フックから左ローを蹴っていく。ここでも前に出てパンチを打つクゥアンティロが、ローでバランスを崩す。

直後のダブルレッグを切ったバーゴスが、ボディフックを入れて離れる。バーゴスは左ハイを蹴り、クリンチにはクゥアンティロが首相撲へ。ダブルを切ったクゥアンティロが体を入れ替えるが、離れるとローでまたもバランスを崩す。ジャブ、左リードフック、ロー、右クロスと精度で上回るようになったバーゴスが、テイクダウンを切り左を入れる。ジャブとローを受けて組んでいくクゥアンティロは、自ら離れて右を振るう。どうしてもローで姿勢を乱すクゥアンティロだが、下がることなく前に出る。

右の打ち合いから、続いて右を入れるとクゥアンティロの動きが落ちる。足下がおぼつかなくなったクゥアンティロにバーゴスが連打を入れると、ゲイジー✖チャンドラーの反動で静かになっていた観客が、ようやく激闘に相応しいリアクションを起こすようになった。

最終回、完全に前足を効かされたクゥアンティロだが、躊躇くすることなくパンチを振るって前に出る。ローを蹴られようが、ジャブを当てられようが前に出るクゥアンティロは、足も頭も効かされ、ついにローで前方に崩れる。それでも足にしがみつこうとするとクゥアンティロに対しバーゴスがアッパーを狙う。

組んで切られ、足払いを見せ、さらに引きこんでも勝負を諦めないクゥアンティロは、スタンドに戻るとヒザをボディに受け、動きがさらに落ちる。バーゴスはここで組み、時間を使う。ボディに連打、エルボーを入れ、大振りのクゥアンティロに右を打ちこむバーゴスは、組まれても体を入れ替える。

残り2分、離れたバーゴスはジャブに右を当て、エルボーからスピニングバックフィストを狙う。ここも組んだクゥアンティロはダブルからバックに回るも、バーゴスが胸を合わせる。クゥアンティロはシングルから足払い、同時に倒れて足関節を狙う。即、足を抜いた立ち上がったバーゴスはローからヒザ蹴り、さらに前蹴りを入れる。

クゥアンティロは右ボディアッパー、ヒザ蹴りを見せてダブルレッグへ。ドッグファイトは最後まで続き、バックを取ったバーゴスが後方からパンチ、離れてからも正面でのパンチと蹴りの交換を経てタイムアップに。

バーゴスが肉弾戦で3-0の判定勝ちを収めた。


The post 【UFC268】ゲイジー✖チャンドラーの反動。肉弾戦にも静かな館内で、バーゴスがクゥアンティロに判定勝ち first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
Report UFC UFC262 エジソン・バルボーサ シェーン・バーゴス ブログ

【UFC262】打撃戦から衝撃のKO! バルボーザが右クロスでシェーン・バーゴスをマットに沈める

<フェザー級/5分3R>
エジソン・バルボーサ(ブラジル)
Def.2R1分16秒 by TKO
シェーン・バーゴス(米国)

バルボーザがアウトボクシング。相手が前に出てくると、左ジャブとローで捌く。バーゴスは右ローと右クロスで攻め立てるが、相手の打ち終わりにバルボーザが左右のストレートで追い立てる。そのバルボーザの右スネからは出血が見られる。

2R、クラウチングスタイルで前に出るバーゴスに対し、バルボーザは左右ロー。相手が前に出てきたところに左アッパーを合わせる。バーゴスも左フックをヒット。バルボーザの右ショートの打ち終わりに、自身も右ショートを合わせる。そしてバルボーザが右クロスを当てると、一瞬置いてバーゴスがケージまで下がり、ダウン。うつぶせに倒れたバーガスに左パウンドを連打し、レフェリーストップを呼び込んだ。

試合後、バルボーザは「フェザー級の誰でも相手になる」と息巻いた。


The post 【UFC262】打撃戦から衝撃のKO! バルボーザが右クロスでシェーン・バーゴスをマットに沈める first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN11 シェーン・バーゴス ジョシュ・エメット ブログ

【UFC ESPN11】異様にタフなバーゴスだったが、Pは取れず──最終回も打ち勝ったエメットが激闘制す

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・エメット(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-27
シェーン・バーゴス(米国)

フェザー級とは思えない体格を誇るバーゴスが前蹴りからヒザ蹴りを見せる。エメットは右を伸ばし、ワンツーを打っていく。エメットのパンチを受けても下がらないバーゴスは、右ローを蹴る。ジャブの交換があり、ローを蹴り合うとエメットが右、続いて左を入れる。ミドルを返すバーゴスが、ロングレンジの右アッパー、エメットがジャブを打ち返す。右を打たれたバーゴスが、ここも前に出てヒザを繰り出す。

ローで体が流れるようになったエメットは、右アウトサイドだけでなく、左インサイドローを蹴られる。ローからパンチにつなげるようになったバーゴスが、左ボディで抉る。エメットもジャブ、右を当てるが、バーゴスが構わずローやフックを返していく。殴られてローを返すバーゴスが、右を受けた直後に左フックを打ち返し、エメットが間合を取り直しシングルレッグへ。ダブルに移行してケージにバーゴスを詰めたエメットが右をヒット。それでもバーゴスが蹴りを返すなど打たれ強さを見せ続けた。

2R、左前蹴りから左ジャブを2つ入れたバーゴス、ローを嫌がるエメットは右を打たれて左右のパンチをヒットさせる。ここで下がったバーゴスだが、恐ろしいことにダメージがあるように見えない。左ジャブを打ち合い、その証拠に右の空振りに続き左フックを入れたバーゴスが、左ローでエメットのバランスを崩させる。エメットは右をクリーンヒットし、バーゴスがマウスピースを吐き出す。再開後、ボディから左を受けたバーゴスが右を返す。エメットの左がバーゴスのアゴを捕えるも、バーゴスは思い切り右ボディフックから左ジャブを逆に入れる。左ローを蹴り、右を2つ入れたエメット──これだけパンチを当てて、前に出てこられた経験はないだろう。

こうなるとファイターは、得てしてどうすれば良いか分からなくなるが、エメットも手数が減ってくる。そこにジャブから右ストレートを入れたバーゴスは、右を被弾してもローを蹴る。両手を広げ、左ハイを見せたバーゴス。戦いとして、エメットが圧される内容ではないが、明らかに追い込まれたエメットだ。

最終回、左右のパンチを果敢に打ち、一旦下がったエメットが、前に出てくるバーゴスに左を打ちこみダウンを奪う。クローズドガードのバーゴスは、オープンから背中を向けて立ち上がる。と、左にローを合わされ……これが急所に入ったエメットがヒザをついて座り込む。再開後、パンチの回転数を上げるバーゴスに対し、エメットも右を打ち返す。打ち気にはやるようになったバーゴスが、またも左を被弾して腰から崩れる。ガードの中からパンチ、エルボーを落とすエメットは、蹴り上げからスタンドに戻ったバーゴスに右から左を纏める。

バーゴスが左ジャブ、右ストレートを伸ばし、再び落ち着きを取り戻すと右アッパーをヒットする。回って間合を取り直したエメットは、右をヒット。ここでもバーゴスの動きが止まるが、エメットは打ち急ぐことない。しっかりとバーゴスの動きを見て、打ち合ったエメットは、最終回をビッグラウンドとした。

初回と2Rを10-9でバーゴスが取っていれば28-28もありえるが、ヒット数で評価薄と2Rもエメットが取った可能性がある。果たして──ジャッジの裁定は、3-0でエメットが勝利した。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN11 シェーン・バーゴス ジョシュ・エメット フランク・カマチョ ブログ ベラル・モハメッド マット・フレヴォラ ライモン・グッド ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】対戦カード ロクサン・モダフェリ✖ローレン・マーフィー──えっ、第2試合?!

【写真】女子フライ級6のロクサン。7位のマーフィーとの対戦が第2試合?!(C)Zuffa/UFC

2020年6月20日(土・現地時間)
UFC ESPN11
ネヴァダ州ラスベガス
UFC APEX

■視聴方法(予定)
6月21日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<ヘビー級/5分5R>
カーティス・ブレイズ(米国)
アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・エメット(米国)
シェーン・バーゴス(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン(米国)
マリオン・ルノー(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ライモン・グッド(米国)
ベラル・モハメッド(米国)

<ライト級/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ(米国)
ジム・ミラー(米国)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ(米国)
ボビー・グリーン(米国)

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス(米国)
ブレアナ・ヴァンビューレン(米国)

<ミドル級/5分3R>
マフクアンドレ・バリユー(カナダ)
オスカル・ピホタ(ポーランド)

<女子フライ級/5分3R>
コートニー・ケイシー(米国)
ジリアン・ロバートソン(カナダ)

<ライト級/5分3R>
フランク・カマチョ(グアム)
マット・フレヴォラ(米国)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ(米国)
ローレン・マーフィー(米国)

<女子フライ級/5分3R>
オースチン・ハバート(米国)
マックス・ロスコフ(米国)