カテゴリー
MMA UFC UFC266 カーティス・ブレイズ ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク

【UFC266】展開変えられず、ホーゼンストライクがブレイズのTDゲームに下る

<ヘビー級/5分3R>
カーティス・ブレイズ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ジャイルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)

まず左フックを入れたブレイズに対し、ホーゼンストライクもコンビで前に出る。ジャブの差し合いから、左を当ててブレイズは構えを変えて戦い──組んで一気にダブルレッグでケージにホーゼンストライクを押し込むと、小外刈りでテイクダウンを決める。サイドで抑えたブレイズは骨盤にヒザを入れ、左のパンチをボディに落とす。ブレイズの右手首を懸命につかんでいたホーゼンストライクだが、外されバックを許し右のパンチを片ヒザをついた状態で受ける。立ち上がって胸を合わせたホーゼンストライク、ブレイズは離れて左を振るう。続いて右ローを蹴ったブレイズは、左ジャブを届かせる。

ジャブを続け、間合いを外したブレイク。続くローをキャッチしたホーゼンストライクがフックを打っていく。スイッチして左ストレート、右ジャブを当てたブレイズに対し、前に出たホーゼンストライクだがクリーンヒットはないまま初回を終えた。

2R、ホーゼンストライクは左リードフック、そこから右狙いか。ブレイズはジャブを当てて構えを変え、左ローを蹴る。ホーゼンストライクは自ら動くことは少なく、真っすぐ前に出てもステップバックで距離を取られる。自然、お見合いのような状態になりベガスのファンは容赦なくブーイングを飛ばす。テイクダウン狙いこそ切るが、ジャブを打たれ続けるホーゼンストライクは、それでも動けない。

遠いレンジの打撃戦、ホーゼンストライクが突破口を開こうと距離を詰めて跳びヒザ、ブレイズはテイクダウンを狙いは切られたが、続くトライで小外刈りで背中をつかせることに成功する。ハーフで抑えたブレイズだが、残り時間は50秒を切っている。このまま細かいパンチを落としたブレイズが、2Rもモノにした。

最終回、これまでの変わらない展開にファンがまたもブーイング。ブレイズは左インサイドローを蹴り、左フックを当てる。続いて左ロー蹴り、ダブルレッグを決めたブレイズに対し、ホーゼンストライクがフリップから立つチャンスがあったがガードを取る。一度立ち上がったブレイズが、グラウンドに戻り足を一本抜いていく。ここから左エルボーを落とされたホーゼンストライクは、ハーフガードから左腕を差すが、上体を起こすことはできない。

再び頭を抱えるようになったホーゼンストライクは、もう勝ち目はない。最後の1分もブレイクがハーフで抑えて、コツコツとパンチを入れて時間が過ぎる。そのまま時間となり、ブレイズが判定勝ちした。


The post 【UFC266】展開変えられず、ホーゼンストライクがブレイズのTDゲームに下る first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC ESPN18 カーティス・ブレイズ デリック・ルイス ブログ

【UFC ESPN18】メインでデリック・ルイスと対戦予定だったカーティス・ブレイズがコロナ陽性で欠場

【写真】大会前日の欠場決定。ニューノーマルUFC(C)Zuffa/UFC

27日(金・現地時間)、ESPNが28日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN18「Blaydes vs Lewis」のメインで、デリック・ルイスと対戦する予定だったカーティス・ブレイズが、新型コロナウィルスの検査で陽性となり欠場することを報じられ、その直後に行われた計量でもブレイズは姿を現すことはなかった。

ヘビー級のメインを失った今大会のヘッドライナーはアンソニー・スミスとデヴィン・クラークが務めることなっている。


■視聴方法(予定)
11月29日(日・日本時間)
午前9時~UFC FIGHT PASS

■対戦カード

<ライトヘビー級/5分3R>
アンソニー・スミス(米国)
デヴィン・クラーク(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ジョシュ・パリジャン(米国)
パーカー・ポーター(米国)

<フライ級/5分3R>
アミール・アルバジ(スウェーデン)
ザルガス・ズマグロフ(カザフスタン)

<ウェルター級/5分3R>
ミゲール・バエサ(米国)
佐藤天(日本)

<フェザー級/5分3R>
ビル・アレジオ(米国)
スパイク・カーライル(米国)

<女子バンタム級/5分3R>
アシュリー・エヴァンズスミス(米国)
ノルマ・ドゥモント(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
マーチン・デイ(米国)
アンデウソン・ドスサントス(ブラジル)

<女子フライ級/5分3R>
レイチェル・オストビッチ(米国)
ジナ・マザニー(米国)

<フェザー級/5分3R>
カイ・カマカ3世(米国)
ジョナサン・ペース(米国)

<フライ級/5分3R>
スムダーチー(中国)
マルコム・ゴードン(カナダ)

<バンタム級/5分3R>
ネイサン・マネス(米国)
ルーク・サンダース(米国)

The post 【UFC ESPN18】メインでデリック・ルイスと対戦予定だったカーティス・ブレイズがコロナ陽性で欠場 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFC ESPN11 アレキサンダー・ヴォルコフ カーティス・ブレイズ ブログ

【UFC ESPN11】調整が難しかったか、終始優勢のブレイズがスタミナ切れ……もヴォルコフから3-0の勝利

<ヘビー級/5分5R>
カーティス・ブレイズ(米国)
Def.3-0:49-26.48-47.48-47
アレキサンダー・ヴォルコフ(ロシア)

左ジャブを放ったブレイズが、すぐにシングルレッグを仕掛けテイクダウンを奪う。背中を譲って立ち上がったヴォルコフは、もう一度前方に崩されヒザをマットにつく。ヴォルコフは一度スタンドに戻ったが、自ら方ヒザをついて我慢の時間を過ごす。後方からヒザを臀部に、さら左のパンチを連打したブレイク。今度は後方にテイクダウンし、バックコントロールを続ける。防御に徹し、時間が過ぎるのを待つヴォルコフは、両ヒザをつき亀になる。ここから片ヒザに戻し、キムラクラッチに取ったヴォルコフだが、逆の方の手で殴られると立ち上がる。ブレイズは後方に引きずるようにバックを取り続け、初回が終わった。

2R、組みを凌いだヴォルコフは「同じことをやってくるから、距離を取れ」という指示を受ける。ワンツーを続け、打たれるとロー、そして組みの気配を見せたブレイズが右をヒットする。構え変えてローを蹴ったブレイズは、オーソに戻し左ジャブ、右ストレートを決めてダブルレッグへ。MMAとして、完璧な攻めを見せたブレイズは、ヴォルコフのウィザーにも背中越しに右手を掴み、ボディロックテイクダウンに成功する。

ヴォルコフはクローズドガードで凌ぎ、初回とは違う形で防御に徹している。残り1分となり、上体を起こしてエルボーを落とすようになったブレイズが、ヴォルコフを流血に追い込む。残り20秒でスタンドに戻ったブレイズは、ローをこそ受けたが組んで、小外でテイクダウンと、この回も完全に支配した。

3R、後ろ足を下げた構えで、蹴り狙いと思いきやスタンスを戻したヴォルコフは、ブレイズのパンチからケージに押し込まれる。ブレイズが離れると、左の蹴りを見せたヴォルコフに対し、すぐにブレイズが組んでいく。ヒザを入れたヴォルコフだったが、右からのダブルで座らされる。頭を刈ろうとするが、首から胸にかけて頭を押し付けられたヴォルコフは立てない。ブレイズは足を束ねていたが、スッと立ち上がるやボディにヒザを入れてバックに回る。

ヴォルコフは右を差してここは耐えたが、ギロチンを狙いは失敗。残り15秒で試合はスタンドに戻り、組みに行ったブレイズを切ったヴォルコフがヒザを入れところでラウンドが終わった。

4R、2発目の右前蹴りをキャッチしたブレイズがバックに回る。立ち上がっても胸を合わせられず、ヒザをつくヴォルコフはクラッチを剥がして離れる。直後の右ストレートにブレイズがシングルレッグへ。ヴォルコフが切り打撃の間合いも、逆にジャブを被弾して即テイクダウンを決められる。クローズド&両腕を抱え込むヴォルコフは打つ手がない。残り50秒でレフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻ったブレイズは、テイクダウン狙いを切られヒザをボディにもらう。と、ここでヴォルコフは逆にテイクダウンを決めてパウンドを側頭部と顔面に纏め、最終回に希望を残した。

5R、かなり消耗しているブレイズは、テイクダウンしてコントロールのタイミングだけをはかることが予想されるなか、ヴォルコフは左ジャブから右を打っていく。ジャブを受け、回るブレイズはテイクダウン狙いを切られて蹴りをもらう。必死に組みついて、小外を決めたブレイズ。ヴォルコフはここは粘りたかった。しかも、すぐに立ち上がることなくヴォルコフはしゃがんで時間を使われてしまう。立ち上がった直後に組んだブレイズ、逆にケージに押し込まれる。ヴォルコフが離れると、即組んでいくブレイズはヒザをついて、ケージに押していく。切ってパンチを入れたヴォルコフは、スクランブルに持ち込み離れたが即アウトサイドトリップで倒される。

しかもクローズドガードを選んだヴォルコフ──まるで20年前のMMAを見ているような一戦は、このままタイムアップに。ブレイズはコロナ&ロックダウンの影響か、コンディションが整っていなかったが、テイクダウンで3-0の判定勝ちを決めた。


カテゴリー
News UFC UFC ESPN11 アレキサンダー・ヴォルコフ カーティス・ブレイズ クレイ・グィダ ブログ ロクサン・モダフェリ ローレン・マーフィー

【UFC ESPN11】計量終了 ロクサンはしっかりとパス。クレイ・グィダがマスクをずらして動き回る

【写真】筋量がアップし、水抜きが大変だと言っていたロクサンはしっかりとパス(C)Zuffa/UFC

19日(金・現地時間)、 20日(土・同)にネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC ESPN11「Blaydes vs Volkov」の計量が行われた。

メインはカーティス・ブレイズ✖アレキサンダー・ヴォルコフのヘビー級マッチが組まれた今大会。計量をパスすることの大切さをMMAPLANETのインタビューで訴えていたロクサン・モダフェリは、対戦相手のローレン・マーフィーはともに125.5ポンドと無事フライ級の規定内に落としステアダウンを行った。ロクサンはマスクを二重にしてフェイスオフに臨み、笑顔でマーフィーと会話を交わしていた。


今大会の計量失敗は対戦相手がマット・フレヴォラからジャスティン・ジェインズに代わったフランク・カマチョだった。カマチョは158ポンドで、1ポンドオーバー規定からも2ポンド重く20パーセントのファイトマネー没収となりキャッチウェイト戦に挑むこととなる。

フェイスオフで安倍首相ばりにマスクがズレんばかりと動き続けていたのが、クレイ・グィダだ。

ボビー・グリーンと向き合いジャンプし、何やら挑発し握手を拒否られる。と、最後にはマスクを外して言葉を発し、正面に向かったガッツポーズを見せたグィダだった。

■UFC ESPN11計量結果

<ヘビー級/5分5R>
カーティス・ブレイズ: 261ポンド(118.38キロ)
アレキサンダー・ヴォルコフ: 247ポンド(112.03キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジョシュ・エメット: 146ポンド(66.22キロ)
シェーン・バーゴス: 146ポンド(66.22キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン: 136ポンド(61.69キロ)
マリオン・ルノー: 136ポンド(61.69キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ライモン・グッド: 170.5ポンド(77.34キロ)
ベラル・モハメッド: 170.5ポンド(77.34キロ)

<160ポンド契約/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ: 160ポンド(72.57キロ)
ジム・ミラー: 159.5 ポンド(72.34キロ)

<ライト級/5分3R>
クレイ・グィダ: 154.5ポンド(70.08キロ)
ボビー・グリーン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ティーシャ・トーレス: 116ポンド(52.62キロ)
ブレアナ・ヴァンビューレン: 115ポンド(52.16キロ)

<ミドル級/5分3R>
マフクアンドレ・バリユー: 185.5ポンド(84.14キロ)
オスカル・ピホタ: 185.5ポンド(84.14キロ)

<女子フライ級/5分3R>
コートニー・ケイシー: 125.5ポンド(56.92キロ)
ジリアン・ロバートソン: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ライト級/5分3R>
フランク・カマチョ: 158ポンド(71.66キロ)
ジャスティン・ジェインズ: 156ポンド(70.76キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ロクサン・モダフェリ: 125.5ポンド(56.92キロ)
ローレン・マーフィー: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ライト級/5分3R>
オースチン・ハバート: 156ポンド(70.76キロ)
マックス・ロスコフ: 155ポンド(70.31キロ)