カテゴリー
MMA UFN197 ケイオス・ウィリアムス ミゲール・バエサ

【UFN197】バエサがカーフキッカーに……。そのカーフにフックを被弾し、ケイオス・ウィリアムスに敗れる

<ウェルター級/5分3R>
ケイオス・ウィリアムス(米国)
Def.3R3分1分02秒by KO
ミゲール・バエサ(米国)

ケージの前を左右に回るバエサに対し、ウィリアムスがローを空振りする。続いて左フックを飛び込むも、バエサが右に回ってかわす。まっすぐダブルレッグを狙ったバエサが、切られてケージ前に戻って右回りを続ける。右ハーフを入れたウィリアムスは右フックもバエサが、右オーバーハンドから左フックをヒットさせる。

効いたウィリアムスは逆にバエサの右オーバーハンドに右を合わせる。腰が落ちかけたバエサだが、ウィリアムスも追撃をかけず距離を取ったファイトを続ける。ローでバランスを崩し下になったバエサがトーホールドから、ヒールを狙う。さらにヒザ十字に入ったバエサは、再びトーオールドにスイッチし50/50から内ヒールへ。殴るウィリアムス、ヒザを曲げられヒールに固執したバエサはさらにパウンドを受けて時間となった。

2R、初回よりやや距離が詰まった感のある両者。バエサもケージより中央を取って戦う。ローの蹴り合い、慎重な試合の組み立てのなかでウィリアムスがワンツーで前に出る。バエサもジャブを返し、ローから右前蹴りを顔面に届かせる。鋭いカーフを走らせたバエサは、ローが急所に入ったと中断を要求する。

再開後、カーフを2発受けたウィリアムスが姿勢を乱す。そのカーフに左フックを合わせようとするウィリアムス。互いが慎重過ぎるなかバエサが前蹴りを決める。さらにカーフを続けるバエサと、ロングフックのウィリアムスの戦いは、残り1分に。ウィリアムスは左右のローを蹴り、カーフに右フックを合わせる。カーフの距離で殴られるバエサ、クリンチでヒザを急所に受け、不満を露わにして座り込む。「わざとでないのは分かっている。でも2度目だ。徹底して注意するように」とレフェリーの伝えられたウィリアムスだが、減点はない。リスタート後、10秒の打撃の交換でウィリアムスが右を当てた。

最終回、集中力が切れているようにも感じるバエサ。そして前回の初黒星の影響か、カウンターを被弾するのが怖いのか、以前のような思い切ったパンチが見られない。ウィリアムスは自由にその空間に踏み込めるが、彼また被弾を警戒してかカーフを蹴られる距離にいる。

と、そのカーフにワンツーからスリーの右フックを受けたバエサが腰から崩れ落ちる。右フックに右を合わされた形になったバエサは、事態を把握できていないのかストップに納得がいっていないような表情を浮かべるなど、記憶が飛んでいることが明白だった。

それにしてもアレだけ自身を持ち、相手の攻撃を見てカウンターの決めていたバエサが、一つの敗北でカーフ頼りの試合をするまで崩れるのか──そんな怖さが見られた試合だった。


The post 【UFN197】バエサがカーフキッカーに……。そのカーフにフックを被弾し、ケイオス・ウィリアムスに敗れる first appeared on MMAPLANET.
カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+41 UFN183 ケイオス・ウィリアムス ブログ ミシェウ・ペレイラ

【UFN183】四次元MMA封印、隙のないミシェウ・ペレイラがケイオス・ウィリアムスに快勝

<ウェルター級/5分3R>
ミシェウ・ペレイラ(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ケイオス・ウィリアムス(米国)

コール時に既にブレイクダンスを見せたペレイラ。左ローを蹴ったウィリアムスに対し、遠いレンジを保つペレイラはワンツーから前蹴りを入れる。既にUFC最長試合時間となったウィリアムスは、待ちの姿勢で距離を保つ。ペレイラの前蹴りに、前に出てロングフックをウィリアムスが繰り出す。ペレイラはワンツーを見せ、離れて左ミドルハイ。ケージを蹴ってのパンチをステップバックしたウィリアムスは、距離が近づくとクリンチ。ペレイラがヒザを放っては離れる。

ウィリアムスの右オーバーハンドは遠かったが、前蹴りをキャッチして右を当てる。急ぎ間合いを外したペレイラは、四次元MMAを封印しソリッドなファイトを展開する。ウィリアムスはまたも前蹴りに右をヒットさせる。とはいえ自ら距離を詰めることはなく、受動態ファイトのウィリアムスに対し、ペレイラは接近戦でヒザを突き上げる。ウィリアムスのローをジャンプしてかわしたペレイラ、直後に時間となった。

2R、左右に回りながら左ジャブを伸ばすペレイラは、ウィリアムスのステップインを下がってかわす。続くワンツーは届かなかったが、スイッチしながら右オーバーハンドを当てる。直後にワンツーフックを返し、クリンチではケージにペレイラを押し込んだウィリアムスが自ら離れる。

左右のローからウィリアムスが右ロー、ペレイラも距離を詰めてジャブ&ストレートを構えを変えつつ狙う。ジャブを差し合い、直後にウィリアムスが右オーバーハンドもペレイラがかわす。パンチを合わされることを恐れずペレイラが右前蹴りを続け、ウィリアムスは左右のフックから真っすぐ下がったペレイラをケージに押し込む。体を入れ替えて鋭いヒザをボディに突き刺すペレイラは、離れて前蹴りから右を入れる。

フックを空振りして姿勢を乱したウィリアムスのバックに回ったペレイラが、スタンドバックに回りRNCへ。そのまま両足をフックしてグラウンドに持ちこんだ直後にラウンド終了も¥、この回はペレイラが取った。

最終回、マットに手をついて蹴りを見せたペレイラが、左ジャブを伸ばす。続いて左リードジャブを当てると、ウィリアムスはローを返してジャブに左フックを合わせようとする。ペレイラは左ハイ、両手をマットにつけてカンガルーキックと得意の無駄な動きを繰り出す。このような動きを見せるということは、調子に乗ってきた感があるペレイラは、左ジャブを当て首相撲に。

パンチがかなり荒く流れ気味になってきたウィリアムスは、動きも落ち攻撃の幅がないことを露呈していく。とペレイラはダブルレッグから一気にテイクダウンを決めてサイドで抑える。ニーインベリーにも左腕を差して立ち上がったウィリアムス。試合は残り1分に。

ウィリアムスが右ボディフック、ペレイラは右前蹴りへ。続く蹴りに右を当てに行ったウィリアムスだが、直後にダブルレッグでテイクダウンを許すとペレイラはエルボー、鉄槌を続けてタイムアップに。

正統派MMAで判定勝ちしたペレイラは「アンソニー・ペティス、お前も勝って。俺も勝った。ゴー、ゴー、2週間後でも3週間でも」と話した。


The post 【UFN183】四次元MMA封印、隙のないミシェウ・ペレイラがケイオス・ウィリアムスに快勝 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFN ESPN+41 UFN183 アンソニー・ペティス ケイオス・ウィリアムス ジェフ・ニール ジミー・フリック ジョゼ・アルド スティーブン・トンプソン ブログ マルロン・ヴェラ ミシェウ・ペレイラ

【UFN184】計量結果 2020年ラストUFCはジョゼ・アルド✖チート・ヴェラ&ペレイラ✖ケイオス

【写真】アルドはチートの足を止めることができるのk (C)Zuffa/UFC

18日(金・現地時間)、19日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN183:UFN on ESPN+41「Thompson vs Neal」の計量が行われた。

2020年最後のUFCは新型コロナウィルスが理由で変更されたカードが5試合と、今年を象徴するような大会となった。


メインでウェルター級のスティーブン・トンプソン✖ジェフ・ニールという渋いカードが用意された今大会、再注目はコ・メインのバンタム級の一番ジョゼ・アルド✖マルロン・ヴェラだ。

現状3連敗の元フェザー級チャンピオンのアルドだが、その相手はアレキサンダー・ヴォルカノフスキー、マルロン・モラエス、そしてUFC世界バンタム級王座決定戦で戦ったピョートル・ヤンだ。そのヤン戦では敗れてなお、アルドは中盤のローキックをボディを効かせるド迫力の攻撃を見せている。

一方のチートことヴェラは負傷絡みとはいえ、あのショーン・オマリーに初黒星をつけて勢いに乗る。スイッチヒッター、途切れることなく攻撃を繰り出す──ノンストップ現代MMAファイターだ。蹴り技を駆使するので腰は立ち気味でありながら、打撃とクリンチの融合は既に一体化という表現が相応しい。一つひとつの重厚感はアルドだが、ヴェラのハイペースに楔を打ち込むことができなければ、3Rで捕まえることは簡単ではないだろう。

さらに塩梅を掴んだ四次元MMAのミシェウ・ペレイラは、戦慄の2試合連続30秒以内KO勝ちケイオス・ウィリアムスとマッチアップされた。ペレイラが変則的な動き、ウィリアムスが右ストレートを当てることができるのか。

足を止めるわけではないが、ヒザ蹴りも含め近距離戦も弱くないペレイラとウィリアムス、一瞬の交錯で決着がつく緊張感あふれる攻防が見られそうだ。

さらにアンソニー・ペティス、マルロン・モラエス、グレッグ・ハーディーというヘッドライナー級のファイターがズラリと並んだ今大会。先週の大会で計量後に流れたジミー・フリック✖コディー・ダーデンのフライ級マッチも見逃せない。

■視聴方法(予定)
12月20日(日・日本時間)
午前6時~UFC FIGHT PASS

■UFN183計量結果

<ウェルター級/5分5R>
スティーブン・トンプソン: 170ポンド(77.11キロ)
ジェフ・ニール: 171ポンド(77.56キロ)

<バンタム級/5分3R>
ジョゼ・アルド: 136ポンド(61.69キロ)
マルロン・ヴェラ: 136ポンド(61.69キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ミシェウ・ペレイラ: 170ポンド(77.11キロ)
ケイオス・ウィリアムス: 169.5ポンド(76.88キロ)

<バンタム級/5分3R>
マルロン・モラエス: 135.5ポンド(61.46キロ)
ロブ・フォント: 136ポンド(61.69キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マルチン・ティブラ: 255ポンド(115.66キロ)
グレッグ・ハーディー: 266ポンド(120.65キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アンソニー・ペティス: 170ポンド(77.11キロ)
アレックス・モロノ: 170.5ポンド(77.34キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
パニー・キアンザド: 135.5ポンド(61.46キロ)
シジャラー・ユーバンクス: 136ポンド(61.69キロ)

<195ポンド契約/5分3R>
デロン・ウィン: 194.5ポンド(88.22キロ)
アントニオ・アローヨ: 194ポンド(87.99キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ジリアン・ロバートソン: 125ポンド(56.7キロ)
タイラ・サントス: 126ポンド(57.15キロ)

<ミドル級/5分3R>
タフォン・エヌシュクウィ: 186ポンド(84.37キロ)
ジェイミー・ピケット: 184.5ポンド(83.68キロ)

<フライ級/5分3R>
ジミー・フリック: 125ポンド(56.7キロ)
コディー・ダーデン: 126ポンド(57.15キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
カールトン・マイナス: 159.5 ポンド(72.34キロ)
クリストス・ギアゴス: 159 ポンド(72.12キロ)

The post 【UFN184】計量結果 2020年ラストUFCはジョゼ・アルド✖チート・ヴェラ&ペレイラ✖ケイオス first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+41 UFN183 アブドゥル・ラザク ケイオス・ウィリアムス ブログ

【UFN183】ケイオス・ウィリアムス、右ストレート一発。30秒でラザクを失神KO。8連勝、11勝1敗に

<172.5ポンド契約/5分3R>
ケイオス・ウィリアムス(米国)
Def.1R0分30秒by KO
アブドゥル・ラザク(米国)

ラザクが体重オーバーでキャッチ戦となった試合。右ローをまず蹴ったウィリアムス、ラザクも右ローを返す。続くラザクの右ローにラザクが右ストレートを合わせる。この一発で、真っすぐ後ろに倒れたラザクは体を硬直させて失神。

ケイオス・ウィリアムスが30秒KO勝ちで、UFCで3連勝となる8連勝を達成し、通算戦績を11勝1敗とした。


The post 【UFN183】ケイオス・ウィリアムス、右ストレート一発。30秒でラザクを失神KO。8連勝、11勝1敗に first appeared on MMAPLANET.