カテゴリー
Report UFC UFC259 カーロス・アルバーグ ケネディ・ンゼチェクウ ブログ

【UFC259】ンゼチェクウ、理解不能なタフネスさ……。攻め続けたアルバーグが右フックで大逆転負け

<ライトヘビー級/5分3R>
ケネディ・ンゼチェクウ(ナイジェリア)
Def.2R3分19秒by TKO
カーロス・アルバーグ(ニュージーランド)

左ローから右前蹴り、ボディストレート、さらに右ボディを入れ、さらにガードの上からハイキックをきかせたアルバーグ。蹴り足を掴まれ、倒されそうになっても前転からンゼチェクウを振りほどき、エルボー、ボディフック、さらに右ストレート、ボディアッパーからエルボー、ボディにヒザを突き刺す。

ガードを固めるンゼチェクウに対し、アルバーグは離れてジャブからローを効かせる。スイッチして左ミドル、前蹴りから左ジャブを伸ばすアルバーグに対し、ンゼチェクウもパンチを振るって前に出るが、両手首を掴まれエルボーを被弾する。近距離でのハイ、続いて右ストレートを入れたアルバーグだが、ンゼチェクウが左右のフックで反撃に出る。

下がるようになったアルバーグは左フックを被弾し、動きが止まる。攻め疲れもあるか、手数が減ったアルバーグだが右ローから左ハイを繰り出す。さらボディを効かせ、止まったンゼチェクウにヒザ蹴り、ボディアッパー、左右のフックを打ち込む。と、ンゼチェクウはフックで反撃に出て、アッパーから左を打ち込む。アルバーグもショートアッパーを返すも、ンゼチェクウが左ハイまで繰り出す。異様なタフネスぶりの見せたンゼチェクウが反撃を見せ、逆転の目もあることを示したが、ポイント的にはアルバーグのラウンドとなった。

2R、左ジャブから右ストレートのアルバーグだが、勢いは落ちている。それでも左ジャブ、左リードフックを入れたアルバーグに対し、ンゼチェクウはガードを固めローを蹴られる。左の伸ばしたンゼチェクウ、アルバーグはボディを殴り、ハイキックへ。ンゼチェクウは右フック、続いて左フックから右アッパーも、ミドルを受ける。

アイポークがあったとアピールしたンゼチェクウは、2度目のアピールでブレイクに。親指で右目を押されたンゼチェクウは、再開後にショートのコンビからヒザを受けても、左を打ち返す。蹴り、右ストレート、右ローと的確な攻撃を続けてなお、まるでダメージがないように前に出たンゼチェクウが、アルバーグの右フックに右フックを合わせる。腰から落ちたアルバーグは、パウンドの追撃で──これだけ攻めながら逆転TKO負けを喫した。


The post 【UFC259】ンゼチェクウ、理解不能なタフネスさ……。攻め続けたアルバーグが右フックで大逆転負け first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC259 アスカル・アスカロフ アマンダ・ヌネス アルジャメイン・ステーリング イスラエル・アデサニャ カイラ―・フィリップス カーロス・アルバーグ ケイシー・ケニー ショーン・ブレイディ ジョセフ・ベナビデス ソン・ヤードン トレヴィン・ジョーンズ ドミニク・クルーズ ピョートル・ヤン ブログ マリオ・バウティスタ ミーガン・アンダーソン ヤン・ブラボヴィッチ

【UFC259】計量終了 ジョーンズ、メディッチ、アルバーグ。アーリープレリミも注目カードがズラリ

【写真】上背でアデサニャが、ブラボヴィッチを上回っている?! (C)Zuffa/UFC

6日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC259「Blachowicz vs Adesanya」の計量が、5日(金・同)に行われた。

UFC世界ライトヘビー級選手権試合=王者 ヤン・ブラボヴィッチ✖チャレンジャーUFC世界ミドル級王者イスラエル・アデサニャ、UFC世界女子フェザー級選手権試合=王者アマンダ・ヌネス✖挑戦者ミーガン・アンダーソン、UFC世界バンタム級選手権試合=王者ピョートル・ヤン✖挑戦者アルジャメイン・ステーリングというトリプルクラウンに加え、メインカードからプレリミまで気になるカードが、並びに並んでいる今大会。


まずアーリー・プレリミの第1試合にトレヴィン・ジョーンズが出場する。

PXCからTOP FC、そしてACAを経てDEEPにも来日したグアムのジョーンズは、昨年に8月に劇的な大逆転KOでチムール・ワリエフという強豪を下しながら、マリファナの服用で勝利を取り消され今回が仕切り直しの一戦となる。

対するマリオ・バウティスタはCombate AmericasやLFAからUFCへステップアップ。コーリー・サンドハーゲンには敗れたものの、元DEEP王者キム・ジンス、元LFA王者マイルズ・ジョンズに勝利している実力者だ。ワリエフ戦同様に苦戦は避けられないジョーンズが、どのような戦いを見せるか。

アーリー・プレリミ第2試合に出場のウロス・メディッチは昨年8月にコンテンダーシリーズで見事なパウンドTKO勝ちを収め、ダナ・ホワイトに見初められたファイターだ。

KINGS MMAでハファエル・コルデイロに師事するセルビア人ファイターのメディッチ、どのようやUFCキャリアのスタートを切るのか。

メディッチと同様に昨年のコンテンダーシリーズから注目のデビューを果たすのが、カーロス・アルバーグだ。

アデサニャのトレーニング・パートナーのアルバーグは、NZのトップ・キックボクシング・プロモーションであるKing Of the Ringの8人制トーナメントを100キロと92キロ級で制している。アデサニャが86キロ級と100キロ級で3度頂点に立っているに続く、マルチ王者がアルバーグだった。

打撃の強さは絶対的。組みは未知数のアルバーグだけに、ハードヒッター=ケネディ・ンゼチェクウとは手の合う顔合わせといえるだろう。

さらにキャリア13勝0敗のショーン・ブレイディと豪州の親子鷹ジェイク・マシューズのウェルター級戦ら、他プロモーションならメインカードでもおかしくないカードがアーリー・プレリミから見られる。

プレリミではドミニク・クルーズ✖ケイシー・ケニー、ソン・ヤードン✖カイラー・フィリップスという2つのバンタム級戦と、ジョセフ・ベナビデス✖アスカル・アスカロフ、ホジェリオ・ボントリン✖カイ・カラフランスのフライ級マッチが組まれているが、アスカロフが今大会唯一の体重オーバーとなり、127ポンド契約マッチとなった。

WEC世代の生き残りベナビデスにとって、厳しくタフなアスケロフと背水の陣で戦うマッチアップだ。

群雄割拠のバンタム級の覇権争い、アデサニャがチャンプ・チャンプを目指すメインイベント。ここで注視したいのはアデサニャの体重がリミットより5ポンド近く軽いということ。ブラボヴィッチはリカバリーが見込まれるため、このライトヘビー級世界戦はパワー&瞬発力✖スピード&タイミングの争いとなりそうだ。

■視聴方法(予定)
3月7日(日・日本時間)
午前8時~UFC FIGHT PASS
正午~PPV
正午~WOWOライブ

■UFC259計量結果

<UFC世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R>
[王者] ヤン・ブラボヴィッチ: 205ポンド(92.99キロ)
[挑戦者]イスラエル・アデサニャ: 200.5ポンド(90.94キロ)

<UFC世界女子フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者] アマンダ・ヌネス: 145ポンド(65.77キロ)
[挑戦者]ミーガン・アンダーソン: 144.5ポンド(65.54キロ)

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者] ピョートル・ヤン: 135ポンド(61.24キロ)
[挑戦者]アルジャメイン・ステーリング: 134.5ポンド(61.0キロ)

<ライト級/5分3R>
イスラム・マカチェフ: 156ポンド(70.76キロ)
ドリュー・ドパー: 156ポンド(70.76キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
チアゴ・マヘタ: 206ポンド(93.44キロ)
アレクサンドル・ラキッチ: 206ポンド(93.44キロ)

<バンタム級/5分3R>
ドミニク・クルーズ: 136ポンド(61.69キロ)
ケイシー・ケニー: 136ポンド(61.69キロ)

<バンタム級/5分3R>
カイラー・フィリップス: 136ポンド(61.69キロ)
ソン・ヤードン: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フライ級/5分3R>
ジョセフ・ベナビデス: 125.5ポンド(56.92キロ)
アスカル・アスカロフ: 127ポンド(57.6キロ)

<フライ級/5分3R>
カイ・カラフランス: 125.5ポンド(56.92キロ)
ホジェリオ・ボントリン: 126ポンド(57.15キロ)

<フライ級/5分3R>
ティム・エリオット: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジョーダン・エスピノーサ: 126ポンド(57.15キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
カーロス・アルバーグ: 205.5ポンド(93.21キロ)
ケネディ・ンゼチェクウ: 205ポンド(92.99キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ショーン・ブレイディ: 170.5ポンド(77.34キロ)
ジェイク・マシューズ: 169.5ポンド(76.88キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
リヴィア・ヘナタ・ソーサ: 116ポンド(52.62キロ)
アマンダ・レモス: 116ポンド(52.62キロ)

<ライト級/5分3R>
ウロス・メディッチ: 156ポンド(70.76キロ)
アーロン・クルーズ: 155ポンド(70.31キロ)

<バンタム級/5分3R>
トレヴィン・ジョーンズ: 134.5ポンド(61.0キロ)
マリオ・バウティスタ: 135.5ポンド(61.46キロ)

The post 【UFC259】計量終了 ジョーンズ、メディッチ、アルバーグ。アーリープレリミも注目カードがズラリ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWTNCS S04 Ep08 Report UFC カーロス・アルバーグ ブルーノ・オリヴェイラ. ブログ

【DWTNCS S04 Ep08】パーフェクトKOのアルバーグ、アデサニャと勝利の舞い。4人の勝者がUFCと契約

<ライトヘビー級/5分3R>
カーロス・アルバーグ(ニュージーランド)
Def.1R2i2分02秒by KO
ブルーノ・オリヴェイラ(ブラジル)

距離を詰めたオリヴェイラに右ローを蹴ったアルバーグ。スイッチしたアルバーグが、上下の蹴りを見せスピニングバックキックへ。オリヴェイラは左を伸ばし、圧力に負けることなく向き合い右ミドルハイ、左ミドルを蹴る。オリヴェイラの前進をサークリングでかわしたアルバーグは、ステップジャブを入れ右ストレートへ。

かわしたオリヴェイラはローの蹴り合いから、左ジャブで前に出る。アルバーグは左に回りながら左フックを当てる。オリヴェイラも右を返したが、ここでアルバーグが左右フックのコンビネーションを打ち抜く。オリヴェイラは頭から真っすぐキャンバスに倒れ込んだ。

コーナーのイスラエル・アデサニャが両手を挙げて喜ぶと、アルバーグはUFC世界ミドル級チャンピオンと勝利のダンスを披露する。「成長に時間をNZ、サモア、トンガ、フィージー、タチヒ、ずっと注目してくれ」とバックステージで話したアルバーグは、チームを呼び込み再びダンス。その上で「もう向うにいけ、俺の時間なんだ」とインタビューを再開すると「自信のある動きだったんだ。僕のテクニックを見せるヘルプをコーナーがしてくれた。このところ、キックよりMMAに時間を割いてきた。今はMMAに集中している」と契約に自信を見せた。

1カ月半のインターバルを置いて再開された2020年コンテンダーシリーズ、ダナは直ちにバックセージに現れ「我々はヘビー級ファイターが必要だ。サルダーニャ、オールラウンドのキラー。プレッシャーのあるパーフェクトの相手だった。イグナシオ……このキッドは明日のスポーツセンター(ESPNのスポーツ番組)のナンバーワンだよ。そしてカーロス、試合を見てこんな顔にはそんなにならないだろう」と4人の勝者全員との契約でホクホク顔だった。


The post 【DWTNCS S04 Ep08】パーフェクトKOのアルバーグ、アデサニャと勝利の舞い。4人の勝者がUFCと契約 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWTNCS S04 Ep08 News Preview カーロス・アルバーグ ブルーノ・オリヴェイラ. ブログ

【DWTNCS S04 Ep08】計量終了 水曜夜のTuesday Night CS。アデサニャの同門アルバーグ✖オリヴェイラ

【写真】アルバーグと対戦するオリヴェイラ。KO必至もカードも意外な寝技決着もあるうる(C)TITAN FC

4日(水・現地時間)、Dana White’s Contender Series2020第8週がネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催され、3日(火・同)に計量が行われた。

今年のDWTNCSは8月4日から9月15日にかけて第7週まで行われ、UFC Fight Island月間の前後がブレイクタイムとなり、明日より17日まで残り3週が実施される。


Tuesday Night Contender Seriesながら水曜日の夜開催となった今週は、従来より1試合少なく4試合がラインナップされている。

今回の注目株はメインでブルーノ・オリヴェイラと戦うカーロス・アルバーグだ。アルバーグのMMA戦績は2勝0敗、加えて最初の試合は2011年で、直近の試合でさえ2018年の12月に行われたものだ。

そのアルバーグ、正確なレコードは不明だがニュージーランドを代表するキックボクサーの1人で、UFC世界ミドル級王者イスラエル・アデサニャのトレーニング・パートナーでもある。

アデサニャはニュージーランド国内トップのキック大会であるKing in the Ringで86キロ級を2度、さらに100キロ級!!の8人参加ワンナイトトーナメントで優勝しているが、アルバーグもまた100キロと92キロ級でダブルクラウンとなっている。実はアデサニャがパルロ・コスタを相手に防衛戦を果たしたUFC253ではバックアップ・スタンバイファイターとしてアブダビ入りし、計量も済ませていた。

この時はオクタゴン・デビューの機会は巡って来なかったが、Fight IslandからApexに場所を変えUFCとの契約を賭けてコンテンダーシリーズに挑むこととなった。キックの試合でもややガードは低く、右腕のヒジを引き胸ぐらいの高さに置くという構えを見せることがあるアルバーグは強烈なロー&カーフを持ち、ヒザ蹴りにも長けている。

首に手をかけるのは一本だけでヒザ蹴りが認められ、エルボー禁止のKing in the Ring以外にもムエタイ、ボクシング、カンフー、さらには極真空手の経験もあるようで、遠い位置から踏み込み蹴りや拳の間合いでも高い位置への蹴り技も持つ。何よりも下がって右を当てることができるのもあるバークに強みだろう。

対するオリヴェイラはMMA戦績8勝1敗でブラジリアン・ムエタイMMAファイター。両手を高く上げ、胸を真正面に開くような構えからプレッシャーを掛け、KOパワーのある右ストレートでダメージを与えると、一気のラッシュで試合を決める。怖いのはケージに詰めてヒザ蹴りとエルボー、それでいてグラウンドになるとヒザ十字を仕掛けることもあり、曲者振りも発揮するかと思えばトップから肩固めというセオリー通りの勝ち方もできる。

両者ともインパクトを残すフィニッシュはお手の物、再開&ラストスパートなる2020年コンテンダーシリーズ第8週のメインに相応しいマッチアップだ。

なお第3試合でイグナシオ・バハモンデスと対戦するエジソン・ゴメスは4ポンドの体重オーバーで計量を終えており、ファイトマネーの20パーセントを没収される。一発勝負のコンテンダーシリーズで計量失敗は取り返しのつかないマイナス・スタートといえるだろう。

■視聴方法(予定)
11月5日(木・日本時間)
午前10時~UFC FIGHT PASS

■DWTNCS S04 Ep08計量結果

<ライトヘビー級/5分3R>
カーロス・アルバーグ: 202ポンド(91.62キロ)
ブルーノ・オリヴェイラ: 203ポンド(92.07キロ)

<ウェルター級/5分3R>
イグナシオ・バハモンデス: 168.5ポンド(76.43キロ)
エジソン・ゴメス: 174ポンド(78.92キロ)

<フェザー級/5分3R>
ヴィンス・マードック: 145.5ポンド(66.0キロ)
ルイス・サルダーニャ: 146ポンド(66.22キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ジャレッド・ヴェンドラー: 263.5ポンド(119.52キロ)
ヘンリー・ハンサカー: 249ポンド(112.95キロ)

The post 【DWTNCS S04 Ep08】計量終了 水曜夜のTuesday Night CS。アデサニャの同門アルバーグ✖オリヴェイラ first appeared on MMAPLANET.