カテゴリー
ABEMA MMA ONE ONE Battle Ground03 ONE Championship ONE Evolution UFC キック キム・ジェウン シェ・ウェイ チャトリ・シットヨートン チャンネル デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク バンマードォーチー ブラジリアン柔術 ベン・ロイル ホドウフォ・ヴィエイラ ボクシング マーカス・アルメイダ マーチン・ウェン ヴィクトリア・リー

【ONE Evolution】早速の追加カード発表。ついに競技柔術最強=ブシェシャがMMA初陣へ

【写真】ブラジリアン柔術=競技柔術最強のブシェシャが、ついにMMAに挑む(C)MMAPLANET

18日(水・現地時間)、昨夜のトリプルクラウンに続き、ONE Championshipのチャトリ・シットヨートンがSNSで、9月24日(金・同)にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで開催されるONE「Revolution」の追加&全カードを発表した。

ONE世界ライト級選手権試合=王者クリスチャン・リー✖ 挑戦者オク・レユン、ONEキック世界バンタム級選手権試合=王者カピタン・ペッティンディーアカデミー✖挑戦者メヂ・ザッツプッツ、ONE世界ストロー級選手権試合=王者ジョシュア・パシオ✖チャレンジャー猿田洋祐の前に行われるのは、リードカード5試合とメインカード2試合、計7試合だ。


メインに加わったフェザー級戦のマーチン・ウェン✖キム・ジェウン、ヘビー級マッチ=アミール・アリアックバリ✖アナトリー・マリキンは、いずれもTNTシリーズで組まれていたが、実現しなかったカードだ。

前世界フェザー級王者のウェンは、シンガポールに向かった飛行機の同乗客のなかにコロナウィルス陽性者がいたため感染予防プロトロルにより、試合出場が成らなかったという経験をしている。

そして対戦相手のキム・ジェウンもギリギリまで、さらにいえば1階級上の対戦相手とのマッチアップも辞さない覚悟でギリギリまで待機していたが試合が流れたという経緯がある。互いに今回こそという気持ちで挑むであろう一戦。ウェンの打撃が、カウンターだけでなく自らの仕掛け、あるいは創りが見られるか──今度のフェザー級戦線を占う、いや元チャンプチャンプの王座返り咲きを占ううえで大切な一戦となる。

そんなメインカード以上に注目なのが、これもTNTシリーズで試合が流れたマーカス・ブシェシャ・アルメイダのMMA初陣だ。4月の時点で対戦相手は韓国のカン・ジウォンだったが、今回の発表ではノルウェーのトーマス・ナルモになっている。

ナルモは7月30日収録大会で、ガードポジションを取った際に、アラン・ンガラニのローを急所に受け試合続行不可能=NCとなったノルウェー人ファイターだ。

何が起こるか分からないMMAとはいえ、ナルモのあの動きを見ればはブシェシャは組んで、テイクダウンを決めればあとは独壇場になってもおかしくはない。

とはいえ2メールハイのナルモが、MMAグローブを装着して殴り、ヒザを狙ってくるケージのなかで、ブシェシャが柔術やグラップリングで見せていた組みや極め力を発揮できるのか──は、勝負が始まって見ないとわからない。

仇敵ホドウフォ・ヴィエイラがUFCでギロチンで一本負けしたように、MMAとグラップリングは別物だ。いずれにせよ、競技ブラジリアン柔術においては2019年のムンジアルウルトラヘビー級と無差別級を制したブシェシャこそ、最強のファイターであることは間違いない。

リードカード=プレリミでは勿体ない、ブシェシャのMMA初陣だ。

■ ONE Revolution対戦カード

<ONE世界ライト級(※77.1キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]クリスチャン・リー(米国)
[挑戦者] オク・レユン(韓国)

<ONEキックボクシング世界バンタム級選手権試合/3分5R>
【王者】カピタン・ペッティンディーアカデミー(タイ)
【挑戦者】メヂ・ザッツプッツ(アルジェリア)

<ONE世界ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
[王者]ジョシュア・パシオ(フィリピン)
[挑戦者]猿田洋祐(日本)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
マーチン・ウェン(豪州)
キム・ジェウン(韓国)

<ヘビー級(※102.01キロ)/5分3R>
アミール・アリアックバリ(イラン)
アナトリー・マリキン(ロシア)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ヴィクトリア・リー(米国)
ヴィクトリア・ソウザ(ブラジル)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
リト・アディワン(フィリピン)
ハシガトゥ(中国)

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
ペッダム・ペッティンディー・アカデミー(タイ)
内藤大樹(日本)

<ヘビー級(※102.01キロ)/5分3R>
マーカス・アルメイダ(ブラジル)
トーマス・ナルモ(ノルウェー)

<キックボクシング・バンタム級/3分3R>
ペッタノン・ペットフォーガス(タイ)
ジャン・チェンロン(中国)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ジェームス・ヤン(米国)
ロエル・ロサウロ(フィリピン)

■ONE Battle Ground03視聴方法(予定)
8月27日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ ONE Battle Ground03対戦カード

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)
タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)

<57.7キロ契約/5分3R>
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)
バンマードォーチー(中国)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
キム・デフォン(韓国)
シェ・ウェイ(中国)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ビー・ニューイェン(米国)
ジェネリン・オルシム(フィリピン)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ティオル・タン(米国)
ソン・ミンジョン(韓国)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
プレウ・オトゴンジャルガル(モンゴル)
ベン・ロイル(英国)

The post 【ONE Evolution】早速の追加カード発表。ついに競技柔術最強=ブシェシャがMMA初陣へ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ABEMA MMA ONE ONE Battle Ground03 シェ・ウェイ ブログ プレフ・オトンジャルガル ベン・ロイル

【ONE Battle Ground03】モンゴルの純真=オトゴンジャルガル─01─「ゲルに住んでいるというは本当です」

【写真】オトゴンジャルガルと家族。キャリア6勝1敗、お父ちゃん──やるしかないでしょっ!! 製作販売しているというTシャツを家族で来てもらったが、この肖像画は……、……(C)ONE

27日(金・現地時間)、ONE「Battle Ground02」が放送される。

7月30日にシンガポールはカランのシンガポール・インドアスタジアムで収録された今大会はこれからのONEという戦場を見るうえで、新たなパワーハウスとなるモンゴルや中国から新たな選手が経験し、初陣に挑む試合が複数組まれている。

27日の収録マッチではプレウ・オトゴンジャルガルが、ベン・ロイルと待望のサークルケージ初戦に挑む。ONE Warrior Seriesのリッチ・フランクリンがウランバートルを尋ねて、トライアウトを行った際に発掘し、「テントに住む凄くハングリーな選手がいて。もの凄く期待している」と評していたのがオトゴンジャルガルだ。

モンゴルではゲルと呼ばれるテントに寝起きしているのが真実なのか。その辺りも含めて、チンギス・ハンを尊敬してやまないオトゴンジャルガル──ひたすらMMAファイターとしての成功を夢見、家族の支えに感謝して、ONEデビューを迎えようとしていた彼を試合前日インタビュー。その模様をここで紹介したい。


──明日、念願のONE初陣でベン・ロイルと対戦します。

「とても楽しみです。明日、試合ができることを心の底から嬉しく思っています」

──一度ONE Warrior Seriesで戦っただけでパンデミックが起こってしまい、2019年の12月から試合ができなくなってしまいました。

「コロナによって試合が出来なくなった時は、とても辛かったです。ウォリアーシリーズの行方も分からない状態になり、モンゴルでもMMAの試合が行われる見込みが全くなくなってしまいました。

僕にはスポンサーもいなかったので、生活は凄く苦しかったです。これは以前から行ってきたのですが、オリジナルTシャツを作成して、それを販売して生計の足しにしていました。それでも試合がないなかで、とにかく練習自体は続けてきましたが、昨年10月に1度だけモンゴルFCで戦うことができました(※セルオド・ビルグンにノースサウスチョークで一本勝ち)。今は3カ月前にスポンサードしてくれる会社もできたので、生活はなんとかなっています」

──生活が凄く苦しかった……。プレフはファイター以外の仕事というのは?

「妻と一緒にオンラインショップをしています。中国から輸入した物を販売するというビジネスです。彼女が輸入や販売の手続きをしてくれて、配達が僕の仕事です。

あとはウランバートルの大きな市場で商売をしたりして、生き抜いてきました。それでも練習をストップすることだけはなかったです。MMAで成功するという強い信念を持って練習は続けてきました」

──コロナ禍を機会に、MMAから身を引くという選択をした選手も世界中にいるかと思いますが、モンゴルというMMA市場がなかなか成立しづらい国にて、プレフは引退を考えたことはなかったですか。

「全くなかったです。妻から生活のためにMMAを辞めてほしいと言われたことも、1度としてありませんでした。彼女は子供が2人いる状態ながら、食事であったり、練習衣の洗濯であったり、献身的に僕のMMAファイター生活をサポートし続けてくれています。

ばかりか『もう少しで成功に近づいているのだから、とにかく頑張って』と背中を押してくれます。モンゴルでは常識的に考えて、MMAファイターとして生きていこうと思えば、生活面はかなり厳しくなります。僕の場合は本当に妻の支えがあって成り立ってきました。

だから2年前にリッチ・フランクリンさんがモンゴルにやってきてウォリアーシリーズと契約できた時は、本当に嬉しかったです。ずっと海外で試合ができる選手になりたいと思っていたので。

あの時はフランクリンさんが練習後に家にやってきて、モンゴルの食事まで食べてくれたんです。先ほど、話したオリジナルTシャツをフランクリンさんだけでなく、スタッフの全員が購入してくれました」

──2019年に日本にリッチ・フランクリンがやってきたときに、「モンゴルにはテントに住む凄くハングリーな選手がいて。もの凄く期待している」と言っていたのですが、それがプレフことで。でも、ゲルに住んでいるというのは盛っているんじゃないかと思っていました。

「ゲルに住んでいるというは、本当の話です」

──えっ、遊牧民が移動しながら生活するためにゲルが存在すると思っていたのですが……プレフは遊牧民ということですか。

「いえ、そんなことはないです(笑)。でもウランバートルでも、ゲルで生活をしている人間は少なくないんです。モンゴル国民は、国から住むために一定の土地を貰うことができます」

──えぇ、そうなのですか。

「ハイ。富裕層はそこに業者に発注して、一軒家を建てます。ある程度経済的に余裕のある人は、その土地にレンガで断熱性のある家を自分で建てて住みます。そうでない人のなかには材料を購入して、木造住宅を自分たちで作ったり、僕のようにゲルを建てて住む。ゲルに住む人の数もかなり多いです」

──全く知らなかったです……。

「フランクリンさんが来てくれた時は、僕はウランバートル郊外の山の頂上に近いところにゲルを建てて住んでいました。ただしコロナが起こって移動制限が出てしまったので、そこに住んでいると練習に行くことが困難になりました。

だからウランバートルの中心に近い場所に母が住んでいて、その敷地内にゲルを建てて今は生活しています。とにかく練習環境を第一に考えてのことです」

<この項、続く>

■視聴方法(予定)
8月27日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ ONE Battle Ground03対戦カード

<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
シッティチャイ・シッソンピーノン(タイ)
タワンチャイ・PKセンチャイムエタイジム(タイ)

<57.7キロ契約/5分3R>
デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)
バンマードォーチー(中国)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
キム・デフォン(韓国)
シェ・ウェイ(中国)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
ビー・ニューイェン(米国)
ジェネリン・オルシム(フィリピン)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ティオル・タン(米国)
ソン・ミンジョン(韓国)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
プレウ・オトゴンジャルガル(モンゴル)
ベン・ロイル(英国)

The post 【ONE Battle Ground03】モンゴルの純真=オトゴンジャルガル─01─「ゲルに住んでいるというは本当です」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMAPLANET ONE ONE Full Blast Report カンタラジ・シャンカル・アガサ シェ・ウェイ

【ONE Full Blast】インドの現実。テイクダウンを切られ続けたアガサが、3R開始に応じずシェがTKO勝ち

thumbnail image【写真】組んでも、組んでもシェに切られ続けたアガサ。テイクダ…

このサイトの記事を見る

カテゴリー
ONE ONE Full Blast Preview アフメッド・ファレス エドワード・ケリー カンタラジ・シャンカル・アガサ シェ・ウェイ ブログ

【ONE Full Blast】女子大会は延期になってしまったけど、インドのアガサとエジプトのファレスに注目!!

【写真】インドのアガサ、エジプトのファレスがどのような戦いをやってのけるのか非常に楽しみ (C) BRAVE CF & ONE

28日(金・現地時間)、ONE120「Empower」がシンガポールのロックダウン政策により延期となり、代わって同じ時間帯にONE 「Full Blast」が放送される。

ライブ中継の女子イベントの代替プログラムは2月26日に収録された試合だ。3カ月前に行われていたとはいえ、MMAPLANET的にはお蔵入りにならず世に出ることを大歓迎したい2試合がある。

それがフライ級のカンタラジ・シャンカル・アガサ✖シェ・ウェイ、フェザー級のアフメッド・ファレス✖エドワード・ケリーの2試合だ。


カンタラジ・シャンカル・アガサはONE Dangalというイベントがあったことで分かるように、ONEが市場として期待しているインドのMMAをリードしてきたファイターだ。

インド人初のMMA世界王者となったアージャン・ブラーは、カナダ国籍のカナダ人。ONEのインド進出の核=リトゥ・フォーガットはEvolve MMA所属でONEが純粋培養するファイターだ。対してアガサは、あのSFL(Super Fight League)というインディアンMMAのパイオニア・プロモーションでキャリアを積んだ純インディアンMMAで育っている。

その後はBRAVE CFやUAE Warriorsという中東プロモーションに進出し、RAVEではインド大会ではモハメッド・ファハッドと並びエース的な立場で出場していた。

一方、アフメッド・ファレスはエジプト人選手。インドもエジプトもいってみれば、スリランカを加えてMMAワールドでは長きにわたり最下位に位置づけられてきた最弱国だ。ONEでも上に記した状況によりインドの市場とファイターを育てようという機運があるが一方で、エジプト人選手の現状は以前と変わりなく、アンダードッグが定位置だ。

そんな状況でファレスは、母国のアラビックUFCというローカル団体でフェザー級王者となり、BRAVE CFを経由してONE Warriorsと契約を果たした。そこでアラン・フィルポットにRNCで一本勝ちし、力でONE本戦契約を勝ち取った。

フィルポットは現UFCのナサニエル・ウッドに勝利、竹中大地には判定負けも、グスタボ・ファルシローリにも勝っており、これらの試合は英国、日本、ロシアで行ってきた猛者だ。ONE WSでもソン・ミンジョンには敗れたが、キム・ミョンギュを含め2勝1敗の戦績を残してきた。

そんな手練れに一本勝ちし、この日放送される試合でエドワード・ケリーというラカイの中堅どころと本戦デビュー戦を戦う。アガサの相手は中国人のシェ・ウェイ。中国人ファイターの発掘&育成シリーズのONE HERO SeriesからWSを経て、ONE本戦にステップアップした。本戦出1勝1敗というシェとアガサの一戦は、インドで育った選手の現状を見極めるリトマス試験紙のような意味合いを持つ。

対して、ファレスはONEで7勝8敗ながらクリスチャン・リーやジャダンバ・ナラントンガラグ、タン・カイというトップどころとの対戦経験もあるケリーが相手だけに、ここをクリアするとランクインが見えてくる──そんな実力査定試合となろう。

■視聴方法(予定)
5月28日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE Super App

■ONE Blast対戦カード

<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
セーマーペッチ・フェアテックス(タイ)
クラップダム・ソー・チョー・ピャッウータイ(タイ)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
カンタラジ・シャンカル・アガサ(インド)
シェ・ウェイ(中国)(中国)

<キック・ウェルター級/3分3R>
サンティーノ・ファーベーク(オランダ)
マイルス・シムソン(オランダ)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
アフメッド・ファレス(エジプト)
エドワード・ケリー(フィリピン)

<57.7キロ契約/5分3R>
アンソニー・ドゥ(米国)
ホイ・リアン(豪州)

The post 【ONE Full Blast】女子大会は延期になってしまったけど、インドのアガサとエジプトのファレスに注目!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMAPLANET ONE ONE Full Blast Preview アフメッド・ファレス エドワード・ケリー カンタラジ・シャンカル・アガサ シェ・ウェイ

【ONE Full Blast】女子大会は延期になってしまったけど、インドのアガサとエジプトのファレスに注目!!

thumbnail image【写真】インドのアガサ、エジプトのファレスがどのような戦いを…

このサイトの記事を見る

カテゴリー
ONE ONE Collision Course ONE115 Report シェ・ウェイ チャン・ロタナ ブログ

【ONE115】左を決めたシェ・ウェイが、チャン・ロタナをパウンドアウト。Ref.Yuji Shimadaがストップ

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
シェ・ウェイ(中国)
Def.3R by TKO
チャン・ロタナ(カンボジア)

左から右オバーフックを放ったシェが、ロタナの後回し蹴りにも左右のフックを伸ばし、ハイキックを狙う。ロタナは距離ができるとスピニングバックキックをもう一度見せるも、低いガードにシェが踏み込んでフック、クリンチから足の甲を踏みつけてる。

ダブルは切ったロタナがボディにヒザを入れるが、ボディロックでテイクダウンを取られる。シェはパスを決めサイドで抑えると、クルスフィックス&パンチを入れる。ロタナは腕を抜いたが、足を戻すことができない。それでもヒザを頭に放ち、マウント狙いに腕を差して立ち上がる。直後にテイクダウンを取り返したシェが、ハーフからヒザを入れ、右のパンチを落として初回をリードした。

2R開始直後にハイを入れ、続いて右ストレートをロタナが打ち込む。シェはスピニングバックキックを腹に入れ、ロタナは2回転の後回し蹴りを繰り出す。ロタナは右オーバーハンドを当て、シェは右前蹴りで距離を作る。ローに右を合わせたロタナはローで足を払い、シェを転がらせる。すぐに立ち上がったシェ左ミドルにフックを合わせようとする。

ロタナは声を上げながらローに右ハイを合わせ、シェが手をマットにつける。立ち上がったところにロタナはステップジャブ、右ストレートを伸ばす。シェはリードフックも勢いが落ちて来たか。鋭い右ローを走らせたロタナに、ミドルを入れて組みついたシェはエルボーを入れて離れる。さらにカウンターの右を当てたシェに対し、ロタナも右を当て返し、ラウンド終了に。ロタナがラウンドを取り返したか。

最終回、ハグから始まった最後の5分──シェが右前蹴りを顔面に届かせ、左ストレートを打ち込む。ロタナは左ローを空振りし、バランスを崩す。それでも右ローを入れたロタナは、もう一発鋭いローを蹴り込む。と、ローに右を当てられ、続いて左フックを被弾したロタナがダウン。右のパウンドを連打したシェがTKO勝ちを決めた。


The post 【ONE115】左を決めたシェ・ウェイが、チャン・ロタナをパウンドアウト。Ref.Yuji Shimadaがストップ first appeared on MMAPLANET.