カテゴリー
MMA News UFC   イスラエル・アデサニャ ケルヴィン・ガステラム ジャレッド・キャノニア ダレン・ティル

2022.1.22『UFC 270』でデレク・ブランソンとジャレッド・キャノニアが対戦


 UFCが2022年1月22日に『UFC 270』を開催することと、同大会でデレク・ブランソン vs. ジャレッド・キャノニアのミドル級マッチが行われることをMMAJunkieが確認したとのこと。

 ブランソンは『UFC Fight Night 191: Brunson vs. Till』でダレン・ティルに3Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合で現在5連勝中。キャノニアは『UFC on ESPN 29: Cannonier vs. Gastelum』でケルヴィン・ガステラムに判定勝ちして以来の試合。

 デイナ・ホワイトはイスラエル・アデサニャ vs. ロバート・ウィテカーの再戦を示唆してますが、ニュージーランドの新型コロナウイルスによるロックダウン政策によりいつ行われるか未定の状態。しかし、ブランソン vs. キャノニアの勝者がその次のタイトル挑戦者決定戦と見られています。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA ONE UFC   ケルヴィン・ガステラム ジャレッド・キャノニア

『UFC on ESPN 29』ジャレッド・キャノニア vs. ケルヴィン・ガステラムを見たファイター・関係者の反応



Twitter reacts to Jared Cannonier's main event win over Kelvin Gastelum at UFC on ESPN 29(MMAJunkie)

 『UFC on ESPN 29: Cannonier vs. Gastelum』ジャレッド・キャノニア vs. ケルヴィン・ガステラムを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
カテゴリー
Report UFC UFC ESPN29 ケルヴィン・ガステラム ジャレッド・キャノニア ブログ

【UFC ESPN29】5ラウンド、耐久シュートボックスでキャノニアが、ガステラムに競り勝つ

<ミドル級/5分5R>
ジャレッド・キャノニア(米国)
Def.3-0:48-47.48-47.48-47
ケルヴィン・ガステラム(米国)

右ジャブを伸ばすガステラム。キャノニアは右ハイで牽制する。ガステラムは左ロー、ハイから右ローを伸ばすキャノニアはケージに詰めると背中を向けて距離を取る。距離を詰めて右ハイ、ワンツーを繰り出したキャノニアは左ローから左フックを受けそうになる。ガステラムの左と、キャノニアの右が交錯しローの蹴り合いに。キャノニアは左ローに続き、右ミドルとスピードのある攻撃を見せる。ガステラムの左に、右を合わせるキャノニア、下がると左ミドルを蹴られる。そして、左ストレートには右をカウンターで伸ばすキャノニアが、自らステップインしてワンツーを繰り出す。

ガステラムは左ストレートから左ロー、さらに左ローを伸ばすと、キャノニアが右をカウンターで狙う。蹴りを空振りしたキャノニアにガステムらが組みついたところで時間となった。

2R、「良いラウンドだった。もう少し、ローを蹴ろう」とハファエル・コルデイロに送り出されたガステラムは、右ジャブを入れる。シングルレッグに反応したキャノニアが、ハイを狙う。かわしたガステラムは左ボディストレート、腹やローにはカウンターを打たないキャノニアに対し、ボディから右ジャブという攻撃を続ける。ワンツーで前に出たガステラムが、左ローを蹴る。キャノニアは手数が少なく、狙い過ぎか。

ガステラムは再び左ローを蹴り、左ストレートを見せてバックに回る。胸を合わせて離れたキャノニアに左ストレートを入れたガステラム。さらに左を続け、キャノニアはカウンターが打てなくなっている。引き続き左ローから、ボディストレートを狙ったガステラムは、右ハイをかわして右ジャブで跳びこむと、左ローから左ミドルを蹴っていく。キャノニアは自らの動きがなくなっていたが、スイッチキックで前蹴りを繰り出す。ガステラムは構わず、左主体のパンチでラウンドを取った。

3R、ワンツーで前に出るキャノニア、パンチは当たらなかったが自分から動く姿勢を見せる。さらにキャノニアは右ハイを蹴り、左のパンチがあったからこれを受けなかったガステラムは、直後に右ストレートを被弾しダウン。立ち上がり際に右ハイが顔面をかすめる。たまらず組みついたガステラムだが、キャノニアは離れてガステラムの右ジャブに、右を合わせていく。近い距離で右フックのキャノニア、ガステラムも左を返しボクシングの距離から間合を取り直す。キャノニアはダブルレッグを切り、サウスポーから右前蹴り、オーソに戻し縦ヒジを顔面に入れる。

残り1分10秒、空振りになったものの鋭い左アッパーを見せたキャノニアは、左に右のカウンターを合わせるファイトに戻っている。ガステラムはテイクダウンのフェイクから左を当ててラウンドが終了となった。

4R、まずガステラムが左ミドルを決める。構えを変えて右を見せたガステラムだが、空振りしてサウスポーに戻したところで、パンチの連打でケージに押し込まれそうになる。体を入れ替えて逆にキャノニアを押し込むガステラム、首相撲に入られそうになり離れる。ガステラムは左ボディ、回りながら左を伸ばして、左ローを決める。リズムが変わったか、再び受動態のカウンター狙いになりつつあるキャノニアが、右ハイから右フックへ。かわしたガステラムが、左オーバーハンドを狙う。かわして右を狙ったキャノニアが、続くステップインに右アッパーを決める。

動きが止まったガステラムだが、踏み止まり右ジャブを伸ばす。頭を振ってパンチを出すガステラムは左オーバーハンドに、右アッパーを受けそうになった。

最終回、ガステラムの左ボディに対し、左フックを放つキャノニア。スイッチしながらサークリングを繰り返すキャノニアが、右エルボーをヒットする。ガステラムが右ジャブを当てるが、次がなく左に左を合わされる。と、ガステラムはダブルレッグからバックに回るも、正対したキャノニアは倒れない。ダックアンダーで再びバックに回ったガステラムだったが、キャノニアはすぐに正対して離れた。

ガステラムはワンツー、もう一度ワンツーを見せて、左ボディステートを入れる。キャノニアは素早いジャブから右を放ち、このまま逃げ切ると勝ち切れるというファイトに。最後の1分、ガステラムは前に出てフック、ローからキャノニアの前進にダブルレッグも切られる。直後に目を気にして、何やら言葉を発したキャノニアは、再度ダブルレッグを防ぎ、最後の最後に左ストレートにヒザを突き上げタイムアップを迎えた。結果、48-47を3票集めたキャノニアがガステラムを破った。


The post 【UFC ESPN29】5ラウンド、耐久シュートボックスでキャノニアが、ガステラムに競り勝つ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN22 ケルヴィン・ガステラム ブログ ロバート・ウィティカー

【UFC ESPN22】ガステラムの心の内まで見透かしたウィティカーが多彩すぎるMMAを展開、完全勝利

<ミドル級/5分5R>
ロバート・ウィティカー(豪州)
Def.3-0:50-45.50-45.50-45
ケルヴィン・ガステラム(米国)

サイドキックを繰り出すウィティカーが右ロー、ガステラムのステップインに右を当てる。ガステラムはローを入れたが、ウィティカーが右ストレートとジャブ、さらに左フックを当て、ジャブ&左フックというダブルを見せる。ガステラムも前に出てパンチを振るうが、ワンツーで距離を詰めた右ハイがガステラムを襲う。

パンチに目が行き、蹴りが見えていないガステラムはもう一度ハイを蹴られそうになり、残り半分で組まれてテイクダウンを許してしまう。パウンドを落とし、足を一本抜いたウィティカーがエルボーを入れ、冷静に試合をリードする。ガステラムはロックダウンを取っており、背中をつけて戦うということか。それでも殴られ背中を見せたガステラムは、ウィティカーが組みを続けなかったことで自由になるが、直ぐに時間を迎えた。

2R、ウィティカーが右ロー、ガステラムは左を振るって前に出る。と、シングルに出たガステラムだがウィティカーが即反応して離れ、続く前進には下がりながら左を狙う。前に出て右ジャブを当てることもあるガステラムは、目的を果たすよりもジャブを受けることが多い。そして力が入って前に出るや、ウィティカーが組んでボディロックテイクダウンを見事なタイミングで決める。

スクランブルで組みに拘らないのは初回と同じで、離れたウィティカーが右ハイを蹴っていく。シングルのフェイクに続き、ワンツーで前に出たガステラムは右ハイをブロックした直後に左フックを被弾する。左に回りながら、ローに左を当てたウィティカーは、色々な角度で打撃を入れていく。ジャブを当てられ、距離を詰めることができないガステラムは終盤にクリンチに持ち込むも、ウィティカーは体を入れ替え余裕の対応を見せた。

3R、右三日月を入れたウィティカーが鋭い右カーフローを蹴る。ワンツーからスリーで左を当てたガステラムだが、続くローが急所に入り試合が中断する。すぐに再開され、右ハイを蹴ったウィティカーは左を被弾して、間合を取り直す。蹴りが急所に入ったが、あの踏み込みとパンチの回転があればウィティカーを攻略でいるか。

しかし、あの動きを持続することも難しく、結局はウィティカーの距離になり踏み込みが届かくなくなっている。ウィティカーはステップインに右を合わせ、右ミドルに続き左ストレートを当てる。さらに左フックをテンプルに打ち込むなど、多彩な攻撃が続く。

その後も見事なタイミングで左ジャブを当て、右ジャブを被弾しても直後に右を当て返し、蹴りを上下に散らせる。さらに蹴り足を掴み、ニータップのようにパンチを繰り出して尻もちをつかせたウィティカーが、ワンツーを当てラウンド終了を迎えた。

4R、的確な攻撃と適度の省エネファイトを見せるウィティカーは、ダーティボクシングの直後に左ジャブを当て、ワンツーをブロック。近い距離でのシングルにも反応したウィティカーは、ガステラムに付け入る隙を与えない。全ての攻撃が関連しているウィティカーを前にすると、ガステラムの攻撃は余りにも単調だ。

ついには踏み込んでショートアッパーまで繰り出すようになったウィティカーは、とにかく前に出るしか打撃できないガステラムに攻撃を積み重ねていく。そのガステラムもステップジャブをヒットさせるも、あとが続かない。ローの次はニータップ、離れて右エルボーを狙うウィティカー。ここでガステラムがシングルに取り、尻もちをつかせる。すぐにスタンドに戻ったウィティカーは、間合を完全にコントロールし最後もステップインにアッパーを当ててラウンドを締めた。

最終回になると、いよいよ逆転を掛け前に出るしかないガステラムだが、ウィティカーは組んでクリンチ戦に持ち込み時間を使う。ガステラムの右ジャブを届かず、逆に右を被弾。ウィティカーの多彩な攻撃は、打たれる覚悟の上で成り立っている。よってパンチを被弾しても、怯むこともリズムが狂うこともなく距離さえ修正すれば、再び自分のペースで戦えるようになる。

中盤にウィティカーは前蹴りを顔面に届かせ、まだ引き出しを持っていることを見せつけると、さっとシングルレッグでテイクダウンを奪う。既にガステラムの心の動きを察知して戦いを進めるウィティカー。グラウンドのトランジッションからスクランブルまでガステラムを掌の上で転がし、バックとトップを行き来する。最後はガステラムにクローズドガードを取らせ、これ以上ないドミネイトを見せたウィティカーがフルマークの判定勝ちした。


The post 【UFC ESPN22】ガステラムの心の内まで見透かしたウィティカーが多彩すぎるMMAを展開、完全勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC ESPN22 ケルヴィン・ガステラム ジャスティーン・キッシュ トレイシー・コーテズ ブログ ロバート・ウィティカー

【UFC ESPN22】計量終了 女子バンタム級のザラ・フェアンがフェザー級より重くヌネス戦が中止

【写真】この身長差、リーチ差は5センチだがガステラムが肩幅が広く、腕の長さはもっと差があるだろう (C)Zuffa/UFC

16日(金・現地時間)、17日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN22「Whittaker vs Gastelum」の計量が行われた。

第2試合の女子バンタム級でジョシアニ・ヌネスと対戦予定だったザラ・フェアンが 147ポンドとフェザー級より体重が重く、当然のように試合は中止に。フェアンはフェザー級で連続フィニッシュ負けをしており、起死回生のバンタム級転向で大チョンボを犯したことで、リリースされる可能性すら出てきそうだ。


さらに女子フライ級のトレイシー・コーテズも126.5ポンドと1ポンド・オーバー規約から0.5ポンド重く、ファイトマネーの20パーセントを没収されて、キャッチウェイトでジャスティーン・キッシュと戦うことに。

女子3試合中2試合で計量オーバーが見られた今大会のメインは元UFC世界ミドル級王者ロバート・ウィティカーと、ケルヴィン・ガステラムの一戦だ。過去に対戦経験がないのが不思議なほど、ミドル級でトップを張ってきた両者。ウィティカーは王座転落後は渋い試合で2連勝中、対してガステラムは前回のイアン・ハイニッシュ戦こそ勝利収めているが、それ以前は3連敗と苦しい時を過ごした。

サウスポーで出だしが分かりづらいパンチを得意としていたがガステラムだが、その後のテイクダウンという流れがあることで的を捉えていたパンチが、最近は不発だ。テイクダウン防御の上達と倒されてもスクランブルという流れにより、惑わさない相手が増えてきたことで、上背とリーチのなさが彼を苦境に追い込んでいる。

距離感とタイミングに置いて、今もトップレベルにあるウィティカーを相手に、何が違う手があるのかが気になるガステラムだ。

■視聴方法(予定)
4月12日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS

■ UFC ESPN22計量結果

<ミドル級/5分5R>
ロバート・ウィティカー: 185.5ポンド(84.14キロ)
ケルヴィン・ガステラム: 185ポンド(83.91キロ)

<ライト級/5分3R>
ドラッカー・クローズ: 156ポンド(70.76キロ)
ジャレミー・スティーブンス: 156ポンド(70.76キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アンドレイ・オルロフスキー: 250.5ポンド(113.62キロ)
チェイス・シャーマン: 251ポンド(113.85キロ)

<ミドル級/5分3R>
アブドゥル・ラザク: 185.5ポンド(84.14キロ)
ジェイコブ・マルクーン: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ライト級/5分3R>
ルイス・ペーニャ: 155ポンド(70.31キロ)
アレックス・ムニョス: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子フライ級/5分3R>
トレイシー・コーテズ: 126.5ポンド(57.37キロ)
ジャスティーン・キッシュ: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ヘビー級/5分3R>
アレクサンドル・ロマノフ: 264 ポンド(119.74キロ)
フアン・エスピーノ: 257ポンド(116.57キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ジェシカ・ペネ: 116ポンド(52.62キロ)
ルピタ・ゴディネス: 116ポンド(52.62キロ)

<ミドル級/5分3R>
バルトス・ファビンスキ: 184.5ポンド(83.68キロ)
ジェラルド・マーシャート: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ライト級/5分3R>
オースチン・ハバート: 156ポンド(70.76キロ)
ダコタ・ブッシュ: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ザラ・フェアン: 147ポンド(66.67キロ)
ジョシアニ・ヌネス: 136ポンド(61.69キロ)

<バンタム級/5分3R>
トニー・グレイブリー: 135.5ポンド(61.46キロ)
アンソニー・バーチャク: 135.5ポンド(61.46キロ)

The post 【UFC ESPN22】計量終了 女子バンタム級のザラ・フェアンがフェザー級より重くヌネス戦が中止 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC258 イアン・ハイニッチ ケルヴィン・ガステラム ブログ

【UFC258】テイクダウン&スクランブルでハイニッチを支配したガステラムが、フルマークの判定勝ち

<ミドル級/5分3R>
ケルヴィン・ガステラム(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
イアン・ハイニッチ(米国)

まず右ローを蹴ったハイニッチが、レベルチェンジから組んでハイクロッチテイクダウンへ。バックを許したガステラムは前転してスクランブルに持ち込むも、直後にハイニッチがキムラを仕掛ける。極めきれずクラッチが解けると、ガステラムがハイニッチのバックへ。ボディロックから持ち上げる。腹ばいで落とされた、すぐに起き上ってハイニッチはキムラを取りながら引き込む。マウントを取っているガステラムが防いで、エルボーを落とす。ケージキックからスクランブルに持ち込んだハイニッチに対し、ガステラムが左ローを入れる。

ガステラムのシングルを切ったハイニッチだが、ケージに押し込まれる。アンクルピックで崩し、バックに回ったガステラムはボディロックテイクダウンを決める。抑えることはなく、スクランブルに任せたガステラムが離れて右ジャブを当てる。右を当て合った両者、初回が終わった。

2R、左ローを2発入れたガステラムが右フックを被弾する。ハイニッチはダブルレッグを切られ、跳びヒザにダブルレッグを合わされてガードを強いられる。ハーフでエルボーを落とすガステラムが足を抜きに掛かり、スクランブルでバックへ。立ち上がったハイニッチは背中を取られた状態が続き、胸を合わせたところで軽くヒジ打ちを打たれる。

離れて右ミドルを蹴ったハイニッチだが、すぐにケージレスリングで後手に回る。組みのフェイクも逆に組まれたハイニッチは、我慢の時間が続く。逸って前に出るところで左ストレートを受けそうになったハイニッチは、右ミドルを入れる。しかし、攻撃に一貫性がなくバラバラにされており、最後もバックコントロールを許したタイムアップのホーンを聞いた。

最終回、ガステラムが左ロー、ハイニッチは右エルボー放つ。直後にダブルレッグでテイクダウンも、ガステラムがスクランブルでバックすら許さず逆にハイニッチをケージに押し込みバックに回る。クラッチを解いて後方からフックを入れたガステラムは、離れて蹴り足をキャッチしてもテイクダウンへ行かず、ヒザを蹴っていく。

左アッパー、左ハイ、ワンツーと前に出るガステラム。ハイニッチは跳びヒザも着地したところで、ボディロックで捕えられスラムでテイクダウンを許す。背中を譲り継ぐ、後方回転から反転するという複雑な動きでバックに回ったハイニッチが、両足をフックする。

残り2分を切り、ハイニッチはパンチから絞めを狙う。マウントに移行したハイニッチは、背中を譲ったガステラムに前方に落とされ逆転の芽を摘まれる。その後もハイニッチはバックを取られ側転するように離れたが、打撃でも逆転の一発は入れることはできず、残り10秒でダブルレッグでテイクダウンから殴るが、立ち上がったガステラムが逆にテイクダウンを決めタイムアップに。

ガステラムがレスリングでハイニッチを破り、2年9カ月振りの勝利にエモーショナルな表情を浮かべた。


The post 【UFC258】テイクダウン&スクランブルでハイニッチを支配したガステラムが、フルマークの判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview UFC UFN on ESPN+30 UFN172 ケルヴィン・ガステラム ジャック・ヘルマンソン ブログ

【UFN172】ガステラムをヒールで破ったヘルマンソン「僕のことが分かっていないんだよ」

【写真】ガステラムは全く予期していなかったか。1度は足を抜いたので、油断があったのかもいれない(C)Zuffa/UFC

19日(日・現地時間)に、UAEはアブダビ・ヤス島=UFC Fight Islandで行われたUFN172:UFN on ESPN+30「Figueiredo vsBenavidez 2」のコ・メインでジャック・ヘルマンソンがケルヴィン・ガステラムを78秒、ヒールフックで倒した

初回フィニッシュに喜色満面の勝者ヘルマンソンのコメントをお届けしたい。


ジャック・ヘルマンソン
「初回でフィニッシュ、これ以上何を望むことができる? ガステラムはミスをした。僕はグラウンドでは危険なファイターだから。彼はトップゲームに自信があったんだろうけど……これまで背中をマットにつけて戦うことがなかったから、僕のことが分かっていないんだよ。ほとんど全ての人が、僕のグラウンドがどれだけ危険か知らないんだ。その一端しかね。

タイトルショットが僕のゴール。そのために戦っている。そのためにも初回の一本勝ちは完璧だ。いつだってフィニッシュして勝つと満足だ。仕留めることができなければ、不満が残る。ずっと満足できたわけじゃない。でも、今日は初回でフィニッシュできた。とてもハッピーだよ。あまり考え過ぎることなく、練習と同じように動いた。一本を取れるように積極的にね。ガステラムがトップを取った時の対策は練ってきた。見た通り、練習してきた通りになった。僕らはガステラムがこうなることが分かっていたんだ」

カテゴリー
Report UFC UFN on ESPN+30 UFN172 ケルヴィン・ガステラム ジャック・ヘルマンソン ブログ

【UFN172】ジャック・ヘルマンソン、外ヒールでケルヴィン・ガステラムを78秒で破る!!

<ミドル級/5分3R>
ジャック・ヘルマンソン(ノルウェー)
Def.1R1分18秒by ヒールフック
ケルヴィン・ガステラム(米国)

右ミドルを蹴ったヘルマンソン、ガステラムは左フックを見せると組まれてベリートゥベリーでトップを取る。足関節狙いには反転して足を抜いたガステラムだが、離れず正対したところでもう一度、足を取られる。外掛け、アウトサイドヒールでヘルマンソンがタップを奪った。「打撃で攻めようと思って、ガードからの攻めで勝てるとは思っていなかった」とヘルマンソンは勝利を振り返った。