カテゴリー
ACA Interview Special エルダル・エルダロフ ダニエル・オリヴェイラ ブログ マゴメド・ビブラトフ 岩﨑大河 青木真也

【Special】月刊、青木真也のこの一番:3月─その参─ビブラトフ✖オリヴェイラ~「日本の現状とこれから」

【写真】岩﨑大河のようにミドル級以上のこれからのファイターは、どのようにキャリアを積んでいくべきなのか。J-MMA界の構造論に青木の話は発展した (C)MMAPLANET

過去1カ月に行われたMMAの試合から青木真也が気になった試合をピックアップして語る当企画。

引き続き2021年3月の一番、第三弾のACAバンタム級選手権試合=マゴメド・ビブラトフ×ダニエル・オリヴェイラ戦からの──日本の現状について語らおう。

<青木真也が語るマゴメド・ビブラトフ×ダニエル・オリヴェイラPart.01はコチラから>


──ロシアで2階級を取ってしまうブラジル人。そのブラジル人からベルトを取り返すロシア人……。

「なかなかできることではない。それだけ強い2人をぶつけてきましたね」

──何度も見返すことはない試合かもしれないですが、ライブで視て、本当に手に汗握る試合内容でした。

「僕は2回、見直すことができます(笑)。ずっと動いているし。アンダーでもフェザー級でイスラム・オマノフっていう10連勝した選手がいるんですけど、彼も同じようなスタイルなんですよね。オマノフも良い試合をしていましたね。凄く面白かった。彼のようなレコードが良い者同士をぶつけさせるのもACAの特徴ですよね」

──旧ソ連国家というべき、ベラルーシやアゼルバイジャンの選手の発掘、サバイバル戦も組んでいます。

「アゼルバイジャンとか、もう国境があるだけで民族はチェチェンとか、ダゲスタンで同じような気がします。ジムもアクマット・ファイトクラブ所属の選手が多いですしね」

──そこはBRAVE CFやUAE Warriorsにも当てはまりますね。

「中東とのパイプは強いですね。コロナ次第ですけど、1回、アクマット・ファイトクラブとかグロズヌイやマハチカラのジムに行ってみたいですね。どういう練習をしているのかって」

──そうなりますか(苦笑)。自分はコーカサスは避けたいです。言葉も通じないし、生き物として別物というか。

「ロシアは難しいというのは、正直ありますね」

──正直、怖いです。

「分かります(笑)」

──ダゲスタン人とか欧州人ファイターもいるKHKジムとかどうですか。

「バーレーンの?」

──ハイ、安全ですし言葉も通じます。BRAVE CFと同じKNKスポーツが所有&運営するジムです。イスラムですが、西側社会の習慣が通じそうですし。

「あのスーパーファイト級のチャンピオンが指導とかしているんですよね。エルダル・エルダロフだ。あれ、強いですよ」

──コナー・マクレガーの師匠のジョン・カバナウの先生も指導をしているようです。

「そうなんですねぇ。いやぁ、頭になかったです。でもダゲスタンとかチェチェンの選手がいるのは興味深いです。給料をもらって練習しているようですしね」

──ハイ、アマチュアのIMMAFで目立った選手をスカウトして、育てている。

「あぁ、これまでと根本が違うことをしていますね。世界大会でバーレーンの王族に拾われる子がいるなら、IMMAFは大切になってきますね。それは興味深い──行って見たくなっちゃいますね。

でも、めっちゃ練習させられそうですね。僕のようなスタイルは、あんまりいないし」

──それで金の延べ棒がもらえると最高じゃないですか(笑)。

「そこも十分にあり得るのが、違いますね。それにスーパーライト級っていう階級を作っているのも面白いですしね。そこはBRAVE CFで興味を持っているところです」

──実は北米MMAのレギュレーションでも階級は小分けにされています。ただし、王座を設けているプロモーションは存在しない。

「それって、どう思いますか。途中の階級ができることは? 日本だとそこまで人材がいないし、一つの王座を争うという部分で、もっと薄味になります」

──その通りですね。と同時に、王座はともかくスーパー階級ができて計量失敗が出ないようになれば良いなと思います。健康面もそうですし。日本の大会は計量の失敗は、全て選手に責があり、手売りのチケットの代金回収までそれが及んでいるという話をきくこともありますし。

「減量失敗をなくす。それも1つの方向性ですね。で、ベルトを狙う時とか、海外に行くときはスーパーじゃない上か下を選ぶ。女子レスリングのオリンピックと同じですね。

これから日本がどうなっていくのか。そこでいえば、重たい階級の選手……岩﨑大河選手とか、どうやってキャリアを積んでいけば良いと思いますか」

──コロナ終息後といいますか、海外との行き来が頻繁にできるようになり、隔離措置なしで試合にでられるようになれば、彼のキャリアにあったマッチメイクを組んでくれるところで経験を積むこと……ではないでしょうか。

「そうですよね? いや、良かった。僕もそう思っています。韓国とか、そういうところからですよね。日本でやっていても仕方ない。強くなれない」

──ハイ。今では日本のファンは素晴らしい、MMAへの理解があると外国人選手が言ってくれています。そういう良い部分を誇りにして、嫌な現実も見る必要があると取材をしていても痛感します。

「もう過去の栄光を首からぶら下げても食っていけない……。日本で食っていける基盤がなければ、海外に行く。他のスポーツでも普通にやっていることだし。MMAの重量級もそうだし、グラップリングもそういうことですよね」

The post 【Special】月刊、青木真也のこの一番:3月─その参─ビブラトフ✖オリヴェイラ~「日本の現状とこれから」 first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
BRAVE CF 46 other MMA Report エルダル・エルダロフ ブログ レオナルド・マフラ

【BRAE CF46】スーパーライト級王者エルダロフ、圧倒的な殺傷能力でマフラが試合続行不可能に

【写真】決めに掛かってからの圧力がすさまじかったエルダロフ(C)BRAVE CF

<BRAVE CFスーパーライト級選手権試合/5分5R>
エルダル・エルダロフ(バーレーン)
Def.1R5分00秒by TKO
レオナルド・マフラ(ブラジル)

エルダル・チャントのなか試合がスタート、マフラをケージ中央にエルダロフがまず左フックを届かせる。シングルのフェイクにも、マフラは右ミドルを蹴っていく。一気に距離を詰めてワンツーを当てたエルダロフが離れるとマフラが後ろ回し蹴りを狙う。

エルダロフは詰めてパンチを纏めて離れるという流れのなかで、ケージを背負ってもマフラが無暗に前に出ることができない状況が続く。ローにアッパーやフックを纏めるエルダロフ、さらにパンチを入れ左ローへ。マフラも踏み込んでワンツー、王者はテイクダウンへ行かず打撃戦を続ける。ボディを打って前に出たマフラが、ヒザ蹴りを狙う。

エルダロフはケージの前を左右に移動しなが左を伸ばし一度組みにいくが、マフラがヒザを狙ったためにすぐに離れる。残り1分、フックを入れて離れたエルダロフは終了15秒前にシングルレッグを決める。ケージまで下がって立ち上がったマフラに後方から連弾を打ち込んだエルダロフ、マフラが正面を向くとフックを続けてダブルレッグを決めたところで時間に。

と、パンチの連打で右目じりをカットしたマフラが試合続行不可能に。エルダロフは本領発揮の15秒で試合を終わらせ王座防衛に成功した。「今年はもっと防衛戦することを約束する」とエルダロフは話した。


The post 【BRAE CF46】スーパーライト級王者エルダロフ、圧倒的な殺傷能力でマフラが試合続行不可能に first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF46 Interview other MMA エルダル・エルダロフ ブログ レアンドロ・マフラ

【BRAVE CF46】「小学生の時、ヒョードルのPRIDEの試合を見たのが初MMAだった」エルダル・エルダロフ

【写真】BRAVE CFスーパーライト級のベルトとバーレーン国旗を持つエルダノフ。弱いわけがない風貌だ (C)BRAVE CF

16日(土・現地時間)にロシアはソチのWOWアリーナで開催されるBRAVE CF46。そのメインでBRAVE CFスーパーライト級王者エルダル・エルダロフが、レアンドロ・マフラの挑戦を受ける。

バーレーンをIMMAF=アマMMAでトップに成長させた立役者は、キャリア12勝1敗。唯一の敗北は18歳の時にカビブ・フルマゴメドフに喫したモノだ。

バーレーンMMA界の重鎮ながら、まだ29歳のロシア人ファイターに初インタビューを試みた。


──22カ月間、試合から遠ざかっていましたが、現在の体調はいかがでしょうか。

「心身ともに最高の状態にあるよ。自分のキャリアを真剣に考え、このタイトル戦がいかに重要か理解している。この試合のために3カ月以上も準備をしてきたんだ。絶好調だよ」

──挑戦者マフラの印象を教えてください。

「きっとタフな相手だろう。自分のキャリアのなかでも経験豊かな選手だ。でも余り気にしていない。打撃に自信があるようだけど、過去の試合ではレスリングやグラップリングも少し見せていた。彼は私のプレッシャーの前に何もできないはずだ。きっと、試合が始まると1秒後には私のプレッシャーを感じるようになる」

──母国ロシアでの試合になります。

「家族や友人が多くやって来るから、そこに関しては少しプレッシャーを感じている。でも、その分応援も多いし、母国のファンの声は何よりもモチベーションになるよ」

──ロシアはあらゆる格闘技が普及していますが、エルダルのベースは?

「サンボだよ。ロシアでチャンピオンになり、コンバットサンボでも戦った。コンバットサンボはジャケットを着たMMAのようなものだから、MMAに転向するのは問題なかったよ」

──今はバーレーンに住んでいますが、国籍もバーレーンに移したのですか。

「ノー。バーレーンのパスポートは持っていない。ただし、住んでいるのも練習をしているのもバーレーンだから、今やバーレーンが自分のホームだと思っている」

──バーレーンと関係が深くなったのは?

「2015年に友人のハムザ・アルコヘージのファイトキャンプをサポートするためにバーレーンに滞在し、彼が勝利した後にKHK MMAのコーチになって欲しいと言われたんだ。そして、バーレーンに住むことを決めてアマチュアファイターの育成、プロファイターの指導、自分自身のトレーニングとファイトをしてきた。

バーレーンは今やIMMAFの本拠地があり、アマチュアMMAが最も盛んな国になっている。ランキングでもバーレーンは1位だ。アマチュアでトップということは、彼らがプロに転向して活躍する日も近い。きっとプロでも、アマと同じようにバーレーンはMMAで最強の国になるだろう。

何よりBRAVE CFというプロの場があることが、バーレーンのファイターの成長を後押しすることは間違いない。BRAVEは今や世界のベストMMAプロモーションの一つだからね。世界一のプロモーションに成長する可能性もあるし、輝かしい未来がバーレーンのMMAには待っているはずだ」

──エルダルはスーパーライト級という殆どのMMA大会にはない階級のチャンピオンです。

「この階級を設けたことが、BRAVE CFの決定のなかでベストの一つだと思っている。私のようにウェルター級では小さくて、ライト級では大きな選手が世界中にいるはずだ。でも、どちらかに合わせて戦うしかない。ベストな状況で戦うことができないんだ。私自身がそうだった。でも、このスーパーライト級という体重で戦えることでベストパフォーマンスを見せることができる。

ただし、私はライト級でもウェルター級でも、問題なく戦うことができるけどね」

──マフラとの防衛戦、どのような試合をファンに見せたいと思っていますか。

「ファイヤーワークスだ。KOか一本かは分からないけど、必ずフィニッシュするよ」

──では最後に日本のMMAファンに一言お願いします。

「私が小学生の時、エメリヤーエンコ・ヒョードルが日本のPRIDEで戦っていたことを覚えている。椅子に座ったヒョードルの試合を見た。それが私にとって初めて目にしたMMAだったんだ。日本はMMAの歴史を創ってきた。それと東京五輪には、バーレーン・レスリングチームの試合を見に日本に行くつもりだよ」

■視聴方法(予定)
1月17日(日・日本時間)、
午前0時30分~ FITE
午前0時30分~ BRAVE TV

■BRAVE CF46対戦カード

<BRAVE CFスーパーライト級選手権試合/5分5R>
[王者]エルダル・エルダロフ(バーレーン)
[挑戦者]レオナルド・マフラ(ブラジル)

<59.5キロ契約/5分3R>
アリ・バガウティノフ(ロシア)
オレッグ・リチコヴァカ(ロシア)

<67キロ契約/5分3R>
ロマン・ボガトフ(ロシア)
ナルザン・アキシェフ(カザフスタン)

<ヘビー級/5分3R>
コンスタンチン・エローヒン(ロシア)
ジルガルベク・チョモノフ(キルギス)

<68キロ契約/5分3R>
マゴメド・アブドゥサラモフ(ロシア)
アンドレイ・レザネフ(ウクライナ)

<71キロ契約/5分3R>
アブディサラム・クバチニエフ(キルギス)
ジャホンギル・セイジャモロフ(タジキスタン)

<ミドル級/5分3R>
ガムザット・ヒラマゴメドフ(ロシア)
ラスタム・シエブ(ロシア)

<バンタム級/5分3R>
べア・シュテピン(ロシア)
アレクサンドル・キェシュトフ(ロシア)

<スーパーライト級/5分3R>
クンカルパシャ・オスマエフ(ロシア)
ユーリ・ヴェリニチン(ロシア)

<90キロ契約/5分3R>
ムルタザ・タル・アハリ(バーレーン)
ドミトリー・ウリヴレタス(ロシア)

<ライト級/5分3R>
ムラッド・ビラロフ(ロシア)
ヒョードル・バビッチ(カザフスタン)

<59キロ契約/5分3R>
マゴメド・カラモフ(ロシア)
ゾキルスホン・ホシモフ(ウスベキスタン)

<スーパーライト級/5分3R>
セイギドグセイン・シュルクハエフ(ロシア)
エルキンバイ・アブシュラモフ(キルギス)

The post 【BRAVE CF46】「小学生の時、ヒョードルのPRIDEの試合を見たのが初MMAだった」エルダル・エルダロフ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF46 other MMA Preview アブディサラム・クバチニエフ アリ・バガウティノフ エルダル・エルダロフ ブログ レオナルド・マフラ ロマン・ボガトフ

【BRAVE CF46】強力ロシアンがズラリ、2021年第一弾プレリミ注目数はキルギスの野生馬クバチニエフ

【写真】キルギスの野生馬、クバチニエフ。とにかく立っても寝ても、殴り続ける(C)BRAVE CF

16日(土・現地時間)、バーレーン王国ベースのBRAVE CFが2021年の最初のイベントをロシアはソチのWOWアリーナで開催する。KREPOST FCと共同開催の同大会──メインはバーレーンMMA界の重鎮エルダル・エルダノフがBRAVE CFスーパーライト級防衛戦戦でレオナルド・マフラの挑戦を受ける。


バーレーンのアマMMAを短期間でIMMAFのトップに育てた手役者は、抜群のテイクダウン&コントロール能力を誇る。そんなエルダノフにとって22カ月振りの防衛戦は母国凱旋試合となる。

今後BRAVE CFのバンタム級とフェザー級を主要キャストになるであろうアリ・バガウティノフとロマン・ボガトフの初出場。さらにコンスタンチン・エローヒン✖ジルガルベク・チョモノフというヘビー級戦、共同プロモーションのKREPOST FC期待のフェザー級ファイターでキャリア6勝で負け無しのマゴメド・アブドゥサラモフが、68キロ契約でアンドレイ・レザネフとのマッチアップなど5試合がメインカードとして組まれている。

8試合のプレリミで注目は71キロ契約でタジキスタンのジャホンギル・セイジャモロフと中央アジア対決に臨む、キルギスのアブディサラム・クバチニエフだ。戦績は16勝3敗で現在は3連勝中、カザフのAlash Pride、母国のWEFからロシアのACBヤングイーグルを経てBRAVEと契約したクバチイエフは右肩上がりの8連勝中だ。

クバチニエフはボクシング&レスリングを融合させたスタイルで、近距離でのアッパーやトップ&バックコントロールから力強いパウンドが持ち味だ。直ぐに組める距離で思い切りパンチを入れ、組み崩して殴り続ける。野性味あふれるファイトで、中央アジア対決を制すると──クバチニエフは、フランスのアミン・アユブが王者になったばかりのライト級王座挑戦が視界に入っている。

■視聴方法(予定)
1月17日(日・日本時間)、
午前0時30分~ FITE
午前0時30分~ BRAVE TV

■BRAVE CF46対戦カード

<BRAVE CFスーパーライト級選手権試合/5分5R>
[王者]エルダル・エルダノフ(バーレーン)
[挑戦者]レオナルド・マフラ(ブラジル)

<59.5キロ契約/5分3R>
アリ・バガウティノフ(ロシア)
オレッグ・リチコヴァカ(ロシア)

<67キロ契約/5分3R>
ロマン・ボガトフ(ロシア)
ナルザン・アキシェフ(カザフスタン)

<ヘビー級/5分3R>
コンスタンチン・エローヒン(ロシア)
ジルガルベク・チョモノフ(キルギス)

<68キロ契約/5分3R>
マゴメド・アブドゥサラモフ(ロシア)
アンドレイ・レザネフ(ウクライナ)

<71キロ契約/5分3R>
アブディサラム・クバチニエフ(キルギス)
ジャホンギル・セイジャモロフ(タジキスタン)

<ミドル級/5分3R>
ガムザット・ヒラマゴメドフ(ロシア)
ラスタム・シエブ(ロシア)

<バンタム級/5分3R>
べア・シュテピン(ロシア)
アレクサンドル・キェシュトフ(ロシア)

<スーパーライト級/5分3R>
クンカルパシャ・オスマエフ(ロシア)
ユーリ・ヴェリニチン(ロシア)

<90キロ契約/5分3R>
ムルタザ・タル・アハリ(バーレーン)
ドミトリー・ウリヴレタス(ロシア)

<ライト級/5分3R>
ムラッド・ビラロフ(ロシア)
ヒョードル・バビッチ(カザフスタン)

<59キロ契約/5分3R>
マゴメド・カラモフ(ロシア)
ゾキルスホン・ホシモフ(ウスベキスタン)

<スーパーライト級/5分3R>
セイギドグセイン・シュルクハエフ(ロシア)
エルキンバイ・アブシュラモフ(キルギス)

The post 【BRAVE CF46】強力ロシアンがズラリ、2021年第一弾プレリミ注目数はキルギスの野生馬クバチニエフ first appeared on MMAPLANET.

カテゴリー
Brave CF46 News other MMA アリ・バガウティノフ エルダル・エルダロフ ブログ レオナルド・マフラ ロマン・ボガトフ

【BRAVE CF46】重鎮エルダロフの挑戦者はマフラ。ロマン・ボガトフ、アリ・バガウティノフが初参戦

【写真】ボガトフはM-1復帰やACA転身でなく、BRAVE CFを選択した(C)Zuffa/UFC

1月16日(土・現地時間)にロシアはソチのWOWアリーナで開催されるBRAVE CF46の対戦カードがほぼ固まっている。

コロナ期において、国際大会の連続開催能力を見せたことでMMA界で確固たるポジションを築いたBRAVE CF。2021年のスタートは、ロシアから。そして中東色はバーレーン国籍のロシア人スーパーライト級王者エルダフ・エルダロフとIMMAF世界王者✖2度から11月にプロデビューを果たしたばかりのムルタザ・タルハ・アリの出場ぐらいで、ロシア濃度の高いイベントとなる。

現状予定されている9試合、出場18選手の国籍の内訳はバーレーンが2名、ブラジルが1人、この他はロシアが10人、キルギスが2人、この他はカザフスタン、タジキスタン、ウクライナが各1選手ずつとなっている。


中東の重鎮ファイター=エルダロフの挑戦者は、レオナルド・マフラに決まった。マフラはかつてパンクラスで北岡悟のヒールフックに敗れおり、北岡戦から4年で3試合、BRAVEでは1勝1敗の戦績を残している。いわば重鎮の凱旋帰国マッチに、供えられた生贄との見方もできるタイトルマッチだ。

セミ以下のカードで注目はロマン・ボガトフだ。M-1ライト級王者から、昨年7月にUFCデビューも反則のグラウンドでのヒザ蹴りによる2P減点もあり、レオ・サントスに大差の判定負けを喫している。UFCはアイポークなど計3度の反則攻撃を重視し、わずか1戦でボガトフをリリース、捲土重来BRAVEではライト級でなくフェザー級王座を目指しての参戦となる。

今回はそのための準備期間といえ、67キロ契約でナルザン・アキシェフと対戦する。10勝1敗のボガトフに対して、アキシェフも10勝1敗──カザフスタンのBushido FCのフェザー級トーナメント・ウィナーだ。パワーサブミッションのファイターのアキシェフと、UFCでは本領発揮できなかったウェルラウンダーのボガトフのマッチアップ。その勝者はババ・ジェンキンスが返上して空位となっているBRAVE CFフェザー級王座に近づくことは間違いない。

またコ・メインには元UFCファイターでオクタゴンでは4勝4敗──ジョン・リネケルやティム・エリオットに勝利し、堀口恭司に敗れているアリ・バガウティノフが59キロのキャッチウェイト戦でオレッグ・リチコヴァカとBRAVE初戦を戦う。

ボクシングからMMAに戻ってきたバガウティノフが、今後はフライ級かバンタム級のどちらで戦っていくかは不明だ。いずれにせよ、以前のようなKOパンチを引っ提げてMMAを戦うことができるなら──現在王座決定戦が行われているフライ級戦線、チームラカイのスティーブン・ローマンが長期政権にあるバンタム級戦線で台風の目になることは間違いないだろう。

The post 【BRAVE CF46】重鎮エルダロフの挑戦者はマフラ。ロマン・ボガトフ、アリ・バガウティノフが初参戦 first appeared on MMAPLANET.