カテゴリー
F2W160 JJ Globo Report エリック・アレキン ブログ ユーリ・ビルフォート

【F2W160】伝説のバーリトゥーダー=インジオを父に持つユーリ・ビルフォートがTD2つで勝利

16日(土・現地時間)、フロリダ州マイアミのフォー・アンバサダーズ・ビルディングにてグラップリングイベントFight 2 Win(F2W)160 が行われた。

ここではブラジルの伝説のバーリトゥードファイターで、後の柔道界の顔役となったインジオを父に持つ、元ムエタイ系MMA選手だったユーリ・ビルフォートの試合をお届けしたい。

<ノーギ/7分1R>
ユーリ・ビルフォート(ブラジル)
Def. 判定2-1
エリック・アレキン(米国)

メインを欠場したヴァグネウ・ホシャをセコンドに帯同したビルフォートは、足関の使い手アレキンと対戦。立ちレスでボディロックを取りに行ったアレキン、離れたビルフォートはシングルのフェイクを見せる。アレキンのニータップの踏み込みをシングルレッグで切り返したビルフォートがテイクダウンを決める。

下攻めは得意なアレキンのバタフライスイープを潰したビルフォートが、クローズドガードの中に収まる。頭を押しのけてハーフから潜ろうとしたアレキンに対し、ビルフォートは右腕を差してしっかりと抑えこむ。アレキンはバタフライガードに戻すと、マット中央で試合が再開。

残り3分20秒、アレキンは潜って足を取れない状態が続き、ビルフォートがパスの圧力を掛けて立ち上がる。すぐにガードの中に収まったビルフォートは、キムラも対処し腰を引いたトップコントロールを続ける。

アレキンはスタンドを選択するも、ビルフォートがダブルレッグでクリーンテイクダウンを奪う。スクランブルから背中を譲り、前転して足を取ろうとしたアレキンだがビルフォートが背中についてバックマウントへ。すぐに腰をずらして、ガードを取ったアレキンは、ビルフォートが固めているとアピール。直後にストレートフットロックを見せたビルフォートは足を解除し、担ぎパスに出たところでタイムアップを迎えドヤ顔に。旗判定はなぜかアレキンに一票が入ったが、2-1でビルフォートが勝利しカメラに敬礼した。


The post 【F2W160】伝説のバーリトゥーダー=インジオを父に持つユーリ・ビルフォートがTD2つで勝利 first appeared on MMAPLANET.