カテゴリー
MMA UFN191 キック キム・ジヨン ボクシング モリー・マッキャン

【UFN191】ノーガード、殴られても仁王立ち&雄叫び。マッキャンが技術で上のキム・ジヨンに判定勝ち

<女子フライ級/5分3R>
モリー・マッキャン(英国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
キム・ジヨン(韓国)

開始と同時に左から右を振るったマッキャンに対し、キム・ジヨンも素早いジャブからアッパーを見せ、フットワークで前進をかわしてハイを狙う。キム・ジヨンはジャブから右も、左フックを被弾してふらつく。マッキャンの追撃に左フックを返すキム・ジヨンは、クリンチでケージに押し込まれる。離れた両者、キム・ジヨンがボディもマッキャンが左ミドルから組みへ。体を入れて間合いを取り直そうとしたキム・ジヨンを、全力で追いかけるマッキャンは、頭が当たってダウン状態で前方に倒れる。

シングルから立ち上がったマッキャンが小手を極めて投げを打つ。耐えたキム・ジヨンがワキを潜ってバックへ。クリンチでヒザを入れ、フェンスに押し付けた状態を続けるキム・ジヨンが、バックコントロールから足をかけつつ、ヒザに移行する。マッキャンは離れると、左右のフックを連打して前に出る。キム・ジヨンも左フックを当てるが、パンチの勢いはマッキャンが上をいった初回だった。

2R、マッキャンが左ミドルから左フック、キム・ジヨンも左を返す。頭から突っ込むように前に出るマッキャンに対し、キム・ジヨンはジャブからローを蹴る。そのローの蹴り終わりにフックを振るうマッキャンに対し、キム・ジヨンがワンツーを決める。マッキャンが睨みをきかせるような顔つきになると、ワンツーで前に出る。そこに右を入れ、前進を止めたマッキャンに対し、右ストレートをキム・ジヨンがヒットさせる。

怯まないマッキャンは、力を入れた右フックで前に出てスイッチ。右クロスをキム・ジヨンが当てるが、マッキャンは思い切りパンチを振るって前に出る。常にパンチに注意を払い、反応することでやや疲れが見えたキム・ジヨンは左を被弾する。ここからパンチを纏めるマッキャン。体重をかけて前に出ているのでマッキャンに勢いがあるように見える。パンチを受けても、さらに前に出たマッキャンは最後にダブルレッグから、自ら後方に倒れこんで上を取り時間となった。

3R、フックの応酬から左ジャブを伸ばすキム・ジヨンが、右を被弾する。マッキャンは打たれても前に出るという勢いがあるが、テクニックで上回るキム・ジヨンもクリーンショットで右を2つ当てる。しかし、そのパンチを確実に当てた直後にマッキャンが反撃してくると、キム・ジヨンの反応が悪くなる。それでもキム・ジヨンは近い距離でコンビネーションを駆使し、マッキャンが粗いフックで前に出る。

ボクシングの技術はキム・ジヨンが上だが、マッキャンは前に出る姿勢を持ち続け、パンチを受けてもより強い一発を狙っていく。そして左ジャブを当てたマッキャンがワンツー・フック、左の相打ちからキム・ジヨンが左ローを蹴る。キム・ジヨンのパンチの打ち終わりにパンチを入れ、頭を振って前に出るマッキャンがスピニングバックキックを見せる。

マッキャンは最後の20秒になるとノーガードで左右のフックを振るい、左を打ち込む。近距離でも思い切りパンチを振るうマッキャンが、ついにはノーガードばかりかヘッドムーブもやめてキム・ジヨンのパンチを被弾する。マッキャンは仁王立ちで、叫び声を挙げタイムアップを迎えた。

結果、ジャッジ3者とも29-28でマッキャンを支持した。


The post 【UFN191】ノーガード、殴られても仁王立ち&雄叫び。マッキャンが技術で上のキム・ジヨンに判定勝ち first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DEEP MMA UFC UFN191 キム・ジヨン ブログ モリー・マッキャン

【UFN191】「ファイヤーフィストでミートボールを創ります」キム・ジヨン in ラスベガス

【写真】拳にキッス。両拳とも、中指が凄まじい──キム・ジヨン(C)MMAPLANET

4 日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFN191:UFC on ESPN+49「Brunzon vs Till」で、キム・ジヨンがモリー・マッキャンと1年振りのファイトに挑む。

DEEP Jewelsバンタム級王者からTOP FCを経てUFC入り、オクタゴンでは3勝3敗も今回キム・ジヨンはラスベガスでキャンプを行い、マッキャン戦に挑む。シンジゲートMMAでロクサン・モダフェリとの出会い、韓国時代とは別物という練習環境を得てアジアの大砲は、どのようなファイトをオクタゴンで魅せてくるのか。

「初めてボクサーと戦える」という彼女は、バチバチの殴り合いへの期待で胸を膨らませているようだった。


──キム・ジヨン選手に再びインタビューできて嬉しいです。1年振りの試合になりますね。

「ハロー、アニハセヨ。1年振りの試合ですけど、凄く気持ちは落ち着いています。何も問題はないと思います」

──今はラスベガスに生活の拠点を置いているのですか。

「2020年に、2021年はキャンプの一部をラスベガスで行おうという計画を立てました。そして5月にポウリーナ・ボテーリョ戦が決まったのですが、負傷欠場することなり、リハビリをUFC PIでしようとラスベガスに来たんです。そして、ベガスで練習を再開し今週末のモリー・マッキャン戦が決まりました。そのまま、こちらでキャンプに入った形です」

──ベガスでの生活に戸惑うことはなかったですか。

「いえ、凄く楽しく充実した日々を過ごしてきました」

──美味しい韓国料理の店を見つけることはできましたか。

「実はUFC PIで用意された食事を摂っているので、韓国料理は食べられていないんです」

──それは残念です。秋山選手やキム・ドンヒョン選手ご用達のテールスープが凄く美味しい店があったので、今も営業中でしたらまたお教えします(笑)。

「ワァ!! ぜひ、お願いします(笑)。アイム・トライング!!」

──ところで今回の試合に向けてUFC PIで準備をしてきたということですか。

「UFC PIでリハビリを1カ月行い、それからシンジケートMMAという新しい環境を得てベースとして練習をするようになり、PIでは引き続きストレングス&コンディショニング・トレーニングを行ってきました。

シンジケートでのトレーニングは、韓国での練習環境とまるで違っていました。素晴らしいヘッドコーチとリーダー、何といっても女子選手がたくさんいて質の高いトレーニングを行うことができています。チームとして、凄く機能しています」

──シンジケートといえば、ロクサンがいますね。

「さっき言った素晴らしいリーダーというのが、ロクサンなんです。もともと、私はプロデビュー前からロクサンの試合を見ていました。スマックガールで戦っていたロクサン、私の日本でMMAのキャリアを積んできたので、ルーツが同じだと思っています。シンジケートの全てのクラスを統べる……学校で言えば、校長先生のような存在です。

強いリーダーシップで皆を引っ張ってくれて。それでも、お姉さんのように凄く良い雰囲気のトレーニングなるよう気遣いがあるんです。ロクサンは本当に言葉に言いあらわせられないほど、私の合流を歓迎してくれました。本当に温かく付き合ってくれています。

ロクサンの家に行ったら、日本のアニメーション……ワンピースやドラゴンボールのコレクションが凄くて。ロクサンがどれだけ日本が好きかも伝わってきました(笑)」

──いやぁベガスでロクサンとジヨンが仲良くしているなんて、本当に嬉しくなってしまいます。そんななか土曜日のファイトは去年の8月の敗戦以来の復帰戦、凄く大切な試合になってきます。

「正直に言うと、オファーを受けるまでモリー・マッキャンがどのような選手か分かっていなかったです。でも映像を見ると、タフなボクサーで自分を見ているようでした。ボクサー✖ボクサーですね。UFC……MMAを戦うようになって、私のようなボクシングがベースの選手と戦うことがなかったので、凄く楽しみにしています」

──マッキャンはそのボクシングから素晴らしいレベルチェンジで、ダブルレッグを決めることがあります。

「それは映像で見て、私も思いました。このオファーの前からレスリング対策はずっとしていましたし、ラスベガスに来てからもタイガームエタイのフランク・ヒックマンがこっちにいて、彼の指導を受けることで私のレスリングは格段に進歩しています。

だからモリーとの試合で、彼女が何度かレベルチェンジからテイクダウンを狙ってきて、私が切ることができると、もう仕掛けられなくなるはずです。結果、ボクシングマッチになります」

──そしてマッキャンのより、キム・ジヨンの右の拳の方がハードだと。

「私のファイヤーフィストで、ミートボールを創ります(笑)。それが答です」

──どのような試合を見せたいのか尋ねようと思いましたが、もう答を貰いました(笑)。

「ファイヤーフィストで私が勝ちます(と言って、拳にキスをする仕草をみせた)」

──土曜日の試合、本当に楽しみにしています。カムサハムニダ。

「カムサハムニダ、サンキューソーマッチ。アリガトウゴザイマス」

The post 【UFN191】「ファイヤーフィストでミートボールを創ります」キム・ジヨン in ラスベガス first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+33 UFN175 アレクサ・グラッソ キム・ジヨン ブログ

【UFN175】序盤攻勢のキム・ジヨンだったが、グラッソのキックボクシング&TDにフルマークの判定負け

<女子フライ級/5分3R>
アレクサ・グラッソ(メキシコ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
キム・ジヨン(韓国)

左ジャブを伸ばすキム・ジヨン、グラッソが右ストレートを見せる。ワンツーの打ち合いで左の返しを当てたキム・ジヨンがワンツーをかわして、ジャブを打っていく。キム・ジヨンは距離が近づくとアッパー、下がりながらも左フックを繰り出す。グラッソのワンツーにも、下がらず手を出して対応するキム・ジヨンが打撃戦をリードして左フックをヒットさせる。グラッソもローからボディを伸ばすと、右ストレートを打っていく。

蹴りを受けたキム・ジヨンは、右から左を入れる。それほどガードを高くせず、相手のパンチを見て戦うキム・ジヨンは、ワンツーを被弾しボディを返す。右の相打ちからローを蹴ったグラッソが終盤盛り返すラウンドとなった。

2R、グラッソは右ローを引き続き蹴り、キム・ジヨンはほぼボクシングに徹する。蹴りが入るようになってから、パンチも当たるようになったグラッソが右を決める。キム・ジヨンも右を返すが、グラッソが左フックに反応できるようになっている。それでも右ショートアッパーを入れたキム・ジヨンは、ワンツーに左フックを合わせようとする。

グラッソが左を当て、左ロー。キム・ジヨンはワンツーで右を届かせ、ワンツーで前へ。左右に回るグラッソが右ストレート。打って離れるグラッソをキム・ジヨンのパンチは捕らえられない。対してグラッソはスーパーマンパンチ、右を当てる。ついに姿勢を下すようになったキム・ジヨンだが、クリンチから右を打ち返す。左目が大きく腫れたキム・ジヨンはこの回を落とした。

最終回、やや遠めの距離で踏み込んでパンチを繰り出す両者。そのタイミングがあったところでグラッソが組みを選択する。頭を抱えてジャンピンガードのような形になったキム・ジヨンだが、グラッソはケージに押し込んで組みを続けず離れる。ここで右を当てたキム・ジヨン、グラッソもワンツーを打ち返す。近い距離での打ち合いで、キム・ジヨンは前に出てクリンチへ。左を差してヒザを入れるキム・ジヨンだが、グラッソが体を入れ替える。

残り2分、キム・ジヨンが左を差して押し込み返す。体を入れ替えながら、ケージ際のクリンチが続き、グラッソが大内刈りでテイクダウンに成功する。ハーフのキム・ジヨンは左腕に右足を置かれてパウンドを被弾。腕を引き戻したが、スクランブルに持ち込むことができずグラッソがショートエルボーを連打しタイムアップに。

ジャッジ3者とも30-27でグラッソを支持し、キム・ジヨンは判定負けとなった。


カテゴリー
Interview UFC UFN on ESPN+30 UFN175 アレクサ・グラッソ キム・ジヨン ブログ

【UFN175】アジア勢米国上陸開始──グラッソと戦う、キム・ジヨン「トップ10の力があることを示す」

【写真】この2試合は計量失敗をしていたキム・ジヨンだが、今回は問題なくパスしている(C)Zuffa/UFC

29日(土・現地時間)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEX開催されるUFN175:UFN on ESPN+33「Smith vs Rakic」にキム・ジヨンが出場し、アレクサ・グラッソと対戦する。

もともと6月27日に組まれていたが、COVID19の感染拡大で延期されていたキム・ジヨンとグラッソの戦いがこのタイミングで組まれた。米国在住でないアジア人UFCファイターが、ついにラスベガスに招聘されるようになったことを示す一戦だ。


26日(水・同)に行われたバーチャルメディアデーで、キム・ジヨンは「この延期は去年、手術した私にとっては、より状態が良くなることができたので良かったと思っている」と話している。

昨年10月にナディア・カッセムに勝利したあと、2カ月後の試合はヒジの負傷でキャンセルした彼女にとって10カ月ぶりの復帰戦となるが「手術後は完治するまでもフィジカル、特にメンタル的に強くなれるよう心がけ、の準備をしてきた。パンデミックは世界の人々を大変な状況においやっているけど、韓国の皆にはUFCの試合を五輪やワールドカップのように楽しんで欲しい。韓国に勝利を持ち帰るためにハードなトレーニングを積んできたので」と語り、手術前よりも調子が良くなっている様子だった。

またストロー級から階級を上げてくるグラッソに対して、「ストロー級の時の彼女は本当に大きかった。フライ級になってパフォーマスは色々と違いが出てくると思う。今、私は14位だけど彼女に勝ってトップ10の力があることを示し、タイトルに近づきたい」というコメントを残している。

■ UFN175計量結果

<ライトヘビー級/5分5R>
アンソニー・スミス: 205ポンド(92.99キロ)
アレクサンドル・ラキッチ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ロビー・ローラー: 171ポンド(77.56キロ)
ニール・マグニー: 171ポンド(77.56キロ)

<女子フライ級/5分3R>
キム・ジヨン: 126ポンド(57.15キロ)
アレクサ・グラッソ: 126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
リカルド・ラマス: 145ポンド(65.77キロ)
ビル・アレジオ: 146ポンド(66.22キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
マゴメド・アンカラエフ: 205ポンド(92.99キロ)
イオン・クテレバ: 205.5ポンド(93.21キロ)

<ミドル級/5分3R>
マキ・ピトロ: 184.5ポンド(83.68キロ)
インパ・カサンガネイ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<ミドル級/5分3R>
ザク・カミングス: 185ポンド(83.91キロ)
アレッシオ・デキリコ: 184ポンド(83.46キロ)

<フェザー級/5分3R>
アレックス・カサレス: 145ポンド(65.77キロ)
オースチン・スプリンガー: 151ポンド(68.49 キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)
クリスチャン・アギレラ: 170ポンド(77.11キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
エミリー・ウィットマイアー: 115.5ポンド(52.38キロ)
ポリアナ・ヴィアナ: 116ポンド(52.62キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
マロリー・マーチン: 115.5ポンド(52.38キロ)
ハナ・サイファース: 117ポンド(53.07キロ)