カテゴリー
ONE ONE TNT04 ONE119 Report ウマウ・ケニ・ログログ キリル・グリシェンコ ブログ

【ONE TNT04】えっ?! タイムアップ後のパンチでログログが続行不能──グリシェンコがTKO勝ち

<ヘビー級(※120.2キロ) 5分3R>
キリル・グリシェンコ(ベラルーシ)
Def.2R5分00秒 by TKO
ウマウ・ログログ・ケニ(セネガル)

リーチで優るグリシェンコが前蹴りから距離を詰める。組んだログログは、両ワキを差されヒザをボディに受ける。ケージの前でポジションを入れ替える両者、グリシェンコのヒザが続く。胸を合わせることができないログログは左腕を差し返し、相四つでボディを打ち合う。グリシェンコは右腕を再び差し返し、ヒザ蹴りへ。

ショーツを掴む行為を離れた直後に注意されたログログが、ローキックへ。グリシェンコも右ローを蹴り、右ハイからショートのワンツーを放つ。必死に組んだログログだが、テイクダウンは奪えず逆に削られているか。離れたログログに左ジャブを入れたグリシェンコは右ロー、ログログも右ローを返しスピニングバックフィストに組んでテイクダウンを狙ったところで初回が終わった。

2R、前蹴りからワンツーを放ったグリシェンコ。ログログもフックを連弾し組みつくも、自ら離れる。後ろ回し蹴りでバランスを崩したグリシェンコに対し、組んだログログはケージに押し込むがそれ以上の攻撃はない。ヒザ蹴りに離れたログログがショートのフックを連打する。

残り2分を切り、グリシェンコは左前蹴り、ログログが右ロー。飛び込んでパンチを放ったグリシェンコだが、空振りに終わり組みつかれてケージに押し込まれる。ヒザを見せるが重心が上がってきたグリシェンコも削られてきたか。離れてパンチを打ち合った両者、時間後の1発を被弾したログログが、抗議の声を挙げた直後にマットに倒れこむ。

喉を抑えるログログ、3Rのスタートに応じられずグリシェンコのTKO勝ちに。

最後のパンチは不可抗力かもしれないが、明らかに時間後。ここまでの集計でテクニカル判定ではなく、グリシェンコのTKO勝ち──それがONEのレギュレーションということか。


The post 【ONE TNT04】えっ?! タイムアップ後のパンチでログログが続行不能──グリシェンコがTKO勝ち first appeared on MMAPLANET.