カテゴリー
DWCS S05 Ep05 Report UFC カリーネ・シウバ ガジシ・オマルガジエフ クリスチャン・キニョネス ジャビッド・バシャラット ブログ マニュエル・トーレス

【DWCS S05 Ep09】ガジシ・オマルガジエフ、ヒザ十字で一本勝ち。トーレス&キニョネスらとUFCへ

<ミドル級/5分3R>
ガジシ・オマルガジエフ(ロシア)
Def.1R4分19秒by ヒザ十字
ジャンシー・シウバ(ブラジル)

ローをかわしたシウバが、逆に右ローを決める。後ろ回し蹴りか前蹴りのフェイクを見せるオマルガジエフは左フックにダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪う。左足を抜いたオマルガジエフはハーフで抑えて枕で圧力を掛ける。シウバはバタフライガードに戻すも、オマルガジエフは右エルボーを振り下ろす。

組手首を掴んでクローズドガードのシウバ、頭を引き寄せて防御に徹する。オマルガジエフは右エルボーを再び落とし、上体を起こすと蹴りあげに右のパンチを打っていく。シウバはオモプラッタを防がれ、クローズドを取ったが断続的にオマルガジエフのエルボーを受ける。下からエルボーのシウバに対し、オマルガジエフは何と外ヒールフへ。上体を捻って起こしたシウバの強烈なパウンドにも、ヒザ十字に移行したオマルガジエフがタップを奪った。

2021年のコンテンダーシリーズ、ラスト2大会はマニュエル・トーレス、カリーネ・シウバ、ジャビッド・バシャラット、クリスチャン・キニョネスともに13連勝としたオマルガジエフもUFCとのサインを交わした。


The post 【DWCS S05 Ep09】ガジシ・オマルガジエフ、ヒザ十字で一本勝ち。トーレス&キニョネスらとUFCへ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
DWCS S05 Ep09 MMA   イェン・チーフエイ カリーネ・シウバ

【DWCS S05 Ep09】イェン・チーフエイがシウバにギロチンで敗れ、中国勢が連敗。ダナも渋い顔

<女子フライ級/5分3R>
カリーネ・シウバ(ブラジル)
Def.2R1分44秒by ギロチンチョーク
イェン・チーフエイ(中国)

中国MMMA界のパワーハウス西安体育大出身のイェン。対するシウバは、パンクラス王者シッジ・ホッシャを腕十字で一蹴しているファイターだ。タッチグローブのタイミングで右前蹴りを見せたシウバ、イェンは左ミドルから左右のフックを振るっていく。ワンツーの右を当てたシウバが組みへ、イェンがすぐに離れる。

右ハイを掴んだイェンがシウバをテイクダウン、クローズドガードのシウバはラバーガードから、ハイガードで固めて下からパンチを入れる。ニューヨークに戻しクローズドとなったシウバにイェンがパウンドを入れる。ハイガードのシウバは再びラバーからハイガードに取る。嫌がって離れたイェンが下からかの打撃でカットしたか。ガードに飛び込み、鉄槌からパンチを入れたイェンは、ハイガードで固められ動きを封じられる。

最後の30秒でゴゴプラッタに入ったシウバ、とはいえパンチの被弾がゼロというわけでなく終盤に鉄槌を落としたイェンのラウンドとなっただろう。

2R、右の蹴りを掴んで左フック、ローを蹴ったイェンが前に出て、フックからローを繰り返す。シウバは前蹴りを顔面に届かせ、距離を取ってからダブルレッグへ。スプロールしたイェンはシングルも反転して頭を押して離れる。足を離さず、組んでケージに押し込んだシウバだが、テイクダウンは奪えず距離を取りなおす。

打撃の交換からクリンチ、離したイェンが左フックを入れる。左右のフックを見せ、一旦離れたイェンが左を振るって前に出る。ここで頭が下がったイェンにギロチンに入ったシウバは、スラムで叩きつけられながらタップを奪った。

フィニッシュの瞬間のダナ・ホワイト、ショーン・シェルビー、そしてミック・メイナードの様子を抜かれると、非常に微妙な表情──彼らの中国勢への期待の表れのような固まり方だった。

「凄くハードなキャンプで、皆が支えてくれたの。14勝、14の一本勝ちの秘密? 私の秘密はチーム。私を毎日新しいファイター、成長したファイターにしてくれるの」とシウバは笑顔で話した。


The post 【DWCS S05 Ep09】イェン・チーフエイがシウバにギロチンで敗れ、中国勢が連敗。ダナも渋い顔 first appeared on MMAPLANET.