カテゴリー
MMA UFC   ケトレン・ヴィエイラ ミーシャ・テイト

『UFC Fight Night 198』ケトレン・ヴィエイラ vs. ミーシャ・テイトを見たファイター・関係者の反応


 『UFC Fight Night 198: Vieira vs. Tate』ケトレン・ヴィエイラ vs. ミーシャ・テイトを見たファイター・関係者のツイッターでの反応。続きを読む・・・
カテゴリー
MMA UFN198 ケトレン・ヴィエイラ ボクシング ミーシャ・テイト

【UFN198】見る者の心を打つミーシャ……の顔を打ち続けたケトレン・ヴィエイラが判定勝ち

<女子バンタム級/5分5R>
ケトレン・ヴィエイラ(ブラジル)
Def.3-0:49-46.48-47.48-47
ミーシャ・テイト(米国)

3度タッチグローブを繰り返し、思わず笑みをもらしたミーシャ。MMA復帰2戦目で、バンタム級最前線にあるヴィエイラと相対する。右フックから左を見せるヴィエイラに対し、ミーシャは踏み込んでワンツーを狙う。すかさず右を合わせていくヴィエイラは、距離を測りながら素早い右を伸ばす。左ジャブを当てたヴィエイラ、ハンドスピードは明白に違う。

距離を取るミーシャは前蹴りも、左リードをフックを受ける。ヴィエイラのジャブが伸び、果敢にミーシャが踏み込むがカウンターが待ち受けている。ミーシャは右ボディフックを入れ、ワンツーからスリー・フォーと続けて組みつく。ヴィエイラは苦労することなく離れ、左から右アッパー、ボディを殴る。ミーシャはここで組みつくが、自ら離れジャブに逆にジャブを2つ被弾してしまう。ヴィエイラのシングルレッグに、バックを伺ったミーシャは打撃より、組みに力強さを見せた。

インターバル中にデデ・ペデネイラスに「なんでテイクダウンなんて狙うんだ。ボクシングで行けと言ったじゃないか。右を続けろ」という叱責を受けたヴィエイラは、ミーシャの左ハイを払って組まずに、右を振るう。離れたミーシャは初回より近い距離に立ち左ジャブを伸ばす。ヴィエイラは左ジャブを当て打撃でアドバンテージがあるように見える──が、ミーシャも右をヒットさせる。ローで体が一回転したミーシャは、そのローにワンツーを合わせていく。自らのローにワンツーを被弾し、パンチにもカウンターを打たれるミーシャだが、左フックを振るい前蹴りをアゴに入れるとワンツーのコンビで前に出る。

気持ちの強さが変わらないミーシャがワンツーを再び入れるが、その打ち終わりにヴィエイラが左フックを打ち込む。ミーシャはダブルレッグを切られ、ローに跳び込むがテイクダウンを奪えない。それでもワンツーで前に出たミーシャは鼻血を流しながら、ジャブを伸ばす。そのジャブから右をに繋ごうとするミーシャに、右アッパー&左フックを入れたヴィエイラがジャブを当ててラウンド終了となった。

3R、ワンツーで前に出るミーシャ。テイクダウンのフェイクから左を繰り出す。ヴィエイラはしっかりと距離を取るが、ミーシャが左右のローを入れる。距離を詰めるミーシャに対し、ヴィエイラは左フックで迎え撃つ。と、アイポークがあったとヴィエイラがアピールし、試合が中断する。再開後、ジャブから前に出てくるミーシャに対し、ヴィエイラは右オーバーハンドはかわす。カウンター狙いに徹している感のるヴィエイラが、右を当てるがミーシャは殴られても前に出る。

とはいえ後ろ足重心のパンチが多く、パンチに力は伝わり辛く、何よりも組みへの移行にタメが必要な構えになっている。それでもミーシャはダブルレッグで押し込み、スナップダウン。ヴィエイラが前方にバランスを崩したところで離れる。最後の15秒に連打で前に出たミーシャがクリンチからヒザを入れて時間となった。

4R、ミーシャは左ジャブで前に出て右を振るう。完全にリアクションファイトになっているヴィエイラが、右オーバーハンドを被弾する。ミーシャのジャブに右クロスを入れ、ジャブを当てるヴィエイラは、ついにダブルレッグで姿勢を乱し、スクランブルでミーシャがバックに回る。

スタンドのバックキープは、ヴィエイラが胸を合わせるとミーシャがボディと顔面にパンチを入れる。ダーティボクシングで攻めるミーシャは、振りかぶったパンチを打っていく。離れた両者、ミーシャがワンツーを入れ、同時にヴィエイラの左フックを当てる。首相撲に取りながら、ボディを連打されたミーシャが離れる。ここでも飛び込むのはミーシャで、ヴィエイラはローに右を当てようとする。ここでワンツーで前に出たヴィエイラが、組んできたミーシャのボディを殴り、エルボーを顔面に入れる。ミーシャは腰を引いた首相撲からヒザ蹴りも、ポイント的には追い込まれた。

ハグからスタートした最終回、ヴィエイラの回転数が上がる。ミーシャも果敢にダブルレッグからクリンチ、ヒザを突き上げて離れる。直ぐに組んでパンチを入れたミーシャは、離れてジャブを伸ばす。右アッパー&左フックという一番の動きを繰り返したヴィエイラは、やはり待ちの姿勢か。足を止めてパンチを打ち合った両者、優勢なのはヴィエイラだが、頭を振ってミーシャが前に出る。

そこにヒザを入れ、右を決めたヴィエイラはジャブも続けて当て、ミーシャの鼻血が多くなる。と、ミーシャが右オーバーハンドをヒット。ヴィエイラはジャブで前進を止めに掛かり、堅実にパンチを入れる。それでもミーシャは前に出ることを止めず、左フックを届かせる。ヴィエイラは回ってジャブ、左目が潰れたミーシャが追いかけて左ミドル。ヴィエイラがここも距離を取って、勝利とともにデデが肩車し勝利をアピールした。

3R以外はヴィエイラ、49-46がスコアとして妥当だが──果たして結果は48-47が2人、49-46が1人でヴィエイラが判定勝ちで歓喜の雄叫びを挙げた。MMAとしては勝ったのはヴィエイラ、ミーシャの顔面を打ち続けた勝利は注文をつけるべきではないだろう。ただし、人々の心を打ったのはミーシャだったことも間違いない。

「楽しかった。それが私の一番のプライオリティ。接戦だったけど、彼女が勝つ可能性は十分にあると思っていた。私はベストを尽くしたし、彼女は勇敢で素晴らしかった。人生を生きるうえで、この旅を楽しんでいる。この瞬間を生き、この瞬間に成長している。本当に良い時間を過ごしたわ。素晴らしい選手と戦えた。2人の子宝に恵まれて、良い人生を送っている。本当に素晴らしい人生なの。皆、応援してくれてありがとう」とミーシャは話した。


The post 【UFN198】見る者の心を打つミーシャ……の顔を打ち続けたケトレン・ヴィエイラが判定勝ち first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
MMA UFC UFN198   エイドリアン・ヤネス カン・ギョンホ キック ケトレン・ヴィエイラ タッカー・ルッツ パット・サバティニ ブログ ミーシャ・テイト

【UFN198】計量終了 ミーシャ問題なし。コンバットサンボW杯2位サバティニ×CSで判定勝ち2度ルッツ

【写真】眼鏡を掛けて圧力を掛けるルッツ、ちょっと怖い (C)Zuffa/UFC

19日(金・現地時間)、 20日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN198:UFN on ESPN+56「Vieira vs Tate」の計量が行われた。

メインはUFC復帰2戦目のミーシャ・テイトが、ケトレン・ヴィエイラと戦い女子バンタム級の一戦だ。両者は本来10月16日に対戦予定だったが、ミーシャがコロナ陽性となり対決は今大会に持ち越された。

マスク姿でスケールに乗ったミーシャは、135.5ポンドでパスと同時にマクスを外してガッツポーズ&前腕二頭筋にキスする仕草を見せる。

フェイスオフではグータッチを行った両者、かなり近い距離で視線をぶつけ合いステージを下りた。


メイン5試合、プレリミ7試合の今大会。プレリミメインのパット・サバティニ×タッカー・ルッツは興味深いノンランカー対決だ。

レスリングベースでボクシングとキックを取り入れたルッツは、昨年のコンテンダーシリーズで2勝。2試合とも判定勝ちだったが、負傷をおしての魂のテイクダウン&コントロールを見せ、RNCでフィニッシュも狙ったことが評価され、UFCと契約を果たした。

今年5月のUFC初陣でもケビン・アギラーをコントロールして判定勝ちを収めたルッツは、キャリア12勝1敗としている。対してサバティニはRNCとヒールフックを得意としたフィニッシャーだ。

サバティニもレスリングベースだが、ダニエル・グレイシーの黒帯でもあり、さらにはコンバットサンボのワールドカップで準優勝、2016年にスコットランドのエジンバラで開催されたプレジデンツ・カップで優勝を飾るなど、ブレイク有りという状況でのサブミッションにも長けている。

UFCは今回で3戦目で2勝0敗、前回のジャマル・エマースではエマースの仕掛けたトーホールドを&内ヒールで切り返し、タップを奪っている。

打撃の圧からテイクダウンをして削るファイトのルッツと、一瞬のサブミッションで勝利を手にするサバティニ。スタンドの打撃ではルッツに分があり、サバティニとしては体力負けしない序盤で一本が欲しい。いずれのよせ、この試合の勝者は今後フェザー級戦線でトップ15、トップ10に絡んでくることは間違いない。

フェイスオフでは眼鏡をかけたルッツが、握手後に半歩ずつ近寄り、右の拳が小刻みに揺れるサバティニともう一度しっかりと拳を握り合う。静かなる闘志が両者から感じられた。

■視聴方法(予定)
11月20日(日・日本時間)
午前5時00分~UFC FIGHT PASS

■UFN198計量結果

<女子バンタム級/5分5R>
ケトレン・ヴィエイラ: 136ポンド(61.69キロ)
ミーシャ・テイト: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・キエーサ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<バンタム級/5分3R>
ハニ・ヤヒーラ: 135.5ポンド(61.46キロ)
カン・ギョンホ: 136ポンド(61.69キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジョジョ・カルダーウッド: 126ポンド(57.15キロ)
タリア・サントス: 125.5ポンド(56.92キロ)

<バンタム級/5分3R>
エイドリアン・ヤネス: 135ポンド(61.24キロ)
デイヴィー・グラント: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
パット・サバティニ: 145ポンド(65.77キロ)
タッカー・ルッツ: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ライト級/5分3R>
ラファ・ガルシア: 155ポンド(70.31キロ)
ナタン・レヴィ: 154ポンド(69.85キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ローマ・ルックンブーミー: 115.5ポンド(52.38キロ)
ルピタ・ゴディネス: 115.5ポンド(52.38キロ)

<ライト級/5分3R>
テレンス・マッキニー: 155.5ポンド(70.53キロ)
フェレス・ジアム: 156ポンド(70.76キロ)

<フライ級/5分3R>
コディー・ダーデン: 126ポンド(57.15キロ)
アオリーチーラン: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
シャ・イラン: 145ポンド(65.77キロ)
ショーン・ソリアーノ: 146ポンド(66.22キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ルアナ・ピニェーロ: 116ポンド(52.62キロ)
サム・ヒューズ: 115.5ポンド(52.38キロ)

The post 【UFN198】計量終了 ミーシャ問題なし。コンバットサンボW杯2位サバティニ×CSで判定勝ち2度ルッツ first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
Report UFC UFC253 ケトレン・ヴィエイラ シジャラ―・ユーバンクス ブログ

【UFC253】ケトレン・ヴィエイラ、打撃とテイクダウンでシジャラー・ユーバンクスに判定勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
ケトレン・ヴィエイラ(ブラジル)
Def.3-0:29-28.20-28.29-28
シジャラー・ユーバンクス(米国)

試合開始して間もなく、ヴィエイラがユーバンクスをケージに押し込む。体を入れ替えたユーバンクスが離れて右フックから左ジャブ、ヴィエイラも左ジャブを伸ばす。ユーバンクスは右ローを蹴り、右ストレートをヒットさせる。真っすぐ組みに来たヴィエイラを受け止めたユーバンクスは、続くシングルを切りアッパーを突き上げる。

右ストレートをダックでかわしたユーバンクスだが、右ロングフックを被弾する。ユーバンクスは右ストレートを打ち返し、ボディストレートを入れる。さらにヴィエイラの前進に左フックを合わせたユーバンクスだが、右フックは受けてしまう。続いて右オーバーハンドを届かせたヴィエイラのテイクダウンは距離が合わない。ユーバンクスの右オーバーハンドからフックの打ち合いは互いに空振りとなったが、直後に左右のフックを当てたヴィエイラがラウンドの最後にテイクダウンを決めた。

2R、ユーバンクスが右ミドルハイ、初回終了時に続きヴィエイラが小外掛けでテイクダウンを決める。コツコツとパンチを落とすヴィエイラに対し、ユーバンクスがキムラを狙うが腕を抜かれて金網に頭を押しつけられる。残り2分30秒で、レフェリーブレイクを命じ試合はスタンドへ。これだと下の選手は何もしないことが有効になってしまうが、ヴィエイラは素直に受け入れジャブを伸ばしていく。ユーバンクスが右をヒットし、ローもヴィエイラが右をカウンターで合わせる。最後にサークリングで間合を外し、追ってきたユーバンクスに左を当てた。

最終回、左ジャブから右を伸ばすユーバンクスに対して、ヴィエイラはジャブ&右フックから組みつく。クリンチを突き放したユーバンクスは左フックをヒット。ガードの上から左ハイを蹴っていく。直後にパンチの回転数が上がったヴィエイラの左右のフックを上半身を振ってかわしたユーバンクスは左ローを蹴る。激しく左右のパンチを交換させた両者、残り2分を切りヴィエイラがニータップを狙い、踏み止まる。

左のボディショットを入れたユーバンクスが、腹打ちから顔面に右を当てテイクダウン狙いを切る。ユーバンクスは左ミドル、ヴィエイラが組んで小手投げを繰り出すとバックに回る。ヴィエイラはビクトル投げ、ヒザ十字に足を畳んで防いだユーバンクスがパウンドを落としたところでタイムアップとなった。

結果、3-0で勝利したヴィエイラは「マスター・デデ、この勝利はあなたのモノ。12月にチャンピオンになる」と話した。


The post 【UFC253】ケトレン・ヴィエイラ、打撃とテイクダウンでシジャラー・ユーバンクスに判定勝ち first appeared on MMAPLANET.