カテゴリー
F2W180 ガブリエル・アウジェス ブログ ラファエル・ロバトJr 未分類

【F2W180】ラファエル・ロバトJr、アウジェスの盾を越えれずも王座防衛に成功

6 日(金・現地時間)、カリフォルニア州ロサンゼルスのマリオットLAで開催されたF2W180。レポード最終回はF2Wライトヘビー級選手権試合=王者ラファエル・ロバトJr✖挑戦者ガブリエル・アウジェス戦の模様をお届けしたい。

2017年&2019年のIBJJFムンジアル黒帯ミドル級世界王者のアウジェスにとっては、2021年初戦は柔術とMMAで頂点に立ったロバトJrのベルトを狙った試合はジャッジ泣かせの試合となった。

<F2Wノーギ・ライトヘビー級選手権試合/10分1R>
ラファエル・ロバトJr(米国)
Def3‐0
ガブリエル・アウジェス(ブラジル)

挑戦者アウジェスが引き込み、Zガードを取る。正座状態でアウジェスの手頸を掴んだ王者ロバトJに対し、アウジェスは右足の位置を高くしてニーシールドへ。さらにアームドラッグ気味に2on1で腕を取ったアウジェスのニーシールドが続く。ロバトJrも頭の後ろに手を回そうとするが、長続きはしない。

おそらくはハーフガードを取りたいロバトJrだが、アウジェスのスネに阻まれる。4分が経過し、アウジェスは一瞬バタフライを取るが、すぐにニーシールドに戻る。ロバトJrが立ち上がると、アウジェスはデラヒーバから回転し、クローズドに移行する。強いフレームでロバトJrの動きを制限するアウジェスが、ミッションコントロールへ。

クローズドに戻ったアウジェスはKガードで右足を取りに行く。頭を押し、腰を引いたロバトJrに対し、アウジェスはここもニーシールドへ。ロバトJrの股下に左足を差し込み、足首を掴んで引き寄せようとしたアウジェスだったが、ニーシールドに戻る。さらに前転して足を取ろうとしたアウジェスに左腕を差したロバトJrが、上半身を固めにかかる。エビで距離を取ったアウジェスが逃れて、シッティングに。ロバトJrのパス狙いを鉄壁のニーシールドで許さないアウジェスがついに立ち上がる。

残り試合タイムは80秒、さらに時間が進みアウジェスがイマナリ・ロールからクローズドを取ると、試合は残り45秒に。腰を切って、腕十字狙いでほんの少しロバトJrを浮かせたアウジェス。ロバトJrはストレートフットロックを仕掛けるもタイムアップに。どちらが優勢だったかの判断は非常に難しいタイトル戦は、3票を集めたロバトJrが、王座防衛に成功した。

ニーシールドを越させなかったアウジェスだが、あまりにも攻めの姿勢が少なかった。


The post 【F2W180】ラファエル・ロバトJr、アウジェスの盾を越えれずも王座防衛に成功 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BELLATOR F2W180 MMA PFL UFC エドウィン・ナジミ ガブリエル・アウジェス ジョニー・タマ バレット・ヨシダ マイキー・ムスメシ

【F2W180】バレット・ヨシダも出場するF2Wで──アウジェス✖ロバトJr、タマ✖ナジミ戦実現

【写真】バレットのクルスフィックスRNCが極まるか(C)MMAPLANET

6 日(金・現地時間)、カリフォルニア州ロサンゼルスのマリオットLAでF2W180が開催され、メインのノーギ・グラップリング戦でハファエル・ロバトJrがガブリエル・アウジェスと対戦する。

(C)SATOSHI NARITA

2017年と2019年のIBJJFムンジアル黒帯ミドル級世界王者のアウジェスにとっては、これが2021年に入って初めての実戦となる。

昨年もThird Coast Grappling とF2Wで合計3試合しか戦っておらず、しかもノーギは2019年にADCC世界大会88キロ級で2回戦でマテウス・ディニスに敗れて以来、1年11カ月ぶりだ。


対してロバトJrは2007年のムンジアル・スーパーヘビー級世界王者で、MMAでもBellatorミドル級で頂点に立ち、海綿状血管腫を理由に打撃有りからは撤退も、精力的に組み技戦に出場し続けている。

今年もF2Wではガブリエル・アルメイダらを破り2勝、WNOではジルベルト・ドゥリーニョに敗れているが、その間にIBJJF計のダラス・オープン、ダラス・ノーギ・オープン、オクラホマ・オープンと今年だけでも9試合も戦ってきた。

ノーギでの経験値と技術的な蓄積もロバトJrに軍配が挙がるが、アウジェスとしても本格的にIBJJFのトーナメントが再開されつつあるなか、試運転としてのF2W出場なのか、マイキー・ムスメシ張りに来年のADCCを狙って本格的にノーギにも挑戦をし始めるのか。その熱量がうかがい知れる一戦となりそうだ。

また2019年ノーギワールズ・ライト級王者のジョニー・タマが、エドウィン・ナジミと対戦する。ナジミは先月18日(日)にSUGでサブオンリー&ケージ・グラップリングに参戦しており、UFCとBellator、さらにPFLと北米メジャーMMAで戦ってきたジャレミー・ケネディをOTで破ったばかりだ。

この両者、2020年にF2Wの道着マッチで対戦しており、ナジミが判定勝ちを収めている。この時、試合の最後の最後にナジミが跳びつき三角を仕掛け、レフェリーは反則を取らなかったがタマがスラムと手段を取っており、ちょっとした因縁がある。

タマはこのところジアンニ・グリッポやオリヴィエ・タザらを相手に3連敗中で、また何かの拍子にフラストレーションを爆発させる危険さをはらんでいる。

なお、今大会にはバレット・ヨシダも出場。スパイダーガードの名手マウシリオ・チンギーニャの黒帯ジェフ・ノラスコと対戦する。スパイダー✖クルスフィックスRNCの対決が見られるか。バレットの姿が視られるだけでも楽しみな今週末のF2Wだ。

The post 【F2W180】バレット・ヨシダも出場するF2Wで──アウジェス✖ロバトJr、タマ✖ナジミ戦実現 first appeared on MMAPLANET.