カテゴリー
MMA SUG27 カイル・ベーム ガブリエル・チェッコ メイソン・ファウラー

【SUG27】メイソン・ファウラー、OTでベームの代役チェッコを顔面潰しで倒し無差別級王座防衛

<SUGアブソルート級選手権試合/5分1R>
メイソン・ファウラー(米国)
Def.OT2R1分23秒by フェイスクランク
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)

2週間前のWNOヘビー級Tに出場し、1回戦を勝ち抜いたもののカットで準決勝を棄権したファウラーがホームに帰還。本来は挑戦者決定トーナメントを勝ち抜き、同じくWNOヘビー級Tにエントリーしていたカイル・ベームの挑戦を受ける予定だったが、負傷欠場でチェッコが代役チャレンジャーとなった。

立ちレスが1分以上続き、互いに首を取り合う展開に。ケージに押し込んでいったチェッコだが、いなしたファウラーが体を入れ替えてがぶる。頭をあげたチェッコがケージを背負った状態となり、試合はあっという間にハーフタイムを過ぎる。

離れたファウラーが中央に戻り、チェッコがスナップダウンでバランスを崩させダブルレッグでケージに押し込む。体を入れ替えたファウラーはがぶってバックに回る。ワンフックで仰向けになったファウラーがシートベルト&トライアングルボディロックを取る。

絞めを防ぐチェックに対し、ケージを蹴ったファウラーが腕十字へ移行する。右腕が伸びたチェッコだが体を並行にし肩を抜いてエスケープ。最後の10秒はスタンドに戻り、オーバータイムに突入した。

先攻のファウラーはシートベルトを選択、まるで本戦の続きのような展開でロールを繰り返す両者がケージ際に移動する。ケージを蹴ったチェッコがファウラーのマウント移行を許さず41秒でエスケープした。

後攻のチェッコもバックを選び、チャンピオンはリストを取って尻をずらすが、真後ろを取り直したチェッコのバックが続く。結果、ファウラーはエスケープまで58秒を要した。

OT2R、ファウラーはここもバック攻めをチョイスし、絞めよりもキープ重視の動きで固める。胸を合わせることができないチェッコは、1分25秒でアゴの上からのフェイロックでタップを強いられた。

後がないチェッコはスパイダーウェブでなく、シートベルトから勝負を賭ける。必死に腕をアゴの上から巻きつけるチェッコだが、背中をスライドさせたファウラーが胸を合わせてエスケープと共に王座防衛に成功した。

「トラッシュトークは好きじゃない。カイル・ベームはナンバーワン・コンテンダーであることは確かだ。そこに言う事は何もない。最初、僕がケガをし、今度は彼がした。誰が1番で、誰が2番なのかハッキリさせたい」とファウラーは勝利者インタビューで話した。


The post 【SUG27】メイソン・ファウラー、OTでベームの代役チェッコを顔面潰しで倒し無差別級王座防衛 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA SUG26   ガブリエル・チェッコ ダニーロ・マルケス

【SUG26】これは珍しい!! SグリップRNCで、ガブリエル・チェッコがマルケスとの延長戦を1Rで制す

<5分1R>
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)
Def.OT1R0分48秒by RNC
ダニーロ・マルケス(ブラジル)

座ったチェッコが、片ヒザ立ちから足を絡ませようとし、マルケスが距離を取る。抑えにきたマルケスに外掛けヒールに捕えたチェッコは、ツイストして防がれるとトーホールドへ。マルケスがしっかりと足を抜き、立ち上がる。両ヒザをついたマルケスだが、チェッコはここもハーフを取り、ラバーを狙う。オモプラッタに察知したマルケスは、ここも立ちあがって防御する。

ガードの中に入ったマルケスは再びチェッコのラバーからの仕掛けを突き放して、立ち上がる。トップを取っても攻め手はなく、チェッコのハーフからの潜りを防ぐ形でファイトタイムは残り30秒に。このままマルケスは延長に持ち込んだ。

マルケスはシートベルトを選択し、四の字フックでホールド。90秒を経過したところで方固めに移行しようとして、残り27秒でチェッコがエスケープを果たした。後攻のチェッコもバックを選び、組手を変えながら絞めを仕掛け続けると──48秒Sグリップで絞めてタップを奪った。


The post 【SUG26】これは珍しい!! SグリップRNCで、ガブリエル・チェッコがマルケスとの延長戦を1Rで制す first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
MMA SUG29 UFC アンディ・ヴェレラ ガブリエル・チェッコ ケイトリン・チューケイギアン ケビン・ケイシー ジリアン・ロバートソン ダニーロ・マルケス デミアン・マイア メイソン・ファウラー

【SUG29】初出場、UFC女子ストロー級=ケイトリン・チューケイギアンはヘンゾ・グレイシーの茶帯柔術家

【写真】このジャブの持ち主が、どのようなグラップリングを見せるか(C)Zuffa/UFC

15 日(日・現地時間)にオレゴン州ポートランドのローズモンド・シアターでSubmission Underground29が開催される。

米国の経済活動再開の波はケージ・ノーポイント&サブオンリー大会にまで波及。SUGは昨年4月から会場名を公開せずに無観客で実施されてきたが、今回からはローズモンド・シアターで客入れをも行われることとなった。


記念すべき有観客再開大会で一番の注目はUFC女子フライ級ファイター同士のマッチアップとなる。SUG4戦目、1勝2敗のジリアン・ロバートソンは、今回がケージグラップリング初陣となるケイトリン・チューケイギアンと5分1Rの短期勝負を行う。

本職といえるMMAでは既にUFC世界王座に挑戦経験があり、直近の試合でもパンクラスで活躍したヴィヴィアニ・アロージョに勝利しているチューケイギアンは、身長の高さとリーチの長さを武器に打撃で相手を突き放すファイトを得意としている。

これまで15勝を挙げたMMAに於いて、今から6年前にローカル大会で腕十字での勝利が唯一の一本勝ちではあるものの、チューケイギアンは実はヘンゾ・グレイシーの門下生でもある。しかもヘンゾがから茶帯を巻かれており、グラップリングではMMAでは見せない一面を見せそうだ。

この他、UFCからはライトヘビー級で2勝1敗と勝ち越しているデミアン・マイアの同門ダニーロ・マルケスが、SUGで8戦目となる同朋のガブリエル・チェッコと戦う。

また石井慧を下し、メイソン・ファウラーの持つSUG無差別級王座挑戦経験もある10thPlanet所属のアンディ・ヴェレラも出場。元はヒクソン・グレイシーの教え子で、クロン・グレイシーの盟友ケビン・ケイシーとOT必至の対戦も組まれている。

The post 【SUG29】初出場、UFC女子ストロー級=ケイトリン・チューケイギアンはヘンゾ・グレイシーの茶帯柔術家 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JJ Globo Report SUG19 ガブリエル・チェッコ ケビン・ケイシー ブログ

【SUG19】本戦で小内刈りを決めたケビン・ケイシーが、OT3Rに腕十字を決めチェッコに勝利

<5分1R>
ケビン・ケイシー(米国)
Def.OT3R0分23秒by 腕十字
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)

引き込んで座ったチェコ、ヒザ立ちのケイシーが頭の後ろを掴む。スイープ狙いを切られたチェッコが立ち上がると、ケイシーは小内刈りを決めてトップに。座ったチェッコに対し、ケイシーは背中をつかせてハーフへ。レフェリーの指示でなく、阿吽の呼吸でケージ中央に両者が戻る。

再びハーフで抑えたケイシーは枕でプレッシャーを掛けてパスに成功する。残り1分、サイドで抑えたケイシーは、腕が取れないとみると上四方へ。体捻り、一旦背中を預けてからチェッコが足を戻したところでタイムアップに。

OTは先攻のケイシーがスパイダーウェブを選択する。腹ばいなり頭を越えていこうとしたチェッコに対し、下になったケイシーは腕を抜かれ41秒でエスケープされた。後攻のチェッコもスパイダーウェブを選ぶが、ケイシーは23秒で腕を抜く。

OT2Rもケイシーは腕十字を選択、チェッコは16秒でエスケープしシートベルトを選択する。ここは一本ではなくポジションの維持を狙ったと思われるチェッコは1分08秒守り切った。

OT3R、当然ケイシーはスパイダーウェブを取り、24秒でタップを奪った。こうなると一本が必要なチェッコもスパイダーウェブを選んだが、エスケープを許しケイシーが勝利した。


The post 【SUG19】本戦で小内刈りを決めたケビン・ケイシーが、OT3Rに腕十字を決めチェッコに勝利 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
JJ Globo Report SUG15 ガブリエル・チェッコ クレイグ・ジョーンズ ブログ

【SUG15】チェッコのエスケープを利して、柔術を見せたクレイグ・ジョーンズ。最後はOTで一本勝ち

<5分1R>
クレイグ・ジョーンズ(豪州)
Def.OT1R
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)

拳を固めファイティングポーズを取ったチェッコ、構わずクレイグはシッティングし近づいていく。左足に絡んだクレイグはハーフガードを取り、チェッコがアームドラッグに反応して立ち上がる。ハーフニーシールドに移行し、ここから一旦足を解いたクレイグはリバースデラヒーバへ。

チェコが尻をマットにつけて足を抜こうとすると、クレイグはここで上を選択する。ハーフでトップを取ったクレイグは足を抜いて反転し一気に足関節へ。足をクロスして防いだチェッコだが、足のクラッチが外れるとクレイグがアシガラミから内ヒールへ。すぐに足を畳み、チェコは自ら足首を掴んで引き寄せて防御する。体を起こしたクレイグが、チェッコが引き寄せた右足にトーホールドを仕掛ける。

さらにクレイグはチェッコが足を組み直したところで、逆足を掴みにいく。急ぎ足を抜いたチェッコがシングルレッグも、がぶられると背中をつけてハーフガードを取る。クレイグはダースチョークで反応し、再びバックを狙う。取らせまいとチェッコが引き込むと、クレイグはパスからニーイン、一気にフルマウントに入る。流れるようなポジション奪取を見せたクレイグは、腕十字に狙いの気配を見せる。体を起こして逃げようとしたチェッコに対し、ギロチンを取ったクレイグは後方回転からマウントを取り直す。

残り10秒、チェッコが逃げ切り試合はオーバータイムへ。OT1Rで先攻クレイグは15秒でRNCを極めた。後攻チェッコもバックを選択、わずか8秒でエスケープしたクレイグがチェッコを下した。


カテゴリー
JJ Globo Report SUG14 オースチン・ヴェンダーフォード ガブリエル・チェッコ ブログ

【SUG14】ガブリエル・チェッコはオーバータイムで、ヴェンダーフォードをRNCで破る

<5分1R>
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)
Def. Overtime by RNC
オースチン・ヴェンダーフォード(米国)

前回大会でジェイク・エレンバーガーを破ったチェッコとリッチー・マルチネスを下したヴェンダーフォードの一戦。チェコが引き込みラバーガード、オーバーフックアームバー、さらにハイガードに入ったところでヴェンダーフォードが立ち上がる。ガードの中に入ったヴェンダーフォードにラバー狙いのチェッコだが、ヴェンダーフォードが右腕を腰に回し右から足を抜きに掛かる。ハーフから枕で抑えるヴェンダーフォード、チェッコがフルガードに戻す。

足を取らせなかったヴェンダーフォードは、ハーフから潜ろうとしたチェコにパスを仕掛ける。チェクはクローズドガードに捕え、オープンから再びオーバーフックアームバーにトライする。腕を抜いたヴェンダーフォードがパス、ここで残り20秒に。ニーインベリーからマウントを取ったヴェンダーフォード、そのままタイムアップに。

オーバータイムはヴェンダーフォードのシートベルトからスタートし、腰をずらしたチェックが20秒でエスケープに成功した。後攻のチェッコもシートベルトを選択し、13秒でヴェンダーフォードがヒップエスケープで逃れる。2本目、ヴェンダーフォードのバックになんとチェッコは8秒でエスケープ。続いてチェッコは1分2秒でフェイスロックを極めた。


カテゴリー
JJ Globo Report SUG13 ガブリエル・チェッコ ジェイク・エレンバーガー ブログ

【SUG13】アンダーグラウンド・サブミッションが無観客大会。チェッコがエレンバーガーを逆三角で破る

26日(日・現地時間)、Submission Underground 13がオレゴン州ポートランドにある──改装された──穀物サイロとされる場所で開催された。プレリミ7試合、メインカード3試合はファイターとレフェリー、そしてセコンドはおらずドクターと4人だけのフロアで、カメラも固定とオートで撮影という状況で行われた。

<5分1R>
ガブリエル・チェッコ(ブラジル)
Def.1分52秒by リバーストライアングル
ジェイク・エレンバーガー(米国)

MMAを引退して1年10カ月、エレンバーガーが現役時代だと1階級上のミドル級のチェッコと対戦。引き込んでから、後方回転気味に足を取りに行ったチェッコはトップを選択する。エレンバーガーが体を起こしてシングルへ。前転するように引き込んだチェッコはリバースハーフから足を抜かれそうになるが、背中をつけてラバーガードへ。足を組み変え、ミッションコントロールから右腕を伸ばしに掛かる。

クローズドに戻したチェッコは三角絞めへ。エレンバーガーの右腕は抜けており逆組みだけ極まらないように思われた。が、左腕の上から足を組まれたエレンバーガーは時計回りに移動しようとし、自らの肩で喉を圧迫されタップを強いられた。