カテゴリー
BRAVE CF50 other MMA Report ザック・マコウスキー ブログ ヴィリムラット・アルカソフ

【BRAVE CF50】ダウンを奪ったマコウスキー、見過ぎが仇となりアルカソフがスプリット勝利で決勝へ

<BRAVE CFフライ級王座決定T準決勝/5分3R>
ヴェリムラッド・アルカソフ(ロシア)
Def.2-1:29-28.29-28.2829
ザック・マコウスキー(米国)

左ジャブを当てたアルカソフ、続いて左ローにもジャブを入れワンツーへ。マコウスキーのテイクダウン狙いを切ったアルカソフが、ショートのアッパーを打っていく。左ストレートをダブルで見せたマコウスキーが左ロー、クリンチではアルカソフが左を打って離れる。

残り半分、シングルに出たマコウスキーだがアルカソフは、足払いで倒されながら一瞬にして上体を起こし逆にトップを取る。スクランブルから間合を取り直したマコウスキーは、左ジャブを被弾。アルカソフはシングルを切られるも、続くクリンチではヒザをボディに突き上げる。再度ヒザをボディに受けながら、テイクダウンを決めたマコウスキーがバックへ。サイドバックでグラウンドに持ち込んだマコウスキーは、自ら正面に回りギロチンを狙う素振りを見せ時間に。

2R、間合を図る両者、跳びヒザを見せたアルカソフが、ローから左をヒットさせる。急ぎシングルレッグに出たマコウスキーだが防がれも、左に続き右ボディを決める。腹が効いたようにも見えたアルカソフが豪快な後ろ回し蹴りも、空振りに。ローに左を入れたマコウスキーは左ヒザを腹に決める。崩れたアルカソフはがぶられながら立ち上がるも、ヒザを受けシングルにはエルボーを打たれる。

離れたマコウスキーに対し、アルカソフが右ボディを見せる。慎重さが増したマコウスキーは足を使い、追いかけてきたアルカソフに対しシングルへ。切ったアルカソフが左ボディ、続いて三日月を蹴る。前に出て飛び蹴り、右を当てたアルカソフが右ハイ、さらにワンツーで左を当て、右を入れる。腹を効かせたマコウスキーだが、中盤以降は見すぎたラウンドとなった。

最終回、ワンツーで前に出たアルカソフは、スリップしたマコウスキーにパンチをまとめようとする。マコウスキーのテイクダウン狙いをがぶり、クリンチでヒザを腹に受けたアルカソフが左ジャブを当てる。アルカソフはシングルを切って右ショートを入れる。マコウスキーはこの回も見る場面が多く、手数は非常に少ない。

反対に前に出るアルカソフがハイからワンツー、クリーンヒットはないが積極的な姿勢で攻める。見過ぎている影響か、パンチを受けるシーンが増えてきたマコウスキーは、ボディへのヒザとテイクダウン狙い、省エネ&決まれば費用対効果が高い攻撃に攻めをしぼっているようだ。

残り70秒、ヒザ蹴りを掴んだアルカソフがテイクダウンを決めトップを取る。ハーフからバタフライに戻したマコウスキーがスイープで煽る。トップをキープしたアルカソフが左のパンチを入れバックへ。立ち上がったマコウスキーが離れたところで、試合は終わった。

結果、ジャッジの裁定は割れたがアルカソフがスプリット判定で決勝進出を決めた。


The post 【BRAVE CF50】ダウンを奪ったマコウスキー、見過ぎが仇となりアルカソフがスプリット勝利で決勝へ first appeared on MMAPLANET.