カテゴリー
ONE Inside the Matrix02 ONE113 other MMA Report キャムラン・アバソフ ジェイムス・ナカシマ ブログ

【ONE113 Inside the Matrix02】キャムラン・アバソフ、ジェイムス・ナカシマとの激闘をヒザで制す

<ONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合/5分5R>
キャムラン・アバソフ(キルギス)
Def.4R3分27秒by TKO
ジェイムス・ナカシマ(米国)

サウスポーのナカシマに対し、アバソフが右ロー。テイクダウン狙いのフェイクを見せたナカシマはシングルレッグへ。ダブルに移行するが、自ら離れたナカシマは関節蹴りを繰り出す。鋭い踏み込みから右を放ったアバソフ、ここに組みついたナカシマだがテイクダウンを仕掛けるところまでいかない。

アバソフはサイドキックを見せ、ナカシマのシングルに即反応する。左ローに左を合わせたナカシマだが、直後に右ハイを受けダメージが残ったか。接近戦で首をコントロールして崩したアバソフが、立ち上がり際にパンチを入れてなお攻め急がない。テイクダウンが決まらないナカシマは前に出られない状況でローを蹴る。

右を伸ばして前に出たアバソフ、ナカシマが左ミドルを蹴り込む。続くシングルはまたも切れるが、それでもナカシマも左を当て左ローを蹴っていく。アバソフの右ロングアッパーに組み、クリンチに持ち込んだナカシマだが逆にケージに押し込まれる。もう一度押し込み返したがテイクダウンを奪えないまま初回を終えたナカシマ──得意の展開に持ちこめないが、左で王者の鼻の骨を折る初回となった。

2R、左ストレート&左ローを繰り出すナカシマが、再び左ストレートをヒットさせる。ローを受けたアバソフが返したローは、急所に。試合は中断される。再開後、シングルを切られるが、クリンチに持ち込んだナカシマがダブルへ。ウィザーでそれを許さなかったアバソフが、逆にシングルに取り左のパンチを当てていく。

距離を取り直したナカシマは、右アッパーを2発受けそうになる。右のアッパーを多用するようになったアバソフは、左をヒットされ鼻を気にする場面も。ナカシマはテイクダウンこそ決まらないが、ローを蹴り残り2分に。と、アバソフはシングルレッグでナカシマをケージに押し込むとハイクラッチでテイクダウンを決める。

ナカシマはすぐに立ち上がるが、右ショートを被弾する。右ジャブ&左ローのナカシマが左を当てると、さらに前進に左を合わせる、それでもアバソフが、下がることを知らないように前に出てきたところでタイムアップを迎えた。

3R、ポーカーフェイスのナカシマに対し、痛みを顔に表さないアバソフ。右を伸ばす王者に対し、ナカシマが左を打っていく。シングルに出たナカシマが、リリースしてアッパーを繰り出す。アバソフがワンツーから右ハイ、ガードの上から蹴った直後に右ローを入れる。さらに右アッパーを当てたアバソフに対し、ナカシマがダブルレッグへ。ギロチンがすっぽ抜けたアバソフ、ついにナカシマがトップを取る。

ガードを取ったアバソフのスクランブル狙いを潰し、ナカシマがサイドを取る。アバソフもすぐに足を戻すと、ニーシールドからハーフバタフライへ。バタフライガードを越えてハーフのナカシマ、王者がバタフライに戻す。ナカシマは左足を抜くと、アバソフが首を抱えるがパスを決めヴァンフルーへ。エビで逃れたアバソフは足を戻していく。結局、アバソフは下のままラウンド終了となった。

4R、ナカシマの左ローが急所に入り試合が中断される。リスタート後、アバソフは右ローを蹴り、ナカシマがシングルからクリンチでケージ王者を押し込む。ウィザーが強いアバソフは、ナカシマにレベルチェンジを許さない。それでもダブルにいったナカシマ、アバソフはすぐにワキを差してディフェンスする。

ここでナカシマが離れて左を伸ばす。右アッパーを合わせたアバソフが、ここでもダブルレッグを切る。両者、動きがさすがに落ちてきたか。呼吸が粗いのは鼻が折れたチャンピオンだ。と、組みにいったナカシマの顔面にアバソフが右ヒザが当てる。

後方に倒れたナカシマに鉄槌を落とし、ヒザを頭部に狙ったアバソフが、立ち上がってきたナカシマのハイを狙う。さらに首を掴んでダーティボクシングから崩していく。ナカシマは尻もちをついた状態で足を掴みにいくが、動けずパンチを被弾しレフェリーが試合を止めた。

タン・リー✖マーチン・ウェンと同様に、ONEのレベルを一段上げた激闘で防衛に成功したアバソフは「次? 分からない。でも、ここは僕のサークル。僕のベルト。誰の挑戦でも受ける」と話した。


The post 【ONE113 Inside the Matrix02】キャムラン・アバソフ、ジェイムス・ナカシマとの激闘をヒザで制す first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News ONE ONE Inside the Matrix02 ONE113 エコ・ロニ・サプトラ キム・キュソン キャムラン・アバソフ ジェイムス・ナカシマ ティモフィ・ナシューヒン ピーター・バウシュト ブログ プリシーラ・ガオール モン・ボー 若松佑弥

【ONE113 Inside the Matrix02】計量&ハイドレーション結果 第1試合=女子アトム級戦はGP査定試合?

【写真】デビュー戦同士の時とはいえ、現UFC世界女子ストロー級王者ジャン・ウェイリに勝利しているモン・ボー──要注目だ (C)MMAPLANET

本日6日(金・現地時間)、中継されるONE113「Inside the Matrix02」の最終計量及びハイドレーション結果がONEより発表されている。

ONEでは水抜き禁止、北米MMAより実質1階級の体重が上限となり、ハイドレーション・テストが試合の2日前と前日に行われている。体重はリミット+500グラム、ハイドレーションは1.0250以下という規定が設けられており、1日でもパスできないと試合当日の朝に再計量が必要になっている。


世界ウェルター級選手権試合をメインに、MMAのみ5試合が組まれている今大会。オープニングから女子アトム級で新チャイナ・パワー=モン・ボーが、インドネシアのプリシーラ・ガオールと対戦。恐らくは来年の開催が決定している女子アトム級ワールドGPの査定試合になるであろう注目のマッチアップだ。

なおハイドレーションと計量結果は以下の通りとなっている。

※赤字の選手の名前をクリックするとインタビューに跳びます

■視聴方法(予定)
11月6日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE App
毎週木曜、26時05分~テレビ東京「格闘王誕生! ONE Championship」

■ONE113 Inside the Matrix2対戦カード

<ONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合/5分5R>
[王者] キャムラン・アバソフ:83.7キロ/ 1.0207
[挑戦者]ジェイムス・ナカシマ:81.6キロ/ 1.0083

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ティモフィ・ナシューヒン:76.6キロ/ 1.0044
ピーター・バウシュト:76.4キロ/ 1.0044

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
キム・キュソン:61.15キロ/ 1.0191
若松佑弥:61.2キロ/ 1.0140

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ:60.8キロ/ 1.0237
ラモン・ゴンザレス:60.65キロ/ 1.0099

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
プリシーラ・ガオール:51.45キロ/ 1.0156
モン・ボー:52.1キロ/ 1.0195

The post 【ONE113 Inside the Matrix02】計量&ハイドレーション結果 第1試合=女子アトム級戦はGP査定試合? first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix02 ONE113 キャムラン・アバソフ ジェイムス・ナカシマ ブログ 手塚裕之

【ONE113 Inside the Matrix02】手塚裕之が予想するONE世界ウェルター級選手権試合──勝者:アバソフ

【写真】打撃と見た目のどう猛さが、アバソフ勝利の決め手?! (C)MMAPLANET

いよいよ本日、 6日(金・現地時間)に中継されるONE113「Inside the Matrix II」。今大会ではONE世界ウェルター級王者キャムラン・アバソフに、ジェイムス・ナカシマが挑戦する一戦が組まれている。同階級で戦う選手に世界戦を予想してもらう──シリーズ、今回は手塚裕之がウェルター級世界戦の勝利者予想とその理由を語った。


手塚裕之の予想
勝者:キャムラン・アバソフ
理由
「正直いえば、2人の試合をそれほど見ているわけではないので、分からない部分があるのですが……ジェイムス・ナカシマはテイクダウンと寝技だけのイメージですし、打撃がアバソフの方が強そうなので。総合力でいえばまだアバソフの方が上なんじゃないでいかと思います。でも岡見選手との試合を見ていると、ギロチンで落としかけているし、強いのは強いと思います。何かやりそうですけど、見た目とか獰猛さでアバソフの方が強そうです」

■視聴方法(予定)
11月6日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE App
毎週木曜、26時05分~テレビ東京「格闘王誕生! ONE Championship」

■ONE113 Inside the Matrix2対戦カード

<ONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合/5分5R>
[王者] キャムラン・アバソフ(キルギス)
[挑戦者]ジェイムス・ナカシマ(米国)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)
ピーター・バウシュト(オランダ)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
キム・キュソン(韓国)
若松佑弥(日本)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)
ラモン・ゴンザレス(フィリピン)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
プリシーラ・ガオール(インドネシア)
モン・ボー(中国)

The post 【ONE113 Inside the Matrix02】手塚裕之が予想するONE世界ウェルター級選手権試合──勝者:アバソフ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Interview ONE ONE Inside the Matrix02 ONE113 キャムラン・アバソフ ジェイムス・ナカシマ ブログ

【ONE113 Inside the Matrix02】ウェルター級王座アバソフに挑戦、ジェイムス・ナカシマ「僕がベスト!!」

【写真】インタビューでも口数は本当に少ない。一つの設問に対して、沈黙が続いたなかでそれぞれの返答が聞かれた (C)MMAPLANET

11月6日(金・現地時間)に中継されるONE113「Inside the Matrix II」のメインで、ジェイムス・ナカシマがキャムラン・アバソフの持つONE世界ウェルター級王座に挑む。

MATRIX01で元LFA暫定フェザー級王者タン・リーが、マーチン・ウェンを破りONE世界フェザー級チャンピオンに輝いた。ナカシマは北米#01フィーダーショーで暫定でなく、正規のウェルター級チャンピオンだった。

実力的にUFCやBellatorで戦っておかしくないチャレンジャーが、キルギス国籍のロシア人王者に挑む。北米フィーダーショーはONEにとって開けてはならないパンドラの箱だったのか……がハッキリと分かるウェルター級世界選手権試合。そのファイトウィークにナカシマにインタビューを敢行した。


──ジェイムス、Covid19のパンデミックが起こって終息が見えないなかONEも活動再開。4試合目がタイトルショットとなりました。

「僕は家族が問題なくきている。全てが閉ざされた時があったけど、トレーニングも続けてきたし、しっかりと調整できているよ。

フェニックスでは5月の途中までロックダウンが続き、ジムも閉鎖されていた。でも、僕には自分のマットがあるし、ガレージにマットを敷いて何人かの仲間と、1日に2回のトレーニングを続けてきたんだ。ジムがオープンしても……確か6月だったかな、またフェニックスはロックダウン政策が取られた」

──2度もロックダウンがあったのですね。

「そうなんだ。でも、同じように家で練習はしていたよ」

──今回のウィルスについては春ごろには、また分からないことが多かったです。そして米国は感染者の数も死者の数も世界一ですが、「新型コロナウィルスはインフルエンザと同じだ」という意見もありました。練習を続けていた時、感染の恐怖はなかったですか。

「……。う~ん、君のいうようにこのウィルスについては分からないことが多い。ただし、精神的に健康であることも重要だと僕は考えてきた。未知のウィルスに気を病むよりも、自分の体調が良いならやるべきことをやろうと思ってきたんだ。予防対策はしていたから、パンデミック以降に僕も家族も風邪をひいたこともなくて。

ただし、僕の母は乳がんになり完治した身だから、彼女のことは凄く気にかかっていた。とにかくスマートにすることが一番、マスクと眼鏡をしてソーシャル・ディスタンスを取る。僕は人よりしっかりと予防をしてきたと思う。

フェニックスは今ではマスクを着用したうえで、ジムもオープンしているからね。だからタイトル戦を戦ううえで問題はなかったよ」

──アリゾナでは柔術やMMAのトレーニングが認められているのですか。

「イエス。オファーがあったのは9週間前で、それ以前もジムで練習できていたし。試合が決まってからはランニングやストレングス&フィジカルトレーニングを増やしてきた感じだよ」

──ではキャムラン・アバソフの印象を教えてください。

「グッドファイターだ。タフだし。でも、どの局面でも僕の方が優れている」

──岡見勇信選手に勝った試合では打撃で。タイトルを取った試合ではレスリングで勝利しています。

「爆発力がある、打撃でもレスリングでも。それでもあまり気にしていないんだ。僕はしっかりと自分の技術を使って5分でも、7分でも、15分でも25分でも戦える。特にエネルギーを使い過ぎないようとかペース配分することなく、自分に必要な動きをして戦い続けることができるんだ。

アバソフにはKOパワーがあって、テイクダウンが強くても、それは一瞬の爆発力があるからで。しっかりと距離を考えて戦うと、特に怖いものじゃない」

──北米ではミドル級のリミットのONEウェルター級としても、アバソフは大きいです。

「凄い筋肉をしているよね。う~ん、でも彼より大きなファイターと練習しているし、サイズは大した問題じゃないよ」

──個体として強さのあるロシア系の選手は、北米のファイターほどゲームプランを重要視していないように見受けられます。

「少しぐらいは作戦もあるだろうけど、確かにアバソフもそんな感じだと思う。そういう選手は多いよ。僕としては自信過剰にならず、しっかりと戦うことだよ」

──この試合は残念なことに、ONEのメガイベント復活4大タイトル枠から外れた世界戦となりました。

「う~ん、そこは余り気にしていない。ただ、自分の力を証明することだよ。次はそういうところに並ぶために。僕がや世界最高のウェルター級ファイターであることを証明する。

UFCのカマル・ウスマン、Bellatorのドゥグラス・リマ、ONEチャンピオンシップだろうが、PFLだろうが関係ない。これからピークを迎える僕こそがベストなんだ、それを今回のタイトル戦で見せるよ」

■視聴方法(予定)
11月6日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE App
毎週木曜、26時05分~テレビ東京「格闘王誕生! ONE Championship」

■ONE113 Inside the Matrix2対戦カード

<ONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合/5分5R>
[王者] キャムラン・アバソフ(キルギス)
[挑戦者]ジェイムス・ナカシマ(米国)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)
ピーター・バウシュト(オランダ)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
キム・キュソン(韓国)
若松佑弥(日本)

<ムエタイ59キロ契約/3分3R>
ロッキー・オグデン(豪州)
ヨゼフ・ラシリ(イタリア)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)
ラモン・ゴンザレス(フィリピン)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
プリシーラ・ガオール(インドネシア)
モン・ボー(中国)

The post 【ONE113 Inside the Matrix02】ウェルター級王座アバソフに挑戦、ジェイムス・ナカシマ「僕がベスト!!」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
ONE Inside the Matrix02 ONE113 キャムラン・アバソフ ジェイムス・ナカシマ ティモフィ・ナシューヒン ピーター・バウシュト ブログ プリシーラ・ガオール モン・ボー 未分類 若松佑弥

【ONE113 Inside the Matrix02】若松佑弥出場大会、カード発表。アバソフ✖ナカシマのウェルター級世界戦

【写真】ONE✖北米というだけでなく、ロシア✖北米というべきアバソフ✖ナカシマの世界戦だ (C)MMAPLANET

31日(土・現地時間)、ONE Championshipの公式ホームページで11月6日(金・同)に中継されるONE113「Inside the Matrix02」の対戦カードが発表された。

ONEにとって7カ月振りのメガ・イベントとなるInside the Matrix大会は、昨日30日に世界戦4試合を含む6試合がライブ中継された。日本ではABEMAのライブ中継中に若松佑弥の出場とキム・キュソン戦が明らかとなっていたが、今回の発表でキックボクシング2試合を含む6試合の全容が分かった。


メインはONE世界ウェルター級王者キャムラン・アバソフに、ジェイムス・ナカシマが世界戦だ。昨年5月に岡見勇信を破り、10月にゼバスチャン・カデスタムを破りONEウェルター級の頂点に立ったアバソフに対し、ナカシマはキャリア9連勝でLFAウェルター級王者に輝き、10戦目からONEに戦場をONEに求めるとルイス・サッポや岡見を相手に3連勝中で、キャリア全体を通してはデビュー以来12連勝で負け知らずだ。

昨夜はLFAで暫定フェザー級王者だったタン・リーが、マーチン・ウェンをKOしONE世界フェザー級チャンピオンの座に就いており、北米フィーダーショー王者の実力を見せつけた。今回はそのLFA王者が、ロシア系のアバソフの王座に挑む。いってみればアバソフはウェンやオンラ・ンサンのようにアジアにMMAを普及させたONEの顔ではない──故に昨夜の4大タイトルマッチに並ぶことがなかった。ONEを職場として選択したキルギス国籍の王者アバソフとナカシマの世界戦は、これまでのONEとは違うストーリーラインにあるマッチアップといえる。

セミではライト級=ティモフィ・ナシューヒン✖ピーター・バウシュトが組まれた。バウシュトは下石康太やエドゥアルド・フォラヤンに勝っており、昨夜の大会で世界ライト級王者クリスチャン・リーに挑戦したユーリ・ラピクスよりも下馬評では実力者と目されてきた。

こじつけになってしまうが、ンサンを破り世界ミドル級チャンピオンになったライニア・デリダーと同じオランダ人──バウシュトもまたONEの勢力分布図を変える力を持つ新勢力だ。エディ・アルバレスをKOしたナシューヒンとの一戦は、次期挑戦者決定戦の意味合いも十分にあるだろう。

(C)KEISUKE TAKAZAWA

ようやくみられる日本勢=若松は、かつて日本のHEATで戦いEvolveトライアウトで合格者であるキム・キュソンと戦うが、負けは許されないどころか、その先のステップとなる勝ち方が求められる。

(C)ONE

また王者アンジェラ・リーが産休に入った女子アトム級戦線、来年1月にスタートするという話のGPトーナメント、その査定試合といえるのがプリシーラ・ガオール✖モン・ボーの一戦だ。

デビュー戦で、現UFC世界女子ストロー級王者ジャン・ウェイリに勝利しているボーは、ストロー級時代の緩いラインの時は見るべきところの少ないファイターだったが、アトム級に絞ると打撃がキレキレだ。ストロー級のシィオン・ヂィンナンに続きチャイナパワーを誇示でるか。インドネシアの散打ファイター=ガオルとの戦いは、その試金石となる。

■視聴方法(予定)
11月6日(金・日本時間)
午後9時30分~ ABEMA格闘チャンネル
午後9時30分~ONE App
毎週木曜、26時05分~テレビ東京「格闘王誕生! ONE Championship」

■ONE113 Inside the Matrix02対戦カード

<ONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合/5分5R>
[王者] キャムラン・アバソフ(キルギス)
[挑戦者]ジェイムス・ナカシマ(米国)

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
ティモフィ・ナシューヒン(ロシア)
ピーター・バウシュト(オランダ)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
キム・キュソン(韓国)
若松佑弥(日本)

<ムエタイ59キロ契約/3分3R>
ロッキー・オグデン(豪州)
ヨゼフ・ラシリ(イタリア)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
エコ・ロニ・サプトラ(インドネシア)
ラモン・ゴンザレス(フィリピン)

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
プリシーラ・ガオール(インドネシア)
モン・ボー(中国)

The post 【ONE113 Inside the Matrix02】若松佑弥出場大会、カード発表。アバソフ✖ナカシマのウェルター級世界戦 first appeared on MMAPLANET.