カテゴリー
BELLATOR MMA PFL PFL2021#10 ケイトリン・ヤング ジュリア・バッド ブログ

【PFL2021#10】元Bellator女子フェザー級王者バッドがヤングをドミネイト&フルマークの判定勝ち

【写真】テイクダウンを織り交ぜ、トップ支配でバッドがヤングを下した (C)PFL

<女子ライト級/5分3R>
ジュリア・バッド(カナダ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ケイトリン・ヤング(米国)

まずバッドが左前蹴りを繰り出し、クリンチの攻防でヤングがヒザを入れる。ボディにヒザを返したバッドが離れ、ヤングが左ローを蹴っていく。さらに左ジャブを当てたヤングに対し、バッドが右を伸ばす。ローに左ジャブを当てていくバッドは、首相撲からダーティボクシング、ヤングはヒザを見せる。離れて両者、バッドがワンツーを2度見せ、ローをチェックする。

ヤングのステップジャブ、さらに左リードフックを受けたバッドはさらにワンツーを貰う。自らのローでバランスを崩したヤングがすぐに立ち上がり、右を伸ばす。間合いの取り合いのなかでバッドは残り50秒になるとダブルレッグでテイクダウンを決める。1度はハーフになったヤングが足を戻してクローズトを取り時間となった。

2R、近い距離での打撃の交換からクリンチの展開になり、ヤングがワキを潜ってバックに回りバッドを押し離す。右フックを空振りしたバッドは、再びクリンチ戦になり組み勝てない。離れた直後に右ローを蹴り、首相撲&ヒザ蹴りを見せたバッドがもう1度ローを蹴り込む。前足を効かされた感のあるヤングだが、ここでワンツーにニータップを合わせてテイクダウンを奪う。

ブリッジ、腕十字を取らさず最後はシングルレッグでリバーサルを決めたバッドがトップへ、ケージにヤングを押し込んだバッドの抑え込みが続く。そのままハーフでラウンドを終えたバッドだが、倒してからの効果的なパウンドは見られなかった。

最終回、ワンツーで前出でるヤング、ダブルレッグをスプロールしきれずテイクダウンを取られる。ヤングのクローズドが相手も足を絡ませていたバッドは、腕十字を潰して担ぎパスを決める。サイドで抑えられたヤングは、マウント狙いに足を戻す。バッドはパンチを落としながらガードの中に収まる。

左足を抜き、ハーフのバッドが抑えて左右のパンチ。ヤングは足を戻すが、スクランブルに持ち込めない。バッドはハーフ&枕で絞めていき肩固めに移行する。

時間まで耐えたバッドが最終回を完全にドミネイトした。

結果的に3Rともトップでラウンド終了を迎えたバッドが、PFL独自のパフォーマスレーティングでも全ラウンドを取っており、フルマークでバッドがPFL初勝利を挙げランス・ギブソンJr&Srと勝利を喜んだ。


The post 【PFL2021#10】元Bellator女子フェザー級王者バッドがヤングをドミネイト&フルマークの判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Invicta FC41 other MMA Report ケイトリン・ヤング ブログ

【Invicta FC41】ボクシングだけのウォーカーを蹴り、ヒザ、ヒジ&パンチで攻めたヤングが快勝

<フェザー級/5分3R>
ケイトリン・ヤング(米国)
Def.3-0:30-26.30-26,30-27
ラトヤ・ウォーカー(米国)

左ジャブを伸ばすヤングが、左ミドルを入れる。ウォーカーもボディストレートを放つが、左ミドルからジャブを受ける。右フックを当てたヤングは右でもミドルを蹴る。直後にウォーカーの右ボディストレートがヤングの腹を捕らえる。エルボーからロー、右ストレートで攻めたヤングは首相撲&ヒザを繰り出す。

ヤングはボクシングに特化した動きを見せ、ローで体が持っていかれそうになる場面も。引き続き顔面とボディ、パンチと蹴りを散らすヤングはジャブを当てられても左右のローを蹴っていく。さらにヤングは左ミドル、右ローを入れ試合を支配する。ウォーカーは前足を削られテレフォンパンチ気味になり、腹を蹴られて明らかに動きが落ちる。それでも左ジャブを返したウォーカーだが、オープンスコアでヤングの3票獲得が明らかとなった。

2R、サウスポーに構えるようになったウォーカーが、すぐにオーソに戻す。ならばと右ローを蹴ったヤングがパンチを纏めて前に出て、離れると左ミドルを蹴り込む。ワンツー、右ローを受けたウォーカーは再びサウスポーにスイッチ。距離を詰めたヤングは首相撲からヒザをボディに突き刺し、テイクダウンを奪う。

寝技に拘らなかったヤングはスタン戦にも戻ると、オーソになったウォーカーの左足を削る。またもサウスポーに構えたウォーカーは、ロー、ジャブを被弾し続ける。構えに関係なく足、腹、顔を攻めるヤングが右ハイ。ウォーカーのワンツーにも右を合わせ、左ミドルを決めたヤングが余裕の試合展開で、この回もジャッジ3者の支持を集めた。

最終回、ヤングの首相撲狙いにパンチをまとめたウォーカーだが、ローを受けて苦し気な表情を浮かべる。クリンチからヒジ、エルボー、右ストレート、再びヒザで攻めたてるヤングが左エルボーを入れる。首相撲から逃れられないウォーカーは腹へのヒザ蹴りに対抗できない。

右ショート、エルボー、ヒザをケージに詰まったウォーカーに続けるヤング。ウォーカーもヒザ、ボディを返すが、ヤングのヒザとヒジは止まらない。ヤングの崩しからの右ハイは目測を誤るも、ここで間ができてもウォーカーはケージから逃れることができない。殴られ顔を背けるようになったウォーカーはバックを譲り、ヤングが後方からのパンチ&エルボーを打ち込む。最後は胸を合わせてパンチを振るったウォーカーは、試合終了までたち続けたが判定で勝ち目はなかった。