カテゴリー
MMA UFC UFC ESPN26 カリッド・タハ キック セルゲイ・モロゾフ

【UFC ESPN26】セルゲイ・モロゾフ、バック→正対→小外刈り→バックの無限ループでタハに完勝

<バンタム級/5分3R>
セルゲイ・モロゾフ(カザフスタン)
Def.3-0.30-27.30-27.30-27
カリッド・タハ(ドイツ)

タハのジャブ、ワンツーに対し、モロゾフは距離を取ってかわす。モロゾフのローに右を合わせていったタハ、仕掛けは多いが的を射る数は少ない。と、モロゾフが遠目の距離から組みついてテイクダウンを決め、ハーフで抑える。肩固めを狙いつつ、枕で圧力をかけるモロゾフは、タハのブリッジを潰す。Zガードのタハはキムラ狙いを防ぎ左腕を差すも、クレイドルで潰されスクランブルに持ち込むことができない。ならばと足を絡めて50/50からスイープ、内ヒール狙いのタハを思い切り殴りつけたモロゾフが初回を取った。

2R、初回と同様にタハの前進に距離を取るモロゾフは右ローを蹴られる。続く右ローに左フックをカウンターで入れたモロゾフが、ボディに左アッパーを決める。タハも右オーバーハンドから左フックを打ち込み、左右のローを蹴っていく。スイッチしながら左ジャブを入れるタハに対し、モロゾフはダブルレッグからリフトアップ、腹ばいで落としてバックを伺う。サイドバックから右のパンチを打ち込んだモロゾフは胸を合わされてもボディロックで押し込み、ワキを潜ってバックに。

タハが胸を合わせてくるとモロゾフ小外掛けて崩し、すかさずバックに回る。胸を合わせてもすぐにバックに回られるタハは、残り50秒で小外掛けで倒され背中に飛び乗ったモロゾフが両足をフックする。頭をマットに着けて、落とされないようバランスを取って殴るモロゾフが、この回も取った。

最終回、近い距離でパンチを交換する両者。タハは右ローを入れ、左フックを打っていく。肩口へのハイキックで、テイクダウン狙いを阻止しに掛かったタハ、勝利にはKOが必要だ。と、シングルから組み直したモロゾフはダブルレッグでリフト、ここも前方に落としてバックを取る。

2Rと同様に、胸を合わせてはバックに回れるループに陥ったタハは離れることが出来なく、残り2分で小外で前に崩される。モロゾフはバックコントロールを続け、胸を合わされると一旦離れ、直後に組み直してケージにタハを押し込む。小外刈りでバランス崩し、テイクダウンでなくバックを取るモロゾフは残り1分で離れる。パンチを振るい、あるいは飛びヒザ、前蹴りで距離を詰めるタハだが、クリーンヒットがないまま時間となった。

結果、モロゾフがフルマークで判定勝ちを手にし「アイム・オッケー、アイム・OK、
OK、OK。サンキュー、コーチ、パフンパ。次? 誰でも構わない」と話した。


The post 【UFC ESPN26】セルゲイ・モロゾフ、バック→正対→小外刈り→バックの無限ループでタハに完勝 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
News UFC UFC ESPN26 アンデウソン・ドスサントス イスラム・マカチェフ カリッド・タハ セルゲイ・モロゾフ チアゴ・モイゼス ブログ マイルズ・ジョンズ

【UFC ESPN26】計量終了 ホドウフォの再起戦、プレリミ・バンタム級ウォーズ2試合に注目!!

【写真】メインで対戦するマカチェフとモイゼスのフェイスオフ(C) Zuffa/UFC

17日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのUFC APEXで開催されるUFC on ESPN26「Makahachev vs Moises」の計量が行われた。

先週のPPV大会はTモバイル・アリーナの1万5000人の観客が集まって開かれたが、今回はAPEXの無観客収録大会として実施される。

メインは合計10連勝となるライト級の一番。ロシアのイスラム・マカチャフは2015年5月のUFC初登場以来、8勝1敗で現在は7連勝中、対するブラジルのチアゴ・モイゼスはオクタゴン4勝2敗ながら3連勝中だ。

計量後のフェイスオフではモイゼスが笑顔を浮かべ、マカチェフが無表情だったが、正面を向いての撮影になるとマカチェフの方から肩を組んで写真に収まっていた。


メインカードの2月にまさかのギロチンチョークで、アンソニー・ヘルナンデスにMMA初黒星を喫したホドウフォ・ヴィエイラがダスティン・ストーツフスを相手に再起戦に挑む一戦。

プレリミではトップ15圏外の熾烈かつワールドクラスのサバイバル戦が繰り広げられているバンタム級の2試合=カリッド・タハ✖セルゲイ・モロゾフ、アンデウソン・ドスサントス✖マイルズ・ジョンズに注目したい。

欧州=タハ、中央アジア=モロゾフ、ブラジル=ドスサントス、米国=ジョンズ──世界最高峰で最も層の厚い階級で、インパクトを残すファイターは誰になるのか──。

なお今大会の計量結果は以下の通り、体重オーバーは1人もいなかった。

■視聴方法(予定)
7月18日(日・日本時間)
午前8時00分~UFC FIGHT PASS

■UFC ESPN26計量結果

<ライト級/5分5R>
イスラム・マカチェフ: 155.5ポンド(70.53キロ)
チアゴ・モイゼス: 156ポンド(70.76キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
マリオン・ルノー: 136ポンド(61.69キロ)
ミーシャ・テイト: 135ポンド(61.24キロ)

<ライト級/5分3R>
マテウス・ガムロ: 155.5ポンド(70.53キロ)
ジェレミー・スティーブンス: 156ポンド(70.76キロ)

<ミドル級/5分3R>
ホドウフォ・ヴィエイラ: 186ポンド(84.37キロ)
ダスティン・ストーツフス: 185.5ポンド(84.14キロ)

<フェザー級/5分3R>
ビリー・クゥアンティロ: 146ポンド(66.22キロ)
ガブリエル・ベニテス: 145.5ポンド(66.0キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ダニエル・ロドリゲス: 171ポンド(77.56キロ)
プレストン・パーソンズ: 169.5ポンド(76.88キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アマンダ・レモス: 115.5ポンド(52.38キロ)
モンステラ・ルイス: 113.5ポンド(51.48キロ)

<バンタム級/5分3R>
カリッド・タハ: 135.5ポンド(61.46キロ)
セルゲイ・モロゾフ: 135ポンド(61.24キロ)

<バンタム級/5分3R>
アンデウソン・ドスサントス: 135.5ポンド(61.46キロ)
マイルズ・ジョンズ: 135.5ポンド(61.46キロ)

<フライ級/5分3R>
フランシスコ・フィゲイレド: 125.5ポンド(56.92キロ)
マルコム・ゴードン: 125.5ポンド(56.92キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ホドリゴ・ナシメント: 259ポンド(117.48キロ)
アラン・ボドウ: 246ポンド(111.58キロ)

The post 【UFC ESPN26】計量終了 ホドウフォの再起戦、プレリミ・バンタム級ウォーズ2試合に注目!! first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Report UFC UFN ESPN+40 UFN182 カリッド・タハ ハオーニ・バルセロス ブログ

【UFN182】フィニッシュこそタフなタハの前に達成できずとも、バルセロスはパーフェクトMMAで勝利

<バンタム級/5分3R>
ハオーニ・バルセロス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
カリッド・タハ(ドイツ)

クラウチング気味のタハに、右前蹴りを繰り出すバルセロス。左に左を合わせたバルセロスが、ローでタハのバランスを崩させる。バルセロスは前蹴りで顔を狙い、右カーフで前足を狙う。ケージに詰まったタハにパンチを纏め、ヒザ蹴りを連続で突き上げたバルセロスだが、フックを被弾して組みへ転じる。ボディロックテイクダウンから、パスしてマウント、さらにバックに回りRNCを仕掛ける。タハが上を向き、マウントに戻ったバルセロスはタハがそのまま回転を続けると、一度はバックコントロールを取り、再び両足をフックする。

タハも胸を合わせてトップを取るが、バルセロスは腕十字からフラワースイープ気味に上を狙う。腕を抜き、スクランブルに持ち込んだタハがバルセロスをケージに押し込む。体を入れ替え離れたバルセロスは、右カーフから跳びヒザ、さらに左をヒットさせる。タハも打ち返したが、初回はバルセロスが完全にリードした。

2R、バルセロスが左ローを蹴り、右前蹴りから左フックを当てる。カーフを避けたタハが右フック、そこにジャブを合わせたバルセロスが跳びヒザへ。下がらないタハはスイッチしつつ乱打戦に持ち込む機会を待っているか。バルセロスは腹に前蹴りを入れ、続く左ミドルが急所に入って試合が中断する。

再開後、バルセロスは当てないパンチも活用して右カーフを蹴る。体が流れるタハに右ストレートを打ち込んだバルセロスは、カウンターの左からワンツーをヒットさせる。タハもボディを返すが、ワンツーはステップバックでかわされる。組みから左ハイのバルセロスがヒザを当て、右を打ち抜く。さらに右カーフで削ると、ついに左ヒザでタハの動きが止まる。ボディ&顔面とラッシュをかけたバルセロス、ヒザとパンチを痛打しながらタハはそれでもフックを返していった。

最終回、一気呵成に攻める際の一発に怖さは残るが、試合としては一方的な展開としたバルセロスは左フックをまず当てる。カーフで崩し、パンチ、ヒザ、右ストレート、仕上げはテイクダウンからバックと完璧な流れのバルセロス。タハはそれでも戦意を失くさず、アゴの上からの絞めに上を向いて防ぎ、すぐに右腕を差してスクランブルを狙う。

バルセロスは頭を押しつけて潰してトップを取り切り、パウンドを落とす。足をすくってスクランブル、立ち上がりながら組みついたタハがバルセロスをケージに押し込む。離れたタハは右ロー、ワンツーで前に出る。こうなると逆に勢いづくのがMMAの怖いところだ。右フックを当て前に出るタハが左も入れる。

疲れたバルセロスは左を当てるが、口が開いている。バルセロスもパンチを続け、ヒザ蹴りから右をヒット。ここでも上下を蹴り分ける冷静さを見せたバルセロスは、タハの左フックをしっかりとかわす。ついにカーフで手をついたタハは、起き上ってダブルレッグへ。切ったバルセロスがワンツー、タフもパンチの交換に応じ最後の最後まで拳を交換した勝負で、技術だけでなく気持ちも見せたバルセロスがフルマークの判定勝ちを決めた。

「ウォーだった。父がコーナーにいない試合だったけど、ペドロ・ヒーゾがサポートしてくれた。勝てて凄く嬉しい。どれだけ打撃で有利でも、いつでもレスリングゲームの準備はしているよ。次? こっちから色々というのは好きじゃないけど、ダナもショーン・シェルビーも僕がトップ5と戦う力があることは分かっているはずだ」とバルセロスは話した。


The post 【UFN182】フィニッシュこそタフなタハの前に達成できずとも、バルセロスはパーフェクトMMAで勝利 first appeared on MMAPLANET.