カテゴリー
ACA Brave CF BRAVE CF53 BRAVE CF55 MMA UFC アザット・マクスン アス・アルマバエフ アリ・バガウティノフ アレクサンダル・ドスカルチュク カスム・カスモフ ガムザット・マゴメドフ ブライン・オドリスコール ホゼ・トーレス ムハマド・モカエフ モチャメド・マカエフ

【BRAVE CF55】フライ級王座決定T準決=バガウティノフ✖ホゼ・トーレス決定!! マカエフ✖カスモフも!!

【写真】ついにバガウティノフ✖トーレスの準決勝が行われる。ムハマド・モカエフはトーレス有利と予想していた (C)BRAVE CF

11月6日(土・現地時間)、ウクライナ国境にほど近いロシアはロストフ・ナ・ドヌーでPRO FCとの共同プロモーションで開催されるBRAVE CF55の陣容が固まりつつまる。

メインはBRAVE CFフライ級王座決定トーナメント準決勝=アリ・バガウティノフ✖ホゼ・トーレス、コメインでモチャメド・マカエフ✖カスム・カスモフのバンタム級マッチが組まれている。


BRAVE CFの最軽量級王座決定トーナメントは昨年9月24日のBRAVE CF42で開幕──本来は準々決勝4試合が消化される予定だったが、ダスティン・オーティズと対戦予定のマルセル・アドゥルの早々に負傷欠場し、QFの1試合が別大会にスライドされた。

ここから交通整理が必要なほど紆余曲折が見られた同トーンメントの進捗状況は以下の通りだ。

BRAVE CF4ファイトウィークになり、ザック・マコウスキーと対戦するはずだったアブドゥル・フセインが計量中に体調を悪化させ、この試合は延期とならずマコウスキーの不戦勝に。

結果2試合のみ実施された準々決勝では、まずヴェリムアド・アルカソフがフラービオ・ケイロスを判定で下し準決勝進出を決めた。しかし、トーレスはショーン・センテーラとドローで3月最終週のBRAVE CF49で再戦が組まれることに。

が、今度はセンテーラが負傷欠場となり、トーレスの不戦勝が決定し、同大会で彼はキャッチウェイト戦でブライン・オドリスコールを下し留飲を下げている。

BRAVE CF49の翌週に開かれた50回記念大会では準決勝=アルカソフ✖マコウスキーがまず実施され、前者が判定勝ちでファイナル進出を決めた。

直後に1試合残された準々決勝でようやくオーティズがプロモーションデビューを果たし、1月にBRAVE CFに合流したアリ・バガウティノフとUFCベテラン対決で相対するも判定負けとなった。それから7カ月を経て、バガウティノフ✖トーレスと準決勝が11月6日にようやく実現する。

この間、フライ級戦線ではM-1フライ級正規王者のアレクサンダル・ドスカルチュクに母国カザフスタン大会=BRAVE CF53でRNCを極めて勝利したM-1暫定フライ級王者のアス・アルマバエフ

さらに同大会でBRAVE二勝目を挙げたオクタゴン・フライ級王者のアザット・マクスンという2人のカザフ勢が合流。

加えてダゲスタン系英国人の超新星ムハマド・モカエフが順調にキャリアを重ね、今大会でBRAVE初出場となる──12勝3敗のロシアン=リズヴァン・アブエフと、UFCに次ぐと言っても過言でない陣容を誇るようになっている。

そんな実力者揃いのフライ級も、ベルトの持ち主が決定しないと回り始めず、スタック状態だ。

実力伯仲もディフェンス能力でバガウティノフが僅差で、トーレスをリードしているように思われる準決勝の行方が気になる一方で、早々のファイナル実行が期待されるBRAVE CFフライ級戦線だ。

8月のイタリア大会でキャリア11戦目、バンタム級転向初戦で54秒KO負けを喫したマカエフの復帰戦は、戦績13勝1敗のカスモフが相手とプロテクトのプの字も感じられない非常に厳しいファイトが用意された。

アクマット・ファイトクラブ所属の強豪カスモフ、正念場のマカエフ、そのマカエフを破ったKHK MMA所属のガムザット・マゴメドフらが、スティーブン・ローマンが返上したBRAVE CFバンタム級王座を巡る戦闘地域に赴いている。

米国、ブラジル、ロシア、中央アジア、欧州勢らが虎視眈々と王座を狙うフライ級に対し、国籍こそオーストリアだがチェチェン人のマカエフ、バーレーン在住のダゲスタン人マゴメドフ、ACAの虎の穴アクメットFC所属のカスモフと──コーカサスの戦闘民族が砂漠のバンタム級王座を争う状態になっている。

The post 【BRAVE CF55】フライ級王座決定T準決=バガウティノフ✖ホゼ・トーレス決定!! マカエフ✖カスモフも!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF BRAVE CF52 MMA アブドゥル・アブドゥラギモフ ガムザット・マゴメドフ ヌルスルタン・ルジボエフ ブログ モチャメド・マカエフ モハメド・サイード・マレム モハメド・ファフレディン

【BRAVE CF52】計量終了 バンタム級初陣モチャメド・マカエフ、ルジボエフ✖アブドゥラギモフに注目

【写真】計量を終え、この症状を浮かべたマカエフ。ケージの中でのパフォーマンスは向上するのか──気になる (C)BRAVE CF

7月31日(土・現地時間)、1日(日・同)にイタリアのミラノで現地のGolden Cageと共同開催される無観客大会=BRAVE CF52「Bad Blood」の計量が行われた。

メインは4月1日の50回記念大会で組まれていたBRAVE CFミドル級王座決定戦=ミドル級王者モハメド・ファフレディン✖モハメド・サリード・マレムがリスケされている。4月はファフレディンが体調不良に陥り、試合直前に欠場が決まり、マレムとの対戦は4カ月遅れて実施されることとなった。

ファフレディンが92.3キロ、マレムが91.6で計量を終えると、フェイスオフ後も睨み続けるミドル級チャンピオンに対し、マレムは我関せず正面を向いて撮影に応じた。


初のイタリア大会、地元イタリア勢やイタリア在住のモルドバ勢を中心に欧州のファイター、そしてロシア系と中央アジア系が集まりBRAVEらしいマッチアップが揃っている。

ベラエティが顔ぶれのなかでも要注目は、バンタム級初戦を迎えるデビュー以来10連勝中、オーストリア在住のチェチェン人ファイター=モチャメド・マカエフだ。流派は不明だがJrで空手、そしてキックの世界王者となったマカエフは、テイクダウンを織り交ぜて力強いファイトをフェザー級でも展開してきた。それでも上背やリーチがないため、さらに上を目指すために階級を落とすことにしたのということだろう。

対戦相手のガムザット・マゴメドフはキャリア6戦5勝1敗、その1敗はJP・ベイスに喫した反則負けだ。IMMAFの世界王者でバーレーンのKHK所属、つまりBRAVE CFによって育て上げられてきた選手といえる。レスリングベースのマゴメドフは、そのKHKで打撃とグラップリングの修得中で、「マカエフと戦えることで、さらにステップアップできる。打撃でも問題なく戦える」と意気込みを語っていた。

一方、マカエフも「彼やレスラー。テイクダウンを切って、打撃を入れる」と宣言。そのマカエフは減量が相当に厳しかったようで、下着を脱いで計量をパスしバキバキボディで雄叫びを挙げている。

フェザー級でも体力負けは特にしてないかったマカエフだけに、この減量がどのような影響を及ぼすか。

ここまでルジボエフの背が高いことが計量で判明した

さらにセミ前のアブドゥル・アブドゥラギモフ✖ヌルスルタン・ルジボエフのスーパーウェルター級のタイトルコンテンダー争いというべき、81キロ契約戦も楽しみだ。

元ウェルター級王者で現スーパーウェルター級チャンピオンのジャラ・フセイン・アルシラウィと1勝1敗、彼に喫した敗北がキャリア唯一の黒星のアブドゥラギモフは、テイクダウン&抜群のコントロール力を持つ。

バックからRNC、がぶってフロント系チョークというフィニッシュもあるアブドゥラギモフに対して、ルジボエフはテイクダウン狙いやサブミッションをカットして、打撃を入れるストライカーだ。BRAVE初陣ではイブラヒム・マネの三角絞めをスラムで叩きつけKO勝ちを収めている。瞬発力だけでなく、耐久力のあるルジボエフだけにアブドゥルギモフのコントロール&パウンドを凌ぎ、攻め疲れがあるようだと一気にパウンドで試合を決めることもあるが、ステディさアブドゥルギモフが有利といえるだろう。

■視聴方法(予定)
6月5日(金・日本時間)、
午前3時00分~ FITE
午前3時30分~ BRAVE TV

■ BRAVE CF52計量結果

<BRAVE CFライトヘビー級王座決定戦/5分5R>
モハメド・ファフレディン:92.3キロ
モハメド・サリード・マレム:91.6キロ

<ミドル級/5分3R>
エンリコ・コルテーゼ:84.3キロ
ルスタン・ジエフ:83.9キロ

<81キロ契約/5分3R>
アブドゥル・アブドゥラギモフ:80.5キロ
ヌルスルタン・ルジボエフ:81.0キロ

<ライト級/5分3R>
ヴァレリュ・ミルシャ:70.4キロ
アユブ・ガジエフ:70.7キロ

<バンタム級/5分3R>
ガムザット・マゴメドフ:61.7キロ
モチャメド・マカエフ:61.6キロ

<スーパーライト級/5分3R>
アフマド・ラバン:75.2キロ
ビルジリュ・フラシネック:74.6キロ

<スーパーライト級/5分3R>
ブノワ・サンドニ:75.3キロ
アルカイツ・ラモス75.0キロ

<フェザー級/5分3R>
エリアス・ブグズダム:66.2キロ
ブリス・ピコ:64.8キロ

The post 【BRAVE CF52】計量終了 バンタム級初陣モチャメド・マカエフ、ルジボエフ✖アブドゥラギモフに注目 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF49 other MMA Report ガムザット・マゴメドフ ブログ マティス・ザハロフ

【BRAVE CF49】パンチを効かされ、足が泳ぎながらTDを決めたマゴメドフが、ザハロフから判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ガムザット・マゴメドフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
マティス・ザハロフ(ラトヴィア)

KHK MMAバーレーン所属のダゲスタン人ファイター=マゴメドフに対し、ザハロフは左ハイを狙う。マゴメドフも右ローを蹴り、左に回る。ザハロフは左の蹴りから左フックを伸ばす。粗い右を見せるマゴメドフに対し、ザハロフが三日月。フックを被弾しても、前に出てハイから左を伸ばすザハロフだが、マゴメドフが粗いフックで前に出てシングルレッグへ。

もう一方の足を刈りテイクダウンを決めたマゴメドフは、ボディロックでトップをキープしながらパンチを打ちつけ、スクランブルでバックに回る。ハイクロッチからシングルレッグで尻もちをつかせたマゴメドフだが、直ぐに立ち上がったザハロフはヒザ蹴りを入れる。それでも組み続け、ケージにザハロフを押し込んだマゴメドフが、ダブルレッグから上手くすかしてバックに回り前方にスラムする。ザハロフは立ち上がり、ケージに押し込まれた状態で初回が終わった。

2R、ザハロフが左を入れ、サイドキックを繰り出す。左の前蹴りを入れたザハロフが左を当てるも、マゴメドフは思い切りフックを振りまわす。そこに左を当てたザハロフは、テイクダウン狙いを切ってヒザを入れる。左ハイから左ストレート、マゴメドフのフックにもカウンターを当てるザハロフが、この回はペースを掴んでいる。

左の蹴り、パンチを入れて離れるザハロフは、目標を失ってケージに突っ込んだマゴメドフに左を当てる。足が泳いだマゴメドフは、さらにパンチを被弾する。完全にダメージが残っていたマゴメドフだが、狙い過ぎで姿勢を乱したザハロフをケージに押し込むとハイクロッチでテイクダウを決め、サイドバックからパンチを打っていく。立ち上がったザハロフは懸命にダブルレッグを耐えるが、再び倒され細かいパンチを打たれる。ハーフで抑えるマゴメドフがバックに回ってRNCへ。

上を向いたザハロフをマウントに取られ強力なパンチを落とすと、背中を見せたところでパンチを纏める。必死に上を向きなおしたザハロフだが、序盤のリードを逆転される5分となった。

最終回、かなり消耗しているザハロフが右ハイを狙う。距離を詰めるマゴメドフは右を当て、ダブルレッグへ。切ったザハロフはフックに間合を取り直すが、右を打たれた直後のダブルレッグでテイクダウンを奪われる。立てなかったザハロフは、首に肩を押し付けられて背中をマットにつける厳しい展開に。

三角狙い、そしてスイープも潰したマゴメドフがハーフで殴る。必死に足を戻すザハロフはスクランブルに持ち込めず、最後まで下を続け判定負けとなった。


The post 【BRAVE CF49】パンチを効かされ、足が泳ぎながらTDを決めたマゴメドフが、ザハロフから判定勝ち first appeared on MMAPLANET.