カテゴリー
AJ・ドブソン DWCS S05 Ep04 MMA UFC クレイジソン・ホドリゲス ハッシャム・アルハガ マイケル・モラレス ヴィクター・マルチネス

【DWCS S05 Ep04】アルハガ計量失敗&一本負け。ドブソン、マルチネス、ホドリゲス、モラレスがUFCへ

<189ポンド契約/5分3R>
AJ・ドブソン(米国)
Def.1R4分21秒by RNC
ハッシャム・アルハガ(ヨルダン)

アルハガが体重オーバーとなった試合。開始早々、足を止めて左右のフックを打ち合った両者。動きが止まったアルハガがケージに下がり、一度はケージに押し込むが体を入れ替えたドブソンのヒザを受ける。中央に戻り、再び足を止めての打ち合いで右を被弾したアルハガがダウン。

パウンドの追撃にガードを取ったアルハガだが、ドブソンがパンチを放り込みながらパスを決める。ドブソンはサイドで抑え、ブリッジを潰す。アルハガはガードに戻すが左右のパウンドを受けて目に力がなくなっている。立ち上がったドブソンに続き、スタンドに戻ったアルハガが走って背中を見せて距離を取ろうとするが、後方から殴られ、ケージに詰められパンチを連打される。

ここは右を打ち返して、ピンチをしのいだアルハガだが、テイクダウンからバックを許しここもパンチを打たれ続ける。足をフックせずRNCを仕掛けたドブソンが、アルハガからタップを奪った。

そしてダナ・ホワイトの審判の時、ヴィクター・マルチネス、クレイジソン・ホドリゲス、マイケル・モラレス、AJ・ドブソンの4名がUFC入りを決めた。


The post 【DWCS S05 Ep04】アルハガ計量失敗&一本負け。ドブソン、マルチネス、ホドリゲス、モラレスがUFCへ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA キック クレイジソン・ホドリゲス

【SWCS S05 Ep04】遠めのレンジで蹴り、跳びヒザ。近距離でヒジ&ヒザ、ホドリゲスがキュラトロに完勝

<フライ級/5分3R>
クレイジソン・ホドリゲス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
サント・キュラトロ(米国)

ジャングルファイトのフライ級王者ホドリゲスに対し、グレコベースのキュラトロがケージの前を左右に回る。スピニングバックキックをロドリゲスが2度、見せる。パンチの打ち終わりにキュラトロが組もうとしたが、ホドリゲスが離れる。ロー、前蹴りから右ハイを狙ったロドリゲス、これをキュラトロがブロックする。やや遠目のレンジで戦う両者、ホドリゲスは跳びヒザから着地して左ハイを蹴っていく。

クリンチになっても、すぐに両者は距離を取り直す。と、またもホドリゲスが右後ろ回し蹴りを2度繰り出す。右ハイに続く左ローをホドリゲスが入れ、右ボディを打つ。ダメージを与えることはできなかったが、手数でホドリゲスがリードした。

インターバル中に手数の少ないキュラトロに、「待ち過ぎだ」とセコンドが指示を与える。2Rは始まり、ホドリゲスが左ミドルを決める。続いて左ローを蹴ったホドリゲスは右ミドル、右前蹴りからついにカポエイラのような旋回蹴りを繰り出す。その右足をキャッチしたキュラトロだがテイクダウンを奪えず、初回同様に受けのファイトが続く。蹴りの距離で試合を支配するホドリゲスが、跳びヒザへ。着地のタイミングで組んだキュラトロがボディロックテイクダウンを決める。すぐに立ち上がったホドリゲスはショートのコンビを放ったキュラトロに左ロー、これが急所に入り試合が中断する。

再開後、残り2分をどう戦うか。キュラトロが左フックから右を続け、ホドリゲスは後ろ回し蹴りをまたも2度蹴り、クリンチの展開になると右ヒザを顔面に突き上げる。離れたキュラトロにラッシュをかけ、ハイキックからパンチをまとめる。ボディを打ち抜いたホドリゲスだが、ここでも跳びヒザを狙い着地したところで組みつかれて時間となった。

最終回、ワンツーから3発目を伸ばしたキュラトロが組みへいく。ヒザを入れたホドリゲスは、左ジャブを入れ左ローを蹴っていく。またも拳の攻撃が止まったキュラトロに対し、ホドリゲスはローからハイ、スピニングバックキックと攻める姿勢は見せ続ける。二段蹴りからロー、ついにキュラトロがバランスを崩す。左右のローを蹴られ、右を掴みに行ったキュラトロが取り切れない。さらに跳びヒザを繰り出したホドリゲスは、組まれてもヒザとエルボーを打ち込む。

首相撲からヒザ蹴り、クリンチにはギロチンを仕掛けたホドリゲスだが、これは極め切れず。ホドリゲスはボディロックにも、ケージを使って立ち上がりにかかる。バックをとらせず、正対の直後にヒザを突き上げたホドリゲスが最後も後ろ回し蹴りを腹、そして顔面に狙い、最後も跳びヒザを繰り出し文句なしの判定勝ちを手にした。

「リオで練習できるよう支えてくれたスポンサーに感謝している。どの距離からインパクトのある攻撃ができるかやってきた。それが出せて良かった」とホドリゲスはバックステージ・インタビューで話した。


The post 【SWCS S05 Ep04】遠めのレンジで蹴り、跳びヒザ。近距離でヒジ&ヒザ、ホドリゲスがキュラトロに完勝 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF DWCS S05 Ep04 Preview UFC クレイジソン・ホドリゲス ハッシャム・アルハガ ブログ マイケル・モラレス

【DWCS S05 Ep04】連勝&圧倒的なフィニッシュ率誇る出場選手たち、ヨルダンのアルハガに注目

【写真】まだまだ少ないアラブ社会のUFCファイター。ハッシャム・アルハガにヨルダンから挑む (C)UAEW

21日(火・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXでDWCS S05 Ep04が開催される。

過去3週、計15試合で15人の契約ファイターを生んでいる2021年のコンテンダーシリーズ。敗者から契約者が生まれ、これまでの15人の勝者で契約がならなかったのは1人という過去に例を見ない高い契約率を誇っている。


第4週も無敗、そして黒星のついている選手ともども高いフィニッシュ率を誇る選手が揃っている。第3試合のフライ級に出場するクレイジソン・ホドリゲスは、ジャングルファイトのフライ級王者で6勝1敗、4勝がKOで1勝がRNCで一本勝ち、4試合が1R決着というファイターだ。

コメインに出場する22歳のエクアドル人ファイターで、メキシコのティファナ在住のマイケル・モラレスは今大会出場選手のなかで戦績的にはナンバーワン、デビュー以来11連勝中で9試合でKO勝ちしている。細身でリーチが長く、ジャブからストレートというなかで、ロングレンジのアッパーなどMMAにあったパンチを持つエクアドルのKOアーチストだ。

そんななかメインに出場するハッシャム・アルハガに注目したい。既に32歳、ヨルダンのアンマン出身のアルハガは、MMA戦績6勝0敗──その全てをDesert Force、BRAVE CF、そしてUAE Warriorsという中東のイベントで戦ってきた。

法律家という一面を持つインテリジェンス・スナイパーは、4試合でKO勝ち、2試合が一本勝ちというパーフェクト・レコードを持つ。とはいえ、対戦相手のAJ・ドブソンも5連勝中で1分以内でのKO勝ちが3試合という秒殺男だ。

KO必至の一戦、当然のようにトータルでの力が求められるが、アルハガがUFCとサインできれば、アリ・アル・カイシに続く2人目のヨルダン人UFCファイターとなる。

■視聴方法(予定)
9月22日(水・日本時間)、午前9時~UFC FIGHT PASS

■ DWCS S05 Ep04対戦カード

<ウェルター級/5分3R>
ハッシャム・アルハガ(ヨルダン)
AJ・ドブソン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マイケル・モラレス(エクアドル)
ニコライ・ベレテンニコフ(ウクライナ)

<バンタム級/5分3R>
スティーブン・ヌウェン(米国)
テオ・アラヤン(米国)

<フライ級/5分3R>
クレイジソン・ホドリゲス(ブラジル)
サント・クラトロ(米国)

<ライト級/5分3R>
ジェイコブ・ロザレス(米国)
ヴィクトー・マルチネス(米国)

The post 【DWCS S05 Ep04】連勝&圧倒的なフィニッシュ率誇る出場選手たち、ヨルダンのアルハガに注目 first appeared on MMAPLANET.